◆次回予告◆

7月1日(土)「祝10年目突入!10年目初回は花」
2008年7月のスタートからこの
7月であぐり王国は10年目に突入。10年目を祝ってのテーマは花。北海道の花の実力を世界で活躍するアーティストが森アナの頭に表現。
ページ内検索

   表示:全て(2392件)
<< [-10] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] >>

2008年09月13日(土) |  JAめむろでは12種類ものジャガイモが生産!
2008年09月12日14時56分56秒更新

じゃ〜〜ん。もんすけです。

これらの花々、一体何だと思いますか?
実はぜ〜んぶジャガイモの花なんです!!
なかなか綺麗でしょ?



現在、北海道で栽培されている
ジャガイモはおよそ40品種!
芽室町では12種類もの
ジャガイモを作っているんだよ!

それぞれ食用や加工品用など、
用途に合わせて
作っているんだね!!


そして!大規模農業を支える
受け入れ施設の充実も見逃せません!!


JAめむろでは
膨大な収穫量を処理するために、
ロボット化、オートメーション化を
進めています。


人の手と機械の手によって
安全・安心な農産物を、
全国各地に届けているんだね!!

2008年09月13日(土) |  やっぱり ジャガバター♪
2008年09月12日15時03分18秒更新

ジャガイモそのものの
お味を楽しむには
やっぱりジャガバター!!



イモとイモの間にあるものは
バターだと分かりますが
一番手前の皿は何か?


たぶん北海道外に
お住まいの方には
分からないかも。

これ「イカの塩辛」です。

北海道では
わりとお馴染みの食べ方なのです。
海と畑のコラボレーションです。

あぐりっこ隊、
収録中もなんのその、
リーダーに
「食べ過ぎだろっ!」と
つっこまれるほど
食べてました・・・

2008年09月13日(土) |  トラクターでスピード収穫!!
2008年09月12日15時03分39秒更新
うねを掘ると
ゴロゴロゴロゴロと
きれいな形の
ジャガイモが出てきます。


深〜いところから
大きく育ったイモが
出てくるので
あぐりっこは
楽しくて楽しくて♪

手で掘ると
大変な作業ですが
トラクターに
牽引されて進む収穫機械を使うと・・・

すごいスピードで
うねの土もろとも
イモが掘られていきます。

機械の凄さに
感心しながらも


あぐりっこ隊は
やっぱり手掘りが楽しい♪

2008年09月13日(土) |  正確にはジャガイモは野菜じゃない?!
2008年09月12日14時54分39秒更新
「ジャガイモはね、野菜じゃないんだよ。」と
西川さんの言葉に、あぐりっこ隊は
「えっ!!そうなの?」

リーダー「根菜類ですよね!」


西川さん「いえいえジャガイモは根ではなく
      茎の一部が大きくなったものなので
      塊茎類なんです。」


一同「へっ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜。
   茎なんだぁ〜〜〜〜〜〜〜〜!」

なので・・・
葉っぱが育ち、
花が咲き、
受粉し
こういう実がなります。

ジャガイモは
トマトと同じナス科の植物です。

なので、
実を比べてみると
そっくりですよね!

でも味は・・・

リーダーの表情が

語っています。

かなり酸っぱいそうです。


2008年09月13日(土) |  日本人はゴボウ好き♪
2008年09月12日15時02分32秒更新
じゃじゃ〜ん!
もんすけです。

欧米ではハーブ、
中国では漢方薬!
そして一般的に食用として
食べているのは日本だけなんだって!!
みんな知ってた?

そんなちょっと
変わった根菜、ゴボウ!!

その栄養価や働きに、
あらためて注目が
集まっているんだよ!


古くから日本人の健康を
守ってきたゴボウ!!

老廃物の排泄、
血液循環促進、
新陳代謝促進などの効果が
期待できるんだって!

体の中の悪いものを出してくれるという
最近ハヤリの”デトックス”食材
として消費拡大中なんだって!


土がついているので
日持ちするイメージがありますが
意外と乾燥しやすいので、
水に塗らした新聞紙で包んで
立てるよう保存すると
いいんだって!!

2008年09月13日(土) |  2年目のゴボウとゴボウ収穫機に(笑)
2008年09月12日15時02分49秒更新
1年目のゴボウは
フキの葉っぱにまで
成長します!

それを収穫せずに
次の年になると
今度は茎が伸びて
花が咲いて
実がなり
タネがとれるそうです。

増田さんが
持っているのが
タネを付けている
2年目のゴボウです。


ゴボウ花は
アザミの花に良く似ています。

ということは・・・
トゲトデで
服などにくっつくます!

そうなると・・・
あぐりっこ隊も
大人も
こうなります・・・

頭、
軍手、
服へと
次々にゴボウの花が
くっついていきます。

松「ゴボウの妖精だぁ」
の一言に
喜ぶ河野さん。

芽室産の
2年もの
2.5ctのゴボウです。

ブリリアンカットで
鑑定書もお付けします。

軍手に映えますねぇ〜


あぐりっこが20分も
格闘したゴボウの収穫。

でも、
この収穫マシンを使うと
あっという間です!!

ニョロ〜ン 
 ニョロ〜ン

と次から次へと
ゴボウが抜かれてきます。

この機械が無い時代は
大変な農作業だったんでしょうね。

2008年09月13日(土) |  芽室で生産急増中の○○○!!
2008年09月12日15時01分53秒更新
ロケ隊が次に訪れた畑は
いま芽室町で
急速に作付けを
増やしている農産品です。

一見すると
フキですね〜


リーダーが
収穫にチャレンジ!!

