◆次回予告◆
11月23日(土)番組初登場・・ヤマゴボウって何?
11月16日の「あぐり王国」は
お休みです。  
次回放送は 11月23日です。
番組が注目するのは
初登場!厚沢部町の
ヤマゴボウ!
ゴボウと名乗っているのに
ゴボウにあらず?そのワケは?
    
アーカイブ
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2019年09月(20件)
<< [1] [2] >>

2019年09月14日(土) |  キュウリ汁がブシャー!
2019年09月15日10時48分06秒更新
森崎リーダー「うわ〜」

森アナ「はい!準備が整いました」

リーダー
「変わった色合いの手袋…そして親指に…」


ユズキ「カッター!」

森アナ「これは何ですか?」

山田さん
「これはキュウリ専門のキュウリカッターです」

リーダー「どのように収穫するんですか?」

まずはキュウリを優しく握るようにします。

山田さん
「キュウリカッターを軸に沿わすようにし…」

キュウリカッターを軸に当てて
少し力を入れると、スパッと切れました!

リーダー「簡単〜♪」

森アナ「気持ちいいですね」

リーダー
「切った途端キュウリの果汁が出てくる!」

舐めてみると

リーダー
「甘シブい!これだけでキュウリの味します!
 キュウリ汁!美味しい〜!!」

森アナ「リーダーは舐めてもどんどん出てくる!」

ではあぐりっこも収穫体験!

ユズキ「すごい簡単に切れた!」

舐めてみると…

ユズキ「あっ!キュウリ汁だ…!(笑)」

あぐり一行「あははは」

リョウスケも収穫してみると―

リョウスケ「あっ本当だ!キュウリの味がする」

サクサクと収穫が進む中、リーダーが思わず…

ポリッ…

リーダー「めっちゃうまい!」

ユズキ「キュウリの匂いする!」

リーダー「食べたいんでない?」

あぐりっこ「食べたい!」

リーダー「食べたいよね…まず見てて」

森アナ「何でですか!!」

ということで、改めまして…

では「いただきま〜す!!」

ユズキ「美味しい!」

リョウスケ
「すごいみずみずしくて美味しい!」

森アナ「本当だ!みずみずしいですね」

リーダー
「なんて美味しいんだろう。このキュウリ!
 美味しい!」

リーダー「1日どれくらい収穫するの?」

山田さん
「一番収穫した時で
(1日に)8400本ぐらい」

リーダー「う〜わっ!」

ユズキ「すごい量!」

森アナ「それ1日で!!」

リョウスケ「えええええ」

山田さん
「いま当麻町にはヘルパー制度があって
 きゅうりヘルパーさんという人がいます。
 収穫だけをしてくれるヘルパーさん達が
 いま14名登録してもらっています。
 うちは月1〜2回来てもらってます」

リーダー
「ヘルパーさんにお願いできる制度がある。
 つまり当麻町そういうことなんです!
 キュウリヘルパーが必要なぐらい
 キュウリ栽培が盛んだってこと!
 すごい場所ですよ…
 キュウリヘルパーなりたいんじゃない?」

ユズキ「楽しそう!!」

リーダー
「そうだよね。うってつけの二人がいました!」

山田さん「ぜひ来てください!!」

2019年09月14日(土) |  農家さんがまずは選別!
2019年09月15日10時48分17秒更新
収穫したキュウリは、まず生産者が、
A品・B品・C品・2Lの4つの規格に選別します。

リーダー「どれが一番高いのか?」

あぐりっこ「これかなあ」


2Lを選んだユズキちゃんの理由は…
「太いしおっきいし
 なんか一番美味しそうだし…
 まっすぐだし!」

リーダー
「ユズキが1本食べていいよって言われたら
 これを食べたい?」

ユズキ「はい!」

A品を選んだリョウスケ君の理由は…
「キュウリ大きすぎるのもダメって
 さっき言ってたと思うんですけど
 だから2Lは大きすぎると思ったから
 こっち(A品)の方が高級かなと思った」

森アナ「では正解を教えて下さい!」

山田さん「一番高いのは…A品です!」

リーダー
「私、聞いたことあるのは
 大きくなると果皮が硬くなると
 聞いたことがあるんですけど」

山田さん
「そうですね。種も少し大きくなると
 言われていますね…」

生産者が選別したキュウリは、
このあとJAの施設で改めて選別されます。

山田さん
「A品とB品は集荷場で選果機にかけまして
 A-S・A-M・A-Lと大きさで分けて
 また箱詰めをしてくれます」

リーダー
「品質はAの中でさらに細分化されるんですね」

森アナ
「相当な数が集まってくるんじゃないですか?」

山田さん
「一番最盛期で1日に30トン集まります」

リーダー「あはははは」

森アナ
「1日30トン集まる集荷場って相当大きいですよね」

山田さん「そうですね!!」

リーダー
「でも埋もれてみたいね!30トンのキュウリに」

頷いているあぐりっこ!

