アーカイブ
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2013年01月(20件)
<< [1] [2] >>

2013年01月12日(土) |  ♯225 北海道産ナチュラルチーズの魅力を発信編
2013年01月13日00時11分00秒更新

突然ですが問題です!
最も多いのはオーストラリアからで9万トン。
次がニュージーランドからで5万5千トン。
そして3番目がアメリカからで2万トン。
コレは日本が輸入している
とある加工食品の原産国と輸入量。

何だかわかりますか〜〜?

一般の方の声
「小麦粉?」「牛肉」「ジンギスカン?」
「(答えを聞いて…)
 道産のは少ないんですね…ふーん」



こちらは日本人一人当たりの年間消費量。
ヨーロッパ諸国では、
日本の10倍以上も食べられているんです!

さて何の加工品だかわかりましたか?

最後のヒントは天使大学看護栄養学部の
荒川義人教授からです。
「カルシウムが豊富で吸収性がいいので
 特に成長期の丈夫な骨を作っていく子供達、
 骨粗しょう症の心配がある
 ご高齢の方にとっても良い食材ですね!」


国産品の原料は主に北海道産の牛乳ですが、
その国産品は消費量全体のわずか
2割程度しかありません。

北海道民であれば
誰もがこの現状に目を疑う食品、
それは…チーズなんです!


ということで今回のあぐり王国は
北海道産のチーズに注目!
富良野市
で取り組むチーズ作りと
その魅力に迫ります!

佐々木
「富良野市にやってきました〜〜!
 みなさん…チョット
 笑顔が硬いようですけど」

森崎「寒いねっ!寒いっ

藤尾「気温、低すぎませんか?」

森崎「今年の冬は厳しいぞお〜これは〜」


さて今回参加してくれたあぐりっこです。
初参加の小学4年生カズサ君、
同じく小学4年生のカオリちゃん。
小学5年生のフウガ君と
同じく小学5年生のミサキちゃん。
以上の4名です!

森崎
「さてみんなはチーズ好きですか?」

あぐりっこ「好きです!」

森崎「じゃあどんなチーズを知ってるかな?」

カオリ「ブルーチーズ!」
ミサキ「モッツァレラチーズ!」

藤尾
「最近の小学生はチーズに詳しいですね」


佐々木
「チーズは大きく2つに分類できます。
 ナチュラルチーズプロセスチーズです。
 ナチュラルチーズはミルクから作られ
 チーズを作る菌が生きたまま入ってます。
 プロセスチーズはナチュラルチーズを
 加工してできたチーズで保存性に優れ、
 長持ちするチーズなんですね!」

藤尾
「僕が子供のときはナチュラルチーズって
 知らなかったですよ〜」

さて今回はこのチーズの中でも
ナチュラルチーズについて勉強していきます。


ということで一行は
そのナチュラルチーズを製造する
富良野市郊外にあるチーズ工房へ。

森崎「立派な建物だね〜」
藤尾「オシャレですね〜」

■訪問先■
富良野チーズ工房
住所:富良野市中五区
※工場見学・チーズ作り体験も出来ますよ。


お話を伺うのは富良野チーズ工房の
チーズ職人の小林裕之さん。
早速チーズのイロハを
教えてもらいましょう。

2013年01月12日(土) |  チーズの分類方法とは?
2013年01月13日00時11分24秒更新

小林さん
「平成5年に建てた富良野チーズ工房!
 日本で唯一ここでしか
 作っていないチーズや珍しいチーズを
 全部で6種類、製造しています」

藤尾「日本で唯一って言いました?」

森崎
「大好きです唯一って言葉!
 唯一って聞いたら
 食べずにはいられません!」



一行がまず案内されたのは、
工房の2階にある「乳製品伝承室」。
ここではチーズに関わる情報や
歴史資料などが数多く展示されています。

佐々木
「世界のチーズパッケージと題して
 色んなチーズが展示されています」

藤尾「パッケージ見てるだけでも楽しい」

小林さん
「ヨーロッパ中心の物を展示してますが、
 モンゴルやインドでも
 たくさん食べられています。
 日本人ですと“そのまま食べる”か
 “ピザにのせて焼く”ぐらいですが
 ヨーロッパでは調味料代わりだったり
 デザートとして食べたりして
 消費量が多いと思います」 


