◆次回予告◆

4月27日(土)なぜ春にウマい?熟成ジャガイモの秘密
食べ頃は秋じゃない?   
春にウマくなる
熟成ジャガイモを学ぶ。
企業秘密も多い熟成の技とは?
これがジャガイモ?
初体験のおいしさに
森崎リーダーもん絶
アーカイブ
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2014年07月(20件)
<< [1] [2] >>

2014年07月12日(土) |  ♯297 農家支援〜TMRと育成牧場で農作業の効率化を図る編
2014年07月10日10時51分31秒更新

どこまでも広がる牧草地で、
あぐりっこ、なにやら絵を書いています。
なにを書いているのかというと…

佐々木
「酪農家のお仕事を絵にしてもらってます」

カイ君の絵をみると…
森崎「うし、おっきいいねえ〜」

大きな牛を書いてくれた
宮本快(カイ・小5)くん。
酪農家の仕事として乳搾りのほかに
エサやりの絵を書いてくれました。

そして元気いっぱい!食べるの大好き!
佐々木希々亜(ののあ・小5)ちゃん。
ののあちゃんが思う「酪農家の仕事」とは?



ののあ
「牛のふんとかを掃除している所と
 あとは干し草やり!」

佐々木「上手に書けたかな?」

ののあ「牛がみたいになった…」

森崎「もしくはダルメシアンだよね」


あぐりっこが書いてくれた酪農家の
仕事は3つ。しかしこれ以外にも
たっくさんあるんです!

森崎
「酪農家さんのお仕事…牧草の管理、
 エサも作らなきゃならない。
 エサの調合、子牛の育成!」


佐々木
「2人が書いてくれた他にも
 酪農家のお仕事はいろいろあるんです。
 今日はあぐりっこ2人に仕事を体験して
 色々と知ってもらおうと思います」

日本最北の酪農地帯、
北緯45度上にある幌延町。
今回あぐりっこがお邪魔しているのは
街の中心から車で15分ほど走った
問寒別(といかんべつ)。
このエリアのおもな産業は酪農です。

問寒別で酪農を営む野々村仁(ひとし)さん。
160頭の牛を飼っています。
実は問寒別の酪農を支えるキーマンなのです!

ところで皆さん、
私たちの生活に欠かせない牛乳。
それを生産する酪農家が
どんな生活を送っているか知っていますか?

一日のタイムスケジュールを見てみましょう!


佐々木
「これが1日のスケジュールです。
 エサやり・床の掃除・搾乳・寝ワラ変え」

森崎「朝1でやってしまおう!」

野々村さん
「朝食をとる前に必ず働いています」


佐々木
「その後は牛の管理・畑の管理
 ということですが?」

野々村さん
具合の悪くなった牛さんを
 獣医さんに診せて治療したり
 次の赤ちゃんを産むために
 受精業務をしたり…」


畑の管理とは牧草など牛のエサになる作物を
管理すること。一般的に酪農家は
自分で飼っている牛のエサである牧草や
デントコーンを栽培しています。
そこで季節に応じて牧草の種まきや収穫、
収穫した牧草の加工もしているんです。
そういう作業を日中に行って…

佐々木
「またエサやり・床の掃除・搾乳・寝ワラ変え」

河野「朝やったじゃないですか?」

野々村さん
「だいたい普通の酪農家では
 朝・晩の2回の搾乳を行います」

河野
「朝と夕方だけですごい時間になりますね」

野々村さん
「朝と晩だけで6〜7時間
働いている事になります」


2014年07月12日(土) |  酪農家のためのCFTとは?
2014年07月10日10時52分20秒更新

森崎
「牛舎での作業だけで6〜7時間。
 ご家庭だけでやっていくのは大変ですね」

野々村さん
「大変ですね…それで私たちは
会社を作って
 畑の管理などの外仕事を外部的な力
 管理出来たら酪農家さんは搾乳
 集中できるのでは…と会社を作った!」



そうなんです。実は野々村さん
酪農家が搾乳に集中できるようにと、
搾乳以外の仕事を請け負う
専門の会社を立ち上げたんです。

しかもメンバーは
地元の酪農家9名、そして町民。
町中のみんなで搾乳以外の仕事を分担し合い、
酪農家一軒一軒の負担を軽くしよう!
という会社なのですが、その名は…

佐々木
「カウフードトイカン!CFT」

カウは牛、フードは食べる、
トイカンは問寒別という地名からとりました。


佐々木
「会社は3つの部門に分かれています。
 コントラ部門・TMR部門・育成部門」

CFTのコントラ部門は畑仕事全般を担当。
牧草地の土おこしや種まき、収穫などなど。
まずは、このコントラ部門の仕事の様子を
見に行ってみよう!


