ページ内検索

   表示:全て(692件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [+10] >>

2018年01月06日(土) |  士幌町 パクチーレシピ@パクチー丼
2017年12月28日13時49分47秒更新
パクチー生産者の堀田悠希さんのご主人、
隆一さんにパクチー料理を教わりました。


まずはパクチーをまるごと使う
「パクチー丼(どん)」!
士幌産のパクチーはマイルドな味なので、
主張し過ぎず、誰でも食べられる丼ぶりです。

【パクチー丼(2人前)】

<材料>
パクチー 50g
豚ひき肉 160g
まる麦         50g
玉ねぎ         50g
ニンニク 1片
ナンプラーもしくは醤油 大さじ1
ごま油         大さじ2
レモン汁 適量
塩・コショウ 適量
ご飯      300g


<作り方>
1)パクチーの根を綺麗に洗い細かくみじん切り。

 茎と葉は一口サイズに切る。
 玉ねぎもみじん切り。
  まる麦は予め炊いておく。

2)フライパンにごま油、ニンニクを入れ
 きつね色になるまで炒める。
 その後、パクチーの根を入れる。

隆一さん
「油に香りを移すような感じです」

リーダー・森「あああ〜(妙に納得する2人)」


3)玉ねぎ、豚ひき肉の順に入れ炒める。
 
4)ナンプラー、レモン汁を入れ、
 さらに塩コショウで味を整える。

5)最後に刻んだパクチーを入れ、さっと火を通す

6)ご飯の上に乗せて完成


さあパクチー料理パーティーですよ

トアちゃんひと口食べたら、目がビックリ!
「おいしい!」

「ごはんと合う!」

トア「口の中が楽しい!!」

リーダー
「素敵なことを!上手なこと言うな〜
 それ言いたかったなあ〜」

隆一さん
「加熱したら食べやすくなので
 パクチーが苦手な方は
 調理したものから食べると
 クセになるかもしれないですね」


2018年01月06日(土) |  士幌町 パクチーレシピAぎょうざ
2017年12月28日13時50分16秒更新

ニラの代わりに、刻んだパクチーを使った
「餃子」をご紹介!

【パクチー餃子(2人前)】

<材料>
パクチー 50g
豚ひき肉 100g
白菜         50g
長ネギ         10g
おろし生姜 少々
おろしニンニク 少々
酒         大さじ3
醤油         大さじ1
鶏ガラスープの素   少々
 
餃子の皮    適量  



<作り方>
1)パクチー、白菜、長ネギ、はみじん切り

2)ポールに全ての材料を混ぜ合わせる


3)餃子の皮で包み、焼いて完成!!

さてそのお味は?

ハナ「おいしいです!」

リーダー「パクチー感じる?」

ハナ「感じます」


ハナ
「いつもの餃子だとニラが入ってる感じが
 しないけど、パクチーだと味が強い!」

リーダー「存在感があるんだね」


「パクチーが入ると、
 あと味がすごくあっさりした感じしますね」


2018年01月06日(土) |  士幌町 パクチーレシピB天ぷら
2017年12月28日13時50分38秒更新

根元を揚げた「天ぷら」も絶品!

【パクチー根元の天ぷら(2人前)】

<材料>
パクチーの根 お好みでたっぷり
薄力粉     適量
水溶き片栗粉 適量
揚げ油     適量



<作り方>
1)根を綺麗に洗い、よく水を切っておく

2)薄力粉をまぶす

3)ボールに水溶き片栗粉を用意する

4)さっとくぐらせ170℃に加熱した油へ。
 箸で互いにくっつかないように注意し
 カリッとなるまで揚げる

5)味付けは塩とレモンがおすすめ


さてお味は?

