今月
2018年01月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
ページ内検索

   表示:全て(293件)
<<
2017年07月24日(月) | 2017 あぐりっこ卒業の手紙(2)
2017年05月30日(火) | 2017 あぐりっこ卒業手紙(1)
2016年05月26日(木) | 2016 あぐりっこ卒業手紙(1)
2016年05月26日(木) | 2016 あぐりっこ卒業手紙(2)
2015年07月27日(月) | あぐりっこ卒業の手紙(3)
2015年05月28日(木) | あぐりっこ卒業のお手紙(1)
2015年05月28日(木) | あぐりっこ卒業のお手紙(2)
2014年10月18日(土) | 苦手な野菜克服への道 タクト編
2014年10月18日(土) | 苦手な野菜克服への道 モモカ編
2014年10月18日(土) | 苦手な野菜克服への道 マヤ編
2014年10月18日(土) | 苦手な野菜克服への道 タイチ編

[+10] >>

2015年05月28日(木) |  あぐりっこ卒業のお手紙(1)

2015年(平成27年)春―
今年も小学校卒業とともに
たくさんのあぐりっこが
番組を卒業していきました。

大地を駆け巡り
ダラダラ汗をかいて収穫し
もりもり食べて
いっぱい笑って学んだあぐりっこたち。

番組は卒業しますが
みんなの心の中に芽生えた
「あぐりスピリッツ」
これからの人生でどんどん育まれます。

仲間を助けあったり
壁にぶち当たっても
へこたれずに挑戦を続けたり、
人を思いやったり、
ときには反抗精神をむき出しにしたり(笑)

そうやって
どんどん心を豊かに耕してください。
そして大きくなってください!

またいつかどこかで再会できるかな?
みんなの成長を遠くから見守っています。

卒業したあぐりっこの卒業作文が
送られてきましたよ。みんな中学でも頑張れ!
------------------------------------------
「あぐり王国で学んだこと」
今西麻織(いまにし まおり)

私はあぐり王国に2回出演させて頂き
2つのことを学びました。
まず野菜などはどこから来て
どうやって消費者に届くのかということです。
あぐり王国ではその過程を丁寧に取材しました。
生産者さんの思いを直接聞きに行って
どんな気持ちで野菜達を育てて、
送り出しているのかを聞いて
次にその野菜を食べる時は、
その事を思いだしながら
食べるようにしていました。
そしてこれからもずっと当時の事を思い出して
大事に食べたいと思います。

そして2つ目はテレビについて知れた事です。
テレビはみんなが協力して成り立つものなんだと
私は思いました。例えばスタッフの人が
誰一人協力しようとしなかったら
多分成り立たないし、
とても働きにくいと思います。
でもそれは中学校でも同じだと思います。
みんなと協力せず自分一人の意見を突き通す
というのであれば成長しないし、
自分の悪い点が分からないと思います。
なので私はみんなと協力して
楽しい日々を作っていきたいと思います。
そして最後に1つ。
私の夢は小さいころからアナウンサーなのですが
今回のテレビ出演のおかげでその想いが
もっと強くなりました。
もしアナウンサーがダメでも
テレビ・ラジオ関係の仕事につきたいと
思うようになりました。
これからも夢を忘れずに思いっきり
青春を楽しみたいと思います(笑)!!
スタッフのみなさん、出演者のみなさん
そして生産者のみなさん、お世話になりました。
そしてありがとうございました。
(写真/2014.12.13OA 北見・アスパラ冬姫)

〜豊かな発想で大人を驚かせてくれたマオリ。
 美幌町アスパラ取材では突然CM作りを
 依頼されても全く動じる事がなかったね。
 逆にどんどんアイデアが浮かんできて
 大人では絶対作れないあぐりっこらしい
 CMができましたね。将来夢が叶って
 佑花アナウンサーの後輩になっているかも…
 夢にむかって頑張ってね〜

