アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:全て(721件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [+10] >>

2018年10月13日(土) |  JA忠類 ユリ根レシピAタルトフランベ風
2018年10月11日20時27分53秒更新

栗原さん
「お次はゆり根のタルトフランベ風です」

タルトフランベとはフランスの家庭料理で、
パンの上にサワークリームやベーコン、
タマネギなどをのせた、ピザのようなもの。



【ユリ根のタルトフランベ風】

<材料 2人分>
ユリ根            1/2個(約50g)
マフィン          2個(全粒粉)
ニンニク          1かけ
西京味噌          大さじ1/2
クリームチーズ    80g
ベーコン          30g
サラダ油          大さじ1
黒コショウ       少々
赤タマネギ(スライス)  少々


<作り方>
1)ユリ根をほぐして熱湯で2分ゆで、
  粗熱が取れたらクリームチーズと混ぜ合わせる

2)ベーコンを細切りにし、
 油をひいたフライパンでカリカリになるまで焼く
 (キッチンペーパーで油をきる)

3)マフィンを3分ほど焼いたら
  ニンニクの切り口をマフィンに擦り付ける


4)その上に味噌を薄く塗り、
  ユリ根入りクリームチーズを塗る

5)さらにカリカリベーコン、
  赤タマネギのスライスを乗せて
  黒コショウをかけたら
 トースターで5分ほど焼く

最後にユリ根のタルトフランべ風を!

森「おいしいですね〜」



「クリームチーズの酸味と
 コショウのピリッとした感じ
 そこのゆり根の甘みというバランスが
 すごくいいです!」

大坂さん
「うおっ!これはすごいですね!へええ」

大坂さん
「クリームチーズ!
 すごい合うんですね。
 ベーコンがいいですね!」

栗原さん「ありがとうございます」


2018年10月13日(土) |  JA忠類 ユリ根レシピBフリッタータ
2018年10月11日20時28分01秒更新

【ユリ根のフリッタータ】

<材料 2人分>
ユリ根1個(約100g)
ズッキーニ小1本
エリンギ2本
コンビーフ1缶
オリーブオイル大さじ1
卵5個
オリーブオイル大さじ2
粒マスタード適量



1)ユリ根は千切りにする

2)エリンギとズッキーニは
  薄い輪切りにする


3)フライパンに油をひいて、
  コンビーフと一緒にユリ根、エリンギ、
  ズッキーニを炒める

4)溶き卵の中に炒めた具材を入れて混ぜ合わせる

5)18センチのフライパンに油をひき、
  卵液を入れて数回混ぜ合わせたら
  蓋をして約3分。火が通ったらひっくり返し
  さらに1分焼いてできあがり

6)粒マスタードをのせて食べる

大坂さん
「あら…美味しいですね!」

大坂さん!ナイスリアクション笑


大坂さん
「野菜がいっぱい入っているんですね。
 おいしいい」

リーダー
「何日かぶりの食事だったんでしょうね…」

2018年09月15日(土) |  JA新はこだて森支店 トマトレシピ@炊き込みご飯
2018年09月18日15時43分22秒更新


「トマトを使ったアイデアレシピを
 教えてもらいましょう」

道南を拠点に料理教室の講師などで
活躍する野菜ソムリエの後藤るみ子さんに、
森町産のトマトを使ったアイデアレシピを
教えていただきます!



後藤さん
「炊き込みご飯を作ります!」

【トマトの炊込みご飯】

<材料 作りやすい分量 中盛り3膳>
米      1合
タマネギ   1/4個(60g)
トマト         2個(300g)
ニンニク    1かけ(10g)
豚ひき肉    80g
大葉          10枚(10g)
しょう油麹 大さじ1
塩ひとつまみ コショウ少々
米油           大さじ1

※しょう油麹がない場合
 しょう油大さじ1/2で代用


<作り方>
1)米はといで30分程、浸水しておく。
 トマトは1cm角に切り
  タマネギは粗めのみじん切り、
  ニンニクは細かいみじん切り、大葉千切り。

2)熱したフライパンに米油をひき、
  タマネギ・ニンニク・ひき肉を炒め、
 塩とつまみ、コショウ少々で味を調える。

3)炊飯器に米を入れ、一度水分量通り
 目盛までた後、水を150cc抜く


4)トマト、タマネギ、ニンニク、ひき肉、
 しょう油麹を加えさっとかき混ぜ、
 炊込みご飯モードで炊く。

5)炊きあがったら、一度全体をさっくり混ぜ
  10分程蒸してから器に盛り大葉をあしらう。

炊き込みご飯が炊きあがりました。
するとリーダーが−

リーダー
「あぐりっこ嗅いでみる?」

ゆう「トマトのにおいすごくする!」

リーダー
「トマトのにおいするね〜
 乙女っぽく言ってみて!」

ゆう
「トマトのにおいすごくする〜♪」

がははは(大笑)

