アーカイブ
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2013年11月(26件)
<< [1] [2] [3] >>

2013年11月09日(土) |  美味しい作物ができる秘密を知った…
2013年11月08日11時18分35秒更新

さて新篠津村一帯でとれた
農産物を使った絶品料理を頂きましょう。

一行がお邪魔しているのは、
温泉施設『たっぷの湯』を併設する
『道の駅しんしのつ』。

■しんしのつ温泉たっぷの湯/道の駅しんしのつ
住所)新篠津村第45線北2
пj0126-58-3166
営業時間)10時〜23時
定休日)毎月第3月曜日(7・8・9月無休)
料金)日帰り入浴大人600円/子供300円



今回はレストランの料理長・小岩靖志さんが
腕をふるう地元産食材を取り入れた
絶品料理を頂きます!

まずは、地元産の『ゆめぴりか』と
カボチャやニンジンなどの野菜を一緒に炊いた、
炊き込みご飯から…

タクヤ「おいしい!」

森崎「カボチャめちゃめちゃ甘いね」

佐々木
「これだけの豊かな作物が取れるのは
 農地がしっかりしているからこそ!
 じゃないですか〜」

藤尾
「そうか〜そう考えるとすべてに
 奥行きがでてくるなあ〜」


続いて春菊やゴボウ・タマネギなどの野菜を
サックサクの衣で包んだかき揚げ。

藤尾
「こんな縦長にどうやって揚げるんですか?」

小岩さん
「そうです!これにはコツがありまして
 缶詰の空き缶を使っています」


小岩さん
「油の中に立ててもらって具材を入れる。
 そうするとサクサクにプロなみに揚がる!」

≪揚げ方≫
@底を抜いた缶を縦にして具材を流し込む
A約30秒で缶を抜いて
 全体がきつね色になるまで揚げる


藤尾
「これはシーチキンの缶ですか?
 桃缶?パイナップル?どれが良いですか」

小岩さん
「ハイ!パイナップルの缶が一番いいです!」

藤尾
「ホンマですか?冗談で聞いたのに!」


さてお味は?

ハヤト「香ばしくって美味しい!」

藤尾「タマネギ甘いっ!」

佐々木「音が良いですよね」


最後はプッチーニと呼ばれるカボチャを器にして
作るプリンのデザートです。

ミスズ
「プリンもプルプルしておいしいけど
 カボチャもすっごく美味しい!」


佐々木
「さて地中の秘密を探った1日はどうだった?」

タクヤ
「暗きょ排水をすることによって
 お米が美味しくなるってことがビックリ!
 だから北海道は米どころになったんだと思った」

森崎
「まだ見ていない北海道の魅力があるでしょう。
 これからも一緒に見ていきましょう」


こんにちは週刊あぐりニュースの時間です。
農業に興味があるけど
なにから始めたらいいのかわからない…

そんな方におススメのイベント!
「新・農業人フェア」のお知らせです!

今月23日に札幌コンベンションセンターで
行われるこのイベントは「働く」「暮らす」
「学ぶ」「食べる」の4つをキーワードに、
農業を仕事にするということを
理解して頂くためのイベントです。

就農するにあたっての疑問や不安を
相談できる市町村の窓口や、
農業法人就職や農業に関する学校への
進学相談コーナーなど、 
様々な情報を聞く事が出来ます。
また農業高校などの物販もあります。
森林のガイダンスも同時開催されます。
会場は入場無料・予約不要で、
どなたでもお気軽にご相談頂けます。
詳しくは北海道農業担い手育成センターまで
お問い合わせください。

このイベントをきっかけに、
あなたの農業への関心を
深めてみてはいかがでしょうか?
以上、週刊あぐりニュースでした。

≪新・農業人フェア≫
日時:11月23日(土)10:30〜16:30
   (受付は16時まで)

場所:札幌コンベンションセンター
   住所:札幌市白石区東札幌6-1

お問い合わせ
北海道農業担い手センター
TEL 011-271-2255


2013年11月02日(土) |  ♯265 十勝の畑作が支える日本の食 浦幌町編
2013年10月31日14時59分34秒更新

雄大な自然環境で行われる、
北海道の大規模農業。
日本の食料自給率39%に対して、
北海道の食料自給率は191%。(カロリーベース)

