アーカイブ
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:全て(768件)
<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [+10] >>

2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ Aヨーグルトドレッシングサラダ
2018年05月25日19時18分29秒更新

【自家製ヨーグルトドレッシングサラダ】

<材料 4人分>
にんじん       2本(300g)
塩                    少量
レモン汁       大さじ1
砂糖                  小さじ1
加工大豆              50g 

(A)
プレーンヨーグルト    大さじ6 
マヨネーズ            大さじ2
こしょう              少量
おろしにんにく    小1片分
パセリ        1枝分



<作り方>
1)にんじんはピーラーで薄く削り
  袋の中で塩もみをしてしんなりしたら
  水分をしっかり絞り、レモン汁、砂糖を
  からめておく。

2)Aをすべて合わせヨーグルトドレッシングを作る。


3)器ににんじんと大豆を盛り、Aをかける。

※自家製ヨーグルトドレッシングは、
 フライにかけたり、ゆでたじゃが芋に混ぜて
 ポテトサラダ風にしても美味しいです。


自家製ヨーグルトドレッシングサラダは?


「おいしい!
 ヨーグルトのクリーミーさとほどよい酸味が
 このニンニクとすっごくよく合ってます!」


リーダー
「どうですか、すごいでしょ?小山さん」

北出さん「すごいですね〜!!」


2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ Bイチゴのフローズンヨーグルト
2018年05月25日19時18分41秒更新

【いちごのもみもみフローズンヨーグルト】

<材料>
プレーンヨーグルト  1個(400g)
加糖練乳       1本(120g)
いちご        1パック(300g)



<作り方>
1)いちごはヘタを取り、軸の部分を切る。
  大きいものは半分に切る。

2)チャック付き袋に材料すべて合わせる


3)イチゴを加えて、余分な空気を抜いて密閉する

4)手で苺の形が残る程度にもみ潰す。

5)平たくしてバットにのせる。
  冷凍庫で4〜5時間かけて固める。

6)凍らせた袋が少し柔らかくなるまでほぐし、
  また冷凍庫で10分ほど凍らせると、
  フローズンヨーグルトの完成です!

小山さん
「ヨーグルトや牛乳は持っていない栄養素もある!
 それがビタミンCなんです。
 イチゴはかなりビタミンCが多いので
 ヨーグルトとイチゴを合わせていただくと
 ほぼ完全栄養になってくる!
 おやつでありながら♪」

では早速いただきましょう♪

リオ「美味しい!」


「おいしい〜
 イチゴを生で食べてるような感じもする!」

リーダー
「もみもみのカイがあって
 柔らかい所とシャキシャキした所と
 2種類の食感が楽しめて美味しい!」

北出さん
「ヨーグルトは何でも合いますね!」


2018年05月26日(土) |  ヨーグルトレシピ Cエトセトラ
2018年05月25日19時18分52秒更新

山岸牧場の「生乳100%ヨーグルト」でつくる
アイデアレシピ。
市販されているヨーグルトを使っても、
色んなお料理に使えますよ

【鶏肉のヨーグルト味噌焼き】
<材料 4人分>
鶏もも肉      2枚

(A)
プレーンヨーグルト 150g
味噌                大さじ3          
はちみつ            大さじ1
おろしにんにく      小さじ1  1/2

<作り方>
1)鶏肉は包丁の先で全体に刺し、
 1枚を半分に切る。
2)チャック付きの袋にAを合わせ、
 @を半日漬け込む。
3)グリル中火で7〜8分焼く。



【塩麹ヨーグルトのポリポリ漬け】

<材料>
きゅうり      1本
にんじん      1/2本
ラディッシュ    4個

(A)
プレーンヨーグルト 50g
塩麹        大さじ3

<作り方>
1)きゅうりは縦半分に切り、にんじんは縦1/4に、
  ラディッシュは半分に切る。
2)チャック付きの袋にAを入れ、
@を加えて一晩漬ける。


【水切りヨーグルトとトマトのカプレーゼ風】

<材料>
プレーンヨーグルト  400g
塩          小さじ1/5
フルーツトマト        4個
ハーブソルト     適量
オリーブ油      適量

<作り方>
1)ヨーグルトに塩を混ぜ、
  厚手のペーパータオルでボール状に包み、
  ボールを下に受けたザルの上にのせて
 冷蔵庫へ。一晩水切りする。
2)ペーパーの上から手で絞って丸くし、
 輪切りにする。
3)輪切りにしたトマトと一緒に並べて、
 塩をふり、オリーブ油をかける。

※ボールにたまった水分(=ホエイ)も
  栄養豊富なので、
  捨てないで活用して下さい。
  凍らせて、トマトジュースや
  リンゴジュースに混ぜても。
  ホットケーキやパンの仕込み水にすると
  ふっくらもちもちに!