リーダー
「無茶振りに答えてくれました」


さて完成しました!
みんなで、いただきま〜す♪

ではいただきま〜す。

カンタ「とってもおいしいです!」

リーダー「トマト入ってるんだよ?」


ゆう
「トマトの味もして玉ネギとか
 お肉の食感もおいしいです!」

豆澤さん「美味しいです!」

リーダー
「すんごい高級なケチャップライス!」


後藤さん
「たくさん作って余ったら
 薄焼き卵で巻くとオムライスになる!」

森「いいですね〜」


2018年09月15日(土) |  JA新はこだて森支店 トマトレシピA納豆巾着焼き
2018年09月18日15時43分32秒更新
続いてのアイデアレシピは
【トマト納豆巾着焼き】


<材料 2人分>
トマト            1/2 個(75g)
タマネギ       1/8 個(30g)
セロリ           20g
小揚げ          2枚
ひき割り納豆   1パック
溶けるチーズ  30g
しょう油麹   大さじ1
米油             大さじ1

※しょう油麹がない場合、
 しょう油大さじ1/2 で代用


<作り方>
1)トマトは1cmの角切り、
  タマネギとセロリはみじん切りに、
  小揚げは菜箸を転が
  し開きやすいようにしてから、
  2等分に切り、袋状に開いておく。

2)ボウルにトマト、納豆、タマネギ、セロリ、
  しょう油麹、チーズを入れ良く混ぜ合わせる。


後藤さん「混ぜちゃいま〜す」

リーダー
「ゆう!混ぜちゃいなよ!」

ぐるぐるぐるぐる…

リーダー
「ゆう!乙女っぽく混ぜて!」

ゆう「わああああああ〜い♪」

またまた無茶振り!

森「何でもやってくれる!!」


リーダー
お猿さんの真似しながらやって!」

すぐにマネするゆうちゃん!

リーダー「いや〜カワイイっ♪」


3)Aを4等分にし、開いた小揚げに入れ、
  口の部分をつまようじで留めます

4)熱したフライパンに米油をひき巾着を並べ、
  弱火で両面きつね色になるまで焼く。


さて完成しました!早速いただきますが…

いきなり豆澤さん
「このままいっていいんですか?」

後藤さん「はい!がぶっと!!」

すると本当にひと口で食べちゃいました。

「すご〜〜い」

リーダー「ひと口??」


後藤さん「中身分からない?」

豆澤さん「納豆だ!!」

リーダー
「トマトと納豆とチーズがあわさると、
 どうですか?」

梅沢さん
「いっけん…合わないようでうまし!です」


リーダー
「あれ?これちょっと新しいよ。
 納豆とトマト!」
 
とリーダーが話している間に
トマトが苦手なカンタがパクリ♪

リーダー
すげーぞ!
 トマト汁が染み込んだお揚げが美味しい」


2018年09月15日(土) |  JA新はこだて森支店 トマトレシピBガスパチョ
2018年09月18日15時43分38秒更新

【トマトと甘酒のガスパチョ】

<材料 2人分>
トマト      1個(150g)
甘酒(米麹)   1缶(190g)
塩麹           大さじ 1/2
赤パプリカ     1/4個(40g)
ニンジン       20g
玉ねぎ         1/8個(30g)
ニンニク    1かけ(10g)
コショ         少々
オリーブ油もしくは米油 大さじ 2

お好みでトッピング
  →グラノーラ、パセリバジル など
※塩 麹がない場合、ひとつまみ1gで代用



<作り方>
1)トマトはひと口大に切り、 赤パプリカは乱切り
 ニンジン・タマネギ・ニンニクはみじん切り

2)トマト以外の野菜を熱したフライパンに
 オリーブ油大さじ 1をひき、
 しんなりするまで炒め粗熱を取る。

3)トマト、A、甘酒、塩麹コショウを
 ミキサーにかけ液状になったら、器盛りつけ
 残りのオリーブ油を回しかけトッピング飾る。


リーダー
うまい!甘酒なんだ〜体に良さそう」

後藤さん
「夏バテした時とか食欲ない時とか!」

リーダー
「トマトの味が濃いのがここに表れる」


2018年09月08日(土) |  JA新はこだて みょうがレシピ@ドライカレー
2018年09月07日16時40分55秒更新
ミョウガを使った
アイデアレシピを
地元女性部で梶田さんの奥様
梶田節子さんに教えていただきます。


【ミョウガのドライカレー】

<材料 4人分>
ひき肉 400g
ミョウガ  200g
ナス    2本
ピーマン  4個
玉ねぎ   1個
トマト   3個
にんにく  小さじ1(すりおろし)
サラダ油  大さじ1
固形ルー  適量



「息子さんはミョウガ好きですか?」

節子さん
「残念ながら大嫌いです!」

あぐり一行「え〜〜!ビックリ」

だから生まれるアイデアレシピ!


