◆次回予告◆
4月27日(土)なぜ春にウマい?熟成ジャガイモの秘密
食べ頃は秋じゃない?   
春にウマくなる
熟成ジャガイモを学ぶ。
企業秘密も多い熟成の技とは?
これがジャガイモ?
初体験のおいしさに
森崎リーダーもん絶
アーカイブ
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   表示:2017年01月(25件)
<< [1] [2] [3] >>

2017年01月07日(土) |  日本一に輝いた牛は?
2017年01月06日18時31分23秒更新
ということで一行は、
日本一に輝いた乳牛がいるという
町内の酪農家のもとへ−


今回、都倉選手へ酪農について教えていただく、
佐藤牧場3代目の佐藤道寛(みちひろ)さん。

祖父の代から酪農を営み、
およそ130頭の乳牛を飼育しながら、
生乳の生産を行なっています。


森崎
「日本一に輝いた牛がいると聞きましたよ」

佐藤さん
「牛に点数をつける体格審査というのが
 あるんです!」

森崎「へえええ」


佐藤さん
「100点満点で牛の骨の構造の正確さ
 乳房の質や形状の良さなど
 色んな細かな基準があるんですけど…」

佐藤さん
「うちの牛が国内最高得点の96点
 取りました!
 今までは95点が最高だったんです」

森崎
史上最高の点数なんですね!!」

佐藤さん
「そうです。日本で1頭しかいない!」

森崎「うおおお〜すげええ」

ということで一行はさっそく、牛舎の中へ…


佐藤さん「どうぞ〜♪」

都倉選手「うおお〜すごっ!」

森崎「キレイ〜!!」

都倉選手
「毛並みがキレイじゃないですか?」


憧れ
体格が立派ですねえ〜」

佐藤さん「ありがとうございます」


森崎「どうですか?」

都倉選手
「デカくて…もう一歩がいけない…」


綺麗に毛刈りをした乳牛を、
衛生的でクリーンな牛舎
飼育する佐藤牧場。
ここで、日本一に輝いた牛を、
リーダーと都倉選手が当ててみることに!

都倉選手
「僕だいたい分かりました。 
 アスリートもそうなんですけど
 やっぱり姿勢なんですよね」


佐藤さん
「ちなみに日本一に輝いた牛は
 15歳のおばあちゃん。
 (人間に例えると約100歳!!)
 それがヒントです」

森崎「オレは見てきているからねえ〜」

リーダー、都倉選手、ともに自信満々の様子。
2人が選んだのは…

森崎「4頭目」
都倉選手「5頭目」

佐藤さん「答えはありますっ!」

さてどっちだ?


2017年01月07日(土) |  あえて機能性より手作業でチェック!
2017年01月16日10時34分47秒更新

佐藤さん
「答えは…4頭目です!」

森崎「うおおおおおお」

メッチャ本気で喜んでいます♪



佐藤さん
「この牛は足が丈夫で寝起きがスムーズ!
 乳房も下がらず!」

森崎
「人間で言うと高齢ですけども
 しっかりしているんですね」

佐藤さん
ハーゲンという血統の牛なんです」


ハーゲンとはアメリカで誕生した乳牛の血統で、
丈夫で体格が良く、生乳の生産能力も
非常に優れている牛のこと。

佐藤牧場は、そのハーゲンの血統だけを飼育。


一般的な酪農家同様、
早朝から様々な作業を行いますが、
良質な生乳を生産するために、
こだわっていることがあるんです。

佐藤さん
「児童でミルカーが外れるものが多いですが
 機械で自動的に外すのではなくて
 自分たちで確認してOKだったら
 外すようにしているんです」

森崎
「酪農家さんの負担を軽減させる
 素晴らしい機能ですけど
 それをあえて使わないんですか?」

佐藤さん
「自動で外れる機能をOFFにしています」


乳牛の状態を確認しながら行うという
佐藤牧場の搾乳作業。せっかくなので、
都倉選手も体験させていただくことに!

森崎
「ドンドンとミルクが出てますよ〜」


初めての搾乳に都倉選手も…

都倉選手「いえ〜い(パチパチパチ)」


佐藤さん
「機械が自動で外れる機能を使えば
 もっと早いんですけど…」

森崎「そうだよ!!」


佐藤さんはしっかり乳房を触ってチェック!

