アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2009年02月(10件)
<< [1] >>

2009年02月28日(土) |  ニラ玉丼
2010年11月03日15時48分50秒更新

ニラの生産と出荷の現場を
見学したあとは
お料理ターーイム。



黄色と緑色が鮮やかなニラ玉丼
(分量は4人分)

ニラ(2束)を
適度な大きさに切る。

たまご(4個)に
酒(小さじ2)、
だし汁(大さじ2)、
塩コショウ(少々)を
合わせて混ぜる。


バターを溶かしたフライパンで
たまごを半熟に焼く

たまごを別な皿にあける。
強火でニラを炒める。

酒(小さじ2)、
塩コショウ(少々)、
ゴマ油(少々)、
しょう油(小さじ2)を加える。

丼に盛ったごはんに
ニラとたまごを
盛り付けて完成!

2009年02月28日(土) |  ニラとカキのキムチ和え
2010年11月03日13時57分38秒更新

そして、こちらも超カンタン!
 ニラとカキのキムチあえ
(分量は4人分)



まずはニラ(2束)とニンジン(適量)を
食べやすい大きさに切り、
それぞれをさっとボイル。

カキ(2パック)はザルに入れ、
塩水でふり洗いして水を切り、ゆでます。
この時、短時間であげるのがポイント!

これらの材料を混ぜて
砂糖(少々)で味を調えます。
 

そして最後に
キムチの素(適量)であえると・・・

お酒のおつまみにピッタリ!
 ニラとカキのキムチあえ
が完成!

2009年02月28日(土) |  ニラしゃぶ
2010年11月03日13時58分28秒更新

そしてテーブルの上に鎮座する鍋!
中にはお酒を少々加えた昆布ダシがタップリ。
そこへドサッとニラを投入です。

そう!
ニラしゃぶです!!



こんなにニラを食べる
小学生を
見たことがありません・・・

さっとお湯にくぐらせると
辛味成分・硫化アリルが
甘みに変化するのですから
ビックリです!

リーダーがおかわりするのを見て
あぐりっこも

ニラッ  ニラッ  ニラッ


2009年02月21日(土) |  豆腐作り
2010年11月03日14時05分40秒更新

JAおとふけ特製!
「手作り豆腐キット」を使って、
豆腐作りに挑戦!

 
このキットのお問い合わせは
JAおとふけ販売部
電話 0155−42−2131

価格は 5250円(税込み・送料は別)



原料となる大豆は150グラム。  
24時間水に浸して、
水300ccとともに
ミキサーにかけます。

 


ミキサーをかけること
およそ2分。


大豆がペースト状になったら、
鍋に移して火にかけます。

 


火を止め、
少し泡が収まったら、
再び点火。 
混ぜながら、
弱火でおよそ8分煮ます。
その後、煮汁を布袋に入れ、絞ります。

 


布袋をしっかり絞り、
豆乳とおからを分けます。


豆乳は80℃に加熱します。
そして、ニガリをお湯で
溶かした「ニガリ液」を作り、
鍋へいれます!

 


冷ますこと15分。
全体が固まってきたら
豆腐型に布をひき、
かたまりを入れていきます。

 


豆腐型の中に入れ終わったら、
布で包み、おもりをのせ
15分放置し水分を抜きます。


その後、固まった豆腐を
30分ほど水にさらし、
ニガリのアクを抜くと、
手作り豆腐が完成〜〜〜!

2009年02月21日(土) |  ◎おからドーナツ◎
2009年02月19日20時29分05秒更新

大豆の栄養タップリ!
おからドーナツの作り方!



ボールに、卵(1.5個)、
牛乳(100cc)、
溶かしたバター(50g)を入れ
軽く混ぜます。


そして そこに
おから(300g)を投入!


次に、
ホットケーキミックス(600g)を入れ、
サックリとかき混ぜます。


そして、出来た生地を伸ばし、
ドーナツの形に型を
抜いていきます。

形を作ったら、
170℃の油で
こんがりキツネ色になるまで
揚げます。


砂糖をまぶすと、
「おからドーナツ」
が完成〜〜〜!!

2009年02月21日(土) |  大豆の落とし焼き
2010年11月03日14時02分40秒更新

超カンタン!
 「大豆の落とし焼き」の作り方!



