アーカイブ
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2014年05月(5件)
<< [1] >>

2014年05月17日(土) |  羊蹄イモレシピ@パンしゃくいも
2014年05月16日16時03分43秒更新
ジャガイモ生産者ならではのお手軽料理!
地元で「パン工房よしかわ」も営んでいる
吉川由紀子さんに料理を披露して頂きます!


吉川さん「じゃじゃーん!」

あぐり一行「うわ〜〜(大感動)」

芳川さん
【パンしゃくいも】 と言います!
 上はおイモを生地に練り込んだパンです」

パンのつくり方を簡単にご紹介します。

【パンしゃくいも】
<材料>
強力粉…300g、
茹でてつぶしたジャガイモ…150g
(蒸した男爵イモの中央部分を使う。
 外側はカップとして使う)
ドライイースト…6g、ショートニング…20g

<A>
砂糖…6g、塩…4g、スキムミルク…6g
ぬるま湯…130〜135g

<キタアカリの餡>
蒸したキタアカリに砂糖と牛乳を
お好みで加え練り込んだもの。


<作り方>
1)男爵イモをたわしで洗い半分にカット。
 15分ほど蒸して中央部分をスプーンで
 くり抜いておく。

2)イモパン生地を作る。
 強力粉は150gずつに分ける。
 (イ)強力粉150gとドライイーストを合わせる
 (ロ)強力粉150gと先ほどの蒸してくり抜いた
   ジャガイモを合わせる

3)(イ)にAの砂糖・塩・スキムミルク・ぬるま湯を
 加えて手で粘りを出すように約5分混ぜる。
 さらに(ロ)を加え約8分こねる

4)ショートニングを加えて、生地の肌が滑らかに
 なるまでこねる。

5)生地を1次発酵させる(28℃で30分間)

6)生地を分割する

7)ベンチタイムをとって生地を休ませる(10分)


9)形成する。キタアカリの餡を生地に包む

10)男爵いものくり抜いた部分に乗せる。

11)ホイロ(最終発酵)を20分する。


12)190度のオーブンで12分ほど焼いて完成!
 (焼く前にでんぷんをふる)

「いただきま〜す!」

もうシュンセイの顔!いい顔だ〜
「う〜ん!うまっ
 下のジャガイモがね…
 フカフカでおいしい!」

マイカ
「上のジャガイモを練り込んでる生地が
 すごいフワフワでおいしい!」

森崎「いやっ美味しいっ!」

佐々木「一度に3度おいしいって感じ!」

吉川さん
「ハチミツをかけて食べるとなお美味しいです。
 我が家はジャガイモをふかしたり茹でたり
 したときにハチミツを使います!」


森崎
「イモにハチミツが合いますかね?」

実食…

森崎「なまら合う!(即決!)」


藤尾
「ジャガイモとハチミツってどうだ?」

マイカ「すごい合う!」

吉川さん
「パンケーキ感覚で食べられると思います」

 


2014年05月17日(土) |  羊蹄イモレシピAスープ
2014年05月16日16時05分40秒更新

さらに一同驚きのアイデア料理登場!

【じゃがカップスープ】
<材料 適量です>
きたかむい、タマネギ、ニンニク、
コンソメ、水、塩コショウ、味噌、牛乳、チーズ

<作り方>
1)きたかむいは上2合目をカットし、
 中をスプーンでくり抜き、底も平らに切り
 器に見立てたきたかむいをオーブンで30分焼く
 
2)くり抜いたイモと千切りしたタマネギ・
  みじん切りしたニンニクを炒め、
 水・コンソメ・塩コショウ、味噌を加えて煮る。
 イモに火が通ったら少し冷まし
 ミキサーにかける。鍋に戻し牛乳を加えて
 もう一度調味し、スープの出来上がり!
3)@のカップにアツアツを盛り、チーズを乗せて
 オーブンで焼いて完成!