リーダー
「そのいっぱいキュウリが集まっている場所を
 見に行こう!!」

ユズキ「楽しみ〜〜」

リーダー「すげーワクワクしてる(笑)」

早速あぐり一行がやってきたのは、
当麻町にあるキュウリ専用の選別施設。
JA当麻の増田悠さんに、
まずは荷受け場所から案内して頂きます。

増田さん
「オレンジ色のリフトが上がりまして
 生産者の労力を軽減させるために
 引きずって降ろすような仕組みになってます」

農家さんのトラックの荷台の高さに合わせて
リフト(床)が上下します。

ユズキ「すごーい」

荷物を降ろしたら…

増田さん「コンベアの方に押します!」

リーダー
「スライドだけで行くようになってるんだ!」

腰への負担が全然ありません!すごい!

あとはボタンを押すと流れていきます。

森アナ「レールが動きだしましたね」

リーダー「うわ自動です!」

ユズキ「すごい」

ではレールの先を見ていきましょう。

2019年09月14日(土) |  最新選別場!アームロボット出動だ!
2019年09月15日10時48分26秒更新
レールの先にあったのは…

リーダー「エレベーターだ!」

自動でコンテナが2階へ運ばれます。

あぐり一行「うわおおおお」

リーダー「未来!!」

増田さん
「2階は10トンほど収納できます」


一行はキュウリが運ばれた2階に設置されている
見学スペースへ。そこでは、更なる驚きの連続が…

2階にストックされたキュウリは、
搬入した生産者ごとに仕分けられています。
そして、その生産者のキュウリとして、
選別レーンに乗せられます。

増田さん「この箱はカメラになってます」

リーダー「ぴかぴか光ってますよ」

増田さん
「長さ・太さ・曲がり・傷・色を
 1秒に最高7本をカメラで見ています」

リーダー
「すごいスピードだ。
 これは人の何倍も早いですね」

機械によって8つの規格に分けられたキュウリが、
それぞれの等級ごとの箱詰めレーンに振り分けられます。

増田さん

「分けられたキュウリが
 日本では初めてのターンテーブルでストック!
 パートさんが箱詰めしやすい仕組みになってます」

リーダー
「なるほど。一時そこで貯留もできる!」

そして箱詰め作業には、
なおも最新鋭のシステムが…

増田さん
「6割くらいは人の手で箱詰めされますが…  

増田さん
「自動箱詰め機がありまして
 こちらで4割ほどの箱詰めを行っています」

リーダー「自動でできるんだ…」

ということで、
自動箱詰めロボットを近くで見せて頂くことに…

シューっと空気の音がすると
吸盤に吸い付くようにキュウリが持ち上がり
一瞬で箱詰めされていきました!

リーダー「うわあああ。見たことない!」

増田さん
「日本初の高速パラレルアームロボットです」

増田さん
「吸盤でキュウリを吸い取ります」

森アナ
「人手的にはどうですか?
 機械が入ることでどれくらい軽減されましたか」

増田さん「この1台で3〜4人は軽減できます」

さて今後のJA当麻町さんの意気込みは…

増田さん
「安全安心・高品質なキュウリを消費者に発信して
 当麻町産キュウリの発展、
 さらに生産者所得の向上に繋がってほしいです」

リーダー
「素早くたくさんのキュウリをここで処理して
 全道全国に発信する…という場所!!
 全ては私達消費者の食卓で
 おいしいものを食べるためなんだよね。
 嬉しいよね…」

ユズキ「嬉しい!!」

2019年09月14日(土) |  キュウリ料理!炒めたって美味しいぞ!
2019年09月15日10時48分32秒更新
森アナ
「キュウリ料理をいただきましょう。
 作って下さったのは
 青ちゃんの愛称でおなじみの
 フードプロデューサーの青山さんです」

