◆次回予告◆

2月23日(土)鉄のマチ発のうずら卵とは?
鉄のマチ室蘭で、道内唯一生産されるうずらの卵を学ぶ。
産まれたばかりのひなの
かわいさに森崎リーダー
メロメロ。
うずらの卵で作られた
絶品スイーツにあぐりメンバー感激。鉄のマチのうずらパワーとは?
アーカイブ
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2009年01月(29件)
<< [1] [2] [3] >>

2009年01月24日(土) |  豚さんに感謝をこめて!&豚肉パワー
2009年01月23日19時28分28秒更新

養豚場の見学のあとは、
SPF豚肉の試食タイムです。

しゃぶしゃぶでいただくのですが
今回は生産者のみなさんが好きだという
「ウデ」という部位のお肉です。



森「さっき見てきたかわいい豚さんたちの
  命をいただくことになるんだからね!」
と、あぐりっこにしっかり確認。

心をこめて 「いただきます!」

河「肉の中で一番豚肉が好きなんです!
  風邪をひいたときはひたすた豚肉を食べると
  早く治ります。疲れもとれるし最高ですよ!」
と熱弁。

荒川先生に豚肉パワーについて聞きました。

・お肉にはタンパク質と脂肪分が含まれているが
 中でもタンパク質の栄養価が高い。
・日本人の平均寿命が延びた大きな背景の1つは
 お肉を食べるようになったことで、
 丈夫な筋肉や血管がつくられることになった。
・豚肉の大きな特徴は元気を作り出すビタミン、
 B1が多く含まれていること!

じゃ〜〜〜ん もんすけです。

抜群の疲労回復効果が期待できる
ビタミンB1!!
豚肉は牛肉の
10倍も含まれているんだって。

ただしビタミンB1は水に溶けやすい性質があります。
タマネギなどに含まれるアリシンと結びつくと
水に溶けにくくなるので
料理法を工夫してみてね!!

2009年01月24日(土) |  JAとうや湖のエコ&うまい野菜!
2009年01月23日19時38分47秒更新
豚シャブと一緒に用意していただいた
ポテトサラダ。

ただのポテトサラダでは
ありませんでした。


森「あまいっ!!」

河「この甘みが出る秘訣を
      調べに行きますよ!!」

森「えっ!これで終わりじゃないの??
  風呂も入って飯も食って 
  もういい感じなんだけど・・・」

河「ダメダメダメダメ

やってきたのは
豊浦町の隣、洞爺湖町。

大きな倉庫の中に入ると
そこには雪の山が!!!

JAとうや湖 木村さん
「ここは雪蔵貯蔵施設といいまして、
野菜を保存するのに自然エネルギーの
雪を使っているんですよ。」

森崎
「へぇぇぇぇ〜〜。すごいエコですねぇ、、、って!
雪で貯蔵するのは分かったんだけど、
なんで野菜が甘くなるの?」


JAとうや湖 木村さん
「作物の細胞は0度近くに下がると
細胞内のデンプンを糖に変えて、
凍結を防ぐ"自己保存機能"が働きます。
それが作物が甘くなる理由です。」


JAとうや湖では、
去年2月に雪を使う野菜貯蔵施設を建設。
雪冷房により電気の使用量を
大幅に軽減したことで
年間およそ155トンものCO2削減に
つながりました!

このCO2削減量は
杉の木およそ11000本を植えたのと
同じことになるんだって!

野菜が美味しくなり、
地球環境にも優しいという、
この雪を利用した取り組み!!
今後の展開も大いに期待できそうだね!!


JAとうや湖 木村さん
「さらに解け出した雪が
この施設内の湿度を一定に保ってくれるので
作物の表面が乾かずに品質を保てるんです。
キャベツやニンジンでも試験中なんですよ」


2009年01月24日(土) |  河野流 肉じゃが!
2009年01月23日19時47分44秒更新

豚肉、タマネギ、ジャガイモを
使った簡単料理といえばコレ!
あぐりっこ隊が挑戦!!