なかでも1000%を超える
驚異的な食料自給率を誇るのが、
日本の食料基地である『十勝エリア』。



番組では日本の食を支える
十勝の農業を改めて知るため、
今年の春からシリーズで学んできました。

4月27日OA 幕別町:テーマ『輪作』
「輪作とは植えるものを毎年変えていく技術!
 特定の作物をずっと植え続けると
 好きな栄養分ばかりどんどん減ってしまう!」

第1回は幕別町を訪れ十勝の作物に大切な
農業技術『輪作』を学習。
その輪作作物のひとつである
馬鈴薯の種芋切りを体験しました。

7月27日OA 
更別町:テーマ「国際トラクターBAMBA」

第2回は農家一戸当たりのトラクターの
所有台数が国内トップクラスの更別村で、
トラクターの祭典
『トラクターBAMBA』を見学!
十勝農業における機械化農業の歴史と
その進化を体感しました。


そして今回シリーズ企画も
いよいよ最終章!
一行が最後に学ぶのは、
良質な作物の生産に欠かすことの出来ない
十勝を代表する輪作作物
『豆』に注目します!

佐々木
「十勝の畑作第3弾ということで
 浦幌町にやってきました!」

河野
「季節ごとに十勝に来れるって最高!
 絶景を楽しめてね」

では一緒に十勝で勉強してきた
あぐりっこをご紹介。全員小学6年生です。
幕別町の久保穂ノ花(ホノカ)ちゃん、
音更町の加藤あまねアマネちゃん、
札幌からは白石拓也(タクヤ)君と、
大澤結唄(ユウタ)君です。


森崎
「色々とこの十勝で学んできたね!
 さて“輪作”と言えば何だ?」

即答するあぐりっこ
「小麦、てん菜(ビート)、豆類!馬鈴薯」

森崎「天才じゃない!?」


佐々木
「今回は浦幌町はもとより十勝全体で
 たくさん栽培されているを取材!」
 
森崎
「十勝はスイーツが有名じゃないか!
 スイーツと言えば豆ですよ。
 それはみんな結びつく?」

考え込むあぐりっこ…

あまね「あっわかった!アズキだ」

森崎「アズキが何になる?」

あまね「あんこ!」

佐々木
「今回はスイーツではないですけど
 豆を深く勉強していきたいと思います」


ということで一行は
十勝を代表する作物『豆』について学ぶため、
浦幌町内の生産者のもとへ―

浦幌町上浦幌地区で豆類や小麦、
てん菜・馬鈴薯といった
畑作4品を生産している林常行さんに
詳しいお話を伺いましょう。

あぐり一行「はやしさ〜ん!」


林さんの傍らにはあぐりっこの身長ほど
豆が積んでありました。

森崎「さてこの豆は何の豆だ?」

あぐりっこ「サヤエンドウ?」

林さん「これは小豆(しょうず)です」


森崎 「“しょうず”ってことは…??」

佐々木「さいと書いて…」

森崎「あっ」

ホノカ「あっアズキ!」

森崎「そうそうそう正解!」


林さんが栽培しているのは
「エリモショウズ」という品種で、
寒さに強く品質の優れたブランド小豆です。

2013年11月02日(土) |  Mrコンバイン…小豆に敗れる?
2013年10月31日15時00分37秒更新

森崎
「小豆(あずき)をこうやって
 積んでる所ですよね。
 これ何積みって言うかわかる?」

あぐりっこ全員が
この○○積みを初めて見たそうで
全く答えの見当が付きません…

そこでリーダーから大ヒントが!

森崎「に〜に〜に〜」

ホノカ“に”づくり!」

森崎「引っ越しだ!それは!(笑)」



森崎「に〜お〜づ〜み〜!正解!

