ページ内検索

   表示:2011年07月(7件)
<< [1] >>

2011年07月30日(土) |  ほくげん大根レシピ@牛缶水煮でつくるおでん
2011年07月30日20時22分42秒更新

JAしべちゃ女性部の佐藤菊子さんから
地元の食材を使ったおススメメニューを
教えてもらいました。

《牛缶水煮でつくるおでん 2〜3人前》
牛缶…1缶、昆布…2本、大根…1/2本、
ニンジン…1本、こんにゃく…1/2丁、
白滝…1パック、ゆで玉子…4個、
塩・しょう油…適量、その他お好きな具材



1)昆布を水でうるかし“結び昆布”をつくる。
 だし汁はとっておく。

2)牛缶水煮を鍋に入れる。
 中の肉は、くだけやすいので一口サイズに
 切りよけておく

3)水煮のだし汁で足りない分は昆布だしを入れ
 塩やしょう油などで味を調える


4)下ゆでした具材をお好みで入れ
 ゆっくり煮込む。味がしみたら出来上がり!


牛缶水煮でカレーやビーフシチューも
簡単に作れます。鍋に水煮を入れ
空き缶1杯分の水でうすめ、
ルーや野菜を入れるだけで
じっくり煮込んだ味が楽しめます。

《牛肉の水煮 1缶750円》
Aコープしべちゃ店で発売!地方発送可能!
問合せ)015-485-2022

2011年07月30日(土) |  ほくげん大根レシピA標茶産のトマトを使ったミートソース
2011年07月30日20時23分02秒更新

《地元産のトマトを使ったミートソース》
牛肉…300g、にんにく…1かけ、
ニンジン…1/2本、セロリ…1本、玉ネギ…3玉
砂糖…90g、ブラックペッパー…1.2g、
ウスターソース…72ml、トマトケチャップ…250g、
トマトピューレ…250g、

【材料で使用しているトマトピューレのレシピ】
トマト1キロを湯むきし、乱切りする。
そのまま鍋で煮込みドロドロ状にする。
かたまりが残る場合は
フードプロセッサーにかける。
(時間が足りないときなど)



【ミートソースの作り方】
1)牛肉を炒める(にんにくから炒め、
 香りが出たら肉を入れる)。
 パラパラになったらフライパンから1度
 取り出しておく。

2)そのフライパンに玉ネギを入れしんなりしたら、
 その野菜も全て入れ炒める。

3)フライパンに炒めた肉を戻し、
 調味料・ピューレ等すべて入れ混ぜ合わせて、
 じっくり煮詰めて完成。


2011年07月23日(土) |  砂川産キュウリレシピ@大地の恵み冷製パスタ
2011年07月25日10時23分02秒更新

生産者で元シェフの
奥山一俊さんから砂川産の野菜を使った
イタリアンレシピを教えてもらいました。

《砂川産 大地の恵みたっぷりパスタ 4人前》
パスタ…240g(細目で長ければOK)
キュウリ…2本(Mサイズくらい)、
トマト…1個(Mサイズくらい)、
ツナ缶…1缶(80gぐらいの油漬け)、

【ソースの材料】
エクストラバージンオイル…40ml、
白ワインビネガー…60ml、ケチャップ…大さじ1
砂糖…大さじ1.5、塩…少々、
黒コショウ粗びき…少々

下処理)
キュウリは千切り。
トマトは湯むきして種を取り、
1cmぐらいの角切りにする。
ツナは油をきっておきます。



まずはパスタを茹でましょう。
1%の塩をいれた湯でパスタを茹でます。
この後、冷やすので
表示茹で時間より30秒〜60秒長く茹でる。
 
茹で上がったらザルにあけて、
流水もしくは氷水でしっかり冷やします。

ソースを作っていきます。
ボウルに白ワインビネガー・オリーブオイル、
塩・コショウを入れ、泡だて器であわせる。

さらにケチャップ・砂糖を入れて
混ぜ合わせます。

トマト・ツナを入れます。

奥山さん
「トマトは必ず麺が茹で上がってからか、
 その寸前に入れてください。
 塩が入っているので、どうしても水分がでて
 ソースがゆるくなってしまいます」


冷やしたパスタをソースに入れる
あわせる。

※パスタはしっかり水気を切る!


最後に塩で味をととのえ、
キュウリをたっぷりと絡ませます。
盛り付けて完成です!

