アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2013年11月(16件)
<< [1] [2] >>

2013年11月25日(月) |  ♯268 多くの人とつながる循環型農業とは(1)
2013年11月25日15時40分31秒更新
今日はでんぷんがテーマ。 
大量の馬鈴薯が流れている映像には、
びっくりしました。 でんぷんは
口に入るものだけではなく口紅や
点滴などにも使われているんですね。 
身近にあるでんぷんですが、
奥が深いことを知りました。釧路町

でんぷんはどうやって作られているか
あまり知らなかったけれど、
でんぷんの原料になる
「デンゲン馬鈴薯」と言うものから
出来ているということが分かって
勉強になりました。
でんぷんの一歩手前の生粉。
触ってみたいです。斜里町

じゃがいもから澱粉、
澱粉からお菓子へ…
またしぼり汁まで活用していて
無駄なく活用している事に
非常に感動しました。 
食物豊富な北海道に住んでいて
幸福だなぁとつくづく感じました! 
室蘭市

澱源馬鈴薯からでんぷんの製品が
出来上がるまでに様々な工程を
経ているんですね。そのでんぷんが
口紅やペンキにまで使われているとは
思いもよりませんでした。
地元の澱粉のおかげで煎餅工場ができ
町が活気付いているのは北海道農業が
地域に良い影響があるという好例ですね。
ほがじゃ美味しそうだったなぁ。釧路市

小清水町で「でんげん馬鈴」から
でんぷんを作る過程を学びましたね。
でんぷん乳を作って水分量を
18%乾燥すると出来上がりなんですね。
お菓子・ラーメン・口紅・工業品までに
作られている事にビックリしました。
でんぷんカス、しぼり汁が
牛のエサ畑の肥料になるんですね。
女性部の方が作ったでんぷん団子。
素朴な感じで美味しそうですね。
腹持ちが良さそうで好きです。千歳市

小清水町では循環システムにより、
無駄が無く更には廃校を利用した
お菓子工場の設立など、
良い形で町に元気を与えています。
九州のお菓子会社社長さんが
偶然にもラジオで小清水町のことを
知ったのも不思議なご縁を感じました。
小清水町がもっと飛躍すれば良いなぁと
思いました。札幌市白石区

でんぷんを作るだけのじゃがいもが
あるとは知りませんでした。 
絞り汁も全て有効利用ができるなんて
スゴイですね。でんぷんはとろみを
つけるのによく使います。芽室町

循環型農業の事を初めて知りました。 
小清水町を訪ねてみたくなりました。 
食についていろんな事を学べるので
今後も楽しみにしています。江別市

「澱原馬鈴薯」初耳だったので、
響きにちょっとビックリでした。
小清水町で8万7千トンも
生産しているのもすごいですね。
小学生のころ「でんぷん作り」を
したことが思い出されます。 
今はしぼり粕やしぼり汁を畑の肥料や
牛の飼料にしている町の取り組みが
秀でていますね。でんぷん団子に
興味を持って工場を作った社長さん。
廃校舎を利用したところもユニーク。
ほがじゃという名前のせんべい、
たくさん売れますように…余市町

馬鈴薯からできるでんぷんは
無くてはならない商品を作り出してると
初めて知りました。
畑の肥料、牛のエサにと
小清水町はすごい!
みんなで頑張ってるんですね。
札幌市豊平区

2013年11月25日(月) |  ♯268 多くの人とつながる循環型農業とは(2)
2013年11月25日15時40分21秒更新
近くの小清水町でいつも以上に
見入ってしまいました。新しい工場が
できたのは知っていますが
中に入ったことがないので
是非行ってみたいと思います。
またそこで作られている「ほがじゃ」は
本当に美味しいので、この放送をみて
近辺以外の方にも知ってもらえて
よかったと思います。網走市

でんぷんのおせんべい、
とても美味しそうでした! 
でんぷんが色んなものに使われて
いることを初めて知りました。
でんぷんってすごい役に立って
いるんですね!札幌市厚別区