森崎
「またチーズって種類がスゴイですもんね…」

小林さん
「だいたい1000〜2000種類あると
 言われています。フランスだけでも
 400種類あるとも言われています。
 ただチーズも名前で分けると
 数千種類になるんですが、
 硬さの分類だとグッと減ります…」

藤尾「硬さ?硬さで種類分かれるの?」

小林さん
「分類の種類も色々あるんですが
 硬さが一番分かりやすいです」


ここでチーズの硬さによって
細かく分類した種類の違いを教えて頂きました。

ナチュラルチーズは4種類に分類されます。
【軟質チーズ】
 カッテージ・クリーム・カマンベールなど
【半硬質チーズ】
 ブリックチーズ・ブルーチーズなど
【硬質チーズ】
 エメンタール・コーダ・チェダーなど
【超硬質チーズ】
 パルメザン・ロマノなど

この4つの種類は何が違うかというと…
小林さん
「水分の量が違います!」


小林さん
「水分の多い物のほうが熟成期間も短く
 すぐ食べられますが、日持ちしない!
 逆に水分を徹底的に排除して作る
 超硬質チーズになると日持ちするので
 5年ぐらい普通にもちます

森崎
「5年!5年も待ったらこの子たち
 高校生になっちゃいますよ!」

小林さん
「今買って高校行ったら食べるって、
 できますよ!」


じゃ〜ん もんすけです!
世界におよそ1000種類以上もあると
言われる種類豊富なチーズ!
国産チーズに使用される
生乳の98%
酪農王国北海道産!

だけど…


その消費量をナチュラルチーズで換算すると
80%が輸入品なんだよね…

グラフの2008年で消費量が
急激に下がっているんだけど、
これは最大の輸入先オーストラリアの
干ばつの影響で、日本への輸出量が減って
国内の消費量も落ち込んでしまったんです。


最近は日本国内でもチーズの生産が
盛んになってきて、
道内でも富良野チーズ工房を含めた
110以上の工場や工房で
チーズの製造が積極的に行われています。

酪農王国北海道の美味しいチーズ! 

もっともっと食べたいよね〜


しっかりチーズのお勉強をしたところで
こんどは製造室でのチーズ作りを見学です。

みんなの目の前には
大きな牛乳のプールのようなものがあります…
一体コレは何かな〜?


2013年01月12日(土) |  チーズ作りを見学しよう♪
2013年01月13日00時11分48秒更新

さてこの真っ白いプールですが…

森崎「プルンプルンじゃないの?!」
カズサ「においが違う」
フウガ「牛乳の匂いだ」

小林さん
「軟質系チーズ“メゾン・ドゥ・ピエール”。
 牛乳に乳酸菌と酵素を入れて
 固めている状態です」



小林さん
「富良野の牧場から
 タンクローリーで集められた牛乳が、
 低温殺菌65度30分
 牛乳の成分が変質しないように殺菌、
 それをすみやかに冷やします。
 その牛乳に乳酸菌と酵素を添加して
 固まるまで保温します」

乳酸菌と酵素で牛乳をしっかり固めたら、
続いての工程へ−


細い針金のようなものがついた
鉄の網を持った職人さんが登場!