2018年05月12日(土) |  米粉レシピ @米粉のチーズタルト
2018年05月12日06時57分33秒更新
旭川農業高校の米粉班に
米粉を使ったレシピを教えてもらいました。


【米粉のチーズタルト】

<材料>

【タルト生地 約25個分】
バター 100g
米粉 200g
全卵  50g
上白糖  69g

【チーズタルトのチーズ】
クリームチーズ 200g
グラニュ糖 70g
生クリーム      200ml
レモン汁 22g
米粉         30g


<作り方>
1)まずタルト生地を作る。
 バターを白くクリーム状にして、
  上白糖を入れ更にクリーム状にする。

2)卵を数回に分け入れ、よく混ぜる。
(分離させないよう気を付ける)

3)米粉を入れ、ゴムベラでよく混ぜる

沼田先生
「米粉はダマになりにくいので
 手間も省け、一気に入れても大丈夫。
 この生地にするとサクサクになって
 本当に美味しく仕上がります」

4)生地を丸く一つにまとめ、
 ラップで包んで30分以上冷蔵庫で寝かす

5)型に生地を15g敷き込む


6)チーズタルトのチーズを作ります。
 クリームチーズを柔らかくなるまでよく混ぜる
7)砂糖を入れ、よく混ぜる。
  生クリーム、レモン汁の順に加えて混ぜる
8)米粉を入れて、混ぜる。
9)全卵をよく溶きほぐして、少しずつ加える。

さてここで話が脱線…


「米粉班で男子ひとりってどうですか?」

吉澤くん
「いや!みんなとっても優しいので…」

森「おおおおっ。みな笑ってますけど」


リーダー
「女子だけの方がやりやすいとかないの?」

中田さん
いや特にないです。
 みんなでしゃぶしゃぶ食べにいったりとか…」

森「楽しいでしょう。吉澤くん!?」

吉澤くん「はい!楽しいです!」


10)できあがったフィリングを型に17g流し込む。
11)180℃で35分焼き上げる

1−8
さてお味は?


「おいしい〜♪」


「外のサクサク感と中のしっとり感が
 同じ米粉とは思えないです」

2018年05月12日(土) |  米粉レシピ A米粉のキッシュ
2018年05月12日06時57分55秒更新

【米粉のキッシュ】

<材料>
【キッシュ生地 約20個分】
バター 100g
米粉 200g
全卵  50g
上白糖  30g


【キッシュ液】
<キッシュ卵液> 
卵(M玉)        2個
牛乳               100ml
パルメザンチーズ(粉)  6g
塩                少々
こしょう        少々

<具材> 
玉ねぎ         1玉
ロースベーコン 2枚
ブナシメジ 半パック



<作り方>
1)まずキッシュの生地を作る。
 バターを白くクリーム状にして、上白糖を入れ
 さらにクリーム状にする。 
2)卵を数回に分け入れ、よく混ぜる。
 (分離させないよう気を付ける)
3)米粉を入れ、ゴムベラでよく混ぜる
4)生地を丸く一つにまとめ、
 ラップで包んで30分以上冷蔵庫で寝かす

5)キッシュ液を作る。
 具材を炒め、冷ます(タマネギに火が通ればOK)
6)卵を溶きほぐし、牛乳を混ぜ合わせる
7)具材にパルメザンチーズを加え、
  塩こしょうで味を整える
8)タルト生地を詰めたタルト型に適量を入れる。
(タルト型1個に対し25g)
9)180℃のオーブンで40分焼き上げる


さてお味は?