小清水町がでんぷんの町だとは
知りませんでした。
我が家はとろみ好きなので
でんぷんは欠かせません。
特に冬はいいですね。
馬鈴薯の作り手の方々そして農家の
お母さん方の頑張りには
いつも頭が下がります。札幌市厚別区

ジャガイモからでんぷんに加工。
それだけでなくせんべいや
お菓子に加工販売。
現場職員とJA・地域の連携で
付加価値を創造・産業を構築する
努力と成果に感激しました。
今後も楽しい明るい農業を
見せてください。士別市

でんぷんがデンプン専用の芋で
できていることを初めて知りました。
芋団子は知っていたけど、
デンプン団子は知らなかった…
知らないことが多すぎた。  
すごくためになりました。 羅臼町

でんぷんの作り方を初めて知りました。
作り方なんて考えた事がなかったので
大変勉強になりました。
小学校の校舎を利用して
工場が出来た事を知り行ってみたいです。
生徒さんの描いた絵も見たいです。
そして美味しいお菓子も食べたいです。
でんぷんダンゴも懐かしいです。別海町

『ほかじゃ』を製造しているところは
元小学校なんですね!
子供が『ほかじゃ』大好きなので、
工場見学に連れていってあげたいです。  
稚内市

ほがじゃ、とても美味しい!
 でんぷんのことについて
しっかり学べた。 
うちの牛は、
でんぷんカス食べてるよ。小清水町

オホーツク管内出身です。
小清水町って聞いて…
テンション上がりました!!
なんて美味しそうなおせんべい…
たべたい。
小さな街に素敵な企業が来てくれて
ウレシイです。 旭川市

2013年11月25日(月) |  ♯268 多くの人とつながる循環型農業とは(3)
2013年11月25日15時40分14秒更新
農家だった両親でしたが
農業の事など全然わからず
育ったなぁと改めて番組を見てます。
でんぷん団子がとても懐かしい。
小学生の時に母が作ってくれたの
何十年ぶりに思い出しました。
自分はバターとか乗せて食べた思い出が
ありました。頑張って下さい。札幌市南区

いつも楽しみにしてます。  
今日の「でんぷん団子」が
とても美味しそうでした。 
閉校した小学校が素敵な工場に
生まれ変わって、他でもこの様に
再利用がされれば良いと思いました。
札幌市白石区

馴染みの小清水町でした!
楽しかった〜!
せんべい工場をみる前に
引っ越してしまったので
映像で工場をみられてよかったです。 
近隣市町村でも
小清水町は活気づいていると有名でした。
ちゃんも理由があるんですね。
今度名寄にもいらしてくださいね!名寄市

小清水町にあんな工場ができたとは
知りませんでした。 でんげん馬鈴薯が
有効に活用され地域の活性化に繋がり
すばらしいですね。 閉校した小学校が
工場・ショップになっていることにも
感心しています。 恵庭市

小清水町のでんぷん工場は
主人が知っていました。 
普段は製品になった状態しか
知らないので興味深く拝見しました。 
工場も小学生の絵をグラフィック化して
飾ってあるのがいいですね! 
でんぷん団子もお菓子もとっても
美味しそうでした〜江別市

閉校された小学校の校舎を工場に
転用するというアイディアは
なるほどなと思いました。
本州の企業が来てくれたことで
地元の雇用が生まれますし、
小学校に通っていた児童達も
遊びに来られるという事で地域にも
素晴らしい事例だと思いました。
農業が地域に取って重要な産業で
あることを改めて強く認識しました。
札幌市北区

『ほがじゃ』食べてみたい!
小清水町に行ってみたい!
函館市

小学校を工場として利用していて
とても感動しました。 
地域の人たちと企業との理想的な
関係を見せてもらった回でした。
農作物が豊富な北海道ならではの、
こういった話を今後も楽しく
拝見できれないいなと思います。 函館市

