◆次回予告◆
8月18日(土)都会の真ん中で学ぶ農業とは?
190万都市札幌の市街地に
ある農業専門学校を訪ねる。
都会の中で花を育てる園芸から酪農実習まで幅広い農業を学ぶ
学生たちの夢とは?
ページ内検索

   表示:全て(2757件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [+10] >>

2018年06月30日(土) |  灌水のおかげで育ちが良い!
2018年07月01日17時02分33秒更新

リーダー
「どれくらいの量をまいているんですか?」

橋場さん「100トンくらい!」

リーダー
「100トン!?
 これ上水道だったら大変なことですよ」

橋場さん「使用料がすごいことになる!」



リーダー
「もうこんなにみずみずしい白菜になるんですか?」

橋場さん
「そうですね。潅水することで育ちが早くなる!」

リーダー
「へー潅水は水をあげて育てるだけじゃなく
 促成にもつながる!」

橋場さん「そうですね」


白菜は3月上旬から種まきが行われ、
6月中旬には収穫が始まります。

畑に苗を植え替えて灌水すること、
わずか1ヶ月半で、この大きさに成長!

さらに灌水は、水分不足に弱い特徴を持つ
白菜の品質低下を防ぐ、
重要な役割も担っているのです。

リーダー
「潅水作業はいつくらいにやってるんですか?」

橋場さん
「夜から朝止まるくらいにしてやってます」

リーダー「昼間にやることではない?」

橋場さん
「暑い時って葉が焼けちゃうから。」


橋場さん
「水のってね…温度高いとなおさら…」

リーダー
「水滴がレンズみたいになって
 葉焼けしちゃいますからね」


晴天の日には行わない作業ということですが、
特別に、見せていただけることに!

橋場さん「今でます…」

すると

森「キャー――」

リーダー「でた〜〜」

いんくん「すご〜〜い」


森「すごい!」

リーダー「予想外に出たね!」

森「すごい勢いですね」


2018年06月30日(土) |  勢いよく飛び出す水!
2018年07月01日17時02分46秒更新

橋場さん
「ああやって自動的に撒いていくんです」

リーダー
「四方八方に?
 はあ〜行きだけはトラックで引っ張るんだ」

 




「すごい範囲で水を撒いてませんか?」

橋場さん
「片側30メートル。両方で60メートル」

リーダー「すげ〜」


広範囲への灌水が可能な最新のスプリンクラー。
与える水の量を均一にする仕組みも
あるそうなんです。

スプリンクラーを近くでみてみると―

リーダー
「キレイ!下から押し上げてる!」

橋場さん
「近場にも水が降るように!」


森「広い範囲に行くってことですよね」

橋場さん
「遠くに飛びつつ手前にも水をあげる!」

リーダー「浴びたいなあ〜」

森「確かにあの下に行ってみたい…」


ということでさっそく近くにいってみると…

「うわっ!すご〜い。ヤダ!ぎゃっ」


ダッシュで戻ってくる森アナ

森アナ「無理!」


リーダー
「白菜の収穫は全部手作業ですよね」

橋場さん
「適期なのをさわって…
 葉っぱをはずして…」

包丁でカットしていきます。

森「うわ〜みずみずしいですね」


いんくん
「重い…」

いんくん「大きいですよ!」

2018年06月30日(土) |  収穫体験!甘いっ!
2018年07月01日17時02分57秒更新

さていんくんも収穫体験!

リーダー
「上手上手!さすが包丁さばき良いですね」

橋場さん「ばっちり!」

いんくん「とりました〜」



リーダー
「なんか…橋場さんより速かったな」

橋場さん「そうだね!上手(笑)」

パチパチ…


さすがは包丁の扱いに慣れているインくん!
リーダーと森アナも手伝いながら、
収穫を進めていくのですが、
白菜1玉の重量はおよそ3キロ。
これがなかなかの重労働なんです!

リーダー
「いんくん、どうですか?白菜の収穫は?」

いんくん「楽し〜い!」


リーダー「何個いけますか?」

いんくん「1箱…」

「これで終わり〜」


リーダー
「重たいよ〜」

収穫した白菜は、
出荷用のダンボール1箱に4玉を箱詰め。
1箱で、およそ12キロの重量にもなるんです!