ユウワ
「あっ!すごいおいしい!」


ユウワ
「口の中に入れた瞬間に
 キノコの味が広がって、
 そのあとベーコンとか
 玉ネギの味が広がってきて…」

ユウワ 
「すごいサクサクで美味しい!」

リーダー
「おおおお〜グルメリポーター?」

2018年05月12日(土) |  米粉レシピ B米粉のケークサレ
2018年05月12日06時58分16秒更新
さてお次は…
中田さん
「ケークサレを作ります。
 おかずケーキのことです」


ユウワ
「おかずケーキって…ぶふふ(笑)」

リーダー
「何だよソレって思うよな」


【米粉のケークサレ】

<材料>
米粉              125g
ベーコンブロック      50g
ミニトマト       6個
オリーブオイル       36g
粉チーズ       18g
ブラックペッパー     適量
ベーキングパウダー     5g
タマネギ   1/4個
アスパラ       3本
牛乳               45g
塩                3g
卵               2個


<作り方>
1)オーブンを180℃に予熱しておき、
 型に敷紙を敷いておく

2)野菜は火が通りやすいように、
 薄切りまたは小さく切っておく

3)ボウルに卵を割り入れ、そのボウルに
 牛乳→塩→粉チーズ→オリーブオイルの順で
 混ぜ合わせる

4)米粉とベーキングパウダーを
 よく混ぜてから加え、よく混ぜる

5)Cの生地にタマネギ、ベーコン、
 アスパラを加えて混ぜる

6)生地を型に流し入れ、
 ミニトマトを半分に切ったものを
 トッピングしブラックペッパーをかける


またまた話が脱線!

リーダー
「米粉料理の面白さは?」

中田さん
「モチモチ感がでます。
 あといっぱい食べられます!」


7)180℃のオーブンで40分焼き上げる

完成です。ではいただきま〜す

マユコ。ガブリといきました!

 


マユコ
「おいしいです!
 ゆわゆわしてて弾力がある!」

リーダー
美味しい!
 生地がすんごく柔らかいです。
 空気も水分も多く含んで
 ふわふわで食べやすい!止まんないな…」


2018年04月28日(土) |  JA釧路太田 ミルクレシピ@クリームスープパスタ
2018年04月27日19時59分03秒更新
JA釧路太田女性部の皆さん
(小澤香里さん、石澤さやかさん、
 佐々木宏美さん)に
厚岸町のブランド牛乳、
「あっけし極みるく65」を使った、
お手軽料理を作っていただきました!


【カキとホウレン草のクリームスープパスタ】

<材料 4人分>
カキ       250g
ホウレン草    1/2束
ニンジン     1/3本
コーン      50g
ニンニク          1片
パスタ      400g
あっけし極みるく  900cc
小麦粉            大さじ8
バター      70g
塩・コショウ   適量
片栗粉      適量
水                400ML
コンソメ          4個(固形)

<作り方>
1)カキに片栗粉と塩をまぶして水洗いする
2)ホウレン草を下茹でし、ニンジンは1cm角に切る
3)パスタを茹でる
4)フライパンでバターを溶かし、
  小麦粉をまぶしたカキを炒めて取り出しておく
5)ニンジン・コーンをCのフライパンで炒め
  小麦粉を加えてさらに炒めて牛乳と水を加える
6)コンソメを加えて煮込み、
 塩とコショウで味を整える
7)Eにホウレン草・カキ・パスタを加え、
  絡ませて完成


ではいただきま〜す。

ハナネ
「おいしい〜〜♪」


リーダー
「極みるくならではの、
 後味スッキリな感じが
料理になっても生きている!」

2018年04月28日(土) |  JA釧路太田 ミルクレシピAオニオングラタンスープ
2018年04月27日19時59分14秒更新

【極みるくのオニオングラタンスープ】

<材料>
あっけし極みるく 100cc
タマネギ          1個
ベーコン     適量
チーズ      適量
バケット     1枚
コンソメ     少々
鶏ガラの素    少々
塩・コショウ   少々
オリーブオイル  少々
パセリ      少々

<作り方>
1)厚さ1cm程度に切ったバケットを
 オーブンで焼いて焼き目をつけておく
2)スライスしたタマネギをオリーブオイルで
 あめ色になるまで炒める
3)ベーコンを炒めて軽く焼き色がついたら
 コンソメ・鶏がらの素・塩・コショウ・水・
 極みるくを加える
4)少しとろみが出てきたら耐熱皿に移して
 カリカリに焼いたバケット・
 チーズ・パセリの順にのせ
 180℃のオーブンで焼いて完成



森「シチューっぽい!」

「おいしい!」


「タマネギのあま味とベーコンの香りがすごい!
 極みるくはクセがあまり強くないから
 素材のうま味がしっかり溶け出ている!」

2018年04月28日(土) |  JA釧路太田 ミルクレシピB極みるく白玉
2018年04月27日19時59分23秒更新

【極みるく白玉】

<材料>
白玉粉       250g
あっけし極みるく(A) 200cc 
イチゴ              4個
あんこ       65g  
クリームチーズ      100g
あっけし極みるく(B) 650cc
砂糖                大さじ4