ナツミちゃん
「お店で売っているパスタみたいにおいしい!」

シホちゃん
「キュウリとトマトがパスタに
 すごく合っていてオイシイ!!」

リュウ君
「まさに、おいですね!」

大人チーム
「え〜そんなキャラに思えなかった!」

藤尾
「オレらの仕事とるなや!!」


2011年07月23日(土) |  砂川産キュウリレシピAアイオリソース風サラダ
2011年08月15日12時09分52秒更新

実は番組で紹介できなかった
キュウリのサラダのレシピを
ホームページでご紹介します。

《キュウリのアイオリソース風 和風味 4人前》
材料)
キュウリ…1〜2本、トマト…1/4個、
エクストラバージンオイル…10ml

ソースの材料)
ニンニク…少々(0.5gぐらい)、
マヨネーズ…30g、牛乳…小さじ2
しょう油…小さじ2、

作り方)
1)キュウリはスライスする。
 トマトは湯むきして、中の種を取り
 1cmくらいの角切りにする

2)ソースを合わせる

3)キュウリを皿に並べオリーブオイルをかける。
 ソースを全体にかけトマトをちらして完成です



2011年07月16日(土) |  ゴーヤレシピ@ゴーヤのグリーンジュース
2011年07月15日16時03分13秒更新

札幌のフレッシュジュース専門店
「リトルジュースバー」さんから
ゴーヤを使った絶品オリジナルレシピを
教えていただきました。

《ゴーヤのグリーンジュース》
ゴーヤ…30g、ゴールデンパイナップル…100g
固形ヨーグルト…50g、キューブアイス…3個
レモン絞り汁…30cc、シロップ…20cc、
ハチミツ…20g



まずはゴーヤの下ごしらえをします。

ゴーヤを縦に切る。
ワタの部分を取り除き、千切りにする。


塩をふり5分たったら揉む。

最後に完全に塩気が抜けるまで
熱湯で洗い流したら完了。

ではジュースを作っていきます。
ミキサーにパインを入れていきましょう。

次に下処理したゴーヤを投入!

森崎
「一気にジュースっぽくなくなったよ〜」


ヨーグルト・レモン汁・ハチミツ・
シロップ・氷を入れてミキサーにかけます。

「スイッチ!オ〜ン」

さあお味はどうでしょうか?

一斉に
「おいしい〜♪♪」


セナちゃん
「ちょっと苦味もありながら甘い!」

生産者の東出さんも
「コレはおいしいです!」

あぐり一同大絶賛!
夏にさわやかなゴーヤジュース。
ぜひチャレンジしてみてください!

《リトルジュースバー》
住所:札幌市中央区南4条東3丁目11−1
電話:011-213-5616
営業時間:11:00〜20:00(水曜日定休)


2011年07月16日(土) |  ゴーヤレシピAゴーヤチャンプルー
2011年07月15日16時04分08秒更新

JAあさひかわの川島綾乃さん、
出戸美保さんから
ゴーヤ料理を教えてもらいました。
まずは沖縄料理の定番メニュー、
ゴーヤチャンプルをアレンジ。
地産地消スペシャル“ゴーヤチャンプルー”の
作り方を教えてもらいました。

《ゴーヤチャンプルー》
ゴーヤ…1本(下ごしらえしたもの)
人参…1/2本、もやし…1袋、
玉ネギ…1/2個、豚肉…200g、
卵…2個、木綿豆腐…1丁
油揚げ…1枚、塩・コショウ…少々、
かつお節…適量



そして…
ターサイ・小松菜・シシトウ・アスパラ・トマトを
お好みで加えてください!
ちなみにこちらの野菜は全て旭川産です!

まずはゴーヤを下ごしらえしておきましょう。

《ゴーヤの下ごしらえ》
1)ゴーヤを半分に切り中綿をスプーンで
 キレイに取る
2)1〜2mmにスライスし、少量の塩でもむ
 少し時間を置いてから水にさらす


《作り方》
1)豆腐は水切りしておく。卵は溶いておく

2)野菜・油揚げ・肉を切る。
 もやしに合わせて野菜はたて切りにする

3)深めのフライパンで豚肉を炒める。
 だいたい火が通ったら火が通りにくい野菜から
 順に炒めていく。


4)しんなりしてきたらゴーヤを投入、
 カットしたトマトも加える。

5)全部に火が通ったら豆腐を手で崩しながら
 入れて混ぜ、塩で味付け。
6)溶き卵を入れて混ぜ炒める。
 最後に一掴みしたかつお節を入れて完成!!


2011年07月16日(土) |  ゴーヤレシピBゴーヤの和え物3種
2011年07月15日16時03分37秒更新
さらにおススメメニュー。 
夏にぴったりゴーヤの和え物3種!


《しらすとゴーヤの和え物》
ゴーヤ…1/2本、しらす…40g
玉ネギ(スライス)…1/2個、ミョウガ…2個
めんみ…小さじ1

1)下ごしらえしたゴーヤ、水にさらした玉ネギ、
 しらす、ミョウガ、めんみを全て和える。


《トマト・ツナ・ゴーヤの和え物》
ゴーヤ…1/2本、シーチキン…1缶
トマト…1個、(薄口醤油…小さじ1)

1)ゴーヤを下ごしらえして水気を切り
 シーチキン・トマトを和える。
 ※お好みでしょう油をかける


《ゴーヤのめんつゆ漬け》
ゴーヤ…1本
大根・人参・ピーマン・茄子などお好みで!
めんつゆ…野菜全体が浸る程度

1)ゴーヤを半分に切り中綿を取り
 1〜2mmにスライスする
2)他の野菜を適当な大きさにスライス。
3)これら野菜を一緒にタッパにいれ
 めんつゆを入れる。

※漬けてから3〜4時間で食べれるそうですが、
 1日おいた方が良いそうです。


コトノちゃん
「トマトと一緒に食べると…
 トマト甘いのと酸っぱいのがあるから
 その両方が苦味とミックスして
 すっごい合ってて、とてもおいしい!」

<< [1] >>

TOP(全件表示)