ページ内検索

   表示:2014年04月(4件)
<< [1] >>

2014年04月26日(土) |  食と運動 牛スネ肉と根菜の元気カレー
2014年04月24日18時08分08秒更新

モリモリ食べられちゃう!
バランス◎の絶品カレーを
料理研究家で管理栄養士の
東海林明子先生に教えてもらいました。

【牛スネ肉と根菜の元気カレー 4人分】
<材料>
牛すね肉…300g、タマネギ…1コ
ニンジン…1/3本、ゴボウ(細いもの)1本
ジャガイモ…2コ、サラダ油…適量
水…3カップ、ゆで大豆…100g
カレールウ…4人分、ヨーグルト…大2
 

<作り方>
1)牛スネ肉は4〜5センチ大に切り、
  圧力鍋で15分加圧してやわらかくしておく。
2)タマネギはくし型に切り
 ニンジンとゴボウは小さめの乱切り、
 ジャガイモは4〜6つ位に切っておく。
3)鍋にサラダ油を適量熱し、
  Aをよく炒め水を加える。
 煮立ってきたら大豆も加え、
 野菜が柔らかくなってきたら@の肉も加える。
4)一度火を止めてカレールウを割り入れ、
 溶けた所でもう一度火にかけて2〜3分煮込み、
 最後にヨーグルトも加える。 



ユウスケ「お肉がやわらかい!」

東海林先生
「このカレーは牛スネ肉を使っています。
 味もあるしコラーゲンたっぷりのところ。
 圧力鍋を使ってお肉を柔らかくしてから
 カレーに入れました」

ミホ「やわらかい!」

森崎「ホロホロ…」

植物性たんぱく質の大豆や、
ゴボウ・ニンジンなどの根菜も
たっぷり入ったカレーです。

【春キャベツのサラダ】
<材料>
キャベツ…2枚、ベーコン…2枚

<ドレッシングの材料>
酢…大2、サラダ油…大3、
マヨネーズ…小2、塩コショウ…少々

<作り方>
キャベツを千切りにする。
ベーコンは細かく切ったあと乾煎りする。
ドレッシングの材料を混ぜキャベツにかけ完成!


東海林先生
「細く切った方が食べやすいですよ」

愉香さん
「野菜を切って出しても
 なかなか食べてくれないんです。
 今日はすごい食べている!」


東海林先生
「食べるだけでは消化されないので
 食べた分動けばまたお腹が空いて
 美味しく食べられる!」

みなさんもお試しくださいね〜♪

2014年04月05日(土) |  JA新おたる 味噌レシピ@豚肉ロース みそ漬け
2014年04月03日18時46分43秒更新

頑張ってくれたあぐりっこにご褒美!
赤井川村の女性部のみなさんに、
自慢の手作り味噌を使った料理を
いただきました。

教えてくださったのは
JA新おたる赤井川女性部の
二川信子さん、上枝文子さん、松澤秀子さん。

まず教えて頂いたのは
【豚肉の味噌漬け】です。



【豚肉の味噌漬け 2人分】

<材料>
豚肉ロース肉(とんかつ用厚め)2枚
豚肉を包むガーゼ(40センチくらい)

合わせ味噌(JA新おたる赤井川女性部味噌使用のとき)
味噌…1と1/2カップ
砂糖…大さじ9
みりん…大さじ1.5
酒…小さじ3

※砂糖はお好みで調整してください!


<作り方>
1)合わせ味噌の材料をボールに入れて混ぜる。

2)バットの様な平らな容器に
 @の合わせ味噌を半分敷き詰める

3)ガーゼを敷き豚肉を乗せる

4)肉をガーゼで覆い残りの合わせ味噌を乗せ
 全体に伸ばす

5)冷蔵庫に約8時間寝かせる
 ※寝かせ時間で味の濃さが決まります。
  お好みで調整してください。
 ※一般のお味噌をご利用される場合は
  12時間ほど漬け込んで味を染み込ませる

6)焼くときは、焦げやすいので火加減に注意

※一口メモ!
使用した合わせ味噌はそのまま捨ててるのは
ダメダメ!です。
生肉に付けているので味噌汁にはなりませんが
おにぎりに塗って焼きおにぎりしたり
工夫次第でまだまだ使えます!
煮詰めて冷蔵庫で保存できますよ!


