◆次回予告◆

8月31日(土)「和菓子の名わき役、赤エンドウの魅力
富良野地方だけで
ほとんどを生産する
和菓子の素材、赤エンドウに
迫る。
和菓子職人をゲストに迎え、
森崎リーダーも初めての
赤エンドウも収穫を体験。
赤エンドウの和菓子にうま味に
農家もびっくり。
アーカイブ
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:全て(3070件)
<< [-10] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [+10] >>

2009年01月17日(土) |  栄養満点!牛乳のすごさ
2009年01月17日14時07分11秒更新
じゃじゃじゃ〜〜ん もんすけです!

牛乳の栄養価について
天使大学の荒川先生に
教えてもらいました!


荒川先生
「牛乳はとっても優れた食品の1つです。
カゼインという栄養価の高いタンパク質が
含まれていますし、何といってもカルシウム!
吸収率が非常に良くて、体に入ると
丈夫な骨を作ったり−」

荒川先生
「神経の伝達を
スムーズにしてくれるんです。」

2009年01月17日(土) |  国内最大級!最新鋭チーズ工場へ潜入だ!!
2009年01月17日14時47分43秒更新

栄養タップリでおいしいチーズですが
日本人のチーズ消費量は
ヨーロッパ諸国に比べると5分の1〜14分の1!

そこで、国内産のチーズを
もっと食べてもらおうと、
いま北海道ではチーズの増産計画が
進行中なんだそうです!
大手乳製品メーカーが道内各地で
設備を増設するなど頑張っているのです!



フリーストール牛舎の勉強と
子牛とふれあった一行は
中標津町内にあり
生産量が東洋一の規模を誇るという
ハイテクチーズ工場へ向かいました。

訪れたのは、
なんと年間1万6千トンの
チーズを製造しているという
雪印乳業なかしべつ工場。

製造課長の中村さんに
ご案内いただきました。 


工場は朝5時から夜10時まで稼動して
1日になんと50トンくらいの
チーズが製造されるそうです。


出来上がるチーズも巨大です!

20キロのブロック状チーズ。
こんなでっかいチーズ、
見たことありません!

これが別な工場で製造される
チーズ商品の原料になるだそうです。

この原料チーズが
1日に2500個出来るそうです。

パッケージされた20キロの原料チーズを
このあと醗酵室と呼ばれる部屋で
数週間から数ヶ月間、熟成するそうです。


適度な温度と湿度の中で
熟成を行うことで、
乳酸菌やカビ等、微生物や酵母の働きによって、
蛋白質や脂肪が分解されて
チーズ特有の風味が出てくるというのです。

そして、熟成を終えたチーズは
全国各地の工場へ出荷されるんだそうです。

モッツァレラチーズ・・・

芳醇ゴーダチーズ・・・
おいしそうなチーズの試食タイムです♪

出来立てチーズ
美味しかったぁ。

2009年01月17日(土) |  牛乳&チーズ&じゃがいもでアツアツ料理
2009年01月17日17時25分51秒更新

栄養満点! 「じゃがいもラザニア」!
JA中標津食品加工交流部会の
松田さんに教えていただきました。



まずは、
生地となるマッシュポテトを作ります。           
じゃがいもの皮を剥いたら、
適度な大きさにカットし
20分ほどゆでます。



【ホワイトソース】
鍋にオリーブオイルをひき、
小麦粉を入れて焦げないように混ぜます。
牛乳を入れながら
ダマにならないように混ぜるのがポイント!

 


牛乳を追加しながら混ぜ、
玉ねぎとマッシュルームを入れます。
最後にコンソメと塩コショウで
味を調えると、ホワイトソースが完成!

【トマトソース】
オリーブオイルで、
ひき肉、玉ねぎ、
マッシュルームを炒めます。


トマト缶を一缶入れて
煮詰めます。

最後にコンソメと
塩コショウで味付けすると、
トマトソースが完成!


作ったトマトソース、マッシュポテト、
ホワイトソースの順に
耐熱容器の中に重ねていきます。


繰り返し重ね、
最後にチーズと
パセリをのせてオーブンへ! 