「あぐり王国に出演して」
大谷彩莉(おおたに あやり)

私は「森崎博之のあぐり王国北海道」に出演して
学んだことが主に2つあります。
1つ目は食への感謝です。
いつも買い物に行くと並んでいる人参・
カボチャ・大根などの多くの野菜。
出演する前までは
『農家の人が畑で種まきして育てて
出荷している』と軽く考えていました。
しかし実際に畑に行って生産者さんに
お話しを聞いてみると
「朝の4時に起きて作業をしてから
朝ごはんを食べています」
「一日も休まずに育てています」という答えが
返ってきました。そこで私は
「生産者さんが気持ちを込めて頑張って
育ててくれた野菜だから好き嫌いせずに
なんでも食べよう」と思いました。
また私は加工場などを見に行く機会もありました。
そこでは私の想像以上に厳しい
選定作業がありました。
生産者さんが苦労して造った野菜でも
基準から外れてしまうと出荷されな
ということが分かりました。
私たちはそんな生産者さんの汗と涙の
野菜を食べているんだと思いました。
そして「いただきます」という言葉に
感謝をこめて食べなければいけないことを
学びました。
2つ目は農業や漁業、畜産などの大切さです。
私はあぐり王国で農業だけではなく
鹿追のブランド卵や枝幸漁業での回に
出演させてもらいました。
そこで私は野菜や魚・動物たちの命を
いただいて生きていることが分かりました。
どれが欠けても生活が成り立たなくなります。
これらを安心安全においしく食べられるのは
生産者さんやそれに携わる方々のおかげだと
思いました。この他にも色々なことを学ぶ事が
できました。そしてこれからも学んだことを
みんなに伝えていきたいし、
食の大切さを知ってもらいたいと思います。
あぐりっことして参加できて本当に良かったです。
ありがとうございました。
(写真/2015.1.24OA剣淵町スードレ)

〜ご家庭でも家庭菜園を積極的に
 手伝っているアヤリ。
 小さかったアヤリがどんどん成長する姿に
 出演者もスタッフも毎回驚かされました。
 あぐりで学んだことをアヤリの言葉で
 こんどは発信してください。
 期待していますよ〜

樫見 育(かしみ はぐむ)
私はあぐり王国に出て改めて食への関心と
感謝の気持ち、そして何よりも私たちは
色んな人に支えられて生きているということ、
普段の生活では感じにくい事を
テレビという場を通して心から
「ありがたい」と感じる事が出来ました。

一番最初の撮影。テーマは「かぶ」でした。
初めての撮影だったので
私はとにかく「テレビだ」という事だけを
頭にいれて撮影したのを覚えています。
次の回はあぐり初の試みであった
「市民農園プロジェクト」に家族で参加しました。
ここで私は少しだけ生産者の気持ちが分かった
気がします。そしてその後に自分たちが一から
育てた野菜を使った料理は特別美味しかったです。
その他にもチーズ・鮮度保持袋・米油など
たくさんの回に出させてもらいましたが
その度に最初の頃のように緊張して
上手く話せませんでした。
でも帰りのバスから降りて親に今日学んだ
出来事を説明しよとしても説明しきれないほど
頭の中は今日学んだことでいっぱいでした。
私はそれを「あぐりの共演者の方々、
スタッフの方々がくれた最高のプレゼント」
だと思っています。
リーダー・佑花さん・オクラホマのお二方、
そしてあぐりっこを支えてくれた
スタッフのみなさん、
本当にたくさんのプレゼントを
ありがとうございました。
このあぐりで学んだ感謝の気持ちを忘れない事。
自分を支えてくれている人がいるということ
そして「食べることは生きること」
これらはすべて高校生・大学生・成人になっても
かわらない大事なもの。これからもそれを忘れず
そしてこの機会をこれからのバネにして
精いっぱい頑張っていきます。
最後に今まで本当にありがとうございました。
(写真/2015.2.21OA 深川油脂・米油)