河野「言っちゃった!言っちゃった」

『にお積み』は豆全体をむらなく
自然乾燥させる昔ながらの収穫方法です。
十勝の秋の風物詩でしたが、
最近は機械化によって少なくなりました。


河野「これ手でやってらっしゃる?」

林さん
「機械作業をするための前段階。
 準備をしているんです。
 この後の残った畑は全部
 大型の機械で収穫しますよ。
 機械が旋回できるように
 スペースを確保しています」


さっそく豆刈りとにお積みに挑戦です。
まずは収穫する道具をみてみましょう。

森崎
「このカマ、格好いいです。
 キラキラしてますね。
 稲刈りのカマとは違いますか?」

林さん
「小豆はすごく切りづらい作物なので
 出来るだけ刃が新しくないと
 うまく切れないんです」


森崎
「それは…
 Mr.(ミスター)コンバインでも?」

林さん「そうです!」


まずはリーダーが挑戦です。
稲刈りの要領でカマをクキに当てますが…

林さん
土をさらうぐらいの気持ちで!
 (もっと深くカマを茎に当てる)」

森崎「もう土ですよ!」

さていざ力を入れようとすると…
スルスルッ根ごと抜けてしまいました。

河野「根っこごと抜いたみたいですけど…」

林さん「そうなんですんです小豆は」

河野「こうやりやすい!素人は

林さん「はい!」

河野「素人素人素人!」

森崎
「Mr.コンバインに刈れないものがあるとは…」


ユウタも挑戦しますが…

ユウタ「うわっ(茎が)硬い!」

ホノカもチャレンジしますが
茎が硬く先に根っこが抜けてしまいます。


意外と難しい豆刈り。
そこでプロの技を拝見!

林さん
「茎を押さえたら引っ張らないで
 カマのほうをギュッと…
(と言って一気にカマを引いて根を切る)」

森崎・河野
「カ


河野
「ちょっと〜
 小豆は切られたことに
 気付いてないんちゃいます?達人の技で!」

林さん
「こうやって…
 (と言って連続で切っていく)
 こんな感じで刈っていきます(笑顔)」


河野
「あなたが
 Mr.コンバインですね!」

森崎「くそ〜〜〜っ」


2013年11月02日(土) |  巨大マシン登場!豆は地域に欠かせない!
2013年10月31日15時03分32秒更新

このあと林さんに教わりながら、
全員で豆刈りを少しだけお手伝い。
リーダーもコツをつかんできた様子ですが…

森崎「腰痛て〜稲刈りより大変…」



刈りとった豆は空気を通す為の煙突を中心に
らせん状に重ねて『にお積み』します。
最後に雨よけのブルーシートをかけて
作業完了です。

森崎「あぐりっこが作ったにお積み完成です」

佐々木「どっか痛くない?」

ホノカ「腰が…ちょっと痛い…」

河野「小学生が腰痛になります」


林さん
「けど10年ぐらい前まで
 この畑一面にお積みしていたんですよ」

森崎
「それが十勝の秋の風景みたいに
 なっていましたよね」


林さん
「最近ではほとんどみられなくなりました。
 現在は大型収穫機で収穫するように
 なってます。今から収穫の作業を
 コンバインでやってもらいます!」

すると丘の向こうから大きな音が…


河野「うおおおおお〜」
森崎「でけ〜!」

巨大コンバインの登場に一同ビックリ!

佐々木「アズキ畑の中に入りますよ」

いよいよ収穫していきます。

林さん
機械の中で脱穀して
 殻だけ後ろに吐き出していますよ」

森崎「え〜一瞬で!はやい!」


豆の収穫作業は大型コンバインを使って
JAが行います。
この畑の広さはおよそ2ヘクタール。
かつて「にお積み」での収穫に
4日間費やしていたのが、
今では半日という驚きの速さで収穫されます。

※このコンバインがどれほど大きいか…
ギャラリーコーナーではあぐりっこと
コンバインの写真が掲載されていますよ

収穫したコンバインがトラックに
近づいてきました。
車体からなが〜い円筒のホースが出し
トラックの荷台の上に来ました。

さて林さんも荷台に上がると…


ザア〜〜〜〜

森崎
「うわ〜出た出た出た!」

円筒ホースの中から大量のアズキが
放出されています!