この畑では、
5人程度で1日最大3200玉程度を収穫。
出荷期間の6月中旬から10月下旬まで、
ほぼ毎日この作業は行われ、
新鮮な白菜が届けられているのです。

せっかくなので、
とれたての白菜を試食させていただくことに!

 


ザクッ

いんくん「良い音」

半分に切ると−

リーダー「キレイ!スイカみたい」

森「キラキラしている」

リーダー
「中まで水が浸透しているのが分かりますね」


さて一口食べてみると−

いんくん「甘い!」

リーダー「うまい!幸せ〜」

「甘い!」


リーダー
「甘いし食感良いしみずみずしいし
 噛んだ時に白菜の汁がほとばしるんですが
 その汁が甘い!」

橋場さん「うれしいです!」


リーダー
「生で食べたりしないんですか?」

橋場さん
「生ではね…あまり…」

リーダー「めっちゃ旨いよ!」

ということでひと口食べてみると…

橋場さん
「甘いですね…シャキシャキ!最高

リーダー
「ほらっ!良かった〜」


じゃじゃん、もんすけです!
甘くてみずみずしい、北見産の白菜。
生産者が収穫した白菜は、
すぐに市内の出荷施設へと運ばれて、
とれたての鮮度を守るために、
真空状態で冷やしたあと貯蔵されます。

JAきたみらいでは高品質な白菜を生産するために、
地域一丸となって取り組んでいるんだよー!

JAきたみらい 竹次隆さん
「日照率が高い北見市で
 灌水を充分にできることから
 道内・道外に出荷していますけど
 安定して病害などもなく 
 評価をいただいています。
 収穫作業など手間はかかりますが
 高品質なものを安定出荷・供給できるように
 地域一丸となって取り組んでいきたいです」

北見産の高品質な白菜の出荷は10月下旬まで!
道内トップクラスの鮮度と美味しさを、
みんなも確かめてみてね!


2018年06月30日(土) |  いんくん 白菜お料理!
2018年07月01日17時03分11秒更新


「いんくんに白菜を使った料理を 
 披露してもらいましょう」

韓国・ソウル出身の料理研究家いんくんに、
白菜を使ったアイデア韓国料理を
教えていただきます!まず1品目は…

リーダー
「今日こんなみずみずしい美味しさを
 いただいたから、
 そういうのが活きてくるといいんですけど」

いんくん
「フルーツ感をいかしてキムチにする!」

リーダー
「でもキムチって時間かかるでしょ?」

いんくん
「このキムチ発酵時間が全くないんですよ!
 すぐ作ってすぐ食べられる!」



とっても簡単!
詳しい作り方はレシピコーナーをご覧ください!

http://www4.hbc.co.jp/agri_recipe/list.php?selectdayforcal=20180630&selectmonthforcal=201806


森「白菜料理をいただきましょう」

リーダー
「チョーかわいいんですけど〜」


リーダー
「やばい!かわいい〜」


「そう言いたくなるの分かります」
 女子力の高いお料理ですね」


まずはキムチサラダ。

橋場さん
「辛くないですわ!美味しい!
 このリンゴの甘みもあって!」


リーダー
「私は白菜巻き鍋を…
 うーん!煮込まれた白菜を噛むごとに
 白菜の旨みを伴ったお汁が
 ブシャブシャくるんですよ!
 ずっと噛んでる間ずっと美味しい!
 ピリ辛のお肉と合う〜〜!」

森アナは白菜おにぎりをー

「美味しい!
 白菜を湯がいているのにシャキシャキ!
 ピリ辛のご飯と合います!」


リーダー
「味付けはキムチなんだけど
 サラダ感覚ですよね。
 リンゴとかシャキシャキの食感
 いいですよね〜」

リーダー
「ただいんくん、辛いぞ〜!
 いんくん、食べられるの?」

実はインくん、
なんと辛いものが苦手だったんです!
でもここは、
あまーい北見産の白菜ということで…

あれれ…食べてみますが…

いんくん「…ぐふん…」

一行大爆笑。

ちょっと辛くなってしまいました(笑)


2018年06月30日(土) |  お・ま・け
2018年07月01日17時03分22秒更新


「お料理にしてみて白菜の魅力って
 ありますか?」

いんくん
「水分が多いのでサラダ感のある料理とか…



いんくん
「あま味があるから味が深いキムチになる!」


「収穫とかみてお料理とか変わりましたか?」

いんくん
「立派な白菜が出荷されるまでに
 すごい手間や努力がかかってるんだな〜って。
 感謝する気持ちを持たないと!」


リーダー
「白菜が浴びている水。
 ご自身が浴びたくなることも 
 あると思うんですよ。
 汗だくで作業している訳ですから…
 オレにこそ灌水してくれ!」


「それくらい大変な作業をされている…」

リーダー
「たまにはサングラスをはずして
 童心に返るのも…」


みなさん、こんにちは!
今日は、新しくオープンした、
おでかけスポットのお知らせだよ!