<作り方>
1)フライパンにサラダ油を入れ、
 にんにくを炒める

2)荒みじん切りした玉ねぎを
 半透明になるまで炒める

3)ざく切りにしたナス・ピーマンを軽く炒める

4)ひき肉を入れて火が通るまで炒める

5)具材に油がいきわたったら
 カレールー・水・トマトを加え
 さらに、火をかけていきます。


節子さん
「その間にミョウガを半分に切って投入!」

森崎「半分に切るだけ?」

節子さん「そうです!」

6)ミョウガを半分にカットする


7)最後にミョウガを入れて少し煮込むと完成

節子さん
「いいかな?はい!完成です!」

ミョウガのアイデアレシピが完成!

ではいただきま〜す!

まずはミョウガのドライカレー。


スズ「おいしい!」

森崎
「シャッキシャキだ〜うまい!
 カレーにあいますね」



「噛んでいくごとに
 ミョウガの爽やかな香りが出てきますね」

森崎
「食べるごとに食欲そそられて
 食い進めてもお腹がすきます!
 これは夏バテ知らずだわ〜」


2018年09月08日(土) |  JA新はこだて みょうがレシピAマヨあえ
2018年09月07日16時41分33秒更新
さてもう1品。
簡単調理ですぐできる! 
【ミョウガのマヨネーズあえ】


<材料 4人分>
ミョウガ   8枚
マヨネーズ  大さじ4
しょう油   適量
かつお節   適量

節子さん
私…あのミョウガが苦手でして…」

あぐりっこ「えええええ」

節子さん
「嫁ぐまで!食べたことがなかった…
 他の農家さんに教えて頂いて
 それで食べられるようになったんです!」

森崎「へえ」

節子さん
「なおかつそれをご飯の上にかけて食べる!
 それをしてから夏バテがないですね」


<作り方>
1)ミョウガを細切りにして…

水にさらす

2)水を切ったミョウガにマヨネーズ、
  しょう油を入れ混ぜる

3)最後にかつお節を入れ軽く混ぜると完成


さてお味は?

カイト「おいしい!」


森崎
「ミョウガとハンバーグどっちが好き?」

カイト「同じくらい!」



「香りも生だから強いんですけど
 辛味もなくマヨネーズとかつお節で
 マイルドになって食べやすい!」

森崎
「私はご飯とやってみたい!
 おいしい〜!僕人生最後のご飯は
 納豆ごはんが良いって
 言ってたんですけど
 ミョウガご飯かもしれません!
 これうま〜い♪」

2018年09月01日(土) |  JAさっぽろ レタスレシピ@シュウマイ
2018年08月30日19時37分22秒更新

これまでにもハーブやセロリなど、
香りを活かした料理を披露してくれている
「ハーブ&クッキングルームKINA」代表の
大澄かほるさん。
今回教えていただく「レタス料理」とは…?

リーダー
「レタスはサラダで食べてるよね?
 料理で食べることは?」

ソウタ「あんまりない!」

大澄さん
「リーフレタスとサニーレタスの両方を
 用意しているんですけど
 レタスのシュウマイを作ります」



【たっぷりレタスのシュウマイ】

<材料 12個程度 4人分>
レタス   6枚、
玉ネギ   1/4個、
しいたけ  2枚、
パプリカ  1/8 個、
豚ひき肉  300g、
塩・胡椒 少々、

A
卵     1個、
酒     大さじ1、
しょう油  大さじ1、
おろし生姜 小さじ1、
ごま油   小さじ1、
片栗粉   大さじ2、

レタスの外葉 2枚、
しょう油と練辛子 適量


<作り方>
1)レタスの葉を縦に半分に切り芯を外し、
  数枚まとめて軽くラップで包み
  500Wの電子レンジで15秒程度加熱しておきます。

大澄さん
「レタスの芯ってシュウマイの皮として
 包むには少し硬いんです。
 なのでV字で切り離します」


2)玉ネギ、椎茸、パプリカ、
 外したレタスの芯は
 細かめのみじん切りにしておきます。

3)ボウルに入れた豚ひき肉に塩と胡椒を振り、
  軽く粘りが出るまで練ります。
  Aとみじん切りした野菜も混ぜ、
  ボウルの中で12等分にします。

4)半分に切ったレタスの葉を広げて、
 Bの肉だねの1/12を丸めたものを
 巻くように包み、シュウマイ型に整えます。

メイ
「まるめるだけなんだ。すごい簡単!」


5)フライパンにレタスの外葉を敷きます。

大澄さん
「実はレタスから香りがでるんです。
 フライパンの上にレタスの外葉を置く事で
 ちょうど良いクッションになってくれます」


6)シュウマイを並べ、葉の下に水を入れる。
 初めは強火で蒸気が上がったら中火にして
 7〜8分、蓋をして蒸します。

7)蒸しあがったら皿に盛り、
 好みでしょう油と練り辛子をつけて
 いただきます。

レタスのシュウマイをいただきます!