250度で10分焼き上げると
「じゃがいもラザニア」の完成です。

2009年01月17日(土) |  シャリシャリ♪しゃりんこ苺
2009年01月17日17時29分24秒更新

デザートに用意していただいたのが
この「しゃりんこ苺」!

番組中では
紹介出来なかったレシピです!

★材料(基本量)  
 牛乳  適量  
 いちご  適量  
 砂糖  適量  
     
★下準備     
 いちごのへたを取って水洗いする。    
 水気を取ったいちごに砂糖をまぶして凍らせる。    
 製氷器に牛乳を入れて凍らせる。    
     
★作り方     
 冷凍いちごと冷凍牛乳、凍らせていない牛乳を    
 ミキサーに入れ撹拌する。    
 ※お好みでオリゴ糖などで甘みを加えてよい。    



2009年01月10日(土) |  #26放送分 北海道米で美味しいお酒 出来上がり♪
2009年01月10日14時19分31秒更新
きょうから「あぐり王国 北海道」、
レギュラー放送スタートです。

本年もよろしくお願いします!

まだ何となくお正月の雰囲気が漂う時期・・・
ということで今回のテーマは日本酒です!

番組は札幌中心部にある
酒蔵「日本清酒」からスタート。


松「今回のあぐり王国は
  北海道のお酒に注目!!
  というコトで私たちは
  道内最古の酒蔵、明治5年創業の
  日本清酒さんにやってきました!!」

河「道内でイチバン古い酒蔵が
 札幌のど真ん中になるなんて!」


森「まさか あぐり王国で
  お酒を取材出来るなんて
  思っていませんでした〜」


森・松「お酒 大好きです〜」

オープニングから
ただならぬ雰囲気です・・・

早速、
酒蔵の中に潜入すると
ほっかほかのご飯が!!

蒸した米です。


これは
酒造りに適した「吟風(ぎんぷう)」という
北海道米です。

蒸したてを試食すると
ご飯とは違い、
ほろほろ崩れていくような感じです。


蒸した米を一旦冷却して
いよいよ麹づくりが
始まります。

冷やした米に
種となる麹菌を入れて
米を麹にしていきます。

この部屋、製麹室といいますが
密閉されていて
とにかく暑い!!
室温は30度くらいです。

杜氏の佐藤さんが
「これが2日たって麹になった米です。
 食べてみてください!」

佐藤さん「よく噛んでいると 
      栗の味がしますよ」


一同「ほんとだ!甘栗の味だ!」


2009年01月10日(土) |  お酒の造り方って面白い!
2009年01月10日14時37分38秒更新
麹が出来たら、
蒸し米と仕込み水と酵母を混ぜて・・・


酒母(しゅぼ)
というモノを作ります。

それを大きなタンクへ投入して
もろみの仕込み!
発酵させてアルコールを作り出すのです。

仕込み樽の中を覗くと
ポコポコポコポコと泡が!!


ふつうじゃ絶対に味わえない
仕込み・発酵中のお酒を
試飲させてもらうことに。

とうとう3人の手に
コップが・・・

森「なめる程度に」

ちょっとちょっとちょっと

リーダー 角度 急すぎ!!
コップ→口→喉→食道→胃 
一直線です・・・

2009年01月10日(土) |  顔の見える日本酒??
2009年01月10日14時54分06秒更新
ここまでで出来上がったお酒は
米や麹の粒が入ったにごり酒状態。
次の工程で見慣れたお酒になります。


布にもろみを流し込み
布目を通ったものが
透明なお酒になるのです。

そして布の間に残ったモノが
甘酒の材料に良く使う板粕なのです!

黄色というかべっ甲色というか
搾りたての生酒が
パイプからコンコンと湧き出していました。



そして2度目の試飲タイム!!






リーダーまたしても
一直線です!!


一般的なお酒は
このあと加熱・貯蔵され・・・

瓶詰めされ、
私達の手元に届きます。

杜氏・佐藤さんが
手に持っているのは
搾ったお酒をそのまんま瓶詰めした
いわゆる生酒!!

2008年産の北海道酒米・吟風を
100%使って作られた出来立てほやほや
鮮度抜群のお酒です。

この時期にしか味わえない
限定品です。

そしてビックリなのがコレ!!

