ページ内検索

   表示:全て(701件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [+10] >>

2018年06月16日(土) |  JAとうや セロリレシピA水餃子
2018年06月15日17時58分20秒更新

【セロリの水餃子】

<材料 4人分>
餃子の皮    20枚
豚ひき肉       100g
セロリ(葉付) 1本
塩       少々
長ネギ     1/2本 

(A)調味料
おろしにんにく  小さじ1
おろし生姜      小さじ1
ごま油      小さじ1
オイスターソース 小さじ2
酒        小さじ1
片栗粉      大さじ1

(B)スープ
水         600ml
鶏ガラスープのもと 小さじ2
酒         小さじ1
しょう油      小さじ2

酢        大さじ2
しょう油     大さじ2

大澄さん
「中国の北のほうでは
 セロリを餃子にものすごく使う!」



※下準備※
セロリは細かくみじん切りにし、
しっかりと塩もみしてから10分以上置いて
ペーパーなどに包んで水分をしぼります。
長ネギはみじん切りにし、
ニンニクとショウガはすりおろしておきます。

大澄さん
「水分を出した時に
 苦味やえぐみも出るます」


<作り方>
1)豚ひき肉に塩少々を振って練り、
 水気を絞ったセロリ、刻み長ネギ、
 Aを加え再び練ります。

2)餃子の皮で@を包み、
 熱湯で2分前後茹でる。
 鍋にBを合わせ、温めておく。

3)茹で上がった水餃子をAのスープに入れるか、
 酢しょう油を合わせていただきます。

続いては、セロリの水餃子を、
もともと苦手だった森アナと、
今回がセロリ初挑戦だったナナミちゃんが
食べてみると…?

ナナミ「おいしい!」

森「苦味はなくなってる?」

ナナミ
「うん。食感も残ってて美味しい!」


「あっ!おいしい」


「旨みがシッカリ感じられますし
 後からほんのり香りがくる…」

2018年06月16日(土) |  JAとうや セロリレシピBヨーグルトシャーベット
2018年06月15日17時58分31秒更新

【セロリのヨーグルトシャーベント】

<材料 4人分>
セロリ(葉付) 1/4本
ヨーグルト   200g
リンゴジャム  大さじ4
レモン汁    少々

※下準備※
セロリの葉を細かめにみじん切りにし、
茎はすりおろすか、
フードプロセッサーにかけておく



<作り方>
1)保存袋にすりおろしたセロリ、
 細かくしたセロリの葉、ヨーグルト、
 リンゴジャム、レモン汁を入れて
 袋の上から混ぜた後、
 空気を抜いて平らにし 
 冷蔵庫で30分前後冷凍する。

2)途中で何度か、@を袋の上から
 割り崩しながら混ぜ、再度凍らせる

3)シャーベット状になったら、 
 器に盛っていただきます

セイジ
「おいしいっ!
 ヨーグルトとセロリとリンゴの味がする」

大澄さん「正解です!」

佐伯さん
「リンゴとの相性がすごくいいですね!」

大澄さん「こだわりポイントでした!」

2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ @ヨーグルト寿司
2018年05月25日19時18分14秒更新
さてここからはヨーグルト料理を学びましょう!
牛乳を取り入れた和食レシピ、
「乳和食」を広める料理家・小山浩子さんに
ゲストとしてお越しいただき、
さくら工房のヨーグルトを使った
お料理を教えてもらいました。


【鮭のヨーグルトちらし寿司】

<材料 4人分>
米          2合

(A)
プレーンヨーグルト  大さじ3
米酢                  大さじ3
砂糖                  大さじ2
レモン汁              1/2個分(大さじ1)
塩                    小さじ1

甘塩サケ              2切れ
生姜                  大1片
白ごま        大さじ2
さやいんげん     8本      
厚焼き玉子      適量 


<作り方>
1)Aを合わせてヨーグルト酢を作っておく。
  鮭はグリルでこんがり焼きほぐす。
  いんげんはゆでて斜めに切る。
  生姜は千切り、玉子焼きは1.5cm角に切る。

