◆次回予告◆

7月21日(土)「スイカの出来は音でわかる?」
全国有数のブランドスイカ、当麻町のでんすけすいかに注目。スイカの良し悪しは音でわかる?農家が見分ける判別法とは?甘くて瑞々しいスイカにかぶりつき!夏の味覚を楽しむ。
ページ内検索

   表示:全て(2727件)
<< [-10] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [+10] >>

2009年03月21日(土) |  チンゲンサイには どんな栄養?
2009年03月21日12時48分30秒更新

とれたてのチンゲンサイ。
葉っぱをこんなにマジマジと
 見ることはないと思いますが

森崎「かわいいよね!この形!!」



森崎「色も癒しグリーンだし!」

 


じゃ〜〜〜ん もんすけです。
チンゲンサイの栄養について
荒川先生に伺いました!


天使大学 荒川先生
「チンゲンサイにはたっぷりと 
  ベータカロテンが入っています。
 抗酸化性という性質をもっていて
 動脈硬化などの生活習慣病の
 予防に繋がったり
 風邪の予防にも役立つ成分を含む
 野菜なんですよ。」

 

  


 体にとってもいい野菜、
  チンゲンサイをもっと食べようね!


2009年03月21日(土) |  フッサフサに茂る野菜とは・・・?
2009年03月21日12時49分51秒更新

そして次に登場した伊達湘南野菜はコレ!
そのフッサフサで
密集して育てられている様子に一同ビックリ。

森崎「みんな!これ何かわかる?」

あぐりっこ「水菜!!!」

 



森崎「こんな小さな穴から
     育っているんだね」

森崎「ものすごい立派ですね!!」


そして・・・
   やっぱり・・・
       小さくして・・・


森崎「ガブッ!」

家庭のキッチンでは
なかなか体験できない食べ方!
産地訪問ならではです。


藤尾「ものすごい水分を
       含んでいますね!」

森崎「だから水菜っていうんだろうね」


 じゃ〜〜〜ん もんすけです!
年々消費量が増加している水菜。
伊達ではいつから
栽培しているんでしょうか?


JA伊達市 伊藤さん
「伊達では昭和50年頃から
 全道に先駆けて水菜栽培をはじめました。
 10年ほど前から作付けを増やし
  現在では約30戸の生産者で
    年間250tほど出荷しています。」

 


いまやサラダや鍋に
     定番となった水菜!!


あぐりっこも採れたての美味しさに
ものすごい勢いで
かぶりついていました。

台所では決していないよーに。

 

 


2009年03月21日(土) |  国産野菜統一宣言って何?
2009年03月21日12時52分25秒更新

全道のAコープや
ホクレンショップで実施中の
「国産野菜統一宣言」!


 



これは一体、
どのような取り組みなんでしょうか?

ホクレンショップ北49条店
     真鍋さんに伺いました。

真鍋さん
「国産統一宣言とは平成18年度より
全道のAコープとホクレンショップで」

 


「地産地消の理念をもって
 実施しています
  地元野菜を優先的に
    販売するという取り組みです。」      

「地元野菜の入手が困難なときには
 北海道産・国内産を仕入れ
 輸入品に頼らない品揃えを目指しています。」

2009年03月21日(土) |  青年部が取り組む新ジャンル!
2009年03月21日12時50分19秒更新

3つ目の食材はこちら!
この漢字はナント読むでしょう??
そう! ニンニクです。




森崎「ニンニクって
          どう育っているか知ってる?」

あぐりっこ「土の中に埋まっているのかな?」

 


さっそくニンニクを栽培中の
小野さんのビニールハウスへ。

入るとニンニクというよりは
長ネギのような香りが充満。

 


一本抜いてもらうと・・・

松坂「あれ?? 本当にネギみたい」

森崎「この白い部分が膨らんでくるの?」

小野さん「はい。そうなんです」

 


 小野さん「ニンニクの実の一部、
               鱗片を植えて栽培するんです」


小野さん「収穫は5月から6月になります」

 