リーダー
「うわ〜おいしいね。甘いっ!
 これまで食べた事のある
 揚げ物のカテゴリーには
 ちょっと属さないような…」


2017年12月23日(土) |  JAふらの ソースレシピ@野菜のソース煮
2017年12月22日19時34分36秒更新


「厳選野菜ソースとタマネギの加工品を使った
 お料理をJAふらの女性部のみなさんに
 ご用意いただきました」

JAふらの女性部、
部長の桑折祐美子さん、
小早川泰代さん、林真佐子さんに
ご協力いただきました。



【野菜のソース煮 4人分】

<材料>
ジャガイモ     中4個
ニンジン      中2本
タマネギ      小玉4個
ブロッコリー     適量

カレー用角切り肉   400g
(豚・牛どちらでもOK)

JAふらの厳選野菜中濃ソース
  野菜が7割程度がひたる程度    

生クリーム(ミルクポーションOK)少々
コンソメ       少々


<作り方>
1)ジャガイモ・人参・タマネギの皮をむき
 ひと口大に切る。

2)圧力鍋に少量の水を入れ、
 肉・中濃ソース大さじ1、
 コンソメ小さじ1/2を入れて15〜20分程煮る。
※圧力鍋がない場合は肉・野菜(ジャガイモ以外)
 中濃ソース・コンソメを同時に入れて煮る

3)別の鍋に肉の煮汁・人参・タマネギを入れて
JAふらの厳選野菜中濃ソースを野菜量の
7割程度ひたるくらいまで入れ、火にかける。 

4)煮立ってきたら、ジャガイモ・肉を入れる

5)野菜が柔らかくなってきたら完成!
 お皿に盛りつけ、ブロッコリーを添える。
 お好みで生クリームをソースの上に回し入れる。


タイチ
「めっちゃ味が染みてて美味しいです!」

リーダー
「ソースの味わかるかい?」


タイチ
「ソースがお肉の周りに絡みついてて
 とても美味しいです!」


2017年12月23日(土) |  JAふらの ソースレシピAスペイン風オムレツ
2017年12月22日19時34分52秒更新

【スペイン風オムレツ 4人分】

<材料>
卵           5〜6個
ジャガイモ       中1個
ニンジン        20〜25g
長ネギ(青い部分)   10cm
スライスベーコン    適量
JAふらのノンオイルソテーオニオン 大さじ4
サラダ油(又はバター) 適量 

≪調味料≫
牛乳     大さじ2
マヨネーズ  大さじ1
中華だしの素 小さじ1
JAふらの厳選野菜中濃ソース 適量



<作り方>
1)ジャガイモは皮をむき、
 小さいめのサイコロ状に切る。
 ニンジンは小さ目のいちょう切り、
 長ネギは千切り、ベーコンは1cm角に切る

2)切ったジャガイモと人参をレンジで3分程度加熱

3)フライパンに油を引いて、Aとベーコン
 長ネギとJAふらのノンオイルソテーオニオンを
 入れて炒める

4)ボールに卵を溶いで調味料とBを入れて混ぜる

5)フライパンに油をひき、Cを弱火で15〜20分
 蒸し焼きにする。
 一度皿にのせ、裏返して2〜3分焼く。

※ホットプレートの場合は、165〜170度で
 15〜20分、フタをして蒸し焼きにする。
 (裏返さない)

6)お皿に盛りつけて、JAふらの厳選野菜中濃ソースと
マヨネーズをかけて完成


カエデ「あっ…おいひい!」

リーダー「おいひい〜(笑)」

カエデ
「なんかモチモチしてる感じ!」


2017年12月23日(土) |  JAふらの ソースレシピBオニオンスープ
2017年12月22日19時35分00秒更新

【オニオンスープ 4人分】

<材料>
Aふらのノンオイルソテーオニオン 2瓶
水             800cc
ベーコン(1cm角に切る)   90g
パセリ           少々
コンソメ          50g
塩・コショウ        少々
クルトン          お好みで
しょう油(かくし味)      少々



桑折さん
「こちらのオニオンスープは
 ノンオイルソテーオニオンという
 富良野の加工品を使っています」

こちらが「JAふらの」で製造販売する
「ノンオイルソテーオニオン」。
その名の通り、ヘルシーで料理にすぐ使える
優れものなので、スープやカレーなど、
様々な料理に大活躍の商品です!