ヨーグルト酢の味見をしてみると−

リーダー
「うまいっ!もう、うまい!
 味の複雑みがあって
 酸が絡み合ってる旨みなんです。
 うまいです!」

小山さん
「寿司酢を超えてません?」

リーダー
めっちゃ超えてます!これ!」


2)米を炊く。ヨーグルト酢を混ぜる。

小山さん
「必ずお米が熱いうちにヨーグルト酢を
 かけて下さい!」


3)少し冷ましたあと、酢飯を均等にきっていきます。

4)トッピング分を一部のとり、
 残りの具を箸で混ぜる。

小山さん「これでもう完成です!」


3)器に盛り、トッピングを飾る。

ユウタ
「ごはんと鮭が合って美味しい!!」

リーダー「わお!そうなんだ」

小山さん
「お子さんはヨーグルト寿司酢が好きだって
 みんな言ってくれます♪」

北出さん
「おいしい!!」


リーダー
「うまい!酢のコクが出てますね。
 酢飯が高級な感じがしますね」

小山さん「セレブな感じ!」


2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ Aヨーグルトドレッシングサラダ
2018年05月25日19時18分29秒更新

【自家製ヨーグルトドレッシングサラダ】

<材料 4人分>
にんじん       2本(300g)
塩                    少量
レモン汁       大さじ1
砂糖                  小さじ1
加工大豆              50g 

(A)
プレーンヨーグルト    大さじ6 
マヨネーズ            大さじ2
こしょう              少量
おろしにんにく    小1片分
パセリ        1枝分



<作り方>
1)にんじんはピーラーで薄く削り
  袋の中で塩もみをしてしんなりしたら
  水分をしっかり絞り、レモン汁、砂糖を
  からめておく。

2)Aをすべて合わせヨーグルトドレッシングを作る。


3)器ににんじんと大豆を盛り、Aをかける。

※自家製ヨーグルトドレッシングは、
 フライにかけたり、ゆでたじゃが芋に混ぜて
 ポテトサラダ風にしても美味しいです。


自家製ヨーグルトドレッシングサラダは?


「おいしい!
 ヨーグルトのクリーミーさとほどよい酸味が
 このニンニクとすっごくよく合ってます!」


リーダー
「どうですか、すごいでしょ?小山さん」

北出さん「すごいですね〜!!」


2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ Bイチゴのフローズンヨーグルト
2018年05月25日19時18分41秒更新

【いちごのもみもみフローズンヨーグルト】

<材料>
プレーンヨーグルト  1個(400g)
加糖練乳       1本(120g)
いちご        1パック(300g)



<作り方>
1)いちごはヘタを取り、軸の部分を切る。
  大きいものは半分に切る。

2)チャック付き袋に材料すべて合わせる


3)イチゴを加えて、余分な空気を抜いて密閉する

4)手で苺の形が残る程度にもみ潰す。

5)平たくしてバットにのせる。
  冷凍庫で4〜5時間かけて固める。

6)凍らせた袋が少し柔らかくなるまでほぐし、
  また冷凍庫で10分ほど凍らせると、
  フローズンヨーグルトの完成です!

小山さん
「ヨーグルトや牛乳は持っていない栄養素もある!
 それがビタミンCなんです。
 イチゴはかなりビタミンCが多いので
 ヨーグルトとイチゴを合わせていただくと
 ほぼ完全栄養になってくる!
 おやつでありながら♪」

では早速いただきましょう♪

リオ「美味しい!」


「おいしい〜
 イチゴを生で食べてるような感じもする!」

リーダー
「もみもみのカイがあって
 柔らかい所とシャキシャキした所と
 2種類の食感が楽しめて美味しい!」

北出さん
「ヨーグルトは何でも合いますね!」


2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ Cエトセトラ
2018年05月25日19時18分52秒更新

山岸牧場の「生乳100%ヨーグルト」でつくる
アイデアレシピ。
市販されているヨーグルトを使っても、
色んなお料理に使えますよ

【鶏肉のヨーグルト味噌焼き】
<材料 4人分>
鶏もも肉      2枚

(A)
プレーンヨーグルト 150g
味噌                大さじ3          
はちみつ            大さじ1
おろしにんにく      小さじ1  1/2