河野「アズキだアズキだ!」

森崎
「めちゃくちゃいっぱい降ってきた!すごい」

佐々木
「2013年の小豆の出来ばえはどうですか?」

林さん「今年の小豆は最高です!」


森崎
「豆というのは十勝の畑作4品の中でも 
 大事な存在ですか?」

林さん
「そうですね…
 おそらく開拓された方々から
 今日に至るまで昔から
 この土地の気候風土
 適している作物と言われていて、
 その風味や品質
 とても良いと評価されています。
 それぞれの農家さんにとっては
 やっぱりというのは欠かせない
 1品だとおもいます」


2013年11月02日(土) |  目が充血?細かい選別作業に挑戦!
2013年10月31日15時05分36秒更新

じゃ〜ん、もんすけです!
十勝の畑作にとって重要な役割を担う豆。
その歴史について帯広百年記念館の方に
伺ってみました。

帯広百年記念館 持田誠学芸調査員
「十勝の豆は明治16年に
 晩成社(ばんせいしゃ)の
 依田勉三(よだべんぞう)達が入植して以来、
 作られている代表的な作物。
 大正時代に入って第一次世界大戦が始まると
 ヨーロッパで主にエンドウ豆が不足した為に
 大幅に輸出されるようになって
 十勝は空前の豆景気「赤いダイヤ」など
 言われて持てはやされる時代を迎えます。
 こうしたことから本州の製菓業界などを
 中心として使われるようになってきてます。
 そうしたことからも重要な作物と言えます。
 豆と十勝というのは単に農業だけではなく
 人々の暮らしの色々な部分で密接に関わってきた
 特別に思い入れのある作物といえます」
  
100年以上の歴史がある十勝の豆!
こうした歴史があるからこそ、
豆は十勝の代表的な作物として
大切に作られているんだね〜



さて続いてはあぐり一行は出荷前に行われる
豆の選別作業を見学します。
教えてくれるのJAうらほろの舟橋敏行さん。

さて選果場に入っていきましたよ。

森崎
「お邪魔します。こんにちは…
 誰もこっちを見てくれません
 (みなさん)目と手がすごい動いてますね」

 


舟橋さん
「こちらは“大正金時”という豆です」

手作業で選別しているのは、
煮豆などの惣菜で主に使われる
「大正金時」という豆。
傷や変形など人の手と目で
入念に選別を行います。

森崎
「こういうふうに割れているものとかを
 目で見て判断して取り除いてるんだ」

河野「大変ですねえ」


ここで、あぐりっこが豆の選別に挑戦!
上手にできるかな〜

河野「アマネが良い速さで手を動かしてる」

佐々木「まんべんなく見てよ〜」

森崎「これは忙しい忙しい」

レーンにどんどん流れてくる
豆…

目と手で豆の割れなどを確認し
素早く手元の廃棄用の箱に入れます。

一瞬でも気を抜くと
豆は流れて行ってしまいます…
集中力と根気が必要な大変な作業です。


森崎「見てるこっちが…目が痛い!

佐々木「目が痛い!」

森崎
「みんな本当に大丈夫?大丈夫」


森崎「アマネ大丈夫?」

アマネ「最初はすごい大変だったけど…」

森崎
「ちょっと…目が充血してる!
 まばたきしてるか?」

アマネ「してない…」


森崎
「これアズキもやるの!?
 アズキは小さいから大変だねえ〜」

JAうらほろでは手作業以外に機械でも
豆の大きさや重さ色合いもチェックしています。
このような作業を通じて安全安心な豆を
提供する為の品質管理を行っています。


さてお次は色んなお豆の勉強です。

佐々木
「浦幌町内で栽培されている
 少し変わった豆を用意して頂きました」

ということである豆の種類について学習!


佐々木
「お豆は3種類に大きく分類できます」

森崎「菜豆ってなんだ?」

ホノカ「なず?」

舟橋さん「これは“サイトウ”と言います」

菜豆(さいとう)は一般的に知られる
インゲン豆の総称で様々な色と模様が
特徴的な豆の種類なんです。


一体どんな色をしているのか?

サヤから取り出して確認してみよう。
まずはこの豆から!


2013年11月02日(土) |  改めて知る十勝の偉大さ…
2013年10月31日15時06分14秒更新

サヤから出すと真っ白な豆が!