小学校の跡地に工場。
目に見える形で製品になって
町民皆様が喜んでいる様子が有る。
活性化に繋がり素晴らしい町ですね。 
畜産と畑作の循環農業、
一歩先ゆく新しい試み、
北海道の他の市町村に
教えてください。旭川市

2013年11月25日(月) |  ♯268 多くの人とつながる循環型農業とは(4)
2013年11月25日15時41分21秒更新
工場のそばの農家さんが
「(自分が)作った作物を加工してくれ
生産者にとってとても励みになる」
と言っていた表情が本当に嬉しそうで
「ほかじゃ」の存在を
今まで全く知らなかったのに、
ものすごく応援したい気持ちになりました。  
北斗市

さっぽろオータムフェスタで、
初めてでんぷん団子を食べました。 
小清水ってどこにあるのか
知りませんでしたが、
番組を見て理解しました。
「ほがじゃ」美味しそうですね。
旭川市

小清水町はすごい!
ますます好きになりました。
現地が潤い元気のあることが大事!
地方を応援しています。
小清水町を応援していきます!根室市

北海道の農業の未来は
暗いものばかりではなく、
明るい開拓の仕方もあるのだと実感。 
ただ現状を嘆くのではなく、
色々な工夫とアイデアで、
まだまだ未来はあるという事を
もっともっと放送で取り上げて欲しいと
思いました。別海町

いももち・カボチャ団子、でんぷん団子。
昔むかし石炭ストーブの上で
亡き母が作ってくれました。
懐かしいです。
まだ作っているのですネ。
食べたいです。札幌市白石区

でんぷん団子美味しそうでした。
むかし栗山町にもでんぷん工場があり
くず芋を持っていきました。その帰りに
生でんぷんの塊を少しもらって
薪ストーブの上において
焼けた分だけはがして食べたこと…
懐かしく思い出しました。 
農家さんを応援してくれる番組として
楽しく見ています。北広島市

私の実家でも農家をやっており、
ビートやカボチャを作っています。
小さい頃は嫌々手伝いをしましたが
この番組を観て農家の大切さを
改めて感じる事が出来ました。 
これからも農家の仕事内容や大事さ、
北海道で作られている作物や料理を
もっと紹介していろんな人が
農家の仕事に興味がもてるような
番組を楽しみにしています。紋別市

沢山の食べ物が溢れる中、
当たり前に普段食べているものが
どのように作られているのか?
沢山の人の手によって苦労を重ねて
作られている!という事が分かって、
子供も親も考えさせられる素敵な
番組だと思います。 
これからも北海道の食材の良さを
沢山教えて頂きたいです。札幌市中央区

2013年11月18日(月) |  ♯267 稲作における安全安心の取り組み(1)
2013年11月18日13時56分59秒更新
北海道米あんしんネットについて
初めて知りました。
ロットナンバーからお米の情報が
あんなに詳しく知ることが出来るなんて
便利ですね。購入する時はつい
価格ばかりに目が行きがちですが、
最近の虚偽表示問題を見てると
考えさせられます…。
毎日、口にするものはやはり
安全安心が第一だなと感じました。釧路市

品質を厳重に管理している 
あんしんネットというものが
あることがわかりました。 
とても良いシステムだと思います。 
食の安全にはこれからも十分に
気をつけていきたいので 
データの書き換えなどがないように
これからも手堅くやっていって
頂きたいとおもいます。札幌市東区

お米があれほど検査しているとは
知りませんでした。
これからも作っている品物を
検査してください。札幌市清田区

最近は新米が出てきて、
おいしいご飯を家族で食べてます。 
みんな笑顔になる季節ですね。 
食に関して偽装の報道が多い中、 
北海道米は裏切らず、
日本人の食を支えていって欲しいです。 
私は北海道米とタラコで
夜ご飯オッケーです!苫小牧市

