アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
ページ内検索

   表示:2018年06月(6件)
<< [1] >>

2018年06月30日(土) |  JAきたみらい 白菜レシピ@簡単サラダキムチ
2018年07月01日17時03分43秒更新
韓国・ソウル出身の料理研究家いんくんに、
白菜を使ったアイデア韓国料理を
教えていただきます!
1品目は…【サラダキムチ】です。


いんくん
「フルーツ感をいかしてキムチにする!」

リーダー
「でもキムチって時間かかるでしょ?」

いんくん
「このキムチ発酵時間が全くないんですよ!
 すぐ作ってすぐ食べられる!」


<材料 5〜6人前>
白菜     1/4個
リンゴ   1/2個
人参      1/2個
塩 
玉ねぎ   1/2個
 
<タレ材料>
唐辛子粉(キムチ用)大さじ5
酢             大さじ3
砂糖          大さじ1
おろしにんにく 大さじ2
ごま油        大さじ2
味醂          大さじ1
白ごま        大さじ1

<作り方>
1)白菜を一口サイズ、人参は細く千切り、
 玉ねぎは薄くスライスする

2)塩水に5分くらい漬ける

いんくん
「塩をかけて水ですね…
 白菜が沈むまでは入れてください。
 浸透圧で食感をいかすための塩です。
 5分くらい漬けてください」

3)リンゴは一口サイズに切る
4)タレの材料を混ぜる
5)漬けた白菜は水で洗い、水分を取る

6)白菜にリンゴ、玉ねぎ、ニンジン、
  タレを入れて混ぜて完成

いんくん
「これを混ぜてください。
 白いところがなくなるまでは混ぜて下さい」

いんくん
「こういう感じで…出来上がりです」

リーダー「出来上がり?」

いんくん「もう食べれちゃいます!」

リーダー「ええええ」


橋場さん
「辛くないですわ!美味しい!
 このリンゴの甘みもあって!」

リーダー
「味付けはキムチなんだけど
 サラダ感覚ですよね。
 リンゴとかシャキシャキの食感
 いいですよね〜」

2018年06月30日(土) |  JAきたみらい 白菜レシピAピリ辛!白菜握り
2018年07月01日17時03分53秒更新

2品目は暑い日にもオススメ!
あっさり楽しめて、ピリ辛味が食欲をそそる
白菜のおにぎり!

【ピリ辛!白菜握り】

<材料 1人前>
白菜      2枚(大きくて広いもの)
ご飯      1人前
ニラ      4本
コチュジャン  大さじ3
牛豚ミンチ        60g
砂糖      小さじ1/2
ごま油    大さじ1
コショウ  ちょっと



<作り方>
1)白菜の外側の葉を1分ほど
 ニラも10秒ほど湯煎し、
  氷水に浸けて冷やし、水分をとる

2)油をひかずにフライパンでひき肉を炒めます。

いんくん「このまま油まで…」

リーダー「ごはんに投入!」


3)ご飯に炒めたミンチ、砂糖、ごま油、コチュジャン、
 コショウを入れて混ぜる

いんくん
「韓国のおにぎりはゴマ油で味をつけます」


4)混ぜたご飯大さじ2〜3くらいを丸型に握る

5)茹でた白菜の上にのせて優しく包みます。

6)ニラで可愛く結んで完成

いんくん
「ニラで結ぶんです!」

森「ニラは結ぶためにあるんですね」


いんくん
「形を作って開いてください♪
 梅を真ん中に…」

リーダー
「いやーすごい!かわいい♪
 橋場さんどうです?乙女心出てきます?」


さてお味は?


「美味しい!
 白菜を湯がいているのにシャキシャキ!
 ピリ辛のご飯と合います!」


2018年06月30日(土) |  JAきたみらい 白菜レシピB白菜巻き鍋
2018年07月01日17時04分01秒更新

3品目はロールキャベツの白菜版!
簡単でヘルシーな鍋で味わう、白菜巻き鍋!