すると固まった牛乳に静か沈め
ゆっくりと動かしていきます。

藤尾「うわ〜楽しそう!」
森崎「細かくカットしているって事?」

小林さん
「縦横それぞれ細かくカットしていきます。
 この白い部分は牛乳を固めた“カード”
 黄色い部分(水分)が“ホエー”です」


固まったばかりのチーズの赤ちゃん
“カード”を試食してみると…

森崎「んっ!何だろう〜甘いっ

フウガ「美味しい、甘いっ」
カズサ「バターのプリンみたい!」

藤尾
「甘みが凝縮された感じですね」

小林さん
「牛乳本来の甘みがギュっと凝縮してます!」


さてこの工程は実は大変重要なんです。
小林さん
水分の抜く度合い切る大きさ
 加える温度だったりで
 ソフトタイプ・ハードタイプが決まります

森崎
「ここで決まるんだ!
 ここからドンドン色んな分類が始まるんだ」

このあとホエーを全て排出したあと、
一晩かけてさらにホエーを特殊な機械で
しっかり抜きます。
そして熟成室へと運ばれます。


では熟成室を覗いてみましょう。

カズサ「すごい!チーズの匂いがする」
フウガ「カビの匂いする」
藤尾「酸っぱい匂いするね」


小林さん
「これは先週作ったチーズを種カビを付けて
 熟成庫で1週間、冷蔵庫で3週間で
 合計1ヵ月熟成します」
 
藤尾
「製品で買うとパッケージされてるので
 周りのカビがペタッとなってますけど、
 本当にカビなんですね!」

小林さん
「そうです!フワフワ…
 毛足の長いモコモコになってますよね」


熟成を終えたチーズは
包装をして一つずつ品質をチェック。
最後にオリジナルの
パッケージに詰めて完成です。

ここで富良野チーズ工房で製造するチーズを、
軟質・半硬質・硬質の分類で食べ比べ!

まずは製造見学をした軟質タイプの
メゾン・ドゥ・ピエールから−

森崎「癖がなく食べやすい」

フウガ
「口に残らない。あっさりしている!」


2013年01月12日(土) |  手作りチーズにチャレンジ!
2013年01月13日00時12分12秒更新

お次も軟質チーズ“セピア”。

小林さん
イカスミを練りこんだ
 カマンベールタイプのチーズです」

さてお味は…
森崎「うん芳醇!!」
藤尾「美味しい!」

小林さん
「料理にもお酒のツマミにも合います。
 ワインや日本酒だったり…」



佐々木「続いては“ホワイト”

小林さん
「熟成2ヶ月の半硬質チーズです」

藤尾
「噛めば噛むほど香りが出てきますね」

小林さん
「このまま食べても美味しいですし
 熱をかけると伸びるので
 ピザとかの料理に最適かと…」


佐々木「次は“ワインチェダー”」 

小林さん
「富良野産の赤ワインを練りこんだチーズ。
 食べても酔っ払わないですよ。
 硬質タイプのチーズです」

藤尾
「チーズの発酵の酸味プラス
 ワインのちょっと違う酸味!」

佐々木
「日本で唯一作っているチーズがある!と
 言っていましたが、この中にありますか?」

小林さん
「こちらのワインチェダーです。
 富良野を表す逸品です」


料理にも使えて色々な食べ方が楽しめるチーズ。
その栄養価を聞いてみました。

天使大学看護栄養学部 荒川義人教授
「チーズは栄養の成分をギュッと
 濃縮したものなのです。
 牛乳に特徴的なタンパク質や脂質が
 豊富に含まれています。
 それから吸収性のいいカルシウムも
 たくさん含まれていますし、
 牛乳だと乳糖(乳に含まれる糖質)が苦手で
 下痢を起こしたりする人がいます。
 ‘乳糖不耐症(にゅうとうふたいしょう)’
 と言いますが、乳糖もチーズでは分解されて
 少なくなっているので、そういう方にとって
 牛乳の成分を取り入れる有効な食材です」

北海道産の美味しい牛乳で作る、
栄養がぎっしり詰まったチーズ!
みんなも沢山食べて健康な毎日を送ろうね〜


ここからは富良野チーズ工房の
土田喜代美さんに教えて頂きながら、
超簡単!「マスカルポーネ」作りに挑戦です。

《使用する材料》
牛乳360ml、生クリーム120g、乳酸2ml

※電気ポットを使用します
※乳酸は薬局で購入可能です。


《作り方》
@生クリームを電気ポットに入れる
A牛乳も電気ポットに入れる
B電源を入れる
C少し湯気が出てくる98度位になるまで
 ゆっくりかき混ぜる。
D今度は30回程度、強くかき混ぜたあと、
 乳酸を加えてさらに20回かき混ぜます。

カオリ
「さっきの牛乳の匂いとは変わってきた」

土田さん
「ミルクの良い匂いかな?」

藤尾「ホントだ!香りの良いホットミルク」


E8分間じっくり生地を落ち着かせる。
F2〜3回軽くかき混ぜたら布でこす。
《ポイント》
 この時手でしぼらずにザルへ軽く
 叩きつけるように水分を抜く!
G最後にボウルの中でチーズが
 滑らかになるまで練り上げたら完成!

出来立てのマスカルポーネをいただきます!

フウガ
「なめらかだけど、もっちりしている!」

森崎「豆腐!」
藤尾「美味しい〜!」

さてこのマスカルポーネは
お料理にも使えるのですが
どんな料理に変身するのでしょうか…?