■ノンオイルソテーオニオン230g
  380円(税込)


<作り方>
1)鍋に水を入れる。

2)@にノンオイルソテーオニオン、
ベーコン、コンソメを入れて火にかける

3)塩・コショウで味を調える
 隠し味にしょう油を数滴いれる

4)スープ皿に入れ、クルトンとパセリを添える


リーダー
「めっちゃうまい!」

リーダー
「インスタントとは違う
 素材の味がします。
 深みがあって美味しいです」

2017年12月09日(土) |  JA清里町 じゃがいも焼酎
2017年12月08日17時18分38秒更新
人気月刊誌、ダンチュウの編集長を務める
植野さんにじゃがいも焼酎にあうおつまみを
作って頂きました!


【生ひやむぎの焼きそば】

<材料>
生ひやむぎ 4人前
長ネギ   2本
じゃがいも焼酎 適量
塩昆布     適量
塩     適量
黒コショウ 適量
白ゴマ     適量
カレー粉    適量
ゴマ油     適量


植野さん
「じゃがいも焼酎に合う、
 地元のものを合わせたにしたかったので
 きたほなみを100%使った“ひやむぎ”!。
 これをおつまみにしたかったので
 焼きそばにしました!」

■清里 生ひやむぎ(300g 330円税込)
 販売先)Aコープ清里店


<作り方>
1)長ネギは細切りにする

2)生ひやむぎは少し硬めに茹でて
 水でしめておく

3)フライパンでゴマ油を熱して長ネギを炒める

4)生ひやむぎを加え、じゃがいも焼酎を回し入れる


5) 麺がほぐれて油がまわったら塩昆布を加える

6)塩・黒コショウで味を整え、
 隠し味にカレー粉をいれる。
 最後に白ゴマをふって完成!


柳谷さん
「ん!美味しいです!
 食べやすいですね。
 カレー味が少し効いていて美味しいです」

竹村さん
「カレー粉のスパイスがきいていて
 すごいおいしいです!」


リーダー「焼酎との相性は?」

竹村さん
抜群ですね!
 お酒が進みますね!!」



合う!!おいしい
 麺がすごく美味しいですね。モチモチ!」

リーダー
「こんなの2〜3軒目のバーで出されたら
 たまらんね〜」


2017年10月21日(土) |  JAサロマ カボチャレシピ@かぼちゃグラタン
2017年10月19日17時57分08秒更新


「カボチャの加工品を使った料理を
 生産者の奥様方にご用意頂きました」

吉口さんの奥様の栄子さんと
惣田幸恵さんにご協力頂きました。

惣田さん
「かぼちゃフレークを使うと
 料理がグッ!と簡単に出来るんです」



【かぼちゃグラタン(6人前)】

<材料>
かぼちゃフレーク  50g
市販のグラタンミックス  ※製品による
早茹でタイプのマカロニ  30g
玉ねぎ                  中1/2個
しめじ                  100g
刺身用ホタテ又は鶏肉  150g
バター                  10〜20g
牛乳                  700ml
チーズ                  人数分
ニンニク          1〜2片
コンソメスープの素  2個

(1000mlの水に溶かしたもの)

塩コショウ 適量

※カボチャを容器に使う場合は
  半分に切ったかぼちゃ人数分


<作り方/カボチャの容器>
1)坊ちゃんかぼちゃを半分に切り、
  中の種を綺麗に取り出す。
  容器に使うので少し中身を削る。
2)カボチャ容器にスープの素を6分目位入れ、
 サランラップで2重にしっかり巻き、
 竹串が通る硬さまで蒸し、蒸し上がったら冷ます。

<グラタン作り方>
1)フライパンに少量の油を熱し、
  みじん切りしたニンニクを入れ、香りを立てる
2)塩水で軽く洗ったホタテを焦げないように
 両面焼く。しめじを入れ軽く炒め、
 バター・塩コショウをしてお皿に取り出す
3)フライパンで玉ねぎの薄切りを
 しんなりするまで炒める。
4)牛乳を入れ、茹でてないマカロニを入れる。
 煮立ったらAを戻し、更に煮る。
5)煮立ったら一度火を止め、グラタンの素と
 かぼちゃフレークを混ぜ合わせたものを
 少しずつかき混ぜながら入れる。
 よく混ざり合ったら加熱し、焦げないよう
 ゆっくりかき混ぜる。
※下からプクプクと気泡が出てきたら完成


6)かぼちゃ容器からラップをはがし、
 中にスープが残っているようだったら空にする。


7)中にグラタンをたっぷり入れ、チーズをのせ、
 オーブントースターで焦げ目をつけて完成。

※かぼちゃ容器は崩れやすいので注意する。


ではカボチャグラタンをいただきます!