〜家族でお世話になりましたね。
 チーズ料理ではハグムのこだわりがさく裂!
 「食で人を笑顔にさせたい」という想いは
 大人も子供も関係ないんだと
 私たちスタッフは学ばせてもらいました。
 中学では細っこいながらも
 バレーボールに専念しているハグム。
 いっぱい食べて体を作って
 エース目指して頑張ってね〜

佐伯 桜優(さえき みう)

あぐり王国にはとても感謝しています。
あぐり王国はたくさんの事を教えてくれました。
普段の授業とは違い教科書を読んで
考えるのではなく、実際に見たり
専門の方に直接聞いたり、
楽しく「食」の大切さやありがたさを学べ
今の生活につなげることができました。
それに友達も増えたくさんの思い出が出来ました。
私はロケで体験した事の中で一番生活に
つながっている事は、食のバランスについてです。
食卓に違う味付けのおかずが並ぶと
満腹感が得られるということと
「こ食」の問題について学びました。
「こ食」の問題は意外と当てはまるものです。
私は濃い味付けの物ばかり食べる「濃食」、
おなじおかずだけ食べる「固食」、
パンや麺など小麦粉から作られた物ばっかり
食べる「粉食」と3つ当てはまりました。
これかの問題を知ってから食事の
仕方が変わりました。
好きなものばかり食べるのをやめ、
おかずをまんべんなく食べるようになりました。
それに濃い味付けのものばかり食べるのではなく
味付けを薄くする事を意識するようになりました。
あぐり王国に参加したり観たりすることで
食の大切さをたくさん学び、
考えるようになりました。これらの経験を活かし、
今の食生活につなげていこうと思います。
最後にあぐり王国には
たくさんの経験をさせてもらい
たくさんの思い出ができました。
あぐり王国にはとても感謝しています。
そんなあぐり王国が大好きです。
(写真/2015.1.31OA 「こ食」)

〜何にでも興味を持って自分の言葉で
 ハッキリと伝えることができたミウ。
 何でも吸収するぞって目がキラキラ
 していましたね。番組出演をきっかけに
 かならず晩御飯はみんなそろって
 「いただきます」するようになり
 食卓の会話も増えたそうです〜

「あぐり王国に感謝」
佐藤優成(さとう ゆうせい)
僕は4〜6年生の三年間、あぐりっこ隊として
活動してきました。あぐり王国は学校では
学ぶことの出来ない生の農業の姿や
生産者さんの工夫・苦労、そして情熱を直接
肌で感じることが出来、
多くの貴重な体験をさせてもらいました。
その中でも僕が強く感じたことが大きく
分けて2つあります。
その1つ目は北海道のすばらしさです。
北海道は冬が長く雪も沢山積もりますが
その中でもかぶなどの春野菜の出荷のために
朝4時から準備している農家さんもいると聞いて
ビックリしました。また消費者が安心して
食べれる安全な作物を作るために
できるだけたい肥を使い農薬を使わずに
野菜を育てて出荷するための最終チェックも
すべて人の手でするという
農家さんのこだわりと熱い思いに感動しました。
2つ目は料理の楽しさです。あぐり王国では
その回のテーマの食材を使って料理したり
食べたりします。ボクはそれまではそれほど
料理に関心がなかったけれど
あぐり王国で紹介された料理を家で再現して
作っているうちにだんだん楽しくなってきたし
家族「おいしいね!」と言われたことで
料理がとっても好きになりました。
最後に今、食の安全が叫ばれています。
安心安全、そしておいしい北海道の食材を
僕はこれからも選んで食べていきたいと
思いますし、あぐりっこ隊を卒業してからも
この北海道の豊かさや自然を
みんなに伝えていきたいと思います。
この地に生まれ、この地で育ち
この地で生きていくことへの感謝を忘れず
僕も強く生きていきたいです。
あぐりっこのみんな!森崎さん!
オクラホマさん!佑花さん!
そして多くのスタッフの方々!
今まで本当にお世話になり
どうもありがとうございました。
(写真/2013.4.20OA 七飯町カブ)