先月、江別市野幌にオープンした
注目の施設「ゆめちからテラス」。

新鮮な野菜が並ぶ「のっぽろ野菜直売所」のほか、
地元のミルクを使ったソフトクリームが
楽しめる「プチキッチン オギオギ」や
道産小麦を100%使用する「パスコ夢パン工房」が
あるんだって!

おいしい道産食材を「ゆめちからテラス」で
ぜひ味わってみてね。


お・ま・け

いんくんも水浴びを…


いんくん
「これすごい雨!」

リーダー
「なんかお二人ドラマティックですよ」

濡れてもキレイないんくんに…


「2ショットなりたくない!美しすぎる!」

----------------------------------
6月23日のクイズ
「北広島で今でも栽培されている
北海道米の原点となった品種は何か?」

正解は「赤毛」でした。


2018年06月23日(土) |  ♯481 米シリーズ@北海道150年!田植え編
2018年06月22日15時42分32秒更新

北海道…その名が付いてから150年。
農業と共に歩みを進めてきた、北海道の歴史。
中でも、主食であるは、この数十年で、
目まぐるしい成長を遂げてきました…。

30年前に誕生した「きらら397」から始まり、
「ほしのゆめ」や「ななつぼし」、
そして「ゆめぴりか」。
今や、大手外食チェーンのメニューや、
国内線ファーストクラスの機内食
採用されるなど、
かつて「やっかい道米」と言われた北海道米が、
最上級の評価を得て、日本中に浸透!



しかし、こんにちに至るまでには、
先人たちの血の滲むような努力と、
農業技術の目覚ましい進歩がありました…。
命名150年の今だからこそ、
歴史・生産・流通…。
北海道米のすべてに、シリーズで迫ります!

今回のあぐり王国ネクストは…、
米シリーズ第1弾!
北海道米の歴史を、
農業技術の今と昔で体感します。


森結有花アナウンサー
「北広島市にやってきました!
 ここは去年できたばかりの
北広島市役所!」

森崎博之リーダー
「ここに球場もできるんでしょ!
 あっちだ!清宮〜頑張れ〜!」



「ますます盛り上がるであろう北広島市ですが
 今回は北海道米の今と昔
  農業技術を体感することで知っていただこう…と」

リーダー
「どれくらい昔のことを言っているんですか?」

「150年前!」

リーダー
「わおっ!今年は北海道命名150年ですからね」



150年前の品種が今も作られているんです!」

リーダー
「えええええ〜」

森「いいリアクション!気持ちよかったです」

リーダー「どうして?どうして?」



「原点となるのが、その150年前の品種の米!」

リーダー
えええええ〜まだ作っているんだ。
 しかも、そっから始まっている!?」


では一緒に学ぶあぐりっこを紹介。

体力には自信あり!お調子者の小学4年生
高橋怜大人(レオ)君と
同じく小学4年生、マジメでがんばり屋さん!
松宮一加(イチカ)ちゃんの2人です!


リーダー
「150年前から北海道ではお米が作られて
 いたんだって!」

レオ
「確かに北海道150周年ですよね〜」

森「コメンテーター的な感じがありますねえ」


リーダー
「そんな昔から米食べられてたって知ってた?」

レオ君突然大きな声で
「知らなかった!!」

みんな大爆笑!

リーダー
キャラが…キャラがあります!」



「150年前ってどうやってお米が作られて
 いたと思う?」

イチカ
「田んぼにどんどんどんどん植えてって
 それを10月くらいになったらパーッと刈って
 わ〜い!って…」

森「あはは。今はどうやって作られてる?」

イチカ
「今も田んぼに植えてダーッと刈って…
わーい!

リーダーも一緒に「わーい!」


リーダー「変わってない!」

リーダー
「イチカ!150年何してた?
 俺たちは!変わってない!(笑)」

2018年06月23日(土) |  北海道米の原点「赤毛」とは?
2018年06月22日15時43分14秒更新
果たして…
北広島で今なお栽培されている品種とは、
どんな米なのか…。早速、生産者のもとへ!