2013年01月12日(土) |  チーズが和風料理にピッタリ!
2013年01月13日00時12分36秒更新

佐々木「どんな料理に使えますか?」

土田さん
「そうですね!
普段食べる“おじや”とか!」



……おじや?

森崎
「ハッ???」

チーズがおじや??固まるあぐり一行。

土田さん
「和風の物に洋風の物を入れてみようかと!」

 


土田さん
「マスカルポーネチーズを使った
 《マスカル雑炊》です」

森崎
「今回のあぐり王国の料理は
 “未知”すぎます!」
 
マスカル雑炊に使用する材料は、
マスカルポーネチーズとご飯、
そして卵とみそ汁だけ。
残りものの冷やご飯やみそ汁でも大丈夫!


マスカル雑炊の作り方は
レシピコーナーをご覧下さいね。

では早速いただきま〜す!


カズサ
「チーズが溶けたようにすごく美味しい!」

ミサキ
「雑炊とチーズって合わないと思ってたけど
 すごい合っていて美味しい!」


リーダーもまず一口。

あれれ…見る見るうちに表情が変わります。
すると−

森崎
「ツッチー!
(グッドジョブ!と右指を差し出して…)
 最高においしいよ!

藤尾
「マスカルポーネが
 和食感をもっと引き出してますね」

佐々木
「本当にお味噌汁との相性バッチリ!」

※この他にもう逸品ご用意いただきました。
 詳しくはレシピコーナーへ!


さて今日1日チーズをお勉強してきて
みんなはどう思ったかな??

カオリ
「チーズがこんなに幅広く料理に
 使われているなんて知らなかったし
 こんなに美味しい料理ができるのも
 ビックリした」


フウガ
「僕はもともとチーズが好きで
 今日はどんな見学をするのかと思っていたら
 色んな経験をして特にビックリしたのが
 おじやにチーズが合うなんて
 一番ビックリしました!」

森崎
「ビックリしたね。
 テレビご覧になっている方も
 多分驚かれていると思うんだけど
 正直な感想を言ったつもりです…
 マスカル雑炊、おかわり欲しい人?」


「は〜〜〜い!」

全員ピシッと手が上がりました。

そのままでもお料理でも美味しいチーズ!
毎日の食卓に取り入れたいですね。


番組で紹介した「富良野チーズ工房」のほか、
道内のチーズ工房や乳製品メーカーが参加する
「ミルク&ナチュラルチーズフェア2013」が
札幌と帯広で開催されます。
札幌会場には60社以上の工房やメーカー、
帯広会場にも50社以上が参加予定。
北海道産のナチュラルチーズが
一堂に集まるこの機会に
あなた好みの美味しいチーズを
探してみてはいかがでしょうか!


2013年01月05日(土) |  ♯224 日本の農業担い手を育てる 農業高校編
2012年12月28日16時59分44秒更新

明けましておめでとうございます。
今年もあぐり王国を宜しくお願いいたします。

さて新年一回目の放送。
あぐり一行はある場所にお邪魔しています。
ここはどこでしょう〜か?

仲良く食事をしたり…
お風呂に入ったり…
そして相部屋で就寝…
悩みを語りあったり…

なんだか青春の香りがするこちら!
今回あぐり一行がお邪魔しているのは…



ヒントはマンガ??

森崎「この本、面白いね!」

佐々木
「マンガに夢中になってる場合じゃないですよ!
 新年あけているんですよ!」

リーダーたちが夢中になっているのは
農業高校をテーマにしたマンガ。


佐々木
「いま農業高校はマンガになって
 ヒットするぐらい熱いんです!
 ということで…
 新年一回目は農業高校に来ました!」

ということであぐり一行が
今回お邪魔してるのは…


日本の農業を背負って立つ…
未来の農業人を育てる
北海道帯広農業高校!

一体どんな高校なんでしょうか?