佐々木
「さあ広いところに移動してきました」

あぐりっこ「草ボーボー!」

河野「草(の丈が)高いところあるなあ」

カイ君が並んでみると…
佐々木「高い高い!」


ここは町内の酪農家から委託された牧草地。
今時期 は牧草の収穫で忙しい時期なんです。

さてそうこうしていると
轟音を轟かせながら何やらやってきました!

ののあ
「見えた!スゴイ!掃除機みたい!」

森崎「うわ〜迫力あるねえ」


これは‘モアコン’という牧草を
収穫するマシン!
真ん中、そして左右についた歯で
牧草を刈っていきます。
刈った牧草は真ん中に集められるんです。

刈られた牧草を持ち上げてみると…

河野「キチンと刈り取られてる!」


さてこのモアコンがどれほど大きいのか?

刈り取った距離を見てみると…9m40cm!

森崎
「つまり河野君の所からののあのところまで
 一気に刈り取ってカイの所に集めた!
 これはこの後の作業が楽ですよね〜」


さてここでフックフカの牧草に
ちょっと飛び込んみました。

ののあ「チョ〜気持ちいい!」


2014年07月12日(土) |  スゴイ♪牧草刈りも一気に進むぞ!
2014年07月10日10時53分16秒更新

佐々木
「こういう刈り取りも酪農家さんの仕事の1つ」

野々村さん
「普通は自分たちで刈っているんですね。
 少しでも昼の時間をラクにさせてあげよう
 ということが我々(CFT)の仕事」



なんと特別に牧草刈り取りマシンに
乗せてもらえることになりました!

ののあ「かっこいい〜」

河野「ちなみにいくらぐらいなんですか?」

野々村さん「3千700万〜4000万円ですね」

佐々木「もうお家ですね…」

さてののあちゃん乗ってみた感想は?

ののあ
「すごい高い所で吸い込まれているから
 スッキリした!」


森崎
「いや〜どうもありがとうございます。
じゃあ次に行こうか!」

河野「えっ!カイ、乗るよな?」

カイ「(黙って)コクリ…」

河野
「今、終わらそうとしたぜ」


カイ「……ダメだよ!

一同、大爆笑!


ということで今度はカイくんが乗車!

その間、刈り取られた牧草をよく観察する
ののあ「ちょっと濡れてチクチクする」

森崎「これスッパリといってるわ」


収穫した牧草は半日から2日、
そのまま放置し乾燥させます。
乾燥したらハーベスターというマシンで
牧草を細かくします。
このように形を変えた牧草は
とても大事なエサに変わるんです!

じゃ〜ん もんすけです!
細かくなった牧草がどうなるかは、
僕が説明するよ〜

大きなダンプに移し替えられた牧草は
カウフードトイカンのTMR部門
TMRセンターに運ばれます。

ここは牛の給食センターのような場所で
組合員が飼っている牛680頭分の
エサを作っているところなんです!

牧草はバンカーサイロに入れて
ショベルカーで何度も何度も踏みます。


そうして3ヶ月すると牧草の漬物、
サイレージが完成!牛にとってはこれは
ご飯のようなものなんだよ。

このサイレージをベースに
栄養バランスを考えたエサを作っていきます。

そうしてできたエサは、
組合員の農家さんへ
毎日届けているんです。
この作業も多くの酪農家さんは
自分でやっているんだってさ〜!