森崎「真珠みたいだね」

河野「光り輝いてる!」

森崎「白真珠豆?」

舟橋さん
「おしい!福白金時といいます」

「福白金時(ふくじろきんとき)」は、
主に和菓子の原料などに用いられる
生産量が少ない希少な豆です。



続いてはコチラの豆!

ホノカ「なんか茶色っぽい!

森崎「なんかカワイイな」

舟橋さん
「こちらの豆は“とら豆”です」


「とら豆」はその名の通りトラ模様が特徴で
主に煮豆や惣菜に用いられる珍しい豆。

そのほか紫色が特徴の
「紫花豆(むらさきはなまめ)」
ウズラ模様が特徴の
「中長(ちゅうなが)うずら豆」など、
菜豆と呼ばれる豆には
様々な種類があるんです。

舟橋さん
「浦幌町ではアズキより
 菜豆(サイトウ)の方が面積が多いんです

森崎「へえ〜」

ユウタ
「トラ豆とか見たことがないから
 珍しいと思った」

森崎
「豆にもこんなに柄があるんだもんね」


さてここからは十勝シリーズで学んだ
輪作作物の小麦・じゃがいも・てん菜・
豆類で作った生産者直伝の
お手軽料理を頂きます。

1品目はビーンズクラブ代表
佐藤とも子さん。
千切りにした地元産のじゃがいも
「きたあかり」の生地に
チーズをたっぷりのせた『いもピザ』。

2品目は十字(じゅうじ)満さん。
地元産小麦と豆の煮汁を
合わせて作るパンで大正金時・福白金時・
とら豆などの煮豆をサンドした『煮豆のサンド』。
生クリームにはてん菜が原料のグラニュー糖を
使っています。

※レシピコーナーに『いもピザ』の作り方が
 アップされています!


ではみんなでいただきま〜す。

もう豪快にかぶりつきます。


アマネ
「チーズがキレイで
 焼き加減がすごいいい感じ!

森崎「うめ〜イモ甘いっ」
河野「美味しい!」

ホノカ
「パンとあってて豆の甘さが
 引き出されていて美味しい!」

河野「豆の味がしっかり出てる!」

十字さん
「生クリームは甘さ控え目で作ってます」

森崎
「いや〜豆うまいわっ
 うちの隣にパン屋さん出してほしい」


さてこの半年間
あぐりっこは十勝の畑作を学んできました。

森崎
「取材を3回やって十勝への想いって変った?」

タクヤ
「札幌では畑とか見ないから
 農家さんが作った作物をJAさんに送って
 お店に並ぶだけだと簡単に思ってたけど
 このシリーズで農家さんの大変さが
 良くわかりました」
 
森崎「十勝に住んでてどう思う?」

アマネ
「今までは(十勝は)作物を作っている量が
 多いだけでちょっとあっちやこっち(全国)に
 行ってる(出荷されてる)ぐらいだと思ってたけど 
 ここまで色んな人たちが作ったりしていて…
 改めてスケールが大きいなって思った」

森崎
「これまでも道路走ってて目にしていたこと
 だと思うんだよね。
 けど知らないと通り過ぎちゃう。
 勉強したことで豆を食べる時…
 小麦を食べる時、馬鈴薯を食べる時に
 考えることが出来る。
 そういう事を大切にしてもらいたいですね」


食糧基地十勝の生産者としての想いは?

佐藤とも子さん
消費者に安心な作物を届けたい!
 そういう気持ちをずっと忘れないで
 農業を続けていきたいです」

十字満さん
「四季が春夏秋冬ってあって
 この十勝の中で四季を感じながら
 仕事を出来るのはとても楽しいんです。
 楽しみを感じながら美味しいものを作る…
 というのをいつも心がけてやってます」

佐々木
「頑張っている皆さんのお話を聞けたのは
 本当に大きいですね」


河野
「本当にアレですよね…
 ありが十勝ですよね」

森崎
「ありが十勝…
 言うならもうちょっと
 自信を持って言ってくれないかな!」

私たちの食を支える十勝。
そのスケールの大きさを学んだだけでなく
生産者さんみなさんの熱い想いも
学ぶことができました。
これからますます重要になり
パワーアップしていく十勝農業!
これからも感謝していただきます!


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)