まずはあぐりっこのご紹介。

将来の夢は酪農家!小6ましろちゃんと、
本物の牛はまだ見たことがないという、
小6ももかちゃんです。

あぐりっこも興味津々の帯広農業高校。
なんと校訓に意外な言葉が…


酪農科学科2年 紺野 珠希さん
「わが校の校訓が
 礼儀・協同・勤労になります」

森崎
「礼儀・協同、ここまでは判りますよ。
 最後になんて言った?」

紺野さん「勤労です!」

森崎「高校生だよね!?」


紺野
「ここは農業高校なので牛や豚の世話
 食品加工などで加工した食品を販売する…
 などなど、たくさんの勤労があります!」

専門的な技術や知識を身につけることが
出来るこちらの学校。
6つの学科で実践的な授業が行われています。

《酪農科学科》
牛などの飼育について知識を深める

《農業科学科》
様々な研究栽培を行っている

《食品科学科》
農畜産物を中心とする食品加工について学ぶ

《農業土木工学科》
測量や土木について学び地域の中学校へ出向き
普段の研究を発表することもあります。

《森林科学科》
森林保護や利用方法を学ぶ

《農業科(定時制)》
農業についてより詳しく学ぶ

さらに卒業後も農業や「食の道」に
進む生徒が多く
進学率や就職内定率も高いのです。

そんな帯広農業高校で特徴的なのが…


紺野さん
酪農科学科と農業科学科の1年生
 寮生活が義務付けられているんです」

森崎「義務なの?」

紺野さん
「ハイ!必ず入る事になっています。
 家が近くて1分で着こうが
 必ず寮に入ることになっています」


そうなんです!
農業者としての自覚
責任を身に着けるため
一年間の寮生活
が義務づけられている
酪農科学科と農業科学科の一年生!

しかも彼らには大切な役割が
与えられているんです。


2013年01月05日(土) |  学び舎のスケールが違う!
2012年12月28日16時59分57秒更新

とある日の朝5:45。

早朝、まだ暗い中、
着替えた彼らが向かうのは…



なんと「牛舎」!!。
一年生は学校で飼育している動物の世話
栽培している作物の管理をしています。
当番の生徒は朝の実習をしてから
登校するのです。
帯広農業高校では寮生活を通した
農業教育を行っているのです。

森崎
「やっぱり農家の子どもが多いの?」

紺野さん
「私のクラス(酪農科学科)は
 40人中30人ほどが酪農や農業関係で
 隣の農業科だと40人中39人!」

佐々木
「さすが…ほぼ全員ですね!」


さてここで農業高校のビックリが!

佐々木
「これは帯広農業高校の全体図です。
 こちらの敷地面積ですが…
 1097451u!!
 札幌ドームで表現すると…
 およそ20個分です!」

藤尾「わお〜デカーイ!」


紺野
「今は第二牛舎前なんでココですね」

森崎
「端だな〜じゃあ近い所から見よう!」


ということで、まずは牛舎へ!
牛が自由に歩き回れる
「フリーストール牛舎」には
60頭も牛が飼育されています。
ここで実習中なのが酪農科学科の1年生。
どんなことをしているのかな?

酪農科学科主任 織井恒先生
「牛の胃液の中には
 いっぱい微生物がいます。
 その微生物を採取して、
 実験室で顕微鏡で観察する授業です」
 
森崎「はあ〜興味深いですね
藤尾「専門的ですね」

北海道農業を担うであろう卵たち。
中には道外から来ている生徒もいるんです。

酪農科学科1年 森瑞貴くん(栃木県出身)
「実家が酪農家で専門的な知識を
 北海道で学ぼうと思って…
 親に進められて一度見学にも来て、
 最終的には自分で決めました!」

森崎「見学にきた時にどう思いましたか?」

森くん
「栃木の農業高校と違って 
 牛もたくさんいるし設備も整っていて
 『いいなあ』と思いました」


酪農科学科1年 松尾 汐さん
(埼玉県出身・実家は農家ではありません)
「とっても広くて星がめっちゃキレイ
 空気も美味しいです!」

では実際の授業を見せてもらおう!

2013年01月05日(土) |  実践を通して身につける知識!
2012年12月28日17時00分09秒更新

器具を牛の口に入れて
三角フラスコの中に胃液を集めます。

藤尾「胃液が出てきました!」



織井先生「匂いするよ」

早速あぐりっこも生徒も
匂いをかいでみると…

生徒さん「うわっ!」

森崎
「人間の胃液とちょっと違う。
 牧草が発酵した香り!
 これはなかなか普通の高校では
 やらないい授業だよ…」


とここで胃液を採取された
牛さんの顔を見ると…

森崎
「牛さんちょっとグッタリ
 胃カメラ検査が終わった後です
 みたくなってる…」

藤尾
「牛ってグッタリした表情みせるんですね」

続いては場所を移して
胃液を観察していきます。


森崎
「見てください…
 生徒さん1人ずつ顕微鏡があるんですよ」

では胃液の中にいる微生物を観察します。
牛さんの胃液をプレパラートに移します。
急がないと微生物が死んでしまうので
時間との勝負です!