モアコンから降りたカイ。

カイ
「(目の)前の牧草がどんどん倒れていって
 王様になった気分!」

河野
「牧草がみんな自分
 ひれ伏しているように
 見えるんだって」

カイ「気持ちよくてスカッとした!」

続いてあぐりっこが向かったのは…


2014年07月12日(土) |  酪農とともに生きる強い意気込み!
2014年07月10日10時54分22秒更新

子牛と戯れている、あぐりっこ。
ここは子牛専用の牛舎。
トイフードトイカンでは生まれた子牛を預かり
酪農家さんの代わりに育てる部門もあるんです。



野々村さん
ロボットが動き出したな」

森崎「ロボットが動きだした?」

牛舎にロボットとは?
一体どんなものなのかというと…


野々村さん
「これは授乳ロボットと言います。
 お湯が出て粉ミルクを撹拌して
 ホースを伝って《乳首》に
 流れるようになっています」

なんと自動でミルクを作り子牛に
与えることができるロボットなんです。


ここにいる子牛は牛の首についている
ディスペンサーで一頭一頭管理されていて
一日に必要なミルクの量を
カウントしているんです。
該当する子牛がゲートに入ると…

野々村さん「今は1リットル飲んでます」

河野「何回ぐらい飲むんですか?」

野々村さん「6回ですね」


子牛のミルクは温度が重要。
作りたての温度を落とさずに
与えることができるので
とても重宝されているんです。

森崎
「これで労力は軽減されますよね」

野々村さん
「いやもう本当に掃除をしたりそれぞれ
 牛の管理をすると数時間かかってしまうので
 ミルクをやるのに1時間2時間と
 時間を使っていられないんです


カイフードトイカンでは
生後3日から預かり
22ヶ月まで育てます。
預けられた子牛が搾乳できる
準備を整えてから
各酪農家へ戻しているのです。

ここであぐりっこが哺乳瓶を使って
子牛にミルクやりを体験しました。

ののあ「ちょっと怖い…」

カイはチューチュー指を吸われてます。

河野「ほとんど食べられちゃってる!」

カイ
「ヌメッとしてて気持ち悪い…
 けどカワイイ」


ここで野々村さんにお話を伺いました。

森崎「問寒別はどういう場所ですか?」

野々村さん
「人口が少ない町でもありますし
 山奥深い片田舎です。
 ほかの産業は企業誘致しても
 入ってこられないとこですから
 酪農しかこの地域ではやれることが
 ないだろうと私自身も思っています」


森崎
「この場所で酪農を守っていく、
 次の時代に引き継いでいくってことは
 大いなる役割がありますね」

野々村さん
「労働力不足を補うためにも
 こういうセンター(CFT)があれば
 雇用が生まれる。
 若い人がいれが活力になる!


森崎
「20年後、この町はどうなっていると思います?」

野々村さん
『酪農家がいなくなったよね』って
 言われない!
 そんなスタイルにしたいですね」

森崎
「次の世代に繋げていきたいですね!」


2014年07月12日(土) |  美味しいミルク料理をいただきます♪
2014年07月10日10時55分17秒更新

幌延町問寒別で酪農を体験中のあぐりっこ。

続いては女性部の西村真貴さんの
アドバイスのもとペットボトルを振ってます。

振る振る…シェイクシェイクシェイク…

森崎
「秋葉原(アキバ)アイドルを応援するファンのごとく
 振っております…」



あぐりっこが振っているのは
ペットボトルに同量の牛乳と生クリームを
加えたもの。ひたすら10分ほど振りつづけると、
‘あるもの’ができるというのです。

河野「ほぼ液体ないですよ」

佐々木
「ということでバター完成です!」


そうなんです!
実はバターを作っていたんです!
出来たてのバターはどんな味かな!?
パンにたっぷり塗って「いただきます!」

カイ「おいひい!」

ののあ
「チョーおいひい!
 ちょっと牛乳のあじがする」

河野
「作るの大変ですけど楽しいですね。
 家族でやったら盛り上がるでしょうね!」

森崎「家の中でも出来るもんね」

※詳しいバター作りはレシピコーナーへ!