ボールにゆでた大豆(1カップ)、
小麦粉(大さじ4)、水(大さじ2)、
卵(1個)を入れ
混ぜ合わせます。

 


次に、ちりめんじゃこ(大さじ2)、
青ネギ(適量)、ゴマ(適量)を加え
さらに混ぜます。

 


そして油をひいて
熱したフライパンに乗せていきます。
このときスプーンなどで
食べやすいサイズで焼くのがポイント!

 


中火を目安に火加減し、
軽く焼き目がついたら・・・

 


超カンタン!
「大豆の落とし焼き」
が完成〜〜〜です!


2009年02月21日(土) |  黒豆の魔法ごはん 
2010年11月03日14時02分18秒更新
大豆の落とし焼きを食べていると
河田さんがもう一品出してくれました。


 しかも
「これから魔法がかかりますよ!」
と意味深なコメント。

テーブルの上に置かれたのは
黒豆が入っていて
全体が薄いグレーの色をしたご飯。

そこにお酢を少しずつ
回しながらかけていくと…


一同「あっ!色が変わってる!!」

 


 河田さん
「黒豆のアントシアニンとお酢が反応して
 色が出るんでしょうね」
なんともいえない
天然の桜色ご飯になりました!

 
 


2009年02月14日(土) |  キャベツのキッシュ
2010年11月03日14時04分23秒更新

そしてもう1品!
冬音さんの窪田さんに簡単料理!
  「越冬キャベツのキッシュ風」を
教えてもらいました!!



(1)キャベツは大きめのざく切りにし、
   葉と芯を太目の千切りにします。

 


(2)皿にベーコンを敷き詰め、
  その上に千切りにしたキャベツをのせます。

(3)ボウルに卵を割り、生クリーム、牛乳、
 塩を加えて泡だて器で混ぜ合わせます。


(4) (3)を(2)のキャベツの皿に流し入れ、


(5) (4)の上に大きめのキャベツの葉をのせます。


(6) そして最後に、180度のオーブンで40分ほど焼き上げると・・・



 超カンタン!
 「越冬キャベツのキャッシュ風」が完成〜〜〜!

 

 


2009年02月07日(土) |  缶けりアイスクリーム
2010年11月03日15時50分42秒更新
真冬の北海道、
寒くてなかなか外で遊ぶことがないかもしれません。

そんなときに嬉しいレクリエーションがコレ!!
「缶けりアイスクリーム作り」

缶に材料を入れて転がせば
なんとアイスが出来るというイベントです。



=缶けりアイス(2人分)材料=

・牛乳 50cc
・動物性生クリーム 60cc
・砂糖 大さじ1強
・バニラエッセンス 5滴

これらの材料をお茶の缶に全て投入します。

材料を入れた缶のフタを
ビニールテープで密閉します。


次に粉ミルクの缶を用意。
缶の下1/3ほどまで氷と塩を入れます。
これにより氷の温度が下がります。

その上に密閉した缶を置き、
さらに氷と塩を入れます。

そして粉ミルクの缶のフタを
ガムテープで密封。

最後に缶をタオルで包み
ガムテープでしっかりとめます。

これで準備完了!!!


あとは・・・・

寒さの中、雪の上で
缶を転がします。



5分ほどで完了です!!

中の缶を取り出して
開けるとッ!!!


なんていうことでしょう!!

しゃりしゃりで
濃厚な美味しいアイスクリームが
出来ちゃいました!!

2009年02月07日(土) |  カキの和風ドリア
2010年11月03日14時06分41秒更新
今回の番組の締めくくりは
厚岸グルメ!!

カキとミルクのコラボレーション♪

しかも!
お年寄りにも食べやすいようにと
考案された
「和風仕立てのドリア」です♪♪



(1)よく洗ったカキをお湯で軽く茹で、
   取り出します。
   <※茹で汁は捨てない>


(2) 茹で汁に、
   しょう油(大さじ2)、砂糖(大さじ2)、
   酒(大さじ3)を加え・・・

  再びカキを投入し
       下味をつけます。
  ある程度、煮たら、カキを取り出します。

 


(3) といで水を切った米をバターでいため、
   ミックスベジタブルも加えます。
    

 


(4) (3)に (2)の煮汁を加えて
    炊飯器で炊き上げます。

(5) グラタンの皿にご飯を盛り付け
   鰹節、のり、カキを載せ、
   ホワイトソース(缶入りで可)をかけます。
   

(6)最後にチーズをかけて
   オーブンで焼き上げると・・・

 


栄養満点!
カキの和風ドリアが完成です。


<< [1] >>

TOP(全件表示)