まっすぐ上に
引き抜くと・・・

出てきた出てきた
ゴボウです!


「じゃ〜私達も!!」と
あぐりっこ隊も
収穫に挑戦!!



[撮影時刻 13時28分24秒]

よりによって
相当大きく立派に
育っているゴボウだったようです・・・

なかなか抜けません。

既に茎は 
ちぎれてしまって
ありません。

[撮影時刻 13時37分29秒]

微動だにしない
巨大ゴボウにも
あぐりっこ隊はめげません。

「そうだ!大きなカブ作戦だ!」



[撮影時刻 13時39分49秒]

そして、ついに!!

収穫成功!!

本当に立派なゴボウでした!


[撮影時刻 13時47分20秒]

18分56秒もかかりました。





2008年09月13日(土) |  うまいっ!ゴボウチップス&イモモチ&ポトフ
2008年09月12日15時02分16秒更新
畑になんとも
香ばしい匂いが漂います!

ゴボウの生産組合長・増田さんちの
特製ゴボウ料理です。


その名も”ゴボウチップス”


<レシピ>
(1)水で洗ったゴボウを、
  ピーラーで皮をむくように
  どんどん削いでゆきます。

(2)そして、水にさらして
  アクを抜きます。

(3)キッチンペーパーなどで
  水気をとります。

(4)キツネ色になるまで
   低温の油で揚げて、
   塩をふりかけて完成。

おやつに、おつまみに
最高のお料理です。

そして芽室ロケの
締めくくりは
芽室の農産物をふんだんに
使ってアウトドアクッキング!

リーダー&ゆっこチームは
野菜煮込みスープ「ポトフ」

あぐりっこ隊は
「イモもち」に挑戦。

<イモもち>

(1)ジャガイモをたっぷりのお湯で茹でる

(2)中までしっかり火が通ったら 茹で汁を捨て
  弱火で数分加熱し、粉ふきイモに。

(3)片栗粉を少しずつ加えながら混ぜ合わせ
  耳たぶ程度の硬さになればタネが完成

(4)油をひいたフライパンで両面がキツネ色に
  なるまで焼けば もっちもちのイモもちに♪

<リーダーとゆっこのポトフ>

(1)たっぷりのお湯で
  適当に切った野菜をとにかく煮る

(2)野菜に火が通ったら
  塩・コショウ・コンソメで味をつける

(3)更に煮込むと出来上がり

いっただきまーす!!

イモもちもポトフも
予想以上の
美味しさでした。

2008年09月06日(土) |  #9放送分 パパどっきりお弁当お届け大作戦!
2008年09月04日15時29分26秒更新
今回のあぐりは
”パパをびっくりドッキリさせるぞ企画”

パパの職場に突然
あぐりっこ隊が
お弁当を届けてみよう!
というのです。


参加してくれたのは
小学2年生の佐藤凛(りん)ちゃんと
幼稚園年長組の澪(みお)ちゃん。
そしてお母さんの貴子さん。

訪ねると玄関で
とても元気に迎えてくれました。

リーダーの「3姉妹ですか?」に
喜びを隠せないお母さん♪


りんちゃんと みおちゃん、
つなぎの制服に着替え
祝!あぐりっこ隊ご入隊♪

そしてどんなお弁当を作るか
作戦会議ですが、
1つ条件がありました。

「札幌産の農産物を使おう」

松坂アナが
「こんなに札幌で
  農業が盛んなんですよ!」
とボードで説明。



その情報と条件をもとに
リーダーが
ボードにまとめました。

河「ちょっと ちょっと ちょっと
  全然具体的じゃない!」
    とバッサリ。


パパの好みも含め
じーっくり考えた結果・・・

1)顔つきご飯
2)野菜炒め
3)鶏肉の塩コショウ焼き
4)塩コンブ入り卵焼き
5)フルーツ

に決定!

2008年09月06日(土) |  二手に分かれて作戦実行!
2008年09月04日13時20分36秒更新
食材の買い出しチームと分かれて
河野さんは
早くもドキドキものの役回りです。

翌日の会社訪問へ向けて
ご挨拶と下見と、そして・・・



河「本当にお父さん、
  外出中なんでしょうね?
   大丈夫ですよね?」

ビクビクしながら
オフィスのドアを開けます。

河「佐藤さんは どんな方なんですか?」

同僚い「真面目な方ですよ」

河「佐藤さん、夜遅く何時位まで
  仕事してるみたいですか?」

同僚ろ「私は定時で帰るので
     そのあとのことは分かりません。」

河「・・・」


河「明日、佐藤さんがお昼に
  ちゃんと席に居るように
   お願いできますか?」

同僚(先輩)は 「任せてください。
           間違いなくデスクに居させるような
           指示を準備してますから!」

河「すばらしい!
  全社を挙げたご協力、
  感謝します!」

番組のためというようりは
”子どもたちの人生の思い出作り”に
周囲の大人が
一肌脱いでいるという感じです。

最後に
佐藤パパが驚く決定的瞬間を捉えようと
隠しカメラを設置させて頂きました。



<< [-10] [228] [229] [230] [231] [232] [233] [234] [235] [236] [237] [238] >>

TOP(全件表示)