お次は女性部の特性料理を頂きます。
教えて下さるのは植村佑貴子さんと
加藤美穂さんです。

植村さん
牛乳ごはん牛乳うどんです」

森崎「牛乳ごはん…??」

河野「おっと…」

どんな味なのか?想像できません。

作り方はレシピコーナーをご覧くださいね♪


さて実際に食べてみると…

ののあ「笑えるくらいおいしい!」

カイ「水で炊いたよりおいしい!」


今日一日、搾乳以外の
酪農家の仕事を体験して
あぐりっこが感じたこととは…

ののあ
「最初はこわい感じだったけど
 ミルクあげた時にかわいいなって…」


カイ「やりたい!と思った」

森崎「お〜!何をやりたい?」

カイ「子牛の育成をやりたい!」

森崎
「やっぱり酪農のイメージが
 大きく変わると思いますよ。
 キツイ・大変というイメージありそうですが
 少しでも軽減できるシステムは
 この町が先駆けとなっていくと思う」


こんにちは週刊あぐりNEWSの時間です。
今日は来週金曜日の夜、行われる
「カルチャーナイト2014 JAグループ北海道」
のお知らせです。

JAグループ北海道は18日午後5時半から
札幌市中央区の北農ビル1階を開放し、
カルチャーナイトに参加します。

今回は稲やトマトの苗が観察できるコーナーの他、
JAさっぽろによる野菜などの即売会が行われます。

このほか、体や歯の健康相談のほか、
運転技術を判定する安全運転診断、
牛乳パックによる工作や案山子作りが
体験できます。

また「あぐり王国」でご出演頂いた
笠原清志先生による体の組織を包んでいる
筋膜講座もありますよ。
夏の夜JAグループ北海道のカルチャーナイトに
参加してみませんか?

当日私も北農ビルにお邪魔します。
皆さん、遊びに来てください!
以上、週刊あぐりニュースでした。

《カルチャーナイト2014》
7月18日(金)午後5時30〜
札幌市中央区北4西1 北農ビル1階


【お・ま・け】

佐々木
「私からいいでしょうか。
 あぐり王国は2008年7月にスタートしまして
丸6年が経ちました。
 今回JA幌延町を紹介することで
 全道にある109のJA
 全部をまわったことになります!」

森崎
「そうなんですか!最終回かと思った…」

河野「よかった〜」

佐々木「終わりませんよ!」

河野「おめでたい話なんですね!」

まだまだあぐり王国は終わりません!
これからも北海道の農業のために
走り続けます〜!
応援よろしくお願いします!


2014年07月05日(土) |  ♯296 北海道産スナップえんどうの魅力に迫る編
2014年07月03日09時40分55秒更新

突然ですが問題です!
次にあげる3つのキーワードから連想する野菜は
いったい何でしょう

@1970年代にアメリカから導入されて栽培が
 はじまり日本では比較的歴史の浅い野菜。

A名前には『ポキッと折る』という意味を持った
 英語が付けられています。

B食感は『シャキシャキ』。
 味は甘〜い緑色の野菜。

この野菜が何かわかりましたか?
正解は『スナップえんどう』!

実はこの野菜、主に本州産がメインでしたが、
最近北海道での生産も少しずつ増えているんです!

天使大学 看護栄養学部 荒川義人教授
「ベータカロテンやビタミンCなど豊富。
 生活習慣病の予防に繋がります。
 これから暑くなって紫外線が強くなってきたら
 抗酸化性という力を持っているので
 紫外線などから体を守る働きがある」

初夏が旬の『スナップえんどう』に含まれる
驚くべき栄養価!知られざる栽培方法や
生産者ならではの食べ方など
『スナップえんどう』の魅力に迫ります!



佐々木
「今日は道南のせたな町にやって来ました!
 山も海もあって美味しいものもある町!」

森崎「もうすぐそこ海なんでしょ?」

藤尾「風車があるところが海なんですって」

森崎「奥尻島行きたいなあ」

藤尾「泳ぎます?」


今回のあぐりっこは初参加の小4女の子。
何でもチャレンジしたい! 
明るく元気いっぱいの常通綾乃(アヤノ)ちゃんと
野菜を育てて食べてみたい! 
農業に興味津々の小田嶋美優(ミユ)ミユちゃんです。

 