あぐりっこ「スープ??」

吉川さん「スプーンでくり抜いてみて!」

あぐりっこ
「うわ〜!なんか出てきた!」
「ぎゃ〜」もう大興奮です。


森崎「食べてみて!」

あぐりっこ「おいしい〜〜!」


シュンセイ
「なんかスパイシーなジャガイモのスープ!」

森崎「ビシソワーズ?」

吉川さん
「それの温かいバージョンです」

森崎「(笑)もう美味しい!」

藤尾
「まわりのホクホクのジャガイモとの
 相性もいいですよね」


吉川さん
「こういう作物ってできるだけ
 シンプルなほうが美味しいと思うんですよね。
 変に手をかけるより…ですから今日は
 『畑からとってきたばかりです』って
 いうような見た目のイモ料理にしてみました」


森崎
「これはいい!
 ジャガイモ丸ごといただいているよう!」

2014年05月10日(土) |  あぐりっこチーズ料理 ひまわりケーキ
2014年05月08日18時09分36秒更新

樫見育(はぐむ)ちゃん考案レシピは

【こんがりチーズのひまわりケーキ】

<材料 15センチのケーキ型>
薄力粉…100g、ベーキングパウダー…小1/2
バター…80g(ケーキ型に塗るバターは分量外)
砂糖(てんさい糖)…70g、
卵…2個、プロセスチーズ…80g
スライスチーズ…数枚、レモン汁…小1

※ハグムpoint
 卵は常温で戻しておいておく!
 バターはオーブンの予熱などで溶かしておく!



<作り方>
1)ケーキ型にバターを塗る
2)小麦粉とベーキングパウダーをふるっておく
3)プロセスチーズを棒状に切っておく
4)ボールに卵をほぐし砂糖を加えて
 しっかりと泡立てる。

※ハグムpoint
 卵を割りほぐす時はガラスのボールで
 やりましょう!ボールは斜めに傾けて
 中身を端っこに寄せ下から上へと
 空気を入れるように混ぜましょう!


5)Cがもったりしてきたら、レモン汁を入れて
 さらに混ざるまで軽く混ぜ合わせてAを入れる

※ハグムpoint
 生地の混ぜすぎに注意してください!

佐々木「なんでレモン汁入れるの?」

ハグム
「卵は小麦粉と水分を混ぜることで
 生地を均等に膨らませてくれる。
 砂糖は生地にねばりを出してくれる
 という効果があって、
 その二つの効果を高めてくれるのが
 レモン汁なんですよ!」

森崎「そんなこと誰が教えてくれたの?」

ハグム「お父さん!」

(ハグムのお父さんは
 お料理の腕前がスゴイんです!
 もう趣味の枠を超えています…)


6)溶かしておいたバターをDに3〜4回分けて
 加えながら木べらで切るように混ぜる
7)ケーキ型にEのタネを半分入れて、
 切っておいたプロセスチーズを
 円を描くように並べる

8)Fの上に残りのタネを被せるように
 流し入れる。幅2センチ程度にカットした
 スライスチーズで表面を格子目に飾り付け、
 ひまわりの模様を作る。

9)180度で予熱しておいたオーブンで
 20分ほど焼く。

いい感じで焼き上がりましたよ〜

10)飾り用のスライスチーズを三角にカット。
 クッキングシートに並べてレンジで15分、 
 カリッとなるまで焼く。

11)焼き上がったケーキに軽く切り込みを入れ
 カリッと焼き上がったスライスチーズを挟み
 ひまわりの花びらに見立て完成!

※ハグムpoint
 ひまわりをイメージしてお皿は緑色にしました
 試行錯誤を重ねること5〜6回…
 砂糖の分量やチーズの食感など検討を加え
 このレシピに辿り着きました!


上坂先生
「すご〜い!格子目になっていて…
 すごい工夫されましたね!」

森崎「うん!美味しい!おかわり」

上坂先生
「塩味とあま味があってスゴク良いです!」

吉川先生
「(生地に)ニンジンなどすったものを使うと
 赤・黄色・緑などの色々な色の生地が
 出来るかもしれない!」 

大絶賛!やったねハグム!


2014年05月10日(土) |  あぐりっこチーズ料理 ポットパイ
2014年05月08日18時12分22秒更新

米内くれあちゃんの考案レシピは
【みんな大好きポットパイ】

<材料 ココット皿(直径6cm)10個くらい>
バター…30g程度、ニンジン(頭の方)…中1/2
ジャガイモ…小3個、タマネギ…小1個
鶏モモ肉…1枚(皮は取ります)
コーン(缶に入ったもの)…半分ぐらい
小麦粉…大さじ2、牛乳…300cc、水…100cc
コンソメ…2つ、
餃子の皮…10枚(ココット皿と同じ数量)
ピザ用チーズ…適量、卵黄…1個、塩コショウ少々



<作り方>
1)ジャガイモ・ニンジン・タマネギは
 一口大にカットする。鶏モモ肉は皮をとって
 こちらも食べやすい大きさにカットする。

くれあpoint
カロリーを考えて鶏の皮を取ってしまいましょう。

2)フライパンにバターを入れて火にかける。
 まずお肉を炒め、火が通ってきたら
 ジャガイモ・ニンジン・タマネギを炒める。


3)小麦粉を茶こしを使ってAに振りかける。
 ダマにならないように振り入れる。

くれあpoint
ダマにならないように茶こしを使って丁寧に!
足りないようだったら追加してみて!