青山則靖さん「宜しくお願いします」


米どころの当麻町ということで、青山さんには
「ご飯が進むキュウリのおかず」をテーマに、
料理を用意して頂きました。
生産者の山田さんと一緒にいただきます。

※詳しいレシピはこちら

まずは「キュウリのガーリックオイル炒め」

さてリョウスケどうかな?
「キュウリの味とベーコンのダシの味がして
 とってもいい香りもして美味しい!」

山田さん
「これは初めての味で…クセになりそう!
 いや〜あとでレシピ教えていただきたい…
 うちの奥さんに教えてみたい」
あはははは(笑)

リーダー
「めっちゃウマイ!キュウリが火を通して
 さらに美味しくなっていますね。
 なんか風味がすごいです!」

青山さん
「風味が凝縮するのと
 キュウリってある程度の所までは
 水分がずっと出るんですけど、
 そこで止まってポリポリ感が残るんです。
 加熱するとよりポリッとした感じが強くなる!」

さてキュウリの福神漬けはどうかな?

ミズキ
「おいしい…酸っぱいけど甘みもあって
 これショウガの味なのかな?
 ポカポカする感じがあって
 とっても美味しいです!!」

リーダー
「うーん最高だね!うまい!」

森アナ
「食感がすごくいいから
 ご飯のモチモチと相性が抜群ですね」

リーダー
「キュウリとショウガだけ?
 冷蔵庫に何もないとき…これいいね」

さて今日一日キュウリを学んでみて…

リョウスケ
「改めて食べてすごく美味しく感じて
 野菜ランキング2位に!!」

リーダー「うおおおランキング変動した!」

森アナ「3位から2位になりました」

山田さん「ありがとうございます」

ユズキ
「新しい食べ方を知ったから
 家で色々な料理を作って楽しんでみたい!」

森アナ「うおおお」

青山さん
「生で食べると美味しいけど
 鮮度が落ちやすい…
 先入観を持たないで加熱してみると
 意外とこういう味でるんだって!」

山田さん
「より安全なものを提供して
 食べていただこうという気持ちで
 みんなひとつになってやっています」

リーダー 
「今日は大規模の迫力のある
 スケールのどでかいキュウリを見せて頂きました。
 ありがとうございました」

---------------------------------- 
9月7日のクイズ
「今回取材した、いけだ牛のふるさとは、
 なんて町だったかな〜?!」

正解は「池田町」でした。

 

みなさん、こんにちは!
今日は地域を盛り上げるお祭りのお知らせだよ。

来週21日(土)に別海町で開催される
「JA道東あさひ10周年感謝祭」。
楽しいステージショーが盛りだくさんで、
大抽選会や、牛乳早飲み競争などの
参加型ゲームもあるよ!

おいしい食べ物が並ぶ屋台があったり、
おにぎりや豚汁などの無料配布もあるんだって!
みんなも家族やお友達と一緒に遊びにきてね!

以上、もんすけの週刊あぐりニュースでした!

【JA道東あさひ10周年感謝祭】
日時:9月21日(土)10:00〜
場所:別海町農村公園(別海町別海132-60)
問い合わせ:JA道東あさひ
      TEL 0153-75-2201

2019年09月07日(土) |  ♯538 褐色のいけだ牛編
2019年09月07日16時32分24秒更新
全国の飼育頭数250万頭のうち、
50万頭以上を飼育する、肉牛王国・北海道。
そんな中、年間250頭ほどの出荷頭数でありながら、
少数精鋭のブランド牛として愛されている牛がいます。 
赤い毛をまとったその牛は、
一つの町でその生涯を終えます。
正真正銘のご当地牛、いけだ牛!