北海道米がここまで厳重に
管理しているとは思いませんでした。 
生産者は統一裁判基準で 
JAはその土地に合わせた
農薬などの管理・指導。 
ホクレンはDNA検査、
モニタリング検査などの最終チェック。
北海道のお米は三本の矢によって 
安心安全が作られているのですね。根室市

毎日食べている北海道米が
収穫してから私達の口に入るまで
こんなにしっかりした検査を
受けていたなんて…
これからは農家の方だけでなく、
流通までに関わっている方にも
感謝して味わいたいと思います。 
農家の皆さん、ホクレンの皆さん
いつもありがとうございます!清里町

子供が一人居る主婦です。
農作物が検査してから
商品になるって言う事は
何となくわかってたけど、
検査内容までは知らなかったから
勉強になりました。
あぐり王国はへぇ〜って
勉強になる番組なので
楽しく納得しながら見てます。滝川市

ホクレンは食品の科学的な
色んな研究してるんですね。
我々の考えてる以上の
仕事してるんですね。
初めて知りました。勉強になります。
細かい検査してますね。
食品の安全安心のためですね。
はくちょう米は代表ですよね。
札幌市北区

2013年11月18日(月) |  ♯267 稲作における安全安心の取り組み(2)
2013年11月18日13時56分52秒更新
北海道米あんしんネットを見て
信頼を強くしました。
平成15年から取り組んだとのこと。
残留農薬検査、DNA鑑定、
カドミウム検査等で安心して
食べられるのですね。
サザエのおはぎも大好きで
時々買ってたべますが
さすがプロだと思いました。
20年の積み重ねの見事さに
脱帽しました。函館市

食の安全安心を学ぶ30分。
ホクレン農業総合研究所で
食の安心安全の信頼向上を目指した
「北海道米あんしんネット」という
取り組みをやってるんだね。
ホクレンでは最新の機械で
残留農薬検査・DNA鑑定をしていて
安心しました。
サザエのおはぎの作り方、
すごく参考になりました。
今度作ってみます。千歳市

北海道米あんしんネットは 
消費者が安心安全に食べられる為に
行う検査のことなんですね。  
米の粒の状態のまま検査するのかと
思ったら粉にして液体にして
検査するのを知りました。  
おはぎ美味しそう!北斗市

DNA鑑定までするなんて、
本当に驚きました!
それを調べる機械が1億円!
主人と共に思わず声を
上げてしまいました。
そこまでしても安心安全を守り、
私達消費者の元に届けてくれて
いるのかと思うと
頭が下がるばかりです。美唄市

安全安心は我々消費者の
関心が大きいですし、
北海道ブランドが信頼される
大きな要素だと思います。
普段どのような取り組みを
しているのか知る機会がないので、
今回知ることができて
とても勉強になりました。札幌市北区

お米が作られてから安心安全に
消費者に届くまでを知ることができました。
毎回思うことですが、
私たちの口に入るまでには
様々な厳しい段階を経るので
娘とともに感謝の気持ちで
頂いております。札幌市中央区

凄い検査がなされている事に
驚きました。安心安全な物を…と
簡単に言ってしまいますが
とても大変なことなんですよね。
北海道の農産物。
胸を張って自慢したいです。帯広市

家庭菜園をやっていることから、
無農薬野菜等には以前から
強い関心を持っていました。 
今回食品の安全安心の過程を知り、
価格(安い)だけではなく、
商品の説明書を良く見て
購入するようにしたいと
思うようになりました。札幌市東区

2013年11月18日(月) |  ♯267 稲作における安全安心の取り組み(3)
2013年11月18日13時56分46秒更新
本日の放送でより安心して
北海道米を食べられることを
確信しました。細かい検査に
裏打ちされた安心感・安全性が
理解できました。裏方のお仕事は
大変だと思いますが、
これからも宜しくお願いします。江別市