【白菜巻き鍋】

<材料 2人前>
白菜      4枚
牛豚ミンチ   400g
ニラ      8本
刻んだネギ   大さじ1
醤油      大さじ2
おろしにんにく 大さじ2
ごま油     大さじ1
砂糖      小さじ1
コショウ    小さじ1
人参      1/2本
味噌      小さじ2
青唐辛子        3本
おろし生姜      小さじ1/2
唐辛子粉(キムチ用)大さじ3
昆布   1枚
水     1L



<作り方>
1)お湯で白菜とニラを茹でる
2)ニラは10秒、白菜は1分で取り出す
3)ミンチに刻んだネギ・醤油・おろしにんにく・
  ごま油・砂糖・コショウ・唐辛子粉・味噌・
  おろし生姜を加える
4)青唐辛子を刻んで加え、混ぜる

5)白菜に混ぜた肉を入れて巻く

6)ニラで十字で結ぶ

7)土鍋に水を入れ、人参を花切りして入れる
8)昆布と巻いた白菜を入れて
  中火で15分ほど茹でて完成

完成しました!

リーダー
「やばい!かわいい〜」


「そう言いたくなるの分かります」
 女子力の高いお料理ですね」


リーダー
「うーん!煮込まれた白菜を噛むごとに
 白菜の旨みを伴ったお汁が
 ブシャブシャくるんですよ!
 ずっと噛んでる間ずっと美味しい!
 ピリ辛のお肉と合う〜〜!」

2018年06月16日(土) |  JAとうや セロリレシピ@混ぜご飯
2018年06月15日17時58分09秒更新


「セロリを使ったお料理を料理研究家の
 大澄さんに教えてもらいます」

ハーブ&クッキングルームKINA 大澄かほるさん
「よろしくお願いします」

リーダー「以前にも…一度」

大澄さん「ハーブの時に!」

リーダー「あの時ね!場所ね!あそこで…」

大澄さん「あそこで(笑)あの場所で…」



ハーブを中心に、
香味野菜を使った料理を提案する大澄さん。
以前は、北区・篠路にある自身のハーブ畑で、
お手軽料理を披露してくれたんです。
果たして、セロリを使ったレシピとは…?

大澄さん
「今日は春セロリの混ぜごはんです!
 ひき肉の油や味噌のうまみで
 セロリの苦味をえぐみを少なくして
 召し上がっていただきたいというレシピです」


【春セロリの混ぜご飯】

<材料 4人分>
セロリ(葉付) 1本
豚ひき肉 200g
ごま油  小さじ2
ニンニク 1片
生姜   1片

(A)
合わせ味噌 大さじ1
白だし   大さじ1

ご飯   3杯分
コショウ 少々
青ネギ  4本
炒りごま 大さじ1


※下準備※
●セロリの筋を取り、葉と茎を分け
 5mm位の大きさにみじん切りする。
●Aの材料を
●ニンニク・ショウガはみじん切り、
 青ネギは小口切りにする

大澄さん
「筋がほとんど柔らかいのしかない!
 素晴らしいですね」


大澄さん
「5ミリくらいのみじん切りにしてください」

リーダー
「いい香りきた〜」


<作り方>
1)フライパンにごま油を敷き、
 ニンニクとショウガを入れて弱火で炒める。
 香りが上がってきたら中火にし、
 セロリの茎・葉を炒める。

大澄さん
「ここでポイントなんですが、
 セロリの香り成分が油に入って
 ごま油と混じっている感じなんですよ。
 あとはキツイ香りの成分は飛んでます。
 なのでちょっと苦手な方も
 油で炒めることによって食べやすくなる!」