今回のあぐり王国ネクストは、
生まれも育ちも池田町!
町内で全てが完結する「いけだ牛」に注目です。


森結有花アナウンサー
「池田町にやってきました!」

森崎博之リーダー
「来る途中もワイン城があって
 ワインの町って印象があるよね!
 でも畑作も非常に盛んで
 十勝はどの町もそうですけど
 色んな野菜が収穫を待ってますなあ」

森アナ
「そんな池田町でワインにも合いますね…
 ブランド牛!です」

森崎リーダー
「うわーい!」

森アナ
「いけだ牛に注目していきましょう」

あぐりっこは小学5年生の2人、
笑顔が素敵な後藤里緒(リオ)ちゃんと、
しっかり者の山崎樹(イツキ)君。
ともに帯広からの参加です。

森崎リーダー「牛肉は好きですか?」

あぐりっこ「好きです!はい!」

リーダー
「良かったねえ〜今日食べられるよ!」

あぐりっこ「よっしっっ!!」

リーダー「あははは」

リーダー「牛は見たことありますか?」

リオ「あります!牧場とか!」

イツキ「同じく…」

森アナ「どんな牛だった?」

リ「白黒の牛とか黒い牛とか…」

リーダー
「白黒の牛は北海道にたくさんいるけど
 何ていう牛か?」

リオ「乳牛!」

リーダー「そう!カタカナ6文字で言うと?」

リオ「…??」

リーダー「ホ…ホル…」

リオ「ホルモン!!!」

リーダー「惜しい!あはは」

森アナ「確かにある(笑)」

リーダー
「牛のホルモンもあるけど…いつき分かる?」

イツキ「はい!ホルスタイン!!」

リーダー
「そうです!ホルスタイン種っていう乳牛です。
 そういう牛もいれば
 今日は牛肉…お肉を頂く牛も…
 リオは前回あぐり王国に来てくれた時に
 一緒に牛舎に行ったもんな。
 どれくらいの大きさだった?」

さあ体を使って表現します!

リオ
「このぐらーい大きい!!」

リーダー「あはは」

森アナ「とにかく大きかった!」

リーダー
「乳牛の大きいサイズは見てます。イツキは?」

イツキ
「こういうところを車で走ってたら見たり…
 あと茶色い牛もみたことある!」

リーダー「あーなるほどー」

リーダー
「今日は取材するのは“いけだ牛”ですけど
 どんな牛だと思いますか?」

イツキ「柄がない牛だと思う」

リオ「一色なのだと思う!!」

リーダー「何色だと思う?」

リオ「茶色か黒だと思う」

森アナ
「そのいけだ牛について学んでいきましょう」

ということで、いけだ牛を飼育している牧場へ。
果たして、どんな牛なのでしょうか?

2019年09月07日(土) |  一貫体制へのこだわり!
2019年09月09日14時59分10秒更新
リーダー
「では後ろをみて下さい!はいどうぞ」

イツキ「おおお大っきい!」

リオ「思っていたより薄い茶色でした!」


リーダー
「二人は黒か茶色の牛だろうと予想してました」

森アナ
「どちらかと言うと淡い茶色…
 赤に近い茶色ですね」

牧場主の神谷雅之さんに
いけだ牛を詳しく教えて頂きます。

リーダー
「色が薄い茶色で特徴的ですよね」

神谷さん
「これは褐毛和種(かつもうわしゅ)と言って
 もともとは池田町にはいなかったけど
 熊本県から繁殖素牛(もとうし)を導入して
 池田町で頭数が増えました」

熊本県から、初めて繁殖用の赤毛の牛を
導入したのは1973年。
以降、定期的に熊本県から導入しながらも、
池田町で脈々と繁殖・生産が続けられています。

リーダー「いけだ牛の条件とは?」

神谷さん
「池田町内で生まれて、
 池田町内の生産者が肥育までして
 池田町の“と場”で屠畜(とちく)して 
 お肉になる…それが条件です!」

いけだ牛をはじめ、肉牛の飼育は、
子牛を育てる哺育期、
体を丈夫に育てる育成期、
体を大きくする肥育期、
主に3つの時期に分けられます

神谷さん「池田町の中で…」

リーダー「一貫生産!!」

リーダー
「実はこれ珍しいことで
 だいたい牛は生まれたら
 人間でいうと幼稚園みたいなところがあって
 仔牛がみーんな育つの。
 大きくなったら大きくなったところに引っ越して
 それが町外とか実は道外にも行ったりするの!
 でもここは珍しいんだけど
 ずっと池田町で生涯、生まれてから肉になるまで
 いるんだって!」