4)牛乳と水を加え温まってきたら
 水を切ったコーンを加える

5)コンソメを入れてとろみがつくまで混ぜる
6)プクプクしてきたら弱火にして
 混ぜながら煮込んでいく。

7)塩コショウで味を調える。
 ココット皿に入れチーズをたっぷりトッピング。
8)餃子の皮でココット皿にフタをする。
 卵黄をフタを閉じ表面にも塗る。

くれあpoint
 餃子の皮を使うことで
 こんがりいい色に焦げて
 美味しそうになります!


9)180度のオーブンで10分程度
 焼いて完成!

ではいただきます!

こだわりの餃子の皮もパリッパリ。
崩して中のソースと一緒にいただくと…

吉川先生
「チーズがトロトロ!美味しい!」

森崎「美味しい!シチューみたい!」


上坂先生
「チーズとニンジンを合わせると
 栄養価が高くなっていて良いと思います。
 チーズと緑黄色野菜を合わせると
 カロテンの吸収が良くなるんですよ」

くれあ
「こんなに大好評になるとは思っていなくて…
 うれしいです!

餃子の皮がピッタリ合うように
お皿からこだわっていたくれあ。
うまくいって良かった!大好評です!


2014年05月10日(土) |  あぐりっこチーズ料理 ヘルシー春巻き
2014年05月08日18時12分57秒更新

伴美咲ちゃんの考案レシピは
【ヘルシー春巻き】です。

<材料 おおよそ4人分>
春巻きの皮…10枚、卯の花(おから)…150g
プロセスチーズ…100g、はんぺん…1枚
コーン…大さじ6、塩コショウ…適量
サラダ油…適量、小麦粉と水…適量
リーフレタス・ミニトマト…適量
(お好みでケチャップ)
愛情は…たっぷりです!



<作り方>
1)はんぺんは1センチ角にカット。
 プロセスチーズは棒状にカットしたあと
 サイコロ状に切っていく。

2)卯の花、カットしたはんぺん、チーズ、
 コーンをボールでしっかり混ぜる。

ミサキpoint
 この時しっかりめに塩コショウで味付けを
 しておきましょう!


ここでハプニング発生!?

ミサキ
「この具材が固まらないんですよ…
 どうしたらいいですか…」

相談された河野「いつもなら固まるの?」

ミサキ
「パサパサしていて水分が足りないかな?」

河野
「何か入れるか?
 つなぎ的な…水分入れるか?」

河野君の提案で水を加えてみることに…

なんとかいつも通りに復活しました!

ミサキpoint
 乾燥にも注意です…
 濡れフキンなどで春巻きの皮が乾燥しないよう
 注意しましょう!


3)よく混ぜた具材を10等分にし春巻きの皮で包む。
 水で溶いた小麦粉で春巻きの皮をとめる。

河野
「ちょっとカメラさん
 横から撮ってもらえます?
 なんかもう職人さんみたい。
 動きが流れるようなんです…」

4)油を多めに敷いたフライパンで
 こんがりと焼いていく。
 バットに並べて余計な油を切る。
5)お皿にリーフレタスを敷き
 春巻きをミニトマトを盛り付け完成!
 お好みでケチャップをつけて召し上がれ〜♪

吉川さん「ジャガイモ入ってる?」

ミサキ
「入ってません!おからとはんぺんと
 コーンとチーズです!」

おっと!プロも見抜けなかった
その意外な組み合わせに審査員もビックリ!


森崎
「おからとチーズの取り合わせが良い〜
 絶妙なハーモニー。ミサキ巻きで良いと思う!」


余裕の調理時間!と思いきや
その待ち時間のせいで
“おから”と“春巻きの皮”が乾燥してしまう
というハプニングに見舞われたミサキ。
しかしそんな時もあわてず騒がず落ち着いて
お料理を作ることができました。
三人の中で唯一「揚げ物」に挑戦した
ミサキに拍手です!

<< [1] >>

TOP(全件表示)