<作り方>
1)イチゴ2個を5〜8mm角にカットしておく
2)鍋で極みるく(B)を温め、砂糖を加えて溶かす
3)イチゴ2個をボウルに入れて手でつぶし
 白玉粉を2等分してイチゴのボウルと
  別のボウルに入れる
4)それぞれのボウルに極みるく(A)を
  少しづつ加えながら練って
  耳たぶくらいの柔らかさにし、
  ピンクの生地にはイチゴとあんこ、
 白い生地にはクリームチーズを包む
5)熱湯でしっかり茹でたらAに加えて完成

カエデ「美味しい!」

カエデ「本当に美味しい!」

2018年04月21日(土) |  羊蹄雪下ニンジンレシピ@ガトー雪下にんじん
2018年04月19日19時41分58秒更新
低カロリーで気兼ねなく食べられる、
野菜スイーツを提唱する
パティシエ・柿沢安耶さんによる、
雪下にんじんを使ったスイーツとは?


【ガトー雪下ニンジン】

雪下ニンジンを使う、チョコレートケーキ。
材料は、スポンジ・トッピング・クリームの
3つに分かれます。

<材料 18cm 1台分>

●ジェノワーズショコラ
 全卵  180g
 甜菜糖  90g
 水     15g

A 薄力粉         60g
  コーンスターチ  15g
 ココアパウダー   15g

B チョコレート 15g
  無塩バターA  15g
  牛乳  15g


●ガルニチュール
 ニンジン  260g
 無塩バターB 50g

 クルミ     30g
 レーズン   15g


●クリーム
 47%生クリーム 150g
 35%生クリーム 150g
 マスカルポーネチーズ 110g
 甜菜糖  30g

飾り
 溶けずらい粉糖
 モリンガパウダー
 黄色シュガー
 ピンクシュガー
 ホワイトシュガー


<作り方>
1)ジェノワーズショコラを作る。
Aは合わせてふるっておく。
Bは合わせてボウルに入れ湯煎にかけて
溶かしておく。

全卵に甜菜糖を入れ、ホイッパーで混ぜながら
湯煎にあてて人肌まで温める。

柿沢さん
「失敗するのは泡立てがしっかり出来てないから。
 温めることでとろみがついて
 しっかりとした泡立ちになります」


2)ハンドミキサーでしっかりと泡立て、水を加える。
Aを加え混ぜ、さらにBを加え混ぜる。


3)型紙を敷きこんだ型に流し入れ、
170℃のオーブンで25〜30分焼く。
焼きあがったら型から外し、
ケーキクーラーに置き冷ます。
完全に冷めたら型紙を外し、15p厚に切る。


4)ガルニチュールを作る。
ニンジンは皮を剥き、薄切りのいちょう切りにする。
フライパンに無塩バターBを入れ、火にかけて溶かし、
ニンジンを加えてじっくりと弱火で炒める。

柿沢さん
「弱火でじっくり炒めたほうがあま味がでる!
 約15分くらいですね…」


5)炒めあがり50gをとりわけ、
細かく砕いたクルミとレーズンと合わせる。
残りはミキサーにかけてピューレにする。

6)ボウルに生クリーム、マスカルポーネチーズ、
甜菜糖を入れハンドミキサーで泡立てる。
5分立てのクリームを120gをとっておき、
残りは8分立てにする。
そこから100gをニンジンピューレと合わせ混ぜる

柿沢さん
「分離しやすいので、
 さっと混ざっていれば大丈夫です」

森「きれい〜これ自然な色なんですよね」


組み立てる。
Bの生地1枚にEの8分立てクリームを135g、
もう一枚に80gを乗せ平らにならす。

135gのほうにDのガルニチュールを乗せ、
80gのほうをクリームを下にして乗せる。
上に5分立てにしたクリームを流して
パレットナイフで周りから
クリームが垂れるように平らにならす。
さらにニンジンと合わせたクリームを
真ん中に乗せ、山のようにこんもりと
パレットナイフで形作る。
溶けずらい粉糖とモリンガパウダー、
黄色とピンクと白のシュガーを飾る。


ではガトー雪下にんじんをいただきます♪

田村さん
うん!おいしいです!
 後からジュースで飲んだような
 あま味が出てくる!」

リーダー
「チョコとニンジンの味が見事に融合!
 プロってすげーなー」


<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [+10] >>

TOP(全件表示)