いけだ牛は町内で飼育が完結するのはもちろん、
その生産体系には、もう一つ特徴が…

神谷さん
「だいたいが一軒の農家で
 哺育・育成・肥育を段階的に
 牛舎の中で区別されています」

リーダー
「じゃあ一軒の肉牛農家さんが
 全てみるということですか?」

神谷さん「そうです!それが一貫体制です」

リーダー
「それっとすごく大変なことじゃないですか?
 各パート育て方も違うものを
 一家庭でみるって…」 

いけだ牛は10軒の農家で年間およそ250頭を出荷。
肉牛の生産では、それぞれの飼育過程を
専門の牧場が担当する場合が多い中、
いけだ牛は1つの牧場で、
繁殖・出産から肥育までの全てを行います。

生産者にとっては、それぞれの時期で、
違う技術や知識が必要となります。
少数精鋭の生産者が少数精鋭の牛を
育てているのです。

2019年09月07日(土) |  育成から肥育まで見てみよう
2019年09月09日14時59分32秒更新
リーダー
「ここが哺育期に育つ場所!パドックと言われている」


リオ「かわいい…」

リーダー
「この子なんて産まれてどれくらい?」

神谷さん「生後約2か月ですね」

リーダー
「かわいい♪美人さんだね。まつ毛長い!」

神谷さん
「まつ毛が長いから可愛く見える!」

森アナ
「この段階の牛たちはお母さんのお乳を飲んで
 育っているんですね。
 この光景もあんまり見たことないですよね」

リーダー「そうだわ」

森アナ
「いつもは哺乳瓶でミルクを飲ませてますよね」

褐毛和種(かつもうわしゅ)は、体が強くおとなしい。
母乳の量が多く子牛の発達が良いなど、
比較的育てやすい、という特徴があります。

さて続いては、育成期の牛舎におじゃまします。

リーダー
「石灰です。よその菌をつけないように
 しっかりここで落としていきます」

神谷さん
「うちは黒牛と赤牛(褐毛和種)の
 2種類の和牛を飼っています」

リーダー「黒いよ!」

イツキ「真っ黒だ」

リオ「想像していた牛だ!」

神谷さん
「さっき(パドックで)哺育して4か月経ったら
 お母さんから牛を離して
 ここの育成舎につれてきます」

イツキ「逃げていった!!」

リーダー
「牛は怖がりだけど好奇心旺盛なんだよ」

神谷さん「触れるよ!」

リオ「この子…モフモフだ!!」

イツキ「かわいい!!この子は硬かった(笑)」

リーダー

「こっからさらに大きくなんだもんね。
 もう十分肥育してるように見えるけどね。
 この時点で何キロくらいあるんですか?」

神谷さん「だいたい400〜500s!」

2019年09月07日(土) |  美味しさの秘訣はブドウ!?
2019年09月09日14時58分33秒更新
育成期は肥育期に向けて丈夫な体を作ることが重要。
神谷さん自前の牧草や、
とうきび・大豆・麦などを混ぜた
配合飼料といったヘルシーなものを
量を制限しながら食べさせています。
そして、池田町ならではのエサも…


神谷さん「ブドウのサイレージです」

リオ「ブドウの匂いします!」

イツキ「すごいブドウの匂いだ!」

リーダー「うわ〜飲みたい!これ笑」

神谷さん
「これはかなり嗜好性が高くて
 タンパク質も多めに入っています」

森アナ
「栄養価も高いですし牛も好き!!」
 
※サイレージとは…
 飼料作物をサイロで発酵させたもの

エサを与えてみると…

リーダー
「すごい寄ってきてる。好きなんだあ。
 池田町ならではですね! 
 ワインブドウの産地である池田町だから
 こうした《ざんさ》(残りかすのこと)が
 たくさんあって、本当は捨てるものですけど
 牛が喜んで食べてくれる…
 良い事尽くめですね!これは」

