アーカイブ
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   
<< [1] >>

2020年12月05日(土) |  ♯595 新篠津村・キムチ編@
2020年12月04日11時00分20秒更新
漬物として、焼肉の相棒に、ご飯のお供に!
調味料として、炒め物に、汁物に
これさえあれば、食卓がより充実すること間違いなし!

今回のあぐり王国ネクストは、
新篠津村にある、キムチ工房に注目します。


森結有花アナウンサー
「新篠津村にやってきました!」

森崎博之リーダー
「ちょくちょくこれまでも来てますよね。
 米が盛んですよ。村の半分、田んぼなんだって!」

森アナ
「今回はそんな新篠津村でご飯にも合いますね。
 キムチに注目します」

リーダー
「大好き…うちでも作ってます!
 少しすっかい(すっぱい)のが好きね。
 3週間くらい経ったのが食べごろ」

森アナ「え〜3週間?」

リーダー
「それで食べきれない時はキムチ鍋ですよ。
 うまいです。乳酸菌がガンガン出て
 旨みがたっぷりですね!!!!
 あ〜腹減ってきた…」

森アナ
「お腹減ってきましたね。
 なんと元米農家の方がキムチを作っているそう…」

リーダー
「ご飯がたくさんある村ですから
 そこでご飯に合うおかずを作るってことは
 それは理にかなっていると思う」

森アナ
「20年以上家族だけで経営している
 工場があるようなのでお邪魔して
 キムチ製造方法を見せていただきましょう」

さあ到着しました。

■造り家(つくりや)
住所)新篠津村第35線北32
電話)0126-58-3532

リーダー&森アナ「こんにちは〜」

佐藤勇さんにお店のあらましをお聞きします。

造り家 社長 佐藤勇さん
「平成11年11月11日11時11分にオープンしました」

リーダー「偶然ですか?」

佐藤さん「あははは」

佐藤さん
「元々は農家の4代目なんです」

水田を減らして畑を増やすという
国の政策に合わせて、
ハクサイの栽培を始めたのが
キムチ造りへのキッカケでした。

佐藤さん
「新篠津村だけがハクサイを作っている訳ではなく
 どこの産地も野菜を作り始めたので
 自分たちが作っていた頃は
 まだ札幌市場も飽和状態じゃなかったんだけど
 5年…10年…と経つ頃には、
 市場が飽和状態となってしまい
 価格が全然安定しないんです」

佐藤さん
「それでね…
 ただ生産して市場に売るだけでは
 食べていけないということで
 母ちゃんに
 『キムチを作る勉強をしてみないか?』と提案して
 韓国に何度も行ったんです。
 ところがねレシピが無いんですよ。
 おばあちゃん達の手加減・あじ加減だけで
 非常に親切に教えてくれるんですよ。
 それをメモしてくるんですけど
 女房がそれを帰ってきて作るんですけど
 同じ味にならないので、
 『お父さんもう1度行こう』と言って
 また韓国に行って…
 何度も韓国に行きました」

農作業と並行しながら
キムチ造りの試行錯誤を重ね、商品化に成功。
21年前に開業しました。

リーダー「水田の方は今は?」

佐藤さん
「キムチはサイドビジネスと思って始めましたが
 全国的に広がったので
 キムチの生産が追い付かない状態になって
 農作業の傍らという訳にいかなくなったので
 今は農業はしておりません」

リーダー
「それほど人気商品でヒットした…
 という訳ですね!!!」

佐藤さん
「一応は家族4人でやっていますが
 生活かろうじてできるようになりました!」

全国各地から、取り寄せの注文が届く、
造り家(つくりや)のキムチ。
その人気の秘密の一つが…

人気の秘密は…?
佐藤さん
「うちの商品は食品添加物使ってないんです」

リーダー
「無添加!!
 無添加というものに認識を広げたいですね」

リーダー
「防腐剤は無くても自然のもので
 例えば塩をたくさん入れれば防腐効果はある!
 砂糖ってものも防腐効果はある!
 そうやってできているのが漬物。
 漬け物は保存食品な訳です!」
 

リーダー
「という訳で
 どうぞお買い上げください!!!」

森アナ
「あははは!これは買わさりますね!!」

さて、このキムチはどのように作られているのか…
工房におじゃまします。

キムチ作りの工房にお邪魔します!
佐藤さん
「こちらが下漬け担当です」

息子さんの義浩さん!

佐藤さん「お嫁さんの円さんです」

円さん「宜しくお願いします」

佐藤さん「一番奥がうちの奥さん…」

奥様の美知代さん「熟成しています!」

あはははは(みんな大爆笑)

リーダー
「すごいリアクションに困ることを言いますね…」

森アナ「キムチジョークね!」

リーダー「ご家族で経営されているんですね」

リーダー「こちらにたくさんハクサイがあります」

佐藤さん
「まず最初にハクサイを持ってみてください」

リーダー「おおお〜ズシッときます」

森アナ「立派ですね」

佐藤さん
「これほとんど外葉がないでしょ?
 通常市場に出すには2.7kgでいいんですが
 それがこれは4kg以上あるんです」

リーダー「もともと大型のハクサイ?」

佐藤さん
「農家さんにすごく大きく育ててもらっているんです」


リーダー
「外葉を取ってるけどこれだけ大きく重たい!!
 もともとすごい大きさののもの…」

佐藤さん
「そういう風に育ってくれたものを
 あえてお願いして使っています」

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)