メイ
「レタスで作った皮は柔らかいのもあるけど
 シャキットしていて新鮮!!」

リーダー
「シュウマイの皮が新鮮なんて聞いたことない!」


「やわらかい!こんなシュウマイ食べた事ない!」


2018年09月01日(土) |  JAさっぽろ レタスレシピA香味ソースがけ
2018年08月30日19時37分41秒更新
大澄さん
「レタスの香味ソースがけを紹介します。
 レタスって意外と量が食べられない…とか
 1玉もらっても困るよって事があると思うので
 ひと玉丸ごと食べられるメニューになります」


【レタスの香味ソースがけ】

<材料 4人分>
レタス      1玉、
砂糖       1つまみ、
ごま油      小さじ1、
炒り胡麻     小さじ2

ごま油         小さじ1、
にんにく       1片、
生姜           1片、
長ネギ         1/2 本、
カシューナッツ 50g、

A(砂糖大さじ1、みりん大1、しょう油大さじ2)、

ごま油    大さじ1


<作り方>
1)フライパンにごま油小さじ1をひき、
  みじん切りしたにんにくと生姜、長ネギ、
  カシューナッツを弱火で炒め、
  混ぜ合わせたAを加えます。
 大さじ1のごま油を加え、
  しょう油が香ったら火を止めます。

大澄さん
「レタスを四等分にカットします」

大澄さん
「茹でる時にポイントがあります!
 ごま油をいれます。
 茹でた後にレタスから水分が出にくくなり
 しかもちょっとごま油の香りがついて
 美味しく出来る!ツヤもでる!」

2)砂糖とごま油小さじ1を入れた、
  たっぷりの湯を大きめの鍋に沸かし、
  カットしたレタスを芯から30秒ほど茹で、
  ざるに置き冷まします。
 (葉の部分は余熱で火が通るので、
   さっと湯にくぐらすだけにします。)

大澄さん
「キレイな緑色ですね〜」

リーダー
「ほのかにごま油の香りがついてます」


3)皿に盛り、炒り胡麻と、あつあつに温めた
 @の香味ソースをかけていただきます。

※大人向けには香味ソースに
 一味唐辛子を加えると更に美味しいです。


続いて玉レタスを使った香味ソースがけを!

ソウタ君…もうニンマリ♪

森「笑ってるね〜どうした(笑)」


ソウタ
「めちゃくちゃ美味しい!
 レタスの水分がまだ残ってる!」

リーダー
「芯うまい!柔らかいけどシャキシャキ!
 これまで捨てていた芯がもったいない。
 これひと玉ペロリ食べれちゃう」


2018年09月01日(土) |  JAさっぽろ レタスレシピBキムチ
2018年08月30日19時37分59秒更新

【レタスキムチ】
<材料>
レタス    大きめの葉6〜8枚、
ニンジン   1/4 本、
ニラ     4〜5本、
干海老    大さじ1

A(コチジャン大さじ2、白味噌大さじ1、
 一味唐辛子小さじ1/3、砂糖大さじ1、
 おろしにんにく大さじ1、
 おろし生姜大さじ1、醤油小さじ2、
 昆布茶小さじ1、米酢小さじ1)、

ジッパー付きの大きめの保存袋1 枚



<作り方>
1)洗ったレタスの葉の水気を拭き、
  バットなどに拡げておきます。
  ニンジンは千切りに、
 ニラは2センチ程度のざく切りにします。

2)Aの材料をボウルに入れスプーンでよく混ぜ、
 切ったニンジンとニラも混ぜます。

3)@のレタスの両面に、
 スプーンや手でAを塗って6枚重ね
 ジッパー付き袋に入れ冷蔵庫で一晩寝かせ、
 軽く水気を絞り好みの幅に切っていただきます。


リーダー
「こんなにシャキシャキ噛むキムチ
 食べたことない!
 噛む度に味が出てくる!ご飯食べたい」

ソウタ
「最初はレタスのシャキシャキがあって
 途中から辛さが追加して、いい感じ!」


大澄さん「メイちゃんすごい」

リーダー
「メイ。辛いの得意なの?」

メイ「うん」

ソウタ
「水めっちゃ減ってるけど!」


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [+10] >>

TOP(全件表示)