アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2015年05月(14件)
<< [1] [2] >>

2015年05月30日(土) |  JA新はこだて ネギレシピ@新・感・選天ぷら
2015年05月28日18時41分06秒更新

さてここからはネギを美味しく
楽しく頂きましょう♪
教えてくださるのは
JA新はこだて大野女性部部長
山上千鶴子さんです。

このレシピのキーワードは
しん・かんせん!?
切り方や食べる場所によって
味や食感が違うネギということで、
3種類の切り方でネギの天ぷらを
作って行きます。



《新・感・選ねぎ天ぷら》

<材料 2人分>
■軟白ネギ 1本
 (切り方/白髪切り・サイコロ切り・斜め切り)

■長ネギ  2本
 (切り方/白髪切り・ぶつ切り・斜め切り)

天ぷら衣
(天ぷら粉適量・たまご1個・水適量・塩極少)


<作り方>
1)まずはネギを切っていく。
【サイコロまたはぶつ切り】
 1cm〜2cm程度に切る

【斜め切り】1cm前後斜めに切る

【白髪切り】
 5cm程度白根部分をブツ切りし、
 ぶつ切りした白根の芯を除く、
 芯以外の外側を縦に細く包丁で切る。
 ※切った後は水にさらす。


2)水と卵を先によく混ぜてから天ぷら粉いれる。
 トロミを少々つけて極少量の塩を混ぜ準備。
 (衣が付きやすくなる)

3)白髪切りは切った後水につけ、
 その後水をしっかり切る。


4)160度前後の米油できつね色を目安に揚げる。
 ぶつぎりと斜め切りは衣が取れやすいので、
 粉を振ってから衣をつけ、揚げていきます。

5)お好みの醤油、岩塩、天つゆでお楽しみ!


完成しました。いただきま〜す!
カナミ「あっ!甘い!」

森崎
「甘い!オレのだけ桃の天ぷらだと思う」


河野
「中がトロッとしてね…美味しい!」

河野
「まわりがシャキシャキしてね!」

次は白髪ネギの天ぷら。

河野
「これは食べたことないですよ」


ひと口食べて…
カナミはニッコリ♪

河野
「あったかいうどんとかにいれて
 ほどきながら食べても
 美味しんじゃないかな」


2015年05月30日(土) |  JA新はこだて ネギレシピAネギ味噌ご飯
2015年05月28日18時41分18秒更新

《油を使わないねぎ味噌》

<材料 3人分>
ネギ 2本程度、豚ひき肉 150g
白味噌 大さじ4、砂糖 大さじ4
酒 大さじ1、
一味唐辛子 極少量、豆板醤 極少量
ニンニク・しょうが 1カケ



<作り方>
1)ねぎを薄い輪切りにします。
 ニンニクはみじん切り、しょうがはすりおろす。
2)フライパンに豚ひき肉をサッと炒め、
 豚ひき肉の肉汁を利用し輪切りねぎを
 少々炒めてから砂糖と酒を入れ炒めます。
3)砂糖の味が少々付いたら味噌、
 ニンニク、しょうがを入れて更に炒めます。
4)仕上げにお好みで極少量の豆板醤を混ぜて
 放熱したら完成。

佐々木
「お米は地元のふっくりんこです」

河野「うまい!」

森崎「なまらうまいっ!」


2015年05月30日(土) |  JA新はこだて ネギレシピBネギ青葉の素揚げおつまみ
2015年05月28日18時41分31秒更新

《ネギ青葉の素揚げのおつまみ》

<材料 2人分>
ネギの青い部分 3本程度、
素揚げする米油 適量、 
市販のオリーブオイル
にんにく入り岩塩コショウ 少量

<作り方>
1)ねぎの青い葉を白髪切りのように切って
 10分程度水につけ、
 その後しっかり水分を切る。
2)よく水切りをしたねぎを米油で素揚げします。
 ※160度前後で約3分程度。
  少々葉が縮む程度でOK!
3)タレはオリーブオイルにお好みで
  にんにく入り岩塩コショーをいれ、
  素揚げしたねぎをよく混ぜたら完成!



