ページ内検索

   表示:2016年12月(3件)
<< [1] >>

2016年12月24日(土) |  JAようてい ユリネレシピ@ユリ根きんとん
2016年12月26日12時15分14秒更新
これまで数々のアイデアレシピを見せてくれた
フードプロデューサーの青ちゃんこと
「Kitchen Support 青」青山則靖さんに
ユリ根を使ったおせち料理を教えてもらいます。


【ユリ根きんとん】

<材料>
ゆりね 1玉、
水 300cc、砂糖 90g
ジャガイモ 4個(300g)
砂糖 90g、 水あめ 30g


<作り方>
1)水と砂糖を鍋に入れ沸かし、
 ばらしたゆりねを入れ、
 透き通ってきたら火を止める。

青ちゃん
「沸いてきたら火を止めて冷まします」 


2)いちょう切りにしたジャガイモを水から茹で、
 粉吹きいもを作る

3)適度な大きさにつぶし、砂糖・水あめを入れる

青ちゃん
「冷めて食べるのが前提なので
 ツヤがでるように…」

森崎「保存も効きますよね」


4)中火にかけてたまま鍋の上で裏ごしする。

5)好みの硬さになって艶が出てきたら
 蜜を切ったユリ根を加え、少し練り上げ完成!

ではみんなで試食していきましょう。

アマリアさん
「…おいしい!!」

チンさん
「うん!うまいです!
 甘さが丁度いいです。最高です」

憧れ
「栗きんとんよりも甘さが控え目で
 ジャガイモの味もしっかり出ていて
 おいしいですね」

2016年12月24日(土) |  JAようてい ユリネレシピAユリ根入り旨煮
2016年12月26日12時14分59秒更新

【ユリ根入り旨煮】

<材料>
鶏モモ肉 300g(1枚)→12等分  
ごぼう  100g  →乱切り  
れんこん 100g  →いちょう切り   
人参  1本       →乱切り   
筍(水煮) 1個  
こんにゃく 1枚   →ひと口大   
里芋(+米一摘み) 中5個→六法剥き   
つと(蒲鉾) 1本 →乱切り  
どんこ(シイタケ) 2枚  
絹さや  12枚  
    
ゆりね     適量   
    
出汁  300cc  
砂糖  大さじ8(120cc)  
醤油  大さじ4(60cc)  

<下処理>
・出し汁を作る。(それぞれの作り方で!)
・材料を表記通り切っておく。
・こんにゃくは隠し包丁をしてから一口大に切る。
・筍は上下を切り分け、
 上部と下部で食べやすい大きさに切る。
・里芋を六方剥きにしてから
 食べやすい大きさに切り、
 鍋に水と米を一摘み一緒に入れ、
 串が通る位まで柔らかくなったら
 水で洗い滑りを取る。
・人参、筍、こんにゃくは鍋に全て入れ
 一緒に下茹でする
・飾り用の絹さやを下茹でしておく。



<作り方>
1)フライパンに切った鶏モモ肉、ごぼう、
  れんこんを入れ炒めていく。
 ※油は敷かないで炒める。

2)火が入ってきたところに、下茹でした人参、筍、
  こんにゃくとつとを加え、更に炒める。


3)全体に熱が回ったら、
  出し汁→酒→みりん→砂糖を加える

4)どんこ、里芋、ゆりねを入れる。
 ユリ根は煮崩れないように最後に入れる 

5)強火で照りが出るまで煮詰める。
6)汁気が半分くらいになったら
 醤油を加えて約1分煮込む

7)絹さやを飾って完成。

青ちゃん
「火を止めて冷めていくときに
 味が染み込むので、冷めたら完成!」


さあ完成しましたよ。

アマリアさん
「おもしろい味です!
 ホクホクでうま味があって
 あま味も感じるんですよね」

チンさん
「うーん。やばい!!なんでしょう…
 食感がたまらないですね」

大広さん
「色んな食材のうま味も入っているし
 ユリ根の食感も残っていて
 上手に作ってもらっていますね」

2016年12月24日(土) |  JAようてい ユリネレシピBゆりね茶碗蒸し
2016年12月26日12時14分45秒更新

【ゆりねの茶碗蒸し】
<材料>
ゆりね 小1個(60g程度)  
鶏肉    30g  
つと  2切れ  
みつば  適量  
        
卵  L玉1個  
出汁  150cc  
薄口醤油 大さじ1  
砂糖  大さじ1  

※青ちゃんポイント※
ベースの卵液は、
卵1個、ダシ150cc、醤油と砂糖が大さじ1杯。
これが青ちゃんオススメの比率です!



<作り方>
1)ゆりねをばらして水洗いし土を拭き取る

2)卵・出汁・薄口醤油・砂糖を混ぜ合わせ、
  ザルで漉す

3)鍋に器が浸るくらいのお湯をわかし、器を温める

青ちゃん
「蒸し椀を温めておいください。
 器が温かいと温度の上がりが早いですよ」


4)温めた器に具材と卵液を入れる。
 鶏肉とユリ根は、生の状態からでOK!

5)お湯が沸いた鍋に
 器のフタ又はラップをして鍋に入れる。
 そのまま鍋の蓋をして10分置く。

青ちゃん
「加熱しません!このまま。
 “す”が入る原因は温度が高すぎること!
 なので火を止めて余熱で10分置くと失敗しない」


6)10分後、鍋のフタを開けて、再び点火する。
 お湯が沸き始めたら火を止め、
 フタをしてさらに10分、余熱で温める。
 沸騰後の余熱10分を2回繰り返せば、
 鍋でも上手に蒸し上がる!!

7)10分後固まっていれば完成。
(固まっていない場合はこれを繰り返す)

ぷるんぷるんの茶碗蒸し完成です。

アマリアさん
「言葉が出ないほど美味しい!」

青ちゃん
「おせちは買うのもせいたくですが
 手作りするぜいたくもあるので
 1品でも作ると良いと思います!」

<< [1] >>

TOP(全件表示)