森崎「真っ白で綺麗ですね!」

小野さん「生のときは真っ白なんですよ。
     これを日持ちさせるために乾燥させるんです」


松坂「ニンニクは中国産が多いですよね?
   しかも国産の1/3ほどの価格だったりしますよね・・・」

小野さん「確かにそうなんですね。
      でも安心安全な国産ニンニクですし、
       中国産に比べて香りが良くて
        サイズも大きいと自負して
            頑張って生産しています!」

 


2009年03月21日(土) |  迫力の辛味に松坂アナも悶絶!?
2009年03月21日12時49分19秒更新

小野さん「収穫する頃には
       こんなに大きくなります。」

一同「すごい立派!!」



藤尾「さすがにリーダーも生のニンニ・・・」

森崎「食べてみたいっ!!」

 


森崎「カリッ♪」

 


森崎「スゴクほくほくの甘味がある」

藤尾「ホントに?うそでしょ?!」

森崎「ホラッ」

藤尾「カリッ♪」

 


森崎「なまら辛い コレ!」

藤尾「うぉぉぉぉぉぉぉ」

松坂「リーダー 騙しましたね−!」

森崎「うぉぉぉぉぉぉー」


そんな状況に
1人取り残された松坂アナ。

松坂「じゃあ私もいただいた方が
          イイですかね?」

森崎「いや〜任せるけど・・・
            突撃系アナウンサーとしては・・・」


松坂「そうですね〜 
         あぐりアナウンサーとしては 
        やっぱり畑で食べておきたいですからね。」


松坂「カリッ♪」


松坂「うわぁぁぁぁぁぁぁ〜」

松坂「うわぁぁぁぁぁぁぁぁーっ」


おわり

また来週!!


2009年03月16日(月) |  【募集】あぐり王国と一緒に農業しましょう!【募集】
2009年03月16日21時01分59秒更新
緊急告知!!

秋の収穫めざして
家族みんなで野菜を育ててみませんか?
番組では愛情こめて野菜作りに挑戦する
「あぐりファミリー」を大募集!

農作業の様子は番組内で随時報告。
皆さんの参加をお待ちしています。

応募要項、応募フォームは
番組ホームページ(PC・携帯)のTOPから
あぐりファミリー募集ページへアクセスを!!


さらに番組では
”お弁当お届け大作戦”の出演者も大募集!

パパに内緒で手作り弁当を
会社に届けてみませんか?


お父さんをびっくりさせてみたい小学生のみなさんは
お母さんと相談してご応募ください!

応募は番組TOPページの
”あぐりっこ隊募集”マークをクリックしてね。

たくさんのご応募、お待ちしています!


2009年03月14日(土) |  #35放送分  全道に32校!? 農業高校に訪問!
2009年03月13日11時00分17秒更新

松坂「こんにちは!きょうは新ひだか町の静内ですよ!」



森崎「きれいな桜だなぁ〜」

藤尾「いや 全然咲いてない!」

松坂「いま私達がいるのは
   北海道で有数の桜の名所・二十間道路ですが
   この二十間というのは桜並木の幅なんです!」

松坂「きょう取材するのは高校です!」

森崎「えっ!畑じゃないの?農業じゃないの?」

松坂「高校といっても農業を勉強する高校です!
    道内には32校も農業を
    学習できる高校があるんです!」

※32校=学校名に「農業」が入っている場合と
       入っていない場合があります。

松坂「そして今回、私達がお邪魔するのは
    静内農業高校なんですが、
    なんと生徒の中に・・・」

松坂「社長がいるんですって!!」


森崎「いない!いない!いない!

藤尾「どうせ、留年し続けて
    アダ名が社長っていうんでしょ〜」


森崎「がははははは。 何年留年してんだ!」

森崎「こんにちはぁ〜〜〜 
    あぐり王国でーす!