自分達が食べている北海道米が
厳しい検査を通って店頭に
積まれている事が分かり、
より一層安心してこれからも
食べる事が出来ます。札幌市豊平区

お米の検査など色々な過程を経て、
安全な状態で出荷されている。
より安心感が増しました。札幌市中央区

お米の検査が凄くしっかりしてて、
ビックリしました。
プールに少しの塩が入っても
分かる機械なのは衝撃でした!
安心してお米を買う事が出来ます。
最後の100gにおはぎを作れるのは
驚きました! 札幌市南区

あぐりっこのお母様が買い物の時に
気を付けていることなどを
的確に話して下さり、
流石だなぁと感心して見ました。
生産者さん、JA、ホクレンがタッグを組み、
不純物が混ざっていないかなど、
厳重に検査していて、
北海道の食べ物は安心だと
言うことを改めて感じました。
検査の際にホウレンソウの緑が
透明になっていたのには驚きました。
札幌市白石区

北海道のお米は日本一安心で
安全なんでしょうね。
厳しい検査を通り抜けた
最良の物だけが私達の口に
入るんですね。深川市

農薬の残留や品質を調べて、
安全な物がお店に並ぶことが
分かりました。安心して食べれます。
あんこを包んでおはぎを作るのも
楽しそうでした。母が子供の頃、
おはぎを作るのを手伝った話を
してくれました。札幌市手稲区

北海道の安心安全がどのようにして
支えられているのか、
よく理解できました。
今後もいろいろな北海道を
番組で紹介して頂きたいです。
札幌市手稲区

2013年11月18日(月) |  ♯267 稲作における安全安心の取り組み(4)
2013年11月18日13時56分39秒更新

私達が食べているお米は、
あんしんネットによって守られて
いることがわかり、とても安心しました。
北海道はもち米の生産が
日本一なんですね。
腹持ちがよいもち米は子供も大好きなので、
私ももう少しもち米のレパートリーを
増やしたいと思います。
家族でおはぎ作り楽しそうでしたね。 釧路町

家ではずっと北海道米です。
番組を観て今後も北海道米を
安心して食べられると確信しました。
サザエのおはぎを作って20年という方が
もち米とあんこを合わせてピッタリ
100グラムにしたのには驚きました。江別市

あんしんネットのことを今まで
知りませんでした。とっても良い情報
ありがとうございます。
サザエのおはぎは大好きで
よく食べていましたが、
安心なお米を使用していることが分かり
一段と好きになりました。札幌市厚別区

あんこといったらサザエでしょと言う位
甘さ・塩加減・粒の残り具合…最高!
おはぎ100グラムは流石でした。
札幌市西区

おはぎピッタリ100グラムですごい。
家族みんな、おはぎ大好きで
見終わったら『食べた〜い』と
大騒ぎになりました。 浦臼町

私が子供の時、
母がよくおはぎを作ってくれました。
懐かしいな…
北海道の発展向上のためにも、
農業の発展がカギになると思います。
北海道の農業、農家さん頑張れ!
札幌市中央区

おはぎを見て昔、
母が作ってくれたのを思い出しました。
作り方を教えてもらって
ぜひ作りたいなと思います。更別村

我が家は畑作農家で小豆も作っています。
おはぎやあんこ物は美味しいので
沢山食べて欲しいです。更別村


2013年11月11日(月) |  ♯266 北海道の良質な作物を支えてきた土地改良(1)
2013年11月11日15時02分37秒更新
新篠津村の土地改良について
初めて知りました。
泥炭の土地を改良して米作りを
していること、また大規模農地への転換も
されているようでしたね。これからも
おいしい米作りに頑張ってほしいです。 
特に先人の開拓への苦労をしっかりと
博物館として残していることにも
感心いたしました。札幌市西区

新篠津が湿地帯という水分を含んだ
土地だとは知りませんでした。  
泥炭という植物の残骸が含まれる土が
できるまで何千年もかかるのは驚きました。  
新篠津の野菜を使った料理やスイーツ、
美味しそうでした。北斗市