河野
「美味しい料理は太っちょに聞け〜〜〜!」



河野
「さて。こちらの食材たちをご覧ください!!
今回取材したSPF豚、
そして洞爺の雪蔵貯蔵野菜の
ジャガイモなどなど。
これらを使って、あぐりっこ隊に
料理に挑戦してもらいます!
作るのは肉じゃが!!」

●材料(6人分)
じゃがいも大4.5個  豚バラ肉300g  
タマネギ中1個 ニンジン1本 したたき1.5玉
 
●調味料
みりん大さじ1.5 酒大さじ3 しょうゆ大さじ6
だし汁3カップ 砂糖大さじ3 塩少々 サラダ油少々

<作り方>
(1)ジャガイモの皮をむき、一口大に切る。
  ニンジンの皮をむき、一口大に切る。
  タマネギの芯を取り、クシ切り。


(2)シラタキを湯通しして
   ザルにあけ適当な大きさに切る。

(3)タマネギとニンジンを炒める。

(4)タマネギがしんなりしたら
   

食べやすい大きさに切った
豚バラ肉を入れて炒める。

(5)肉の色が変わったら、
   酒・だし汁・砂糖を入れる。


(6)ジャガイモを入れ、5〜6分煮る。

(7)シラタキとしょうゆを加え、
   フタをして時々返しながら
   20分程度煮込む。
   途中、隠し味としてバター少々を入れる!!
   これ、河野流です!


(8)竹クシをジャガイモに刺して、
  すっと通れば完成!!

森崎
「で〜きま〜した〜〜!!」

あぐりっこ隊
「いただきま〜〜す!!」


2009年01月17日(土) |  #27放送分 酪農王国・根釧台地!!
2009年01月17日15時44分28秒更新
あぐり王国が
去年7月の番組開始以来初めて
根釧(こんせん)台地に乗り込みました!

今回やってきたのは
その中央部に位置する中標津町。

人気の観光スポットから
番組は始まりました。


森「いや〜またいいとこ来たなぁ〜
  ここ開陽台でうちの番組の出演者が
  北海道への移住を決意したという
  場所なんだけど、
  それはっ!


森「河野くんです!!」

森「あれっ?河野君は?
  さっきまで一緒にいたぞ!」

松「体調を崩してしまい欠席です」

森「札幌へ帰っちゃった・・・」

と、今回のあぐり王国は
レギュラー出演者が1人欠席という
初パターンでスタート。



「酪農」という言葉を
改めて確認したあと、
中標津の人口と
牛の数についてお勉強です。

なんと中標津には4万3000頭の牛が
飼育されています!
なんと人口の1.78倍!!

2009年01月17日(土) |  フリーストールって何だ??
2009年01月17日16時18分28秒更新
今回、私達が訪れたのは
高橋正一さんの牧場です。

高橋さんの牧場の牛舎は
フリーストールというスタイル。

フリーストール牛舎とは簡単にいうと・・・
・牛はつながれていない
・自由に歩き回れるスペースがある
・牛の休むスペースがある
・搾乳は別の施設でする


中に入ると
牛達が「何だ!何だ!」と
寄ってきました。

あぐりっこ達は
えさ寄せ作業のお手伝い!

でも牛は
なかなか食べてくれません・・・

高橋さん曰く
「知らない人だから警戒しているのかも」



通路を挟んで
右と左で乳牛の状態が違いました。
なので与えるエサも違うそうです。

リーダーと松坂アナが
高橋さんと話しをしていると
あぐりっこは
ずいぶん先にまで進んでいました!

牛も緊張感が薄らいだようで
あぐりっこの押したエサも
食べてくれるように。

そして 牛が目を細めて
うっとりしているのは
回転するブラシ!

体のかゆいところを
ブラシで擦っているといいます!

でもこのブラシ、
常に回っている訳ではありません。

その作動スイッチは
牛自身が入れると聞いて
一同ビックリ!!

回転したブラシは
一定時間が経過すると
自動で停止します。


牛は賢いですね〜

2009年01月17日(土) |  ミルキングパーラー?TMRセンター?
2009年01月17日15時07分22秒更新
じゃ〜ん!もんすけです。

エサを食べたり、
横になったりそれぞれの牛が
自由に行動できるフリーストール牛舎。

搾乳はその牛舎から繋がっている
ミルキングパーラーという
衛生的・近代的な設備で行われます。


搾乳作業は一日2回!
早朝と夕方に行われます。

こちらでは、120頭の牛さん達から
1日3トン以上もの生乳が
集められるだって!

こうして、衛生管理の行き届いた
安心安全な牛乳などが僕達の食卓に
運ばれてくるんだね!

牛さんの健康に
重要な飼料の管理!
中標津には飼料を
専門でつくっている場所があるんです!
そこは、酪農家19戸が
協力して作った「TMRセンター」

いわば牛さんたちの給食センターです!

様々な飼料や
栄養剤をブレンドして、

それぞれの酪農家の
牛さんたちの健康状態に
適した飼料を1日2回配送!

徹底した栄養管理によって
年間を通して乳量・乳質が
向上しているんだって!
さらに一括して作ることで、
飼料購入コストを大幅に削減!

