アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2014年12月(12件)
<< [1] [2] >>

2014年12月27日(土) |  JAひがしかわ みつばレシピ@みつば餅
2014年12月27日15時48分36秒更新

軟白ミツバ部会の奥様に
生産者ならではのお正月料理「ミツバ餅」を
教えていただきます。

今回はもうすぐお正月ということで、
全員で餅つきにもチャレンジ!

《ミツバ餅 10人前》

<材料>
軟白ミツバ 1kg、塩   適量、
もち米   1升、片栗粉 適量



<作り方>
1)もち米は前日のうちに研いでたっぷりの水に
 つけておき、蒸し始める1時間前には
 ザルにあげて水を切っておく

2)蒸し器で30分ほど蒸し、
 箸を刺してザクザクしていればOK


3)軟白ミツバは塩を入れたお湯で
 サッと茹で絞っておく

4)臼に軟白ミツバを入れ杵ですりつぶす


森崎
「すっごいミツバの香りです!」

アイサ
「すごい!Yo!ミツバって感じ」

佐々木「ラップみたいなんだ」


5)そこに蒸かしたもち米を入れ、
 杵でつぶすようにもち米全体を丁寧にこねる


《ポイント》
米粒が残らないように、
ここでしっかりと仕上げることがポイント!
2人で向かい合い、
回りながらこねるとより早く全体的に仕上がる!

「よいしょ〜」「よいしょ〜」


アイサが挑戦!「めっちゃくちゃ重たい…」
リリカ「よいしょ〜」

6)こねあがったら手水しながらさらにつき、
  なめらかになったら
 出来上がり好きな大きさに成形する

ではつきたてのお餅を頂きましょう!

アイサが食べると…
ビヨン〜〜のびるのびる!


リリカ
「さっき食べたミツバよりも
 ちょっと甘くなっていて美味しい」

河野
「ずっとずっとかんでいてください。
 ずっと幸せです。
 香りがどんどん増していきます」

アイサ
「撮影する前に食べていたミツバと
 知ってから食べる三つ葉とは
 味が違うと思った!」


2014年12月27日(土) |  JAひがしかわ みつばレシピAお雑煮
2014年12月27日15時50分08秒更新

《ミツバのお雑煮 2人前》

<材料>
ミツバ餅 4個、大根50g、ニンジン20g
ゴボウ 40g、シイタケ 2枚、
鶏もも肉 50g、なると 20g、
だし汁 500ml、醤油 大さじ4、
酒・塩     それぞれ 少々
飾り用ミツバ  お好みで



<作り方>
1)大根はいちょう切り、ニンジンとゴボウはささがき、
 シイタケは薄切りにする

2)鶏肉は余分な脂を取り除いて
 食べやすい大きさに切る

3)なるとは小口切りにしておく

4)鍋にだし汁を入れて沸騰させる。
 ニンジンとゴボウを入れてひと煮立ちしたら
 大根、鶏肉、シイタケを加え、
 調味料で味を調えればおつゆの完成

5)お椀につきたてのミツバ餅を入れて
 おつゆを注ぎ、
 ミツバとなるとを飾って出来上がり


アイサ
「見た目だけでも美味しそうなのに
 お雑煮に入ったら
 さっきよりにおいが
 より濃くなった気がする」

森崎
「今日ミツバを包丁で収穫するんだとか
 あんな冷たい水の中で洗うんだとか
 分かったから
 よりミツバの美味しさを感じるね」
 おかわり下さい〜!」

河野「三杯目ですよ〜」


2014年12月27日(土) |  JAひがしかわ みつばレシピBジンギスカン
2014年12月27日15時50分21秒更新

《ミツバ入りジンギスカン 2人前》

<材料>
ジンギスカン 500g、もやし1袋
タマネギ1個、ピーマン2個、
軟白ミツバ 200g、

<作り方>
1)ジンギスカン鍋のフチに適当な大きさに
 切った野菜を入れて、てっぺんで肉を焼く



2014年12月20日(土) |  美唄 乾燥野菜レシピ@炊き込みご飯
2014年12月19日11時04分48秒更新
美唄市「つむぎ屋さん」の乾燥野菜を使った
お手軽お料理を代表の要覚忍さんと
熊谷聖子さんに教えていただきました。