米や小麦を生産する
農家の3代目である三戸修さん。
明治時代初期に北広島で始まった
当時の稲作についてお聞きします!

リーダー
「150年前の品種があると伺いましたが…」

三戸さん
「これがそうです!
 150年前の北広島市で栽培に成功した
 『赤毛(あかげ)』という米です」
 
森「あかげ?」

三戸さん
「今の北海道米の原点ですね」


こちらが、北海道米の原点と言われる品種「赤毛」。
実った時に「ノギ」と呼ばれる稲穂の毛が、
赤く色づくことから、そう名づけられたのだとか。

三戸さん
米作りの北限という言葉のがあって
 それが今の函館の大野町くらいまでが
 米作りの北限と言われている」

リーダー
「したら北広島はもちろんですけど
 上川のほうだって
 全然お米作れないじゃないですか?」

三戸さん
中山久蔵(きゅうぞう)さんという方が
 北広島で赤毛の栽培に成功して
 それを全道に広めたんです
 
リーダー「きゅうぞうさんスゲー!」


三戸さん
「赤毛がなかったら皆さんが食べている
 “ゆめぴりか”“ななつぼし”
 作れなかった!」

リーダー「いや〜すげー」



「こちらは北海道米の系譜です。 
 ずっとたどっていって…
 一番最初にあるのが、
 今見せてもらった赤毛という品種です」

リーダー
「その後は坊主になるんだね(笑)
 何なの?坊主って?

三戸さん
「赤毛の毛をなくしたことで…」

リーダー
「そうか!毛がないから坊主なんだ!」


「赤毛」は、なんと言っても
寒さに強いのが特徴でした。
今の米と比べると、
粘りややわらかさはなかったものの、
当時は貴重な食料源となった品種なんです。

リーダー
「でも何で今これを育ててるんですか?」

三戸さん
「初めて中山久蔵さんが北広島で
 栽培に成功した米を
後世に残していきたい!」


リーダー
「そんなの知ったら…
 久蔵さん泣いてるんじゃない?」

三戸さん「喜ぶ?」

リーダー(空に向かって叫ぶ)
「まだ作ってるよおおおお〜」


2018年06月23日(土) |  久蔵さんや先人の苦労を体験しよう!
2018年06月22日15時44分17秒更新
じゃじゃん!もんすけです!
寒地稲作の父と呼ばれる、
中山久蔵(きゅうぞう)さん。
実は北広島には、久蔵さんが暮らしていた
駅逓所(えきていしょ)が残っていて、
そこには当時を再現した水田もあるんだよ。
一体どんなヒトだったのか、
学芸員の方に聞いてみたよ。


北広島市 教育委員会
学芸員 畠 誠さん
「チャレンジすることを惜しまない人!
 同じようなお米を育てたいという人に
 無償でお米をと提供したり、
 あるいは育て方を教えたり…
 とても長い間、栽培指導を続けていたそう」

稲作には向かないと言われていた北海道、
当時は、どんな苦労があったの?

畠さん
「川の水を引いて水田に使っていたんですが
 そうすると川の水が冷たくて、
 うまい具合に育たないということで
 暖水路(だんすいろ)ということで
 迷路のようなものを作って水を這わせて
 それで温めて水田に注いでいたようです。
 その他にお風呂のお湯を使って温めたとか
 そんなことが言われています」


三戸さんら生産者の「赤毛種保存会」が栽培する
赤毛米を北広島市や地元の商工会が中心となって
加工品を開発!
赤毛米を残そうと地域一丸となって
PRしているんだって。

ほかにも、地元の小学生による田植えや、
収穫した米を給食に活用したりと、
久蔵さんの思いが受け継がれているんだよ!

今の北海道米は、久蔵さんら先人たちによって
支えられていたんだね!


さて、あぐり一行が学んでいる赤毛。
果たして、当時の田植え作業とは…?


「150年前は手植え…
 何年前まで手植えだったんですか?」

三戸さん
「昭和45年くらいから田植え機がそこそこ出てきて
 昭和50年代になると、ほぼ全ての農家で
 田植え機を導入された時代ですね」


リーダー
「東川町で祖父母が米農家をやっていて
 田植えも稲刈りもまいとり手伝っていた!
 小学校の間は手でやってました」

三戸さん
大変ですよ…
 腰が痛いですから!」

リーダー
「分かるだろっ!何言ってるんだ」


当時の田植えは、もちろん手植え!
それでも工夫を凝らした、
こんな農具も使われていたんです!