では観察してみると…


森崎
「うわ〜〜動いてますね!」

微生物が活発に動いていました。

織井先生
「この微生物が牛の食べた『エサ』を
 分解しているんです。
 そしてこの微生物自身が
 4番目の胃まで流れていって、
 タンパク源として消化されちゃうんです」

藤尾
「微生物が消化を助けて
 最終的にはタンパク源として
 牛に吸収されるんですか…
 この微生物がいないと牛は生きていけないし
 おいしい牛乳も飲めない!」

織井先生
「これは胃袋が4つある
 羊・ヤギ・牛・鹿などの仲間にみられます」

森崎
「こうやって実際に採取して観察するって
 全然実感が違うよね!」


生徒のみんなにも感想を聞いてみよう!

「最初はキモチ悪い!と思いました。
 (だけど先生の話を聞いて…)
 『いい働きをしているんだ』と思いました」


森崎
「この授業で感じて欲しいことは何ですか?」

織井先生
「エサを食べているのは牛なんで
 牛しか見てないんですけど…
 実は分解したりするのは微生物なんで
 エサを適当にやったら
 微生物に影響がでるっていう
感覚を
 将来的にもってもらえれば…と思います」
 
森崎
「生徒さんが酪農家デビューした後の
 ことまでも視野に入れている!へえ〜」


じゃ〜ん もんすけです!
帯広農業高校には専門的な機械や
道具がたくさん!
酪農科学科ではどんなものを
使っているのかというと…

織井先生
「こちらはミルキングパーラー。
 牛乳を搾って地下にある
 ミルクメーターで乳量を測定して
 パイプを通ってバルククーラーに入ります」

プロの酪農家が行う搾乳と
同じ作業が出来るのです!
ちなみにここでは
毎日500〜600リットルの
ミルクを絞っているんだって!


続いては牛舎内に設置した
カメラを操作するマシン。
牛の行動を記録し
授業の教材として使っています。

そしてここ、顕微鏡が並んだ
まるで研究室のような場所は??

織井先生
「今後、家畜の改良も大事になるので
 受精卵の操作の基本・衛生管理など
 そういう事も勉強してほしいと思います」

こんなに恵まれた環境で学べるなんて
うらやましいよね〜〜!


2013年01月05日(土) |  寮生活をのぞいてみよう♪
2012年12月28日17時00分22秒更新

さて放課後になりました…
あぐり一行はとある部活にやってきました。

森崎
「さすが農業高校だよ。
 ホルスタイン部だよ!
 聞いたことある??」

あぐりっこ「ない!」



体型などの牛の美しさを競う
コンテスト「共進会」に参加するため、
毛刈りや調教などを学んでいる
「ホルスタインクラブ」。
共進会には積極的に参加し
優秀な成績を収めているんです。

ホルスタインクラブ部員
「ぼくのうちも共進会に出ているので
 将来、自分の牛を出すために
 ホルスタイン部に入りました」

藤尾
「学校でやっている部活動が
 家でやっている仕事に直結しているのが
 スゴイですよね」


さてここであぐりっこも牛さんに
触れさせてもらうことに…

まずはマシロ。
慣れた手つきで牛さんを撫ぜていきます。

佐々木
「さすがマシロですね。
 おじいちゃんおばあちゃんのお家が
 牛を飼っているということですから!」

森崎「上手だなあ〜」


では今日初めて牛にふれるモモカ。
ちょっと怯えていましたが…

ペロンペロン

舐められました…

モモカ「(笑って)スゴイ!スゴイ!」


牛と触れ合っているうちに、
すっかり日が暮れました。

次にお邪魔したのは《農業経営者育成寮》。

男女合わせて100人ちかくが
生活する寮とは!?
寮監長の柴田政二先生に話を聞いてみよう。


森崎
「厳しい決まりがあるんですか?」

柴田先生
「そりゃそうですね。
 携帯電話は夜8:20に預けて
 翌日の朝まで返しません!