佐々木
「今日みんなでお勉強する野菜はコチラです」

あぐりっこ「スナップえんどう??」

森崎「知ってる?」

あぐりっこ「知らない!」

森崎「スナップえんどう知らないかあ」


森崎
「お豆なんだけどシャッキシャキの…
 もっとメジャーだと思ってたけどね。
 見たらわかるかな?」

とここで藤尾君がスナップえんどうの真似を…

佐々木「色もこんな感じ」

森崎「食べたらパリッシャキ!」

藤尾「パリッ!」

森崎「どう説明しても分かってもらえない感じ」


佐々木
「スナップえんどうがどのようになっているのか?
 この野菜の魅力は何なのか?
  生産者の所に行って勉強しましょう〜」

森崎「勉強しましょう!」

あぐりっこ
「(いまいちテンションに乗りきれず)…」

森崎「…あれ??」


藤尾「興味持ってよ!」

あぐりっこ「(クスクスクスクス)」

藤尾「興味もっても!僕のこと勉強してよ」

スナップ藤尾くん
あぐりっこにじゃれます。
逃げるあぐりっこ!

さあ、では生産者さんのもとへレッツゴ〜


農業一筋50年の大ベテラン、
御年71歳の生産者、本井嘉宏さん。
スナップえんどうのほかホウレンソウや
お米も生産しています。

藤尾
「スナップえんどうってどういう風に
 実っているとおもう?」

みゆ「う〜ん、わからない!」

森崎
「スナップえんどうを知っている人も
 どのようになっているのかは
 ちょっと想像できないかもね…」

佐々木
「初めてスナップえんどうを見ますからね…」


おしゃべりしながら歩いていると…

森崎「見えるかな…」

あぐりっこ「わ〜見えた!すごい」

さて初スナップえんどうはどうかな?


2014年07月05日(土) |  ぷっくり…すべすべ…初めてのご対面♪
2014年07月03日09時42分22秒更新

藤尾
「どれがスナップえんどうか分かる?」

あぐりっこ「わかる!」「わかる!」



あやの「バナナみたいな形!」

森崎
「どんな形?体で表現してみて!」

あやの「こんな形!」

と言って藤尾スナップマンと同じように
体を曲げるあぐりっこ。

藤尾「そうでしょ!こうでしょ!」


あやの「なんか枝豆みたい!」

森崎
「そうだよね。そして上のほうにいくと
 こんな見事な花が咲いているんだね」


本井さん
「花が咲いて10日近くで収穫するんですよ」

『スナップえんどう』は
花が咲いた後に実を付け、
そのあと5日〜6日程度で
収穫できるまでに成長します。

森崎「収穫っていつぐらいですか?」

本井さん
「5月の末からですね。
 温度が高くなると成長が抑制されるんです」

藤尾
「温度管理がすごい大変な繊細な植物なんですね」


ここでスナップえんどうに触ってみました。

森崎「うわ〜パンパンだ」

みゆ「ツルツルする!」


じゃ〜ん もんすけです!
スナップえんどうが実をつけるまでを簡単に解説!

まず2月下旬に専用のトレイへ2粒ずつ種を蒔いて、
室温10度〜20度に保ったハウスで成長させます。

そして4月上旬に穴の空いた
マルチシートへ苗を移植!

その苗が10センチぐらいになるまで
成長したところで支柱とネットを設置します。

5月下旬には花が咲いて実をつけ収穫となります。

せたな町北桧山では6月上旬にもまた種を蒔いて、
5月〜10月まで収穫できるような、
栽培スケジュールをとっているんだって!


森崎
「本井さん、今見えているスナップえんどう、
 収穫する豆はどのぐらいあるんですか?」

本井さん
「まあ簡単に言うと
 1日で収穫するのが約40〜50キロぐらい」


森崎
「ちょっと待って…コレを40〜50キロとるの??」

あぐりっこ「えっ…」

森崎「何個とれば、そんな重さになるの?」

本井さん「ハハハハッ…」


2014年07月05日(土) |  む…むずかしい収穫体験
2014年07月03日09時43分23秒更新

ではスナップえんどうの収穫体験♪

佐々木「どのように収穫しますか?」

本井さん「まずサヤよく見る」

佐々木「重さがあるかを見るんですね」

本井さん
「そして軸をくるっと回して…
 (ポキッ)やってご覧♪」



あやのがチャレンジ

あやの「難しい…」

みゆもチャレンジします。

グリグリグリグリ…

なかなかスナップえんどうが取れません。
みゆ「あれ…取れない!」

森崎「意外と収穫は難しい!」

佐々木「ハサミを使わないんですか?」

本井さん「使わないね」


森崎
「本井さん、もう1回やってみて!」

ポキッ 簡単に取れました。

森崎「うまいな!本井さん」

本井さん
「そりゃあ〜しょうがないわ。商売だもん!」


ココでリーダーが生産者に負けじと収穫に挑戦!

