アーカイブ
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   
<< [1] >>

2020年10月31日(土) |  ♯590 新十津川町 スマート稲作編
2020年10月31日00時04分39秒更新
少子高齢化が進む日本。
農業分野も例外ではなく、生産者が高齢化し、
さらに、就農人口も年々減っています。
その一方で、農家1戸あたりの経営規模は拡大しています。
そこで、限られた労働力で、
より広い面積に作付が出来るよう、
農作業の省力化が、今、強く必要とされています。

今回のあぐり王国北海道ネクストは、
新十津川町で稲作の最新技術に迫ります!


森結有花アナウンサー
「新十津川町にやってきました」

森崎博之リーダー
「新十津川町は米どころ!首を垂れた稲穂!」

森アナ「稲刈りの時期ですよねえ」  

リーダー
「新十津川町で特出すべきは
 うるち米もたくさんあるんですけど
 酒米がチョー有名で道内トップの出荷量!」

森アナ
「新十津川町はそんな米どころですが
 今回は稲刈りをしま〜す」

リーダー
「楽しみだなあ。
 年に1回稲刈りしないと肩が錆びちゃうからなあ」

森アナ
「今日はリーダーの登場シーンはないかもしれない…
 私も稲刈りしなくて済むかもしれません」

リーダー「どういうこと?」

森アナ
「今回伺う農場では
 最新の農業技術の実証実験を行っておりまして
 近未来の稲作を見ることができるんです!」

リーダー
「つまりあれですか…【スマート農業】!
 アレやコレを駆使した…なんか…すごいやつだ!
 スマート農業、スマート稲作!
 今回あぐりっこがいないんでね…
 人手が足りないからね…
 まあ今年はしょうがないでしょう」

森アナ
「今回は近未来の稲作、スマート稲作を見に行きましょう」

スマート稲作の開発・実証をしている農園へ-
森アナ「稲刈りの時期はいいですね」

リーダー
「今日は秋晴れで作業が進むんじゃないでしょうか」

ぶおおおおおおー

森アナ
「機械の音が聞こえてきました!
 あちらで操作されている方が白石さんです!」
 

何やら機械とともに現れた、白石学さん。
まずは何を見せてくれるのでしょう。

リーダー「遊んでるんですか?」

白石さん
「一応草刈りしてます!ラジコンの草刈り機で!」

白石さんが手元で操作すると…

ぶおおおお〜〜ん

リーダー
「すごい!子供でもできるじゃないですか!!」

リーダー「森アナでもできるんですか?」

白石さん「全然できますよ」

リーダー「森アナは無理ですよ…」

白石さん「大丈夫です!手を離せば止まります!」

リーダー「いいんですか?やって…」

白石さん「どうぞ!」

リーダー「ラジコンはやったことあるの?」

森アナ「初めてです!!前右左…」

白石さん「書いてある通りです」

森アナ、人生初のラジコンを操ってみると…

ぶおおおおお〜ん

草刈り機が直進しました!

森アナ「曲がったりもできるんですか?」

白石さん「右に(レバーを)倒せば…」

森アナがレバーを倒すと…

ぶおおおおお〜ん

右前方へ移動し始めました!!

リーダー「曲がるなって!危ない危ない!」

楽しくなってきた森アナ♪

森アナ「うおおおお〜〜♪」

リーダー
「バックしながらでも刈れるんですか?」

白石さん「刈れます!取りこぼしを刈ってます」

こんなにスッキリ雑草が刈れています!!

森アナ「楽しい〜〜」

リーダーもチャレンジ!!

リーダー「GO!!」

リーダー
「これはすごいねえ!便利!ラクですねえ〜
 遊び感覚で草を刈れるね」

田んぼの周りの雑草を刈るための、
「ラジコン草刈り機」。
普通の草刈り機と違い、押す力が必要なく、
腰をかがめることもなく、
また、斜面の草を刈ることも出来、
肉体的な負担をおおいに軽くしてくれます。

続いてのスマート稲作技術とは…?
森アナ
「種まきの段階から様々な取り組みが
 行われていきます!まずはこちらですが…?」

白石さん
「これは種のマットを並べているところです」

リーダー
「ハウスの中で育苗する準備をしているところ。
 何か道具みたいなのがありますね…」

森アナ「滑り台みたいな…」

白石さん
「育苗マットを上から流してあげると
 自動というか重みで並べてくれる!!」

リーダー
「ハイテク最新機械とは思えないですが…」

白石さん
「機械を導入する前は全部手で置いて並べていたんです」

リーダー
「この苗床を1個1個(トラックの荷台から持って)置く!」

白石さん「3枚とか持って順番に…」

リーダー「膝を曲げて腰を曲げて…の繰り返し!」

白石さん
「かなり重たい!
 それが腰の高さくらいから流してあげるだけ!」

リーダー「この腰高のテーブルに置くと…」

白石さん「勝手に流れる!!!」

リーダー
「う〜〜ん!スマート!!納得!!!」

リーダー
「ハイテクを駆使するだけじゃなく
 こういった機械も高齢者や人手不足の作業を
 軽減してくれている!」

森アナ「だいぶ楽になりましたか?」

白石さん
「相当違いますね!!
 いつも腰と背中がパンパンになってたのが
 これだと全然ラク!!」

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)