森崎「今の子それは厳しいでしょ〜」

柴田先生
お風呂の入浴時間は15分間。
 しかも入ってから!
 着替えが終わって出るまでです

厳しいルールは協調性を育むため!
先生たちも心を鬼にして指導しているのです。

柴田先生
「これを乗り越えてこそ
 帯農生の育寮生なんです!」


とここで廊下をよく見てみると
赤く線が引いてあります。

柴田先生
「ここからは女子出入禁止なんですよ。
 入ってしまうと大変なことになります!」

ということで、
ここからはリーダーと藤尾くんが
「男子棟」へ潜入!突撃訪問だ〜


いざ訪問してみると…
生徒たち「えっ!えっ!!」

するとたまたま脱ぎ捨ててあった
ズボンを見つけてしまったリーダー!

つかさず柴田先生のチェックが入ります。

柴田先生
「なんだコレ?片付けろ!早くっ!

森崎
「うわ〜怒られる〜〜
 オレがみつけたばっかりに…ゴメンな…


森崎
「ちなみに、この寮は厳しくない?」

生徒「厳しいです!」

森崎「逃げたいと思わない?」

生徒「逃げたい!」

ところが窓のカーテンを開けてみると…
鉄格子が!

森崎
「逃げられなくなっていますね!(笑)」


2013年01月05日(土) |  厳しさの中から育まれる帯農生根性とは?
2012年12月28日17時00分41秒更新

さらに別の部屋をチェックすると…
なぜかベットにもぐりこむ男子2人!

森崎
「これ映しちゃっていいのかな?」

勿論ここでも柴田先生の厳しいチェックが…
いきなりベットメイキングスタート!

柴田先生
「向きがが違う!向きが!
 我々はベットメイクはお金の取れる
 ベットメイクをしなさいって言ってます」

(ちなみにルールを守らなければ
 罰直(ばっちょく)という
 ペナルティが課せられトイレ掃除などが
 待っているのです…)

その後も個性豊かな生徒さんとの
触れ合いがあり…
最後はお楽しみのお食事の時間!



夕方6時20分。
帯広農業高校の農業経営育成寮では
待ちに待った夕食!
一日の中でも一番楽しい時間です。

森崎
「すごいシステムだなって
 思ったんですけど2人部屋じゃないですか?
 1人がまず先に来る!
 そして自分の分とルームメイトの分の
 2つを準備して10分後にもう1人が来る」

森崎
「自分の分だけじゃなくて
 仲間の分も用意してあげるというのが
 すごくいいな〜と思って!」

森崎
「子どもたちは日々規則の中で
 生活をしていますが…」

柴田先生
苦しい時期を乗り越える事が大事だし
 農家といえども
 1人ではできないですよね!
 地域のつながりとか…
 こういう集団生活の中で身に着けて
 将来地域の担い手になってくれれば
 良いかなって思っています」

織井先生
「やっぱり十勝の農家は
 日本の食料を支えていると言っても
 過言ではないので、
 色々試していける経営感覚
 必要だと思います。
 どんどん前向きに積極的に
 色んな事を吸収して、
 人の付き合いを大事にして
 生き物からも教えてもらってやっていけば
 これからの困難も充分乗り切って
 いけると思っています!」


森崎「将来の夢は?」

酪農科学科1年 松尾汐さん
「自分で牛を育てて
 美味しい牛乳を作って、
 たくさんの人に飲んでもらえるような
 酪農家さんになりたいです!」


今日1日、学校体験をしたあぐりっこは?

モモカ
「すごい大変そうだと思ったんだけど
 みんな笑顔で楽しそうだったから
 住んでみたい!と思いました」


マシロ
「こういうところで1回
 生活してみたと思いました」

森崎
「寮生はもうムリだから
 オレ今から寮監になるわ!!」

藤尾
「一番むいてない。
 取り締まれないでしょ?」


では最後に−
「姿勢を正しくしてください。
 ご馳走様でした」

「ゴチソウサマデシタ〜」

すると一斉に立ち上がって
配膳コーナーに食器を戻しにいきます。

「早く!早く!」

先ほどの穏やかな様子一変!
少々殺気立っています!

藤尾
「なんだなんだ?
 お風呂の順番あるからか!」


藤尾
「寮生活は戦いですね」

佐々木「これが寮生活なんですね」

日本の農業を背負って立つ
未来の担い手たち…

みんなの夢が叶うよう応援しているよ!


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)