リョウ
うまいっ!カボチャのあま味も
 カボチャの味も入ってるし 
 とても美味しいです!」


リーダー
「ホタテのカボチャの相性が
 すさまじく良い!うまいっ!」

2017年10月21日(土) |  JAサロマ カボチャレシピAかぼちゃの春巻き
2017年10月19日18時04分49秒更新

【かぼちゃの春巻き(6人前)】

<材料>
かぼちゃフレーク 50g
春巻きの皮(ミニサイズ) 10枚入り
ベーコン     100g
チーズ          50g
玉ねぎ         100g
ピーマン     中1/2個
コーン         適量
ニンニク     1〜2片
塩コショウ     適量
ピザソース     適量
糊付け用の小麦粉 少量



<作り方>
1)フライパンに油を少量熱し、
 みじん切りのニンニクを入れ少し香りを立てる。
 1cmくらいのサイコロ切りしたベーコンを
  フライパンに入れ、炒める

2)みじん切りの玉ねぎ、コーンを入れさらに炒める。

4)玉ねぎに火が通ったら予熱程度で
 ピーマンのみじん切りをさっと炒め、
 粗熱をとる様に冷ます。

5)ボールにカボチャフレークを入れ、
 混ぜ合わせる。
 パラパラしている様であれば少量の水を入れ、
 少し硬めのお団子の硬さにまとめる

※フレークを混ぜた時、まとまる様であれば
 次の工程へすすんでOKです

6)しっとりした感じになったら俵型で10等分にする。


7)春巻きの皮に糊付け用の小麦粉、
 ピザソースを少量塗り、俵型のあんをのせる

8)しっかり中身を包み、
 160℃位の油でゆっくり揚げて完成。

※温度が高いと中身が飛び出るので
 中温でゆっくりキツネ色になるまで揚げる


続いてベーコンや野菜たっぷりの具材に、
カボチャフレークを加えて混ぜ合わせ、
餡にして皮で包んで揚げた「カボチャの春巻き」。

ハルノ
「うまい!すごい合う!パリパリで美味しい」



「さっきまでカボチャが甘いって
 言ってたけど…野菜!

 



「しっかり野菜として
 色々な食材とマッチしてます!美味しい」
 

2017年10月21日(土) |  JAサロマ カボチャレシピBかぼちゃプリン
2017年10月19日18時05分09秒更新

【かぼちゃプリン(6人前)】

<材料>
かぼちゃフレーク 50g

市販のプリンの素
(カラメルソース付き) 50g

牛乳(製品のレシピに合わせた分量で!)

ホイップクリーム

※牛乳で作るタイプ 適量

かぼちゃの種の粉 適量

<作り方>
1)鍋にかぼちゃフレークとプリンの素を
  しっかり混ぜ合わせる。牛乳を少しずつ入れ、
  ダマにならないように溶かす。
2)綺麗に混ざったら、加熱し焦げない様に
 ゆっくりかき混ぜる。
3)煮立ったら水で濡らした容器に入れ、
 冷蔵庫で1時間以上冷まして固める。
4)お好みでホイップクリーム、カラメルシロップ、
 かぼちゃの種の粉をかけて完成。



ハルノ
「カボチャ…!」

ハルノ
「カボチャの味がして
 ネットリしてる。ホントに美味しい」

リーダー
「カボチャプリン♪って言うより…
 カボチャ!!プリン」

周りをみると…完食です。

リョウ
「カボチャの好きなランキングは…
 今は3位!!」


リーダー
「うおおお〜メッチャ上がったじゃん。
 下から2つ目だって言ってたんですよ」

吉口さん 惣田さん「嬉しい♪」


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [+10] >>

TOP(全件表示)