〜お母さんによると番組出演をきっかけに
 食べ物に感謝するようになっただけでなく
 お料理がとても好きになり、
 しかもとっても上手になっているそうです。
 仲間だけでなくスタッフも気遣ってくれる
 お父さんのような存在だったユウセイ。
 年下にも優しく接し盛り上げてくれました〜

高田 青空(たかだ そら)

私があぐり王国で学んだことは沢山あります。
オーディションをする前までは
正しいお箸の持ち方が出来なかった私ですが
あぐり王国にでたいという一心で
必死に練習しました。
合格の通知をもらった時は涙がでるほど
嬉しかったと同時にあぐりっことしての
責任感も感じました。
オーデョションを受けてから初めての出演は
鶴居村での酪農ロケ、ミルクの栄養について
学ぶことが出来ました。
ミルクには骨を作るのに必要な栄養が
手軽に取れるということや
便秘・ストレス解消などにいいということを
学びました。朝早くから牛のお世話をしいる
酪農家さんのお仕事を勉強し、
いつでも手軽に飲めると思っていた牛乳が
大変な思いをして出来ているという事が
分かりました。
2回目の出演では乾燥野菜を学びました。
見た目はシナシナしている野菜でも栄養があり
色々な料理に役立つことが分かり
生産者さんの思いが伝わりました。
3回目の出演ではお母さんたちとの共演でした。
お母さんたちとみんなで「こ食」ということを
学びました。こ食とは一人で食べる孤独のこ食、
粉のこ食、濃い味付けのこ食など、
色々な意味があるということが分かりました。
最後はみんなでお鍋を食べました。
このことからみんなでつっつき合い
お話をしながら食べる楽しさということを
学びました。あぐり王国で学んだことを生かして
感謝して中学校でも頑張ります。
とてもいい思い出が出来ました。
本当にありがとうございました。
(写真/2015.1.31OA 「こ食」)

〜色んな事を学んでくれたソラ。
 苦手なシイタケも食べられるようになり
 積極的になって自信もついたようです。
 初回の出演からは想像もできないほど
 最後はハキハキと自分の意見を伝えてました。
 ロケを通して無二の親友に出会えたこと。
 私達スタッフもとても嬉しいです〜

「あぐり王国に参加して」
高田 かおり

私はあぐりっこを3年ほどやらせて
いただいていました。
私は姉もあぐりっこをやっていたので
私もやりたいと思い応募しました。
最初の時はテレビに出るのなんて
初めてだったのでとても緊張していたのですが
他のあぐりっこの人達が「だいじょうぶだよ」と
言ってくれたので安心する事ができました。
それからは安心してやる事が出来
色々な方々と触れ合う事が出来
他のあぐりっこも仲良くする事が出来ました。
そして何よりも農業の事をよく知る事が出来ました。
私はあぐりっこに入るまでは農業などには
興味がなかったのですが、あぐりっこになって
農業に興味を持ちました。
あぐり王国北海道で農業の事を学んで
とても楽しくてもっと農業の事について
知りたくなりました。
中学生になりあぐりっこは卒業しましたが
これからもあぐり王国北海道で学んだことを
生かして行きたいです。
今までありがとうございました。
「ありがとう」の5文字では表せないほど
感謝しています。
(写真/2012.8.4OA 北竜メロン・スイカ)

〜照れ屋さんのカオリも最後はしっかり
 自分の考えを整理して発言したり
 バスの中や料理コーナーでは
 お友達をフォローしてあげ
 シッカリ者の一面もありましたね。
 おうちでも料理をするようになったよう。
 お姉ちゃんのあぐりっこ(さくら)と共に
 あぐりファミリーとしてがんばってね〜