タクヤ
「みその香りもしていて美味しい!」

ノイ
「脂にもみそが絡まってすっごい美味しい!」

2014年04月05日(土) |  JA新おたる 味噌レシピAふろふき大根
2014年04月03日18時47分05秒更新

【ふろふき大根 柚子味噌かけ 2人分】

<材料>
大根…約半分(4切れ)
昆布…20センチくらい

柚子味噌(赤井川女性部味噌使用のとき)
味噌…50グラム、砂糖…大さじ2
みりん…大さじ1.5
柚子しぼり汁…1/2個
柚子の皮…1/2個(すりおろす)

※市販の味噌を使用する場合は
お好みで砂糖を調整してください!

<作り方>
■柚子味噌の作り方■
1)上記、味噌、砂糖、みりん、柚子絞り汁を、
小さな雪平鍋に入れ弱火で練りながら混ぜる。
滑らかになるまで練りながら煮詰める
(この時柚子の皮は入れない)

2)火を止め粗熱がとれるまで待ちましよう。
粗熱が取れたらすりおろした柚子の皮を入れ
軽く混ぜる(粗熱が取れる前に入れると
柚子の香りが飛んでしまいます)

3)柚子味噌完成です

■大根を仕上げましょう■
1)大根は厚さ2〜3.5cmに切り、
  皮を厚めにむきます。
  煮崩れ防止の面取りも忘れずに。
2)大切なところです、大根の下茹でです。
 米のとぎ汁の中で30〜40分煮ます。
  (大根の上3cmくらい被るくらいのとぎ汁でOK)
  竹串で刺してみながらゆで具合を見る。 
3)茹で上がった大根を、
  さっと水洗いして水を切る
4)事前に作っておいた昆布のだし汁で
コトコト煮ます。
(火加減は煮るではなく暖める感じで)
5)大根を器に取り好みで柚子味噌をかけます

※一口メモ※
米のとぎ汁(糠でもOK)で下茹でするところが
1番大切です。味をしみこみやすくしたり、
大根臭さを取ったり、大根に透明感が出るのも、
この下茹があるからです



二川さん
「私たちの部長さんのお家で
 かこってたものを持ってきてくれたので
 それを材料にしています」

森崎
「部長さんがかこってたものを持ってきた?」


二川さん
「ここでは冬の野菜を“かこう”と言って
 “保存する”という意味なんです」

河野「独り占めするという意味ではなく!」


ノイ
「ユズの味もほんのりするけど
 味噌の味がすっごいおいしい」

トウコ
「大根も甘いし味噌も手作りだから
 美味しい!」

タクヤ「おいしい!」

2014年04月05日(土) |  JA新おたる 味噌レシピBニンジン味噌漬け
2014年04月03日18時46分53秒更新

おにぎりと一緒にこんな漬物も
作ってくださいました。

【ニンジンの味噌漬け 2人分】
<材料>
ニンジン…半分

合わせ味噌(赤井川女性部味噌使用のとき)
味噌…カップ1/2、砂糖…大3、みりん…大1/2

<作り方>
1)合わせ味噌を混ぜ合わせる
2)ニンジンを5〜7ミリの厚さにカット
3)保存用の袋に合わせ味噌を入れ、
 ニンジンを入れ軽くもみなじませる
4)空気を抜き2日以上置くと
 ニンジンがしんなりして出来上がり。

※一口メモ※
そのまま食べても良いですが
ニンジン嫌いなお子さんのために
細かく刻んでチャーハンに入れると
全く気付かずに食べたりしていますよ


そのほかにもこんなレシピも!
【味噌の豆腐漬け 2人分】
<材料>
豆腐…約半丁
豆腐を包むガーゼ(20センチくらい)

合わせ味噌(赤井川女性部味噌使用のとき)
味噌…1/2カップ、砂糖…大3、みりん…大1/2

<作り方>
1)合わせ味噌を混ぜる
2)豆腐はしっかり水切りする。
(水分が多いと食感が悪くなる)
今回は網の上に4時間置き、
最後にキッツチンペーパーで
水分をふき取っています)
3)容器に@の合わせ味噌野半分を敷く
4)豆腐をガーゼでくるみ敷いた
 味噌の上にのせる
5)残りの味噌で豆腐を塗る
6)冷蔵庫で保存2日以上すると
 味がしみてくるが4〜5日置くと、
 チーズの様な食感になる完成!



<< [1] >>

TOP(全件表示)