<作り方>
1)鶏肉は包丁の先で全体に刺し、
 1枚を半分に切る。
2)チャック付きの袋にAを合わせ、
 @を半日漬け込む。
3)グリル中火で7〜8分焼く。



【塩麹ヨーグルトのポリポリ漬け】

<材料>
きゅうり      1本
にんじん      1/2本
ラディッシュ    4個

(A)
プレーンヨーグルト 50g
塩麹        大さじ3

<作り方>
1)きゅうりは縦半分に切り、にんじんは縦1/4に、
  ラディッシュは半分に切る。
2)チャック付きの袋にAを入れ、
@を加えて一晩漬ける。


【水切りヨーグルトとトマトのカプレーゼ風】

<材料>
プレーンヨーグルト  400g
塩          小さじ1/5
フルーツトマト        4個
ハーブソルト     適量
オリーブ油      適量

<作り方>
1)ヨーグルトに塩を混ぜ、
  厚手のペーパータオルでボール状に包み、
  ボールを下に受けたザルの上にのせて
 冷蔵庫へ。一晩水切りする。
2)ペーパーの上から手で絞って丸くし、
 輪切りにする。
3)輪切りにしたトマトと一緒に並べて、
 塩をふり、オリーブ油をかける。

※ボールにたまった水分(=ホエイ)も
  栄養豊富なので、
  捨てないで活用して下さい。
  凍らせて、トマトジュースや
  リンゴジュースに混ぜても。
  ホットケーキやパンの仕込み水にすると
  ふっくらもちもちに!


2018年05月12日(土) |  米粉レシピ @米粉のチーズタルト
2018年05月12日06時57分33秒更新
旭川農業高校の米粉班に
米粉を使ったレシピを教えてもらいました。


【米粉のチーズタルト】

<材料>

【タルト生地 約25個分】
バター 100g
米粉 200g
全卵  50g
上白糖  69g

【チーズタルトのチーズ】
クリームチーズ 200g
グラニュ糖 70g
生クリーム      200ml
レモン汁 22g
米粉         30g


<作り方>
1)まずタルト生地を作る。
 バターを白くクリーム状にして、
  上白糖を入れ更にクリーム状にする。

2)卵を数回に分け入れ、よく混ぜる。
(分離させないよう気を付ける)

3)米粉を入れ、ゴムベラでよく混ぜる

沼田先生
「米粉はダマになりにくいので
 手間も省け、一気に入れても大丈夫。
 この生地にするとサクサクになって
 本当に美味しく仕上がります」

4)生地を丸く一つにまとめ、
 ラップで包んで30分以上冷蔵庫で寝かす

5)型に生地を15g敷き込む


6)チーズタルトのチーズを作ります。
 クリームチーズを柔らかくなるまでよく混ぜる
7)砂糖を入れ、よく混ぜる。
  生クリーム、レモン汁の順に加えて混ぜる
8)米粉を入れて、混ぜる。
9)全卵をよく溶きほぐして、少しずつ加える。

さてここで話が脱線…


「米粉班で男子ひとりってどうですか?」

吉澤くん
「いや!みんなとっても優しいので…」

森「おおおおっ。みな笑ってますけど」


リーダー
「女子だけの方がやりやすいとかないの?」

中田さん
いや特にないです。
 みんなでしゃぶしゃぶ食べにいったりとか…」

森「楽しいでしょう。吉澤くん!?」

吉澤くん「はい!楽しいです!」


10)できあがったフィリングを型に17g流し込む。
11)180℃で35分焼き上げる

1−8
さてお味は?


「おいしい〜♪」


「外のサクサク感と中のしっとり感が
 同じ米粉とは思えないです」

2018年05月12日(土) |  米粉レシピ A米粉のキッシュ
2018年05月12日06時57分55秒更新

【米粉のキッシュ】

<材料>
【キッシュ生地 約20個分】
バター 100g
米粉 200g
全卵  50g
上白糖  30g


【キッシュ液】
<キッシュ卵液> 
卵(M玉)        2個
牛乳               100ml
パルメザンチーズ(粉)  6g
塩                少々
こしょう        少々

<具材> 
玉ねぎ         1玉
ロースベーコン 2枚
ブナシメジ 半パック



<作り方>
1)まずキッシュの生地を作る。
 バターを白くクリーム状にして、上白糖を入れ
 さらにクリーム状にする。 
2)卵を数回に分け入れ、よく混ぜる。
 (分離させないよう気を付ける)
3)米粉を入れ、ゴムベラでよく混ぜる
4)生地を丸く一つにまとめ、
 ラップで包んで30分以上冷蔵庫で寝かす

5)キッシュ液を作る。
 具材を炒め、冷ます(タマネギに火が通ればOK)
6)卵を溶きほぐし、牛乳を混ぜ合わせる
7)具材にパルメザンチーズを加え、
  塩こしょうで味を整える
8)タルト生地を詰めたタルト型に適量を入れる。
(タルト型1個に対し25g)
9)180℃のオーブンで40分焼き上げる


さてお味は?