《炊き込みご飯 6〜8人前》

<材料>
乾燥野菜適量
・ミニトマト・とうきび・アスパラ・
 ニンジン・ダイコンなどなど
(つむぎ屋炊き込みご飯セットもありますよ)
米4合、塩小さじ2


<作り方>
1)米をとぎ普通の水加減にし、
 乾燥野菜を入れ30分ほど置く

要覚さん
「好きなものを好きなだけ入れて頂きたい。
 トマトを入れる場合はちぎって!」

藤尾「下ごしらえ要らないですもんね」

とここであぐりっこの様子をみて…


要覚さん
「控え目ですね。
 たくさん入れたほうがダシが出るので」

ということで全部入れちゃいました♪

2)乾燥野菜を加えたら、
 塩で味を調えて混ぜるだけ。

Point
塩の代わりになめたけ瓶や塩昆布、
シーチキン等で味をつけてもおいしい♪

3)あとは炊くだけ!

森崎「すばらしい!」

藤尾「簡単!」


ではみんなでいただきます♪

森崎
「ご飯に入っている大根がおいしい!」

要覚さん
「意外に邪魔をしないんですよ、ご飯と」

森崎
「これも乾燥野菜ならではですよ」


2014年12月20日(土) |  美唄 乾燥野菜レシピA豚汁
2014年12月19日11時05分59秒更新

《豚汁 6〜8人分》

<材料>
つむぎ屋の豚汁セット(2袋)
豚バラ肉200g、みそ適量
乾燥しょうが適量

※今回使用したお味噌はJAびばい特製味噌!
 美唄市内のAコープ(美唄本店・コア店)
 販売しています。お試しください。



<作り方>
1)鍋に水1600〜2000ccと豚汁セット2袋を入れ
 火にかける。

2)香り付けに乾燥野菜のショウガを入れる

3)中火にかけること約15分。

すると乾燥野菜は…
藤尾「大きくなってる〜!」

4)乾燥野菜がある程度戻ったら、
 豚肉を加えてさらに煮込みます。

まだ何も味付けをしていない状態ですが
ダシを味わってみると…

森崎
「いろんなうま味の味がする!
 一点張りのお出しじゃなく
 いろんなうま味が出てる!」
 
要覚さん「それが野菜ダシです」

森崎「これは美味しい!」


5)すべての食材に火が通ったところで、
 JAびばい特製の味噌を加えたら
 味噌のコクと野菜の旨味たっぷりの
 豚汁が完成です。

要覚さん
「家族が多ければ豆腐やコンニャクを入れると
 量が増えるので対応できます」


森崎
「野菜の食感が残っているね」

藤尾
「玉ネギやネギの甘さが凝縮されて美味しい!」


ヒカル
「いつも家で食べてる野菜と同じ味!」

2014年12月20日(土) |  美唄 乾燥野菜レシピBきんぴら
2014年12月19日11時06分26秒更新

《きんぴらごぼう 6〜8人分》

<材料>
つむぎ屋の乾燥ごぼう・2袋
炒め油・適量
そばつゆ・適量
お好みで砂糖、鷹の爪・適量



<作り方>
1)ごぼう2袋を熱湯で10分戻しザルに取る。
 
 ※ザルにあげてから時間がたつと
 色が黒くなってしまうため注意

2)鍋に炒め油と鷹の爪を入れ、ごぼうを炒める
 (全体に油が回るよう2〜3分)

3)そばつゆで味付けし、水分がなくなるまで
 中火で煮詰める
 
 ※甘めがお好きな人は砂糖を入れる。
 砂糖で照りも出せる


ソラ
「ゴボウをかむと味がすごい出る」

ソラ
「面白みもあって美味しい!」

2014年12月20日(土) |  美唄 乾燥野菜レシピCなめたけ和え
2014年12月19日11時07分48秒更新

《切干し大根のなめたけ和え 6〜8人分》

<材料>
つむぎ屋の切干大根・2袋
なめたけ瓶・2瓶



<作り方>
1)切干し大根を熱湯に2分浸し戻す。

2)ザルにあげ流水で荒熱をとり、軽く絞る。
 ※流水で洗うことで大根がしまり
    より歯ごたえを楽しめる

3)ボールにあけ、なめたけで合える


めしあがれ〜♪

ソラ
「なめたけと合っていて
 すごい美味しい!」

2014年12月20日(土) |  美唄 乾燥野菜レシピDいろんな使い方
2014年12月19日11時08分19秒更新
忙しい主婦の強い味方・乾燥野菜!
和食だけじゃなく色んなジャンルの料理にも
使えるんだよ〜!