16人の酒米生産者の顔写真が
ラベルになっている特別純米酒!

顔の見えるお酒・・・
こんなお酒があったとは・・・
「いい酒米を作ってます」という
みなさんの自信の表れでしょうね。
私たち消費者も安心して頂けます。

2009年01月10日(土) |  地酒と歴史とスイーツ♪
2009年01月10日15時39分22秒更新

酒蔵見学は終了!!

そろそろ 
あぐりっこ隊の視線が
厳しくなってきました。
「大人だけお酒飲んで・・・」と。

そこで、酒蔵の横にある
酒ミュージアムへ。

〒060-0053 札幌市中央区南3条東5丁目1番地
午前10:00〜午後6:00〈入場無料〉
 休館日:年末年始
問い合わせTEL 011-221-7570



入館すると正面には
コンコンと湧き出る美味しそうな水。
地下150mから汲み上げているという
札幌の伏流水です。

この美味しい水が
お酒作りには欠かせません。


お酒作りの副産物である「酒粕」!

それを使った酒粕ソフトクリームです。

アルコールは抜けているので
あぐりっこ達でも大丈夫です。

大人の香りのするスイーツです♪

2009年01月10日(土) |  JA+開発者+生産者が うまい日本酒を生んだ!
2009年01月10日15時24分02秒更新
ラベルにお顔が出ている16名は
新十津川町 JAピンネで
吟風を生産している皆さんです。 


北海道では
酒米の生産は難しいと
言われていました。
しかし!JA、農業試験場、生産者
そして酒蔵。みなさんの努力で
それは昔話になりました。

JAピンネ 松山さん
「酒米の試験栽培は
 平成8年にスタートしました。
 地元の水と空気の中で育った米で
 本物の酒を造りたかったのです。
 あらゆる米作りのデータを
 収集・解析して
 この地区で作るしかない
 ということになりました。
 米作りのプロばかりのいる地区ですが、
 その中からさらに16人を選抜したのです。」

吟風の開発者、 
道立中央農業試験場の丹野さん
「北海道は冷涼な気候なので
 お酒作りには向いていますが
 いい酒米がありませんでした。
 そこで20年ほど前に酒米の
 開発を開始しました。」

「いい酒米の条件は
 粒が大きく、中心に心白があり
 そしてタンパク質が少ないこと。
 更に冷害に強い品種作りを目指しました。
 それで出来たのが吟風です。
 
 また杜氏さんが失敗を恐れずに
 新しい北海道米でお酒作りに
 挑戦してくれることは
 本当にありがたいと思っています。」
 

じゃ〜ん もんすけです!
ひとくちに日本酒といっても、
多彩な醸造法よって造られ
いろんな種類があるんだよ!

今回はその中で代表的なものを紹介します!!
米を30%以上磨き(削り)、米こうじ、
醸造アルコールを原料としたお酒が本醸造酒!
俗に"普通酒"と呼ばれ、各地の酒蔵の顔とも
いえる銘柄は、この部類が多いんだよ!

米と米こうじだけを原料とする純米酒!!
米のウマミを存分に味わえ、
冷やしても温めてもおいしいんだよ!

米を40%以上磨き、
米こうじ、醸造アルコールを原料とした
吟醸酒!50%以上磨いたものは大吟醸と呼ばれ
日本酒の最高峰と言われています。


2009年01月10日(土) |  出来立て日本酒 お届け隊!
2009年01月10日15時46分15秒更新
そして酒米生産者のもとへ
出来立て日本酒を届けるために
ロケ隊は新十津川町へ出発!!




リーダーから原料である
酒米・吟風を生産した坂本さんに
出来たて日本酒の贈呈です。

森「お米作り ご苦労さまでした!」

坂本さん 満面の笑み!!



そして 一口・・・






坂本さん「出来はいいですね」



一同「やったぁ〜〜〜〜!」






そして、
あぐりっこ達には甘酒が!

甘くて体があったまって
美味しかった〜。

<< [-10] [284] [285] [286] [287] [288] [289] [290] [291] [292] [293] [294] [+10] >>

TOP(全件表示)