イツキ「バケツごと食べたがってる…」

リーダー
「これワイン飲んでる気分でしょう!」

森アナ
「人間もそうですけど牛も好きなんですね。
 食べすぎちゃったりしないんですか?」

神谷さん
「あんまり多めには与えてません。
 ふりかけ程度です」

森アナ
「じゃあこんな量食べられるのは
 牛さん的には『うおおおお』って感じ?」

リーダー「盛ってるよ〜今日!!みたいな」

さて移動してきました。

神谷さん
「こちらは肥育牛舎です。
 ここで徐々に大きくなっていきます」

リーダー
「順に大きくなっていくんですね」

イツキ「あっちめっちゃでかい…背が高い」

イツキ「大きいから触りづらい…」

リオ「大きいからちょっと怖い」

リーダー「もう触れない?」

森アナ
「お腹の部分も丸々としてきました」

リーダー
「ほら…部屋にギュウギュウ!
 牛だけに…」

神谷さん
「あははは(唯一大爆笑してくれた…)」

リーダー
「すみません…言いたいことじゃなかったんです。
 ごめんなさい…」

肥育期に入るとピーク時には
1日15キロほどのエサを食べます。
出荷する頃には体重が800キロくらいになります。

リーダー
「足元変わりましたね。
 さっきまで敷き藁でしたが」

神谷さん
「おがくずです。排泄物が吸収されるんです」

リーダー
「でも糞尿が混ざると不潔ですよね…」

神谷さん
「そうですよね。
 なので1週間に1回おがくずを変えます。
 で今日はその日なのでここを掃除したい…」

リーダー「おっ!手伝いますか?」

神谷さん
「お手伝いできますか?」

あぐりっこ
「はい!できます!!やりたいです」

神谷さん「ではお願いします」

ということで、牛舎の掃除のお手伝い。
実は、いま歩いていたところは、
牛の居住スペースの片側半分。


そこに新しいおがくずを敷くために、
まずは、古いおがくずの残りをキレイに取り除きます。

神谷さん
「で次があります!
 ゼオライトというものを撒いてもらいます。
 で!森さんお願いします。
 機械がありますので…」

実は神谷さん、森アナが不器用なことをご存知で、
何かを期待してご指名したようです。

ゼオライトとは、水分やアンモニアなどを
吸着することができる石。
それを撒くことで寝床を清潔に保つのです。

2019年09月07日(土) |  森アナに惨事が!!
2019年09月09日14時58分19秒更新
森アナ
「撒いてる幅をみる?撒いてる…」

リーダー「全く理解できてない…」

森「撒いてる幅をみて、どれくらいの幅?」
神谷さん 「いやいや全面に撒かさるくらいの幅!」

森アナ「全部にまくんですか?」

リーダー「神谷さん…失敗したと思ってる!」

神谷さん
「いやいや真っ直ぐ行けばまかさる!
 手前に…いやいや手前にガバッ!と」


ではスタート!!!

なぜか猛ダッシュで駆け出す森アナ。

森アナ「あーちょっと待って!!」

リーダー「どうしたどうした?」

神谷さん
「ゆっくり!ゆっくり!ゆっくり!」

リーダー「危ない危ない!!」

森アナ「きゃああああ」

神谷さん「ああああぎゃははは(爆笑)」

なぜか機械に引っ張られ、
止めようとしてひっくり返り、
乙女なのに大股でまたぐ…

リーダー「何やってんの!!」

神谷さん「大丈夫大丈夫。」

するとなぜか今度は後ろにのけぞって
そんまま尻もち!!

リーダー「何やってんの!森さん」

森アナ「ひゃああああ!」

神谷さん「大丈夫大丈夫!あははは」

森アナ「いやああああああ」

神谷さん「大丈夫大丈夫!大丈夫大丈夫!」

リーダー
「ちょっと!何で森さんにやらせるんですか?
 できるわけないでしょ!!(大爆笑)」

もう笑うしかない…

ということで、
神谷さんのご期待に完璧に応えた森アナでした。
このあと、新しいおがくずを敷いて、
ふかふかのベットが完成。

リーダー
「どうぞ!広い寝室です」

リオ「スイートルームです♪」

リーダー「ふかふかの足場」

森アナ「気持ちいいでしょうね」

神谷さん
「自分の牛が美味しく育ちましたって…
 届けたいですよね」

繁殖や飼育はもちろん、
食肉加工までも池田町内で完結する「いけだ牛」。
あぐり一行は続いて、池田町食肉センターへ。

生産者が育てたいけだ牛が
どのようにお肉になったのか見せて頂きます。

リーダー「今、牛はどういう状態ですか?」

十勝ハンナン 城野豊浩さん
「枝肉といいまして4頭ぶら下がっております」

ではお願いします…

リーダー「うわ〜」

イツキ「すごく大きい!」

リオ
「すごい!えっ?
 肉が釣り下がっているとは思わなかった」

リーダー
「そうだね。完璧に牛というより肉だよね」

この枝肉という状態で、肉の格付けがなされます。
どんなことが評価されるのでしょうか?