永野このは

私はあぐり王国に2回、参加させて頂きました。
初めての参加の前の日はどんな子とやるんだろう。
どんな体験をするんだろうとわくわくドキドキでした。
ですが初めてあったお友達なのにすぐに
仲良くなれました。そして仲良くなった子たちと
バスに乗り、命の大切さなどを学びました。
1回目の時は牛のお世話をするヘルパーさんの
お仕事を体験しました。乳搾り、おそうじ、
エサやりなどを楽しく学ばせて頂きました。
そして絞った牛乳でティラミスを作らせて頂き
とともおいしいティラミスを作ることが出来ました。
2回目の参加では豚さんのお世話の方のお仕事を
学びました。2回目はブタさんと触れ合わせて
いただきました。あんなにブタさんと近くで
ふれあうのは初めてでした。これもまた
良い体験をさせていただきました。
私はあぐり王国の参加でいっぱいのことを
学びました。あぐり王国で学んだことを
中学生活に生かし、楽しく頑張りたいと思います。
一生忘れない思い出をありがとうございました。
(写真/2014.2.1OA 平取町黒豚)

〜ブタさんと触れ合いながら
 命を頂くことの大切さを学んでくれました。
 働いている生産者さんがいてこそ
 美味しいお肉が食べられることを
 家族や友人に話してくれていたそうです〜

「あぐり王国で感じたこと」
長谷川詩音(はせがわ しおん)

ぼくがあぐりっことしてあぐり王国北海道に出て
学んだことは、まず自分たちの手に運ばれるまでに
たくさんの人お努力があるということです。
食べるのは簡単だけどその食べるまでに
たくさんの人が関わってきているので
もう少し味わって食べて自分の食べているものは
一体だれの手で何人の手で作られているのかを
「いただきます」を言う前に考えてから
食べるようにしようと思いました。
次に感じたことはもっともっと、
自分たちが食べているものに感謝をもって
食べようと思いました。
なぜこのようなことを思ったかというと
僕がいた小学校の学級でいつも給食が
もる時ぐらい残っていたので、いつも
「この残された給食はどこに行くのだろう」と
考えてしまい、
結果的には捨てられてしまうのかなと思い
とても悲しくなりました。
だからこのような食べ物をそまつにするような事は
すこしでもなくそうということを
あぐりっこを通して改めて感じました。
(写真/2013.4.20OA 七飯町カブ)

〜元気いっぱいでロケにくると
 走りまくっていたシオン。
 ロケを通して食べ物に興味をもち
 道産食材を選ぶようになったそう。
 お料理にも興味を持っているようですよ〜

畠山 寧夏(はたけやま しずか)

私があぐり王国に出て感じたことは
農作物をつくることの楽しさです。
私は農家のお母さんのお話をきいて
それを感じました。農作物を作ることは
とても大変なことだと思っていたのですが
話を聞いてみると笑顔で「楽しいよ」と
言っていました。そして雑草を抜くお手伝いを
したときも、その楽しさを感じました。
暑い中での畑仕事は大変だったけど
仕事のあとの達成感も味わうことができ
大変さを忘れるくらい楽しかったです。
もう1つ、感じたことがあります。
それは食材のおいしさです。
その日は苦手なニンジンの料理で
食べられるか心配でした。
でもどの料理もとてもおいしくて
苦手なにんじんもたくさん食べられました。
どんな料理もおいしくなるのだから
苦手な食べ物も勇気を出して
食べてみようと思いました。
あぐり王国で食べることの楽しさ
大切をたくさん学んだので
中学生になっても忘れずに生活して
いきたいと思います。
(写真/2013.7.20OA 南富良野・農家のお母さん)

〜ロケでは心配そうにニンジンを食べた
 シズカ。ニコッと笑って食べられて
 本当に良かったよね。
 そうやってチャレンジしていくシズカが
 すごいと思うよ!中学でも頑張れ〜




TOP(全件表示)