泥炭地を改良して稲作の出来る地に…
新篠津や月形の泥炭地を水抜きする
様子を見て感動を覚えました。
ここまでくるには先祖からの並々ならぬ
工夫努力だったでしょう…。
美味しい米や作物を作る農家の人達に
頭が下がります。函館市

番組でも言っていましたが、
新篠津ってお米に合った土地だから
米どころになったと思っていましたが
こんな苦労があったとは… 
他の土地・他の作物でも同じような
見えない苦労がたくさんあって、
美味しい物が作られているんでしょう。
改めて生産者さんや先人に
感謝しなければと思いました。札幌市豊平区

足がぬかる泥炭地をお米が作れる
良質な農地に作りかえるなんて
凄い技術ですね。山から良質な土を
客土地にしたり、土の中に暗きょを
設置するなんて気の遠くなる作業ですね。
篠津運河は排水と田んぼへの水を供給する
2つの役目があるんですね。
石狩川頭首工もスケールが大きく感動!
暗きょ排水工事も機械化されて
明治から続いているんですね。千歳市

泥炭地資料館長さんの
長靴にひもをつけて足を上げた話。
当時のようすが手に取るようです。
客土と暗きょでの泥炭地開発は
想像を絶するものだったでしょう。
今は23,4kmもの篠津運河があり、
スケールの大きい頭首工があります。
土地改良が進み今後も大いに期待されます。
野菜のから揚げに空き缶を使うは愉快でした。
パイナップルが一番いいなんて。余市町

新篠津村の泥炭地を改良して
道内有数の米どころにした皆さんには
本当に頭がさがりますね。
御蔭さまで美味しいお米を頂ける私共。
今後共頑張ってください…苫小牧市

2013年11月11日(月) |  ♯266 北海道の良質な作物を支えてきた土地改良(2)
2013年11月11日15時02分44秒更新
米ができるまでに様々な苦労があるのは
知っていましたが、そもそも田んぼに
なるまでに歴史があり、
先人たちの苦労と努力のおかげ…
というのは初めて知りました。
暗渠排水工事を見せて頂けて
大満足!頭首工も良かった!釧路市

北海道と言えば泥炭地。
それを土地改良により、
米どころへと変えたことは凄い!
土の中に穴を掘りパイプを通したり…
昔の写真で両肩に土を担いだ
女性の力強い姿も写っていました。
今は機械も導入され随分と作業が
スムーズになったと思います。
沢山の手をかけて出来あがったお米。
パイナップルの空き缶を利用して、
こしらえた「かき揚げ」と一緒に
味わってみたいですね。札幌市白石区

泥炭地を改良して農地を作成、客土、
暗渠排水など先人が苦労をしての開発。
大規模に行う大変な作業でした。
現代は大型機械ですが、
それにしても大変な作業ですね。旭川市

泥炭地を水田にするために
手作業で排水菅を地中に埋め、
さらに客土を泥炭地の上に敷くという
膨大な時間と労力の上に今日の
米作りが成り立って いる…と
改めて勉強になりました。登別市

沼田町も泥炭地が多く大規模な
土地改良事業が行われています。 
こうして美しい田園風景が
できていることに改めて感動しました。 
北海道は食の供給地域として
これからますます重要な地域となります。
先人の知恵と努力に感謝し、
地場の食をもっと大切にして
いかなければと実感しました。 沼田町

湿地の土地が米産地になって驚き!
それまでの苦労は想像を絶します。
古くから凄い技術があったのにも
驚きました。農業の奥深さと
感謝の気持ちを毎回感じています。
これからも勉強させてください。帯広市

北海道は開拓者が入り土地を開拓し、
改良を重ねて今がある。 
先人達の開拓魂の素晴らしさに
敬意を表します。名寄市

田んぼ作りはとても大変そうですね。 
こんな大変な土地改良をしないと
おいしいお米ができないんですね。 
これからはもっと感謝しながら
頂きたいと思います。芽室町

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)