ページ内検索

   表示:2017年02月(2件)
<< [1] >>

2017年02月11日(土) |  興部レシピ@ハムとザウワークラウトの煮込み
2017年02月20日11時08分28秒更新

ドイツ出身のフードプロデューサー、
マーカスボスさんにドイツで親しまれている
家庭料理を教えていただきました。

まずはハムとリンゴ、そして日本の漬物に似た
ザウワークラフトと呼ばれる、
キャベツの塩漬けを合わせた煮込み料理から!



【ロースハムとザウワークラウトの煮込み】

<材料 4〜5人分>
ロースハム…4〜5切れ(1cmの厚さ)
ザウワークラウト(市販品)…400g
りんご(5mmの角切り)…1/2個
水…350g
お好みでパセリ・マスタード


マーカスさん
「リンゴとハムをカットしたら終わり!
 簡単ですけど、コンビネーションは抜群!」

<作り方>
1)リンゴは皮を取り除いて適当な大きさにカット。
 ハムは1cm程度にスライスします。

2)水とザウワークラウト、カットしたリンゴを
 鍋に加えて中火で5分煮詰める

3)カットしたロースハムも加えて、
 弱火でさらに5分煮込んで完成です。

マーカスさん
「日本のカレーと同じで
 翌日の方が美味しいです」


ではいただきま〜す♪
ロースハムとザウワークラウトの煮込みは?

ミユ「おいしい〜」

智子さん
「ザウワークラウトの味が強くて
 爽やかな感じがしますね」

森崎
「これはうまいわ。
 ハムはしっかりとした歯ごたえがあって
 その上にザウワークラウトが
 ホロホロとほどけるけど
 口の中では一体感があるね」

2017年02月11日(土) |  興部レシピA芽キャベツとベーコンのソテー
2017年02月10日20時56分36秒更新

【芽キャベツとベーコンのソテー】

<材料 3人分>
芽キャベツ…12個(一人4個くらい…お好みで!)

ベーコン(5mmの角切り)…100g
玉ネギ(みじん切り)…1/2個
バター…20g
ピュアオリーブオイル…大さじ1
塩コショウ…適量



<作り方>
1)芽キャベツの根元の芯を少し切る。
 外側の葉を2〜3枚とる(苦味があるので)。
 芯の部分に十字の切り込みを入れる。

2)1500gの水に塩小さじ1を入れて沸騰させ
 芽キャベツを8〜10分ゆでる。

3)鍋にピュアオリーブオイルをひき 
 ベーコンを加えてカリカリになるまで焼く。

4)鍋底が少し色づきベーコンがカリカリになったら
 玉ネギを加える


5)玉ねぎに火が通ったら
 冷たいバターを加えて、火を止める。
 塩コショウで味を整える。

マーカスさん
「このソースは焼き魚にかけても美味しいです」


6)10分ほど茹でた芽キャベツに、
 ベーコンソースをかけたら完成!

マナ「ん!ん〜ふ〜(美味しい)」

美香さん
「芽キャベツがすごい柔らかい」

憧れ
おいしい!ベーコンの味が染みてますね。
 芽キャベツの芯を十字に切ることで
 やわらかく味も染み込むんですか?」

マーカスさん
「柔らかくなるからソースも染み込んで
 味がとても良くなると思います」


森崎
「今の北海道の豚肉加工技術はどうですか?」

マーカスさん
「本当にすごいと思います!
 味は本場ドイツに似ています。
 あともう少し種類が増えるととても嬉しい」

憧れ「何種類くらいあるんですか?」

マーカスさん
「スーパーには必ず100種類ある!!」

あぐり一行「えええええ」


<< [1] >>

TOP(全件表示)