ページ内検索

   表示:2014年02月(2件)
<< [1] >>

2014年02月15日(土) |  JA士幌町 ヨーグルトレシピ@カレー
2014年02月13日16時28分24秒更新

道の駅ピア21しほろの式見貴光シェフに
ヨーグルトを使ったカレーを
教えてもらいました!

その名も「モロモロカレー」



【ヨーグルトモロモロカレー 3〜4人前】
<材料>
ヨーグルト…450g、
しほろ牛肉…200g(チキン・ポークでもOK)
カレー粉…50g(お好みで加減してください)、
コンソメの素…小2、生クリーム…大1
しょう油…大1、バター…30g(ソテーに使用)
玉ねぎ…約1/2、
おろしにんにく・しょうがを入れてもOK

たっぷり使うヨーグルトは
「生乳100%ヨーグルト」。

山岸牧場の奥さんの厚子さんと
娘の愛さんは自分の家で絞った生乳を使って
ヨーグルトを販売しているんです。
これが町の特産品として大人気!

厚子さん
「生乳100%朝しぼりの牛乳だけを使った
 ヨーグルトです。酸味を少し抑えてます。
 フタを開けると上の方にクリーム層が
 浮いています。市販では味わえない
 ヨーグルトなんですよ!」

もちろん一般的なヨーグルトでも作れます。
ではレッツクッキング〜♪


<作り方>
1)ヨーグルト・調味料をボウルに入れ
 よくまぜる。

式見シェフ
「まずルーを作っていきます。
 カレー粉など溶けるづらいものから
 先に混ぜていきますよ」

※ヨーグルトにカレー粉・コンソメの素・
 しょう油の順でよく混ぜる。


2)牛肉を一口サイズにカットし 
 上記@に漬け込む(30分程度冷蔵庫で)

※今回は士幌名物の士幌牛ですが
 鶏肉でも豚肉でもお好みの具材でOK!
 浸けこんでいる間に…


3)たまねぎを繊維にそって
 2〜3ミリに細切り。

4)フライパンにバターを入れソテーする。
(火加減は中火。玉ねぎが透通る程度)

5)上記のフライパンに牛肉・ヨーグルトを
 全部入れ、最初は強火で沸騰したら
 中火で5分くらい弱火で15〜20分
 (濃度などお好みで時間調整して)煮込む。

弱火で煮込んでいくと…

式見シェフ
「鍋のフチがモロモロしてきたら
 火を止めて完成です!」

佐々木
「モロモロしてますか?」

ソウイチロウ「モロモロしてます!」

完成しました〜!


2014年02月15日(土) |  JA士幌町 ヨーグルトレシピAヨーグルトラテ
2014年02月13日16時28分53秒更新

ここでさらにもう一品!
山岸さんがヨーグルトを使った
オリジナルメニューを作ってくれました!

【木いちごソースヨーグルトラテ】です。



<材料 420ccカップの場合>
木いちごソース…30cc、
ヨーグルト…100g〜120g、
牛乳…100〜120cc、コンデンスミルク…10g

<作り方>
木イチゴソース・ヨーグルト・牛乳・
コンデンスミルクの順にグラスに注ぎます!

ポイント)
ヨーグルトと牛乳を静かに注ぐと
木イチゴソースと牛乳がきれいな層になります。


愛さん
「このまま(混ぜずに)飲む方が
 美味しいです!
 (口の中に)味が木イチゴが来て
 その後ヨーグルトが来て牛乳が来るという
 この順番がめっちゃおいしいので…」

藤尾
じゃあバラバラに飲んだら 
 いいんじゃないですか?」

愛さん
ヒイイ〜〜!
 そうかと思っちゃった!」

佐々木「思わなくていいですよ〜」


さてお味のほうは…

マオ
「ヨーグルトと木いちごがすごい合う!」


ソウイチロウ
「イチゴが甘くてヨーグルトも
 すごい美味しい!」

藤尾
「新鮮な感じがしますよね!」

森崎
「主役はヨーグルトですよね。
 ヨーグルトの酸味・風味が
 すごいおいしく生きてます!」


とここでリーダー

森崎「娘さんなんですか?」

厚子さん「親子なんです」


森崎
「私、同級生かと思いました〜!」

もうリーダーお上手!

デザートも美味しかったですよ!
みなさんお試しくださいね!


<< [1] >>

TOP(全件表示)