城野さん
「この部分がロース芯と言いまして
 ここのサシの入り具合、光沢、締り、キメ、
 あと脂の質で等級が決まります」

城野さん
「この赤牛の特徴というのは
 脂肪がとても少なくて、
 肉の割合が多い!イコールヘルシーである!」

リーダー「なるほど」
   

城野さん
「黒毛和牛に比べると
 サシの部分がやや少ないんですが
 逆にサシを求める牛ではないので
 赤身のおいしさを求める牛ですね」  

リーダー「うわ〜好き!!」

城野さん「これを求める牛なんです」

リーダー
「ずっと昔から赤身が好きです!!」

2019年09月07日(土) |  いけだ牛のステーキをいただきます!
2019年09月09日14時58分08秒更新
ところで、A5(エイ・ゴ)を最上級とする肉の等級。
アルファベットは、歩留まり(ぶどまり)といって、
簡単に言うと、その牛から、どれだけの量の肉が
とれるかを示します。
数字は、城野さんが説明してくれたような肉質の評価。
我々消費者にとっては、
数字のほうが重要かもしれませんね。


リーダー「等級で言うとどれくらい?」

城野さん「これで4等級!A4ですね」

森アナ「A4と言うと結構高価な…」

城野さん

「池田町の生産者の皆さんも
 技術が非常に上がりまして
 この枝肉だけでなく、そちらの枝肉も
 同じような感じです」

森アナ「ほんとだ!キレイにサシも入ってる」

城野さん「そして表面の脂も少ない!」

城野さん
「僕らお肉屋からすると
 脂が多いと歩留まりといって
 お肉がとれる部分が少なくなる!
 そういう部分では
 この池田牛は肉として非常に素晴らしい牛!」
 

いけだ牛は、枝肉成績をオープンにして、
生産者同士が情報を共有。
飼育管理の改善や品質の向上に、
一丸となって取り組んでいます。
この枝肉は、ロースやモモなど、
部位ごとに解体され、
やがて食肉として全国へ届けられます。

リーダー
「僕たちは牛だけでなく豚も鶏も羊も
 いっぱい食べるよね。魚もみんな命なんです。
 植物も米も豆も命を我々はいただいている。
 命をいただいているから
 『いただきます』と感謝を込めて
 ご飯前の挨拶をするね。
 食べる事に感謝して生きていってほしいです」

森アナ
「じゃあ感謝の気持ちを持ちながら
 いけだ牛をいただきましょう!」

さて場所を移動してきました…
もちろんワイン城です!

森アナ
「池田町といえばワイン城です。
 その中のレストランに移動してきました。
 生産者の神谷さんと一緒に
 いけだ牛をいただきましょう」

【ワイン城のレストラン】
池田町清見83-3 池田ワイン城4階
пj015-572-3033 営業)11:00〜17:00

スタッフ
「いけだ牛のサーロインでございます」

リーダー「うわああああ」

森アナ「おいしそう」

では命に感謝していただきま〜す!

イツキ「柔らかくて美味しい…」

リーダー「幸せそうだなあ」

リオ「弾力があって美味しいです!」

リーダー
「ふーーーうまい!!
 歯を入れるたびに弾力があって
 押し返してくるくらいの弾力あって
 それをむぎゅって噛みつぶすと
 中からピシャピシャって肉汁の噴水です」

森アナ
「すっごいジューシーです。
 でも赤身がしっかりしてるので
 お肉の味がすごく濃いですね!
 美味しいです!!」

さて今日一日学んできて…

イツキ
「何も知らないで普通に食べていたけど
 今回、命の大切さを学べたから
 より感謝しなきゃと思いました」

リオ
「いつものお肉よりも何倍も美味しくて
 それはたぶんエサとか工夫してたりとか
 ベッドとか掃除とかちゃんとしてるところとか
 そういう所とつながっているんじゃないかなと
 思いました」
 
リーダー「子供たちの感想どうですか」

神谷さん
「生産者としてありがたく感じました」

神谷さん
「とてもヘルシーな肉として
 売り出してきましたが
 より赤身の美味しい肉を作りたいと思って
 日々一生懸命管理していますので
 これからもみなさんに食べて頂きたい!」

リーダー
「今日のステーキとっても美味しかったです。
 ありがとうございました」
 
---------------------------------- 
8月31日のクイズ
「今回取材した、赤いエンドウ豆は、
 なんていったかな〜?!」

正解は「赤エンドウ」でした。

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)