こちらの静内農業高校には
2つの学科があります。

食品科学科と生産科学科です。


今回、ご案内いただく
静内農業高校の伊與部先生です。

生徒たちの特徴として
「目的意識をしっかりもった生徒が多いので
 専門的な学習に対して意欲が高いんです。」

2009年03月14日(土) |  3代目 女子高生社長!?
2009年03月13日11時16分39秒更新
さっそく、授業中の学校内へ。

伊與部先生に連れられて
社長がいるという会社へ・・・


伊與部先生「はい着きました。
         ここが桜樹(オウジュ)コーポレーションです」

藤尾「コーポレーションって・・・」

森崎「教室でしょ!?」

伊與部先生「いえいえいえいえ 会社です。
         どうぞどうぞ!」

入ると・・・やはり普通の教室とは
雰囲気が違いました。

森崎「こんにちは。おじゃまします。今 なに中?」

桜樹のみなさん「会議中です!」

伊與部先生「彼女が社長の前谷さんです。」


森崎「学生でしょって!」


前谷社長「社長やってます前谷です。」


森崎「リーダーやってます森崎です。」


実はコレ、模擬会社です。
起業家精神や生産から販売までの
食のシステムを実体験から学びとることを
目的に2006年から実施しているといいます。

伊與部先生「食についてもそうですが職に対して
        責任のもてる子どもたちに育てたいんです。」

じゃ〜〜〜ん もんすけです。
製造から販売までを一貫して行うという
この取り組み、校長先生に
その意義を伺いました!

尾形校長先生
「実社会の消費者に触れ職業人として通用する
社会性を身につけてくれることを期待しています。
安心安全な商品を提供するために製造過程で
さまざまな工夫をするなど品質向上の取り組みを
学べますし、生徒自身が接客・販売するコトで
挨拶や言葉使いなどコミュニケーション能力が高められ
子ども達の自主性が飛躍的に高まるという結果が
出ています。」


2009年03月14日(土) |  あい言葉は 「Let’s 食育!!」
2009年03月13日12時27分19秒更新

模擬会社・桜樹コーポレーションの
もう1つの事業の柱は
地元の小学生を対象にした食育活動。



6月から10月の5か月間に
渡って、小学生と一緒に
「しずないミルク学校」と題して
乳製品の原料生産から加工・販売まで
実習を行っているのです。

その「ミルク学校」でも使用している
スライドを使って
番組のために講演してもらいました。



食育事業部長・竹内さん
「あい言葉がありますので
 ご一緒に!!!」





Let’s 食育!!

クイズ形式で
牛さんについて学んでいきます。


あぐりっこ・ゆいこちゃん、
即回答!!

しかも 正解!!


これにはみんなビックリ!

藤尾「あぐり王国 すごいだろーー!!」


森崎「ゆいこちゃん 部長に昇進!!」

食育事業部長・竹内さん
「私達は他の動物や植物の命をいただいて
 生きています。感謝の気持ちをもって
 食べるようにしましょう!!」

2009年03月14日(土) |  高校生 夢を語る♪
2009年03月13日14時06分59秒更新
校内にある牛舎へ!

あぐりっこが
乳搾りに挑戦しました。


実際にはミルカーという機械で
搾っています。

その作業を行っているのは
もちろん高校生!


森崎「どうしてこの学校に?」


生徒さん「将来、パティシエになりたかったんです。
      それで食品加工全体が学べるこの高校に
       入学しました!」

森崎「でも牛の世話して乳搾りもしてるという
    材料以前のことを学んでいるんだよね!」

生徒さん「はい。ここまでやるとは思ってませんでした・・・」

あぐりっこ・あやねちゃん
「牛と触れ合って勉強できるなんて
 すごいなぁ〜と思いました」

そしてもう1つの学科、
生産科学科のことを知るために
学校の敷地の奥へ!!

そこには乗馬場がありました。

静内農業高校の敷地面積は
なんと札幌ドーム10個分といいます!


生産科学科では
馬学や馬利用学という学習があるのです。

生徒達がポニー3頭、
サラブレッド7頭を育成!
馬の繁殖・育成・調教について、
知識や技術を学習しているのです!

また競走馬として育てたサラブレッドを
セリに出すまでの実習を行います。

杉本先生
「実は過去には中央競馬で3勝した馬も
 生産したんです。生徒たちの
 モチベーションにつながる活動です。」



森崎「将来の夢は何ですか?」

生徒さん「牧場をもって競馬界を
       明るくしていきたいです。」


森崎「大きな夢ですね!」


藤尾「すごい!10代が語る夢とは
    思えないですね!」

<< [-10] [243] [244] [245] [246] [247] [248] [249] [250] [251] [252] [253] [+10] >>

TOP(全件表示)