ユウワ
「あっ!すごいおいしい!」


ユウワ
「口の中に入れた瞬間に
 キノコの味が広がって、
 そのあとベーコンとか
 玉ネギの味が広がってきて…」

ユウワ 
「すごいサクサクで美味しい!」

リーダー
「おおおお〜グルメリポーター?」

2018年05月12日(土) |  米粉レシピ B米粉のケークサレ
2018年05月12日06時58分16秒更新
さてお次は…
中田さん
「ケークサレを作ります。
 おかずケーキのことです」


ユウワ
「おかずケーキって…ぶふふ(笑)」

リーダー
「何だよソレって思うよな」


【米粉のケークサレ】

<材料>
米粉              125g
ベーコンブロック      50g
ミニトマト       6個
オリーブオイル       36g
粉チーズ       18g
ブラックペッパー     適量
ベーキングパウダー     5g
タマネギ   1/4個
アスパラ       3本
牛乳               45g
塩                3g
卵               2個


<作り方>
1)オーブンを180℃に予熱しておき、
 型に敷紙を敷いておく

2)野菜は火が通りやすいように、
 薄切りまたは小さく切っておく

3)ボウルに卵を割り入れ、そのボウルに
 牛乳→塩→粉チーズ→オリーブオイルの順で
 混ぜ合わせる

4)米粉とベーキングパウダーを
 よく混ぜてから加え、よく混ぜる

5)Cの生地にタマネギ、ベーコン、
 アスパラを加えて混ぜる

6)生地を型に流し入れ、
 ミニトマトを半分に切ったものを
 トッピングしブラックペッパーをかける


またまた話が脱線!

リーダー
「米粉料理の面白さは?」

中田さん
「モチモチ感がでます。
 あといっぱい食べられます!」


7)180℃のオーブンで40分焼き上げる

完成です。ではいただきま〜す

マユコ。ガブリといきました!

 


マユコ
「おいしいです!
 ゆわゆわしてて弾力がある!」

リーダー
美味しい!
 生地がすんごく柔らかいです。
 空気も水分も多く含んで
 ふわふわで食べやすい!止まんないな…」


2018年04月28日(土) |  JA釧路太田 ミルクレシピ@クリームスープパスタ
2018年04月27日19時59分03秒更新
JA釧路太田女性部の皆さん
(小澤香里さん、石澤さやかさん、
 佐々木宏美さん)に
厚岸町のブランド牛乳、
「あっけし極みるく65」を使った、
お手軽料理を作っていただきました!


【カキとホウレン草のクリームスープパスタ】

<材料 4人分>
カキ       250g
ホウレン草    1/2束
ニンジン     1/3本
コーン      50g
ニンニク          1片
パスタ      400g
あっけし極みるく  900cc
小麦粉            大さじ8
バター      70g
塩・コショウ   適量
片栗粉      適量
水                400ML
コンソメ          4個(固形)

<作り方>
1)カキに片栗粉と塩をまぶして水洗いする
2)ホウレン草を下茹でし、ニンジンは1cm角に切る
3)パスタを茹でる
4)フライパンでバターを溶かし、
  小麦粉をまぶしたカキを炒めて取り出しておく
5)ニンジン・コーンをCのフライパンで炒め
  小麦粉を加えてさらに炒めて牛乳と水を加える
6)コンソメを加えて煮込み、
 塩とコショウで味を整える
7)Eにホウレン草・カキ・パスタを加え、
  絡ませて完成


ではいただきま〜す。

ハナネ
「おいしい〜〜♪」


リーダー
「極みるくならではの、
 後味スッキリな感じが
料理になっても生きている!」

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [+10] >>

TOP(全件表示)