いつもすんなり収穫できるリーダーが
なんとなんと悪戦苦闘!

スナップえんどうが取れません!

すると本井さん「何をしてるの?」

あぐりっこ「ハハハ」

本井さん「何してんの!ヘタだなあ(笑)」


やっと取れましたがサヤが潰れてる!!

佐々木
「あの…時間かけたうえに…
 潰してしまっている!」

簡単に見えて意外と難しい
スナップえんどうの収穫。
普段のスピードで本井さんが収穫してみると…

 


両手でパチンパチンとどんどん収穫していきます。

あぐりっこ「はや〜〜い!」「早っ!」

佐々木「見てます?」

本井さん
「見てるよ〜つかんだら次にどれをとるか
 見ていかないと間に合わないさ」

あぐりっこ「すごい!」


ここであぐりっこも真剣に収穫に
取り組んでもらいました。

あぐりっこ「よいしょっ」

最初は収穫適期のスナップえんどうを
探し出すだけで時間がかかっていましたが
徐々にスピードアップしてきましたよ。

佐々木
「なんかコツをつかんできたね」


森崎
「やっぱすごいわ…
 ミスター本井が通ったあとは
 何も残っていないわ!」

佐々木「なるほど!」


森崎「取るものが何もない!」

藤尾「収穫体験が出来ていない!」

森崎「ミスター本井、すげえ〜!」


あぐりっこも収穫のコツをつかみ、
順調に作業を進めます。
カゴには、スナップえんどうがギッシリ!

作業開始から30分たった
その手さばきは…


2014年07月05日(土) |  美味しい!甘い!が止まらない…
2014年07月03日09時43分59秒更新

ポキポキポキ…

あぐりっこの手早い収穫に…

藤尾「早い!何今の?」



森崎
「みんなレジェンドになってきた!」

藤尾
「30分前と全然違う!すげ〜
 次の見ながらやってる!」


こんなにたくさん収穫できました!

森崎
「生で食べられますか?」

本井さん「食べられるよ」


本井さん
「ここにスジがあるの。
 これを引っ張って…」

藤尾「キレイにとれる!」


森崎
「収穫したてのスナップえんどうを
 いただきます…ポリッシャキ・・」

みゆ
「うわ〜すごいシャキシャキしてる”」

森崎
「甘〜い!みずみずしい!」


みゆ
「ポリッシャキシャキ…甘い!」

あやの
「うわっ本当だ!甘い!」

佐々木「えぐみとかないんですね」


本井さんおすすめのスナップえんどうの
しゃぶしゃぶをいただくことに!

茹でる時間は20秒が目安。その美味しさとは?


あやの
「さっきのよりも(生より)甘いかも!」

森崎「甘みが…」

あやの「増してる!」


シャキ…

佐々木「あま〜い!」

藤尾「みずみずしさがガーンとくる!」

佐々木「スナップえんどうのジュースみたい」


そのままの美味しさを味わったところで、
続いてはマヨネーズを付けて!

あやの「合う!」
みゆ「おいしい!」

本井さんも…「うま〜い!」


2014年07月05日(土) |  手作業の選別作業があってこその美味しさ!
2014年07月03日09時44分41秒更新

シャキシャキで甘いスナップえんどう!
美味しさはもちろん栄養価にも
優れているんだって!

天使大学 看護栄養学部 荒川義人教授
「スナップえんどうはエンドウの仲間。
 えんどう・さやえんどう・グリーンピースが
 比較的古くから作られているのに対して
 スナップえんどうは最近作られています。
 サヤの部分にはベータカロテンや
  ビタミンCが豊富で
  生活習慣病の予防に繋がったり
 抗酸化性という力をもっていますので
 紫外線から体を守る働きをもっています。
 また豆のほうには比較的多くタンパク質が
 入っています。そういう成分をたっぷり
 含んでいる素材の1つですね」



お次はスナップえんどの選別作業をみましょう!