「みたことない道具なんですけど…」

リーダー「まんま当時のものですか?」

三戸さん「そうです!」


森「何だと思う?」

レオ「転がして使う!」

リーダー「転がしてどうする?」

レオ「どうしよう…」


リーダー
「何のために転がすんだ!?」

イチカ
「線をつけて…
そこに沿って植えていく!」

三戸さん「大正解!」

リーダー「すご〜い」


そうなんです!
こちらは、大昔に使われていた、
「コロ」と呼ばれるアイデア農具。
その名の通り、転がすと水田に目印がつき、
等間隔に苗を植えることができたんです。
リーダーも、早速挑戦!

2018年06月23日(土) |  いよいよ田植え!今年はどうなる!?
2018年06月22日15時44分48秒更新

さてコロにリーダーも早速挑戦!

リーダー
「三戸さん。これ押すの?引くの?」

三戸さん「押すの!!転がすんだよ」

さて押してみますが…

リーダー「もう辛い!」

森&あぐりっこ
「リーダー頑張れ〜」

と応援していたことろ−



カメラマンさん尻もちつきました(笑)

ちなみに、転がしたあとを見てみると…?

碁盤の目のように跡がついています。
この線と線が交差したところへ、
等間隔に苗を植えていくんです。


そうすることで、苗にムラ無く陽が当たり、
生育が均一に揃い、
収量の増加にも繋がったといいます。

リーダー
「はい〜着きました!」


ということで、リーダーが付けた目印に、
赤毛の苗を植えていきます!

レオ「うお〜気持ちいいなあ〜」

苗を植えていきます。


リーダー「土の感触どうですか?」

イチカ「すっごくやわらかい!」

ぎゅっと苗を植えていきますが−



「レオ!大丈夫??動けない?」

リーダー
「ツイスターゲームになってる?」

初めての田植えですが、
順調な滑り出しのあぐりっこ。


続いて、去年も手植えを体験し、
泥まみれになっている森アナ…。

今年こそはスマートに植えたいところですが…?


森「大丈夫ですよ!」

と言っていますが…

リーダー
森さん、どうした?
 手が沈んでいますよ!?」

まさかの足と手が埋まってしまう森アナ!

「大丈夫ですよ…(少々焦りが)」

なんとか手を抜いて立ち上がった…
と思った瞬間

「キャー」

やはり倒れちゃいました。
なのに−


「まだ大丈夫です!」

リーダー
「何が大丈夫なんだ?」


案の定、今年も泥だらけになる森アナ。
それに釣られるように…?

リーダー
ちょっと待ってレオ!レオ〜〜」

レオ「こけた〜〜!!」


リーダー「もう泥だらけですね…」

森「そうですね…」と話した瞬間!

バシャーン

リーダー「森さ〜ん!森さ〜ん!」


泣きそうなんですけど…出来ない!!」


2018年06月23日(土) |  手植えで実感!感謝と楽しさ
2018年06月22日15時45分15秒更新
開拓当時からこうして泣き笑いを繰り返して
育まれてきた、北海道の稲作。
先人たちの苦労を噛みしめるように、
ひとつひとつ苗を植えていきます。


イチカ「おわりました〜!!」

リーダー
「イチカお疲れ様!どうまだやりたい?」


イチカ
「まだやりたい!楽しい!!」

リーダー「本当!すごいね〜」


レオ
「終わりました!難しかった!」

三戸さん「難しかったか!?」


森「終わりました〜」

…ということで赤毛の田植え作業が終了。

途中から、リーダーが付けた目印も、
あまり関係なくなってしまったようですが…?

三戸さん
「初めてにしては上出来です!」

リーダー「優しい…」



「心に染みます…今は…」

リーダー「そうだよね〜」



「さてここからは場所を移して
 最新の田植えを見に行きましょう」

リーダー「最新の田植え?」


150年の進化というものを見に行きましょう」

リーダー
「いきましょう!
 またべちゃべちゃにならないでくださいよ」


「早く下着を替えたいんですけど…私は…」


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [+10] >>

TOP(全件表示)