2)豚ひき肉を加える

大澄さん
「豚肉の油の香りがしてきたら
 今度は豚肉の臭みをセロリが消してくれます」

森「お互いのクセのあるところを消してる!」

3)Aを加えて全体に火を通します。
 コショウをふり、温かいご飯に混ぜる
4)Aを皿に盛り、炒りごまと青ネギをのせて
 いただきます。


生産者の佐伯さんも一緒に食べてみます。

セイジ「すんごい美味しい!」

リーダー
「うまいっ!
 ハウスで食べたシャキシャキ感が残ってる!
 すげー」


佐伯さん
「セロリの香りが鼻にふわっとくる感じが…
 噛めば噛むほどセロリの甘みと
 ひき肉の肉汁が口の中に広まる感じで…」

大澄さん
「すごい…お上手!!」

乙女のように照れる大澄さんに
大爆笑!
ところが−


リーダー
「でも…
 おいしさは伝わらないな…」

あれ?佐伯さんにジェラシー?

森「伝わりましたよ」


2018年06月16日(土) |  JAとうや セロリレシピA水餃子
2018年06月15日17時58分20秒更新

【セロリの水餃子】

<材料 4人分>
餃子の皮    20枚
豚ひき肉       100g
セロリ(葉付) 1本
塩       少々
長ネギ     1/2本 

(A)調味料
おろしにんにく  小さじ1
おろし生姜      小さじ1
ごま油      小さじ1
オイスターソース 小さじ2
酒        小さじ1
片栗粉      大さじ1

(B)スープ
水         600ml
鶏ガラスープのもと 小さじ2
酒         小さじ1
しょう油      小さじ2

酢        大さじ2
しょう油     大さじ2

大澄さん
「中国の北のほうでは
 セロリを餃子にものすごく使う!」



※下準備※
セロリは細かくみじん切りにし、
しっかりと塩もみしてから10分以上置いて
ペーパーなどに包んで水分をしぼります。
長ネギはみじん切りにし、
ニンニクとショウガはすりおろしておきます。

大澄さん
「水分を出した時に
 苦味やえぐみも出るます」


<作り方>
1)豚ひき肉に塩少々を振って練り、
 水気を絞ったセロリ、刻み長ネギ、
 Aを加え再び練ります。

2)餃子の皮で@を包み、
 熱湯で2分前後茹でる。
 鍋にBを合わせ、温めておく。

3)茹で上がった水餃子をAのスープに入れるか、
 酢しょう油を合わせていただきます。

続いては、セロリの水餃子を、
もともと苦手だった森アナと、
今回がセロリ初挑戦だったナナミちゃんが
食べてみると…?

ナナミ「おいしい!」

森「苦味はなくなってる?」

ナナミ
「うん。食感も残ってて美味しい!」


「あっ!おいしい」


「旨みがシッカリ感じられますし
 後からほんのり香りがくる…」

2018年06月16日(土) |  JAとうや セロリレシピBヨーグルトシャーベット
2018年06月15日17時58分31秒更新

【セロリのヨーグルトシャーベント】

<材料 4人分>
セロリ(葉付) 1/4本
ヨーグルト   200g
リンゴジャム  大さじ4
レモン汁    少々

※下準備※
セロリの葉を細かめにみじん切りにし、
茎はすりおろすか、
フードプロセッサーにかけておく



<作り方>
1)保存袋にすりおろしたセロリ、
 細かくしたセロリの葉、ヨーグルト、
 リンゴジャム、レモン汁を入れて
 袋の上から混ぜた後、
 空気を抜いて平らにし 
 冷蔵庫で30分前後冷凍する。

2)途中で何度か、@を袋の上から
 割り崩しながら混ぜ、再度凍らせる

3)シャーベット状になったら、 
 器に盛っていただきます

セイジ
「おいしいっ!
 ヨーグルトとセロリとリンゴの味がする」

大澄さん「正解です!」

佐伯さん
「リンゴとの相性がすごくいいですね!」

大澄さん「こだわりポイントでした!」

<< [1] >>

TOP(全件表示)