アーカイブ
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
ページ内検索

   
<< [1] >>

2020年12月12日(土) |  ♯596 ニセコ町・チーズ編
2020年12月10日20時51分58秒更新
突然ですが、問題です!
この漢字は、ある食べ物の表記なんですが
「乾」くに、酪農の「酪」」…何だかわかりますか?

答えは…チーズ!
「酪」は、牛やヤギなどの生乳のこと。
チーズは、その水分を抜いて作られることから、
この漢字があてがわれたそうなんです。

さて今回のあぐり王国ネクストは、
国産チーズの頂点に輝いたニセコ町のチーズ工房へ!
こだわりの原料と熟成方法を探ります!


眩しくて目が開けられません…ごめんなさい…
森結有花アナウンサー
「ニセコ町にやってきました」

森崎博之リーダー
「今日は天気がいいなあ〜
 太陽さんも燦燦と照り付けてですね
 私たち目が開きません!」

森アナ
「今回はニセコ町のチーズ工房にお邪魔します!
 そちらの工房ですが…
 今年10月には発表されたジャパンチーズアワード2020で
 3部門で金賞に輝いています!
 しかも世の中に出回っている、
 ほぼすべての種類のチーズを作っているそうです!」

森崎リーダー
「世の中に出回っている、
 ほぼすべての種類のチーズを作っている?」

森アナ
「バラエティー豊かなうえに
 高い評価を得ているのがスゴイ!」

リーダー「すげーチーズ工房なんだな!」

ニセコチーズ工房へ!
ということで早速、ニセコチーズ工房にお邪魔しました!

■ニセコチーズ工房
住所)ニセコ町字近藤425-6
電話)0136-44-2188

森崎リーダー&森アナ
「こんにちは〜よろしくお願いします!」

コチラの方が、国産チーズの頂点に輝いた
チーズ職人の近藤裕志さんです!

リーダー
「これじゃないですか!
 ここに今年のチーズアワード2020が
 加わるんですよね?」

近藤さん
「ちょうど後ろに賞状があります」

リーダー
「おめでとうございます!
 これまでも受賞しているけど
 1部門、2部門だったんですよね。すごいですね」

森アナ「おめでとうございます」

リーダー
「それで…めちゃめちゃ種類多いですよね」

近藤さん
「そうですね!
 種類は日本でもトップクラスだと思います」

リーダー
「チーズってウォッシュタイプ、セミハード…
 色々あるじゃないですか?
 常時どれくらいあるんですか?」

近藤さん「今だいたい24種類くらい…」

リーダー「作るの大変じゃないですか?」

近藤さん
「自分で首絞めてます(笑)!あはは」

金賞受賞のチーズのお味とは…?
果たして、金賞受賞チーズの実力とは…?
オススメのチーズを合わせ、
3種類を試食させていただくことに!

まずは、晩秋のニセコを染める紅葉をイメージした、
「二世古 椛(もみじ)」。
ジャパンチーズアワード2020、
非加熱圧搾4か月以上部門で、
金賞・最優秀部門賞を受賞したチーズです。

リーダー
「いただきます!
 うわシッカリしてる!
 ぶわーんと広がる牛乳の風味!すごい…
 無くなってからの方がうまいかも!」

森アナ
「うん…わあああすごい!
 噛んでくことにどんどんうま味が出てきますね!
 そしていい香り!おいしい!!」

続いては、青カビタイプの「二世古 空(くう)」。
ジャパンチーズアワード・青カビ部門で、
2016から3大会連続で最優秀部門賞を受賞したチーズです。

リーダー「淡い香りですね…」

近藤さん
「ブルーチーズとしてはそんなに臭くはないですね」

リーダー
「しかし食べたら青カビがガツーン!!
 でもすごい食べやすい!
 何これ?うちの息子でも食べられる!」

近藤さん
「苦手な方が食べられて
 あれ?食べられるって人もいます」

リーダー
「これも口の中にチーズが無くなってから
 さらにうま味が残る!」

森アナ
「うおおお来ますねえ!おいしい!
 ツーンと来る感じはないんですよ。
 ぐわんぐわんってうま味だけが口に広がる」

最後は、ウォッシュタイプの「二世古 風音(かざね)」。
外側を塩水やお酒で洗いながら熟成させた
強い香りが特徴のチーズです。

リーダー
「チーズの熟成の香りが強い!
 食べたらクリーミー!」

近藤さん「そうですね。味がキツイ訳ではない」

リーダー
「すっごく優しいまろやかな味わい!」

近藤さん
「そうですね。日本人が作ったチーズなので
 キレイな味を目指してます」
 
森アナ
「食べやすい!
 お子さんでも食べやすいと思います」

リーダー「なんかミルクのダシみたいな…」

近藤さん
「生乳の質は活かしながら作っています」

脱サラからチーズ作りへの挑戦!
森アナ
「工房は新しいですよね?」

近藤さん「今年の6月にできました。できたばっかり!」

森アナ「近藤さんが始められたたんですか?」

近藤さん
「もともと父が始めました!」

2005年に、
もともと小売業のサラリーマンをしていた
近藤さんのお父さんがニセコチーズ工房をオープン。

そして2010年、
同じく小売業のサラリーマンだった近藤さんも、
2代目チーズ職人として加わりました。

その後、ヨーロッパでチーズ作りの技術を学び、
今年の6月、コチラの工房を新築したのです。

近藤さん
「脱サラで始めたので
 常識的なつくり方を変えてみたりドンドンしていって
 ある程度ならった技術から自分流にして作っています」

リーダー「これまでの常識を覆す!」

近藤さん
「その代わり、メチャクチャ失敗しています!(笑)」

リーダー
「そりゃあそうですよね。
 いきなり上手くいくことなんてないですよね」
 
森アナ
「でもそれがチーズの歴史を変える挑戦かもしれないから
 しかも結果がついてきている訳ですから…!!」

<< [1] >>

一覧を表示

TOP(全件表示)