河野「これは面白い」

「これはうまいぞ!!」

2015年05月30日(土) |  JA新はこだて ネギレシピC生白髪ネギの豚巻き
2015年05月28日18時42分03秒更新

《生白髪ネギの豚巻き》

<材料 2人分>
軟白ねぎ 1/2本(白根部分を白髪切り)
長ネギ  1本(白髪切り)
豚バラ肉薄切り 10枚程度
市販用焼肉のたれ お好みの量
塩コショウ 少量

<作り方>
1)白髪切りは5分程度水にさらす。、
 その後しっかり水分を切る
2)豚バラ肉は、包丁で半分に切り
 フライパンで豚バラ肉を焼く。
3)ネギに極少量の塩コショウをふり、
 焼いた豚バラ肉で巻き、
 お好みの焼肉につけ、できあがり♪



2015年05月23日(土) |  JAきたみらい 玉ネギレシピ@玉子焼き
2015年05月22日09時19分58秒更新

タマネギ加工品を使って料理にチャレンジ。
今回はオニオンコンソメを使った
だし巻き卵を作ります。

《オニオンコンソメだし巻卵》

<材料>
卵…3個  
だし汁80cc
(オニオンコンソメ小さじ1を水80ccに溶かす)
芳醇玉葱醤油…小さじ1/2、
塩…2つまみ、砂糖…大さじ1/2
油…適量

※JAきたみらい「オニオンコンソメ(200g)」1296円
※JAきたみらい「芳醇玉葱醤油」669円



<作り方>
1)ボールに卵を入れ、素早く切るように混ぜる
2)@にだし汁としょう油・塩・砂糖を入れ
 さらに切るように混ぜる

3)フライパンを温めて油をひきAを1/4入れる。
 この時大きな気泡のみつぶす
4)表面がどろどろになったら三つ折りにして畳み
 空いた部分に油をひき、さらに2/4を流し入れる

5)気泡をつぶし半分折りにする。
 さらに油をひき残りの卵を流し入れて
 気泡をつぶしどろどろになったら
 半分折りにし、形を整えたら出来上がり!

上手に出来ましたよ〜

さてここからは男子の出番。
慣れない手つきの男子に
女子のダメ出しがガンガン入ります。

アヤノ
「もっと(油)入れていい!」
「もっと!」
ついにはカケルから油を取り上げる(笑
(温厚なアヤノが激変です…)

さてこちらエマちゃんも少々ヒートアップ!
リョウスケ「あっ油入れすぎた…」
エマ「大丈夫!大丈夫だって!」
おっと強気のエマにスタッフも大笑い。


もちろん付きっ切りで丁寧に
指導したんですよ〜
さすがお料理好きのアヤノとエマです。

ところがリョウスケは…

リョウスケ「残念…」


なんだか黒焦げに!

リョウスケ
「思っていたより…下手だ!」

表面だけだよ大丈夫♪


なかなかやんちゃな卵焼きもあり
驚く完成度のものもあり…
あぐりっこの個性が出た
ダシ巻き卵が出来あがりました。

2015年05月23日(土) |  JAきたみらい 玉ネギレシピA炊き込みご飯
2015年05月22日10時31分59秒更新

その他にJAきたみらいの加工品を使った
お料理をご用意いただきましたよ。

《塩ダレラーメン風炊き込みご飯》

<材料>
ごはん…1.5合、市販のチャーシュー…2枚、
市販のシナチク…1袋、なると3枚、
キヌサヤ…3枚、玉葱の塩だれ…大さじ3、
水…300ml

※JAきたみらい「北見玉葱の塩だれ」648円



<作り方>
1)お米は研いでうるかしておく
2)別な容器に塩ダレと水を合わせて混ぜておく
3)@をザルにあけ水分を切って炊飯器に入れ
 Aのタレを入れる
4)Bにシナチク・なるとを入れ、ご飯を炊く
5)キヌサヤは筋をとり、耐熱容器に入れレンジで
 30秒かけて水で素早く冷まして半分に切る
6)ごはんが炊けたら茶碗によそい、
 シナチク・チャーシュー・キヌサヤ・なるとで
 飾り付けたら出来上がり!