佐藤さん
「まだ搾乳できるかを確認!
 搾り残りがないか?とか…」


森崎
「最後にボタンを押して自動的に外れました。
 本当はここまでを自動でやってくれる機械!」

そしてさらに、
佐藤牧場ではエサやりにもこだわりが…


2017年01月07日(土) |  都倉選手の本気のお手伝い!
2017年01月06日18時33分38秒更新
佐藤さん
「エサを与える機械をつけているけど
 “どれだけ食べているか”とか
 全自動だとチェックできないので
 1種類だけ手作業でエサを与えています」
 
森崎
また1つオートを辞めたんですか?」


まずはこだわりのエサを見てみると−

森崎「見たことないかもしれません…」

佐藤さん「これはビートパルプです」

森崎
「普通は固く圧縮してあるものですが…」

佐藤さん
「固い状態じゃなくて
 水を含ませてフワッとした状態で
 あげるようにしているんです。
 どの牛も喜んで食べたんですよ!!」


ココはもちろん、持久力とパワーは
誰にも負けない都倉選手が挑戦!
水をたっぷり含んだエサは、
かなり重たそうですが…

都倉選手
「台車史上、一番重い!」

さあ坂にきました。

都倉選手「ここ…辛いですね」

佐藤さん「その坂が一番辛いですね」

都倉選手
「上りながらのこのカーブ。
 本当に重い!!」

台車を移動させるだけでも、一苦労の様子。
エサは1頭ずつ、
スコップに山盛りにして与えます。


森崎
「すごい食いついている!」

都倉選手
「エサも…ふやかした分、めっちゃ重い!」


都倉選手
「いつも朝の何時にエサやりでしたっけ?」

佐藤さん「エサやりは5時半くらい」

都倉選手
「5時半のテンションでは出来ないです


酪農家の苦労を感じながら、
一頭一頭にエサを与える都倉選手。
しかしエサをのせたスコップの重さは、
約15キロ。
体力には自信のある都倉選手でも、
さすがにキツイ表情が…

そして、プロサッカー選手としての
意地と根性で、なんとか終了!!

森崎・憧れ「お疲れ様でした〜」

無言の都倉選手

佐藤さん「本当に汗かいてる!」


64頭のエサやりを終えた都倉選手。
コレも乳牛を思いやる佐藤さんの大切な仕事…

佐藤さん
「重労働ですけど
 牛のために全てやっています!」


森崎
「全部やると思わなかったっしょ?」

都倉選手
「そうですね…なんかテレビとかって…
 そういうのあるじゃないですか?」


森崎「あはははは」

憧れ
「この番組はないんです!」


2017年01月07日(土) |  牛乳の製造工場へ!
2017年01月06日18時34分15秒更新

酪農の仕事に触れたあぐり一行は、
酪農家が生産した生乳が、
どのように製品となるのかを学ぶため、
町内にある「豊富牛乳公社」へ−

コチラでは、豊富町で生産される生乳、
年間6万トンのうち、
およそ4万トンを乳製品に加工しています。



憧れ
「豊富牛乳公社の中にやってきました」

森崎
「目の前にすごい巨大なタンク!!」


豊富牛乳公社 萩原雄介さん
「手前から一般的な牛乳成分調整牛乳、
 低脂肪牛乳コーヒー牛乳です」

森崎
「色々違うんだ。何リットル入るの?」

萩原さん「え〜10トンですね」

憧れ「10トン??」


酪農家から受け入れた生乳は、
厳しい品質検査が行われたあと、
1時間に12トンを処理できるという殺菌機を通り、
130度の高温で2秒間
しっかり殺菌します。

そして、脂肪分を均一化する機械を通って、
先ほどのタンクに蓄えられるのです。


萩原さん
「こちらが充填質になっております」

森崎
「あんな一瞬で牛乳が入っているの?」

都倉選手
「いやすごいっすね!」


森崎「ゆったりしてらんないよ」

憧れ「鮮度が大事ですからね」

森崎
「あんなにエサやり時間かけちゃダメなんだよ」

じぃぃぃぃぃぃぃ(都倉選手の視線)

森崎
「都倉選手。ピッチでも見ない顔は
 やめてください…」


製造される低脂肪牛乳や成分調整牛乳など
4種類の牛乳は、主に道内の
コンビニエンスストアに出荷しています。
その数、一日最大で1リットルパック、
およそ9万本、年間では3000万本を製造。
さらに…

萩原さん
「生クリームとバターも製造しています」


低脂肪牛乳と成分調整牛乳を製造する際に
発生する乳脂肪分を原料に、
業務用バターや生クリームも製造している
コチラの工場。

乳脂肪分をバターチャーンと呼ばれる
機械に入れて作る出来立てバターを、
今回特別に、試食させていただくことに!