《切干し大根のカルボナーラ風 2〜3人分》
<材料>
つむぎ屋の切干大根 1袋、ベーコン少々、
タマネギ 1/2個、炒め油 少量
水 大さじ1、牛乳 大さじ2、
卵黄2個分、塩コショウ少々

<作り方>
1)切干大根を熱湯に5分ほど漬け、
 流水で洗いザルにあげる

2)フライパンに炒め油を入れ、
 ベーコン・玉ねぎを中火で炒める

3)玉ねぎがしんなりしたら切干大根を入れ炒める

4)全体に油が回ったところで水大さじ1、
 牛乳大さじ2を入れ中火にしフタをする
 〜ここの水分量によって大根の固さが
  変わります。お好みで加減してください 〜

5)お好みの固さになったら火を止め卵黄を混ぜ、
 塩コショウで味付けをして出来上がり。

 ☆牛乳の代わりに豆乳でも可
 ☆好みで粉チーズを混ぜたり、
 しょう油をかけたり、アレンジ可能!


《トマトとクリームチーズのカナッペ 2〜3人分》

<材料>
つむぎ屋の乾燥ミニトマト 1袋、
クリームチーズ100g、レモン汁 大さじ1、
クラッカー適量

<作り方>
1)乾燥トマトにレモン汁をふりかける
 ※トマトはお好みでカットする
 ※少しなじませてから
  次の工程へ行くと早く出来る

2)室温に戻したクリームチーズを混ぜる

3)クラッカーに載せて出来あがり
 ※すぐ使用しても可ですが、
  時間を置くとより美味しいです


《乾燥野菜の簡単ナムル 2〜3人分》
<材料>
つむぎ屋の乾燥野菜 1袋
(何でも合いますがズッキーニやメロン、
 アスパラ、漬物セットがお勧めです)
ごま油・塩・すりごま適量

<作り方>
1)乾燥野菜を熱湯で3〜5分戻し水気を切る
2)ボールに入れごま油・塩・すりごまを
  お好みの量を入れる。
 ※お好みで胡椒などを加える
3)30分〜1時間ほど味をなじませてから
 食べるといっそう美味しいです。


2014年12月13日(土) |  JAびほろ アスパラレシピ@フォンデュ
2014年12月11日17時41分43秒更新
JAびほろのアスパラ「冬姫」を
生産者ならではのお料理でいただきました。
教えて下さったのは
鈴木睦さん、鶴丸麗子さん、
平岡冨美子さん、高橋美幸さんです。


《チーズフォンデュ 2人前》

<材料>
カマンベールチーズ…1ヶ(切ってない)
アスパラガス…太めの物5〜6本
バレイショ…L〜M規格2〜3ヶ
ニンジン…1/2本
パン…撮影ではバゲット系のパンを使用しました。


<作り方>
1)アスパラ・バレイショ・ニンジンを
 一口大に切り茹でる。
 ※アスパラは食感が残るようにする。
 バレイショ・ニンジンは皿に水を適量入れ
 電子レンジで加熱してもOK

2)カマンベールチーズの上部を切り取り
 皿に乗せ電子レンジで加熱する。

3)皿にアスパラ・バレイショ・ニンジンを
 盛りつけ完成。撮影ではチーズの他に
 「美幌和牛ほろほろ煮込みカレー」(745円)を
 用意し、お好みで具材を付けて頂きました!

 


ミコト「おいしい〜!」

マオリ
「チーズがすごく美味しいです」

藤尾「アスパラじゃなく…」

マオリ「チーズとすごく合う!」

森崎「カレーもうまいっ!」


2014年12月13日(土) |  JAびほろ アスパラレシピA肉巻きフライ
2014年12月11日17時42分25秒更新

お次の料理ですが
まずはその大きさにあぐりっこビックリ!

森崎「これ何?」

鈴木さん「冬姫に豚肉を巻きました!」



《肉巻きフライ 2人分》

<材料>
アスパラガス…太めの物3〜4本
豚肉ロース薄切り…アスパラ1本に対し1枚
小麦粉・パン粉…適量
溶き卵…1ヶ分
塩・こしょう…適量


<作り方>
1)アスパラガスをさっと軽く下茹でをする。
 
2)茹でたアスパラ表面の水分を適度にとり、
 豚肉を巻き適量の塩・こしょうを振る

3)小麦粉、卵、パン粉の順につける。

4)170〜180度の油で揚げる。

5)皿に盛りつけ完成。
 お好みでソースなどを添える。

森崎「アスパラあまいっ!」

藤尾「この幸せをこの時期に味わえる!」


マオリ「パリうまっ!」

ミコト「サクジュワッ」

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)