カケル
「玉ネギの味がして美味しい!」

2015年05月23日(土) |  JAきたみらい 玉ネギレシピB唐揚げ
2015年05月22日10時23分23秒更新

《芳醇・玉葱醤油漬けザンギ》

<材料>
鶏モモ肉…400g、玉葱醤油…大さじ2
料理酒…大さじ2、ショウガ…小さじ1
片栗粉…大さじ6、油…適量



<作り方>
1)鶏肉は一口大の大きさに切る
2)醤油・料理酒・ショウガを混ぜ、
 切った鶏肉を入れて軽くもき
 冷蔵庫で3時間寝かせる
3)ねかせた肉に片栗粉をまぶし、
180度で揚げれば出来上がり。

藤尾「ザンギ似合うね」

森崎「あれ河野くん??」

美味しくて止まりませんよ!


2015年05月16日(土) |  JAきたみらい レシピ@じゃがいものサブジ
2015年05月18日11時04分15秒更新

遠藤幸枝さんにお料理を作って頂きました♪

メニューをご考案されたのは
お料理教室主宰のジュニア野菜ソムリエ
森川寿恵さんです!

《じゃがいものサブジ》
<材料 4人分>
男しゃく…4個、春キャベツ…1/4個

A  クミンシード…小1、赤唐辛子…1本                                                         
  生姜みじん切り…1かけ分
B カレー粉…小1、塩…小1、こしょう…少々
  EXバージンオリーブオイル…大さじ3

<作り方>   
1)じゃがいもは皮をむいて角切りにする。
2)フライパンにオリーブオイルを入れて
 火にかけたら弱火でAクミンシードを炒める。
 泡が出てきたら唐辛子・生姜を入れて
 軽く炒めます。
3)@のじゃがいもを加えてフタをし、
 弱火の蒸し煮にします。  
4)やわらかくなったら春キャベツとBを入れて
 ひと混ぜしフタをして10分蒸します。



森崎
「おいしい〜
 甘い野菜にカレー粉のスパイスが良いですね」

2015年05月16日(土) |  JAきたみらい レシピA和風マッシュポテトのタルティーヌ
2015年05月14日18時30分17秒更新

《和風マッシュポテトのタルティーヌ》
<材料 4人分>
男しゃく…小2個  
お好きなパン(カンパーニュやバゲット)
牛乳…適量、マヨネーズ…大さじ2
青シソ…3枚、塩こしょう…適量
チャイブ(ねぎのようなハーブ)

<作り方>
1)じゃがいもは塩で皮ごと茹でる。
 皮をむいてつぶしたら牛乳を加えて
 なめらかにしてマヨネーズ、塩こしょうで
 味を整え、刻んだ青じそをまぜる。
2)パンに乗せてチャイブをのせる。



藤尾
「シソ入ってますよね!
 うわ〜美味しい!オシャレ

2015年05月16日(土) |  JAきたみらい レシピBジャガイモのプリン
2015年05月14日18時30分29秒更新

《じゃがいものプリン》
<材料 6人分>
男しゃく…200g(2個)、砂糖…50g
卵…2個、牛乳…200cc(1カップ)
ラム酒…好みで大2
(又はバニラエッセンス 少々)

カラメルソース
砂糖100g、水…大2、お湯…50cc

粉ゼラチン…5g、水…大2
(あらかじめふやかしておく)

<作り方>  
1)カラメルソースを作る。
 小鍋に砂糖・水を入れて鍋をゆすり、
 混ざってから火にかける。砂糖が溶けて
 シロップ状から茶色に色づいてくるまで、
 鍋をゆすりながら火にかけます。
 好みの色になったら火を止めて木べらを
 伝わせるように熱湯を注ぎます。
 かき混ぜて全体にムラがなくなったら
 型に流し入れます。

2)男しゃくは皮をむいて電子レンジで加熱し
 柔らかくする。ミキサーにじゃがいも・砂糖
 卵・牛乳をいれて、なめらかになるまで
 混ぜます。ラム酒を加え混ぜます。
 ふやかしておいたゼラチンを電子レンジで
 500W20秒温めて加える。

3)@の型に流し入れる。
 (茶こしなどを使うと滑らかになります)

4)冷蔵庫で約1時間おいて固める。
 カラメルソースをかけて出来上がり。



森崎
「これメッチャうめええ〜!
 ジャガイモが粗い感じだけど食感がうめえ」

佐々木
「おいしい〜」

藤尾「スイートポテトみたい」


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)