「うわ〜すごおおおい」

森崎「布団みたい!」

都倉選手「想像を越えましたね…」

森崎「いい香りだねえ〜」


都倉選手「いい香り!!」

ひと口いただくと…

都倉選手「めっちゃなめらか!」

憧れ
「口当たりが滑らかでスーッと解けますね」

森崎
「うーんメルティー!
 ビックリしました。こんなに美味しいんだ」


都倉選手
感動します!
 同じものから製法を変えただけで
 全く別のものになるなんて…」

2017年01月07日(土) |  サッカーしながらアイス作り♪
2017年01月06日18時34分37秒更新

さてあぐり一行がやって来たのは、
おしゃれな小物雑貨や地元産牛乳を
使った料理が楽しめるカフェ「フェルム」。
コチラのお店で、
絶品のミルク料理をいただくのですが…

■ミルクカフェ&雑貨「ferme(フェルム)」
 住所:豊富町大通9丁目
 HP:http://toyotomi-ferme.com/



憧れ
「都倉選手にも牛乳を使ったデザートを
 作っていただこうと思います」

都倉選手
「つくるの?
 ボク料理とか全くできないよ!」

憧れ
「地元の小学生が手伝いに来てくれてます」

ということで外にでてみると…
「こんにちは〜!」

集まってくれたのは、
豊富町ジュニアサッカークラブの小学生。
都倉選手と小学生が作るデザートとは…


憧れ
「こちらの特製ボールを10分間蹴り合って
 アイスクリームを作ってもらいます」

子供たち「え〜どういうこと?」

憧れ
「ボールの中に缶が入っていて
 牛乳と生クリームと砂糖を入れて
 周りに塩と氷が入っています。
 それを10分間蹴り続けると
 アイスクリームが出来るそうです」

森崎
「都倉選手とサッカーできるって!」

子供たち「きゃーーー!」


ということで、都倉選手と小学生が
自由にボールを蹴りあいながら、
「缶蹴りアイスクリーム」を作ります!

※詳しい作り方はレシピコーナーへ。

憧れのプロサッカー選手と
ふれあう貴重な時間。
夢中でボールを蹴り続け、10分が終了!
 
カフェに戻って、試食タイムです。


店長の白田明美さんに作って頂いたのは
地元産牛乳と味噌を合わせたスープで味わう
「ミルクそば」!
今回お世話になった、酪農家の佐藤さんも
一緒にいただきます。

都倉選手
うんま!!合ったんですね」

佐藤さん
「おいしい〜〜」

森崎
「おかわりください!
 牛乳のこってりした所が味噌と合う」

※詳しい作り方はレシピコーナーへ。


そして都倉選手と地元小学生で作った
「缶蹴りアイスクリーム」も。
手作りデザートをいただきながら、
今回学んだ酪農をふり返ります。

都倉選手「おいしいっす!」

佐藤さん
「牛乳の味がすごく濃くて
 蹴っただけで出来たと思えないですね」

森崎
「料理をするにあたって、この町の牛乳は?」

白田さん
「すごく濃厚、でも後味がさっぱりなんです。
 何杯でもいけます!」


森崎
「今日みてきて何か変わりそうですか」

都倉選手
「ほとんど全て変わったというか…
 牛乳という物として
 届くという考えしかなかったけど
 すごい大変な思いをしながら
 愛情を込めて
 僕らの元に届くんだなって
 再確認できて、いい機会でした」


森崎
酪農っていうのは町の基幹産業です。
 酪農家の方が牛乳を搾るだけじゃなく
 工場で大型の機械が使われれば
 雇用が生まれる。
 すごく大事な産業として
 酪農は重要なんですよね」

憧れ「佐藤さんはどうでしたか」

佐藤さん
「帰ってから多くの消費者に
 こんなに大切に飼育して愛情を込めて
 牛乳ができていることを
 一人でも多くの人に伝えてもらえたら
 一番の幸せです!」

森崎
「エサやり、重い作業…
 本当に全部やってくださいました」


佐藤さん
「なかなか最近の若い人で、
 あそこまで根性ある人はいないので…」

佐藤さん
「本当に…ちょっとこれから
 もしサッカーができなくなったら…」

大爆笑。

都倉選手
セカンドキャリアいただきました!」


みなさん、こんにちは!
今日は「おむすびの日」にちなんだ
キャンペーンのお知らせだよ。

おいしい北海道米をもっと食べてもらおう!と
ホクレンでは1年を通して、
色々なお米の食べ方を発信しています。

第5弾となる今回は、
1月17日の「おむすびの日」。

この日は“阪神淡路大震災”が起きた日で、
食べ物の大切さを忘れないために
決められたんだよ。
北海道米を100パーセント使用した
いろいろな種類のおむすびが
道内のコンビニエンスストアやスーパーなど
およそ3300店舗で販売されているよ。
みんな食べてみてね。

以上、もんすけのあぐりニュースでした。


12月24日のクイズ
「ユリ根の生産量日本一の村の名前は、
 何だったかな?」

正解は「真狩村」でした。


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)