各酪農家では、
牧草収穫作業や設備投資などの
負担も軽減されているんだって!

安心・安全な牛乳には
色々な工夫があったんだね!

2009年01月17日(土) |  JAブランドの乳製品!!
2009年01月17日17時23分55秒更新

中標津町の酪農家は
全部で198戸。
それらの酪農家から
生乳を集荷・管理しているのがJA中標津です。
どんな活動をしているのか
JA中標津の服部さんに聞いてみました。

JA中標津では
ハイクオリティミルク宣言をして
酪農家が搾ったミルクを
365日検査しているそうです。



またJA中標津では
独自の乳製品加工工場を持ち

牛乳や乳製品などを製造。
中標津ブランドとして
売り出しているそうです。

JA中標津ブランドのパック牛乳は
札幌のスーパーでも購入することが出来ます。

こうして安心安全な乳製品が
私達のもとに届けられています。


2009年01月17日(土) |  栄養満点!牛乳のすごさ
2009年01月17日14時07分11秒更新
じゃじゃじゃ〜〜ん もんすけです!

牛乳の栄養価について
天使大学の荒川先生に
教えてもらいました!


荒川先生
「牛乳はとっても優れた食品の1つです。
カゼインという栄養価の高いタンパク質が
含まれていますし、何といってもカルシウム!
吸収率が非常に良くて、体に入ると
丈夫な骨を作ったり−」

荒川先生
「神経の伝達を
スムーズにしてくれるんです。」

2009年01月17日(土) |  国内最大級!最新鋭チーズ工場へ潜入だ!!
2009年01月17日14時47分43秒更新

栄養タップリでおいしいチーズですが
日本人のチーズ消費量は
ヨーロッパ諸国に比べると5分の1〜14分の1!

そこで、国内産のチーズを
もっと食べてもらおうと、
いま北海道ではチーズの増産計画が
進行中なんだそうです!
大手乳製品メーカーが道内各地で
設備を増設するなど頑張っているのです!



フリーストール牛舎の勉強と
子牛とふれあった一行は
中標津町内にあり
生産量が東洋一の規模を誇るという
ハイテクチーズ工場へ向かいました。

訪れたのは、
なんと年間1万6千トンの
チーズを製造しているという
雪印乳業なかしべつ工場。

製造課長の中村さんに
ご案内いただきました。 


工場は朝5時から夜10時まで稼動して
1日になんと50トンくらいの
チーズが製造されるそうです。


出来上がるチーズも巨大です!

20キロのブロック状チーズ。
こんなでっかいチーズ、
見たことありません!

これが別な工場で製造される
チーズ商品の原料になるだそうです。

この原料チーズが
1日に2500個出来るそうです。

パッケージされた20キロの原料チーズを
このあと醗酵室と呼ばれる部屋で
数週間から数ヶ月間、熟成するそうです。


適度な温度と湿度の中で
熟成を行うことで、
乳酸菌やカビ等、微生物や酵母の働きによって、
蛋白質や脂肪が分解されて
チーズ特有の風味が出てくるというのです。

そして、熟成を終えたチーズは
全国各地の工場へ出荷されるんだそうです。

モッツァレラチーズ・・・

芳醇ゴーダチーズ・・・
おいしそうなチーズの試食タイムです♪

出来立てチーズ
美味しかったぁ。

2009年01月17日(土) |  牛乳&チーズ&じゃがいもでアツアツ料理
2009年01月17日17時25分51秒更新

栄養満点! 「じゃがいもラザニア」!
JA中標津食品加工交流部会の
松田さんに教えていただきました。



まずは、
生地となるマッシュポテトを作ります。           
じゃがいもの皮を剥いたら、
適度な大きさにカットし
20分ほどゆでます。



【ホワイトソース】
鍋にオリーブオイルをひき、
小麦粉を入れて焦げないように混ぜます。
牛乳を入れながら
ダマにならないように混ぜるのがポイント!

 


牛乳を追加しながら混ぜ、
玉ねぎとマッシュルームを入れます。
最後にコンソメと塩コショウで
味を調えると、ホワイトソースが完成!

【トマトソース】
オリーブオイルで、
ひき肉、玉ねぎ、
マッシュルームを炒めます。


トマト缶を一缶入れて
煮詰めます。

最後にコンソメと
塩コショウで味付けすると、
トマトソースが完成!


作ったトマトソース、マッシュポテト、
ホワイトソースの順に
耐熱容器の中に重ねていきます。


繰り返し重ね、
最後にチーズと
パセリをのせてオーブンへ! 

250度で10分焼き上げると
「じゃがいもラザニア」の完成です。

<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)