森崎
「選別ということはサイズ分けがあるんですね」

本井さん
「出荷の段階では3つに分けている」


色や形が良くサヤの長さが
8センチ以上であれば『秀L』。
サヤの長さが
5センチ以上8センチ未満であれば『秀M』。
そしてサヤにキズなどがある場合は『A』
というように厳正な選別が行われます。

本井さん
「こうやって種飛びといって
 タネが入っていないでしょ」

森崎「パッと見でわからないしょ」

本井さん「蛍光灯があるしょ」

森崎
「これで透かしてみるんだ」


森崎
「そしてサヤの部分を中央に合わせるんですね」

本井さん
「輸送するときにすり傷がつく。
 だから傷つかないようにお互いを並べる」

森崎
「キチッと並べられてお客さんの所に行くんだ」


生産者の苦労がギッシリ詰まったスナップえんどう。
JAきたひやまでは2008年から栽培をはじめ、
安全安心な『スナップえんどう』を
消費者に届けるため、
生産者のサポートを行っています。

JAきたひやま 武田英智さん
「JAきたひやまではホウレン草に次ぐ
 施設野菜の柱として生産拡大を目指しています。
 昨年からは独立した生産部会を設立して
 栽培技術向上に努めながら
 部会員全員が厳格な出荷基準をもとに
 選別を行って主に道内の市場へ出荷してます。
 ポリポリとした食感と甘みのある味が
 特徴的なスナップえんどうをぜひ召し上がって!」

北海道産の美味しいスナップえんどう。
僕も早く食べたいな〜!


森崎
「みんなが我々がスナップ応援団だ!
 全力で応援させていただきます」

本井さん「握手!握手!」

ステキなジェントルマン本井さんでした!


JAきたひやま女性部の皆さん直伝の、
『スナップえんどう』を使った
お手軽料理を頂きます!

教えてくださるのは
大原ノリ子さんと江口幸江さん。

※詳しい作り方はレシピコーナーをご覧ください


みんなでいただきま〜す!

ポリポリシャキシャキ…みんな笑顔です!

佐々木
「みんな笑顔になっちゃう味なんですね」

藤尾「お弁当に入ってたら嬉しい!」

森崎「味噌汁になっても歯ごたえいい!」

あやの「味噌と合ってる!(ニッコリ)」

藤尾「なんて幸せな顔するの〜!」

もう美味しい美味しいが止まりません。

大原さん
「美味しそうに食べてる!
 料理の仕方ひとつでも
 食感が違ってくるんですよ」


森崎「どんな食べ方が好きだった?」

あやの
「生でマヨネーズをつけるのが一番好き!」

佐々木
「2人は今日何本食べたでしょう?」

みゆ「わかんない!」

あやの「10本以上はたぶん食べたと思う!」

森崎
「そりゃそうだ!炭火焼だけで4本食べてるもんな」

もうスナップえんどうに夢中になりました。
みなさんもぜひ食べてくださいね!


こんにちは。週刊あぐりNEWSの時間です。
熱き男達の闘い!! 
国際トラクターBAMBAのお知らせです。


今月13日(日)に十勝の更別村で
第12回国際トラクターBAMBAが開かれます。

このイベントは去年「あぐり王国」でも
紹介しましたが、
そのスケールの大きさに一同驚きの連続でした。

36台の大きなトラクターが隊列を組み、
更別村のメインストリートをパレードする様子は、
まさに圧巻!

メインイベントは賞金総額120万円の
「トラクターBAMBA!」。
4つのカテゴリーで争われ、
各カテゴリーの優勝者には
賞金20万円が贈られます。

その他、トラクターの試乗コーナーのほか、
屋台なども出ていますので
どなたでも楽しめるイベントとなっていますよ。

詳しくは更別村商工会へお問い合わせください!
 
来週は是非、更別村へ足を運んでみて
北海道農業のスケ―ルの大きさも、
改めて感じてみてください!!

以上、週刊あぐりニュースでした!!

<第12回 国際トラクターBAMBA>
日時:7月13日(日)
場所:更別村更別189-1
問い合わせ:更別村商工会 電話0155-52-2010


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)