◆次回予告◆

12月23日(土)貯蔵から加工までタマネギコンビナートとは?
タマネギの貯蔵から加工までを担う富良野の巨大施設に迫る。
北海道のタマネギを通年出荷
するための巨大倉庫に
森崎リーダー仰天。
タマネギを使った絶品ソースを使ったレシピにあぐりメンバー舌鼓
ページ内検索

   表示:2008年11月(34件)
<< [1] [2] [3] [4] >>

2008年11月29日(土) |  #21放送分 十勝シリーズ第2弾は帯広の長いも!
2008年11月28日16時09分44秒更新

秋の十勝シリーズ2回目は
帯広市の広〜〜〜い畑から
スタートしました。

松坂アナが
今回取材する野菜についてのヒントを
リーダーやあぐりっこ隊に伝えます。



キーワードは

縄文時代

山うなぎ

台湾

あぐりっこは
チンプンカンプンのまま
隣の畑へGo!!


生産者の藤田さんが
私が作っているのはコレ!と
立派な十勝川西長いもを
見せてくれました。

「十勝川西長いも」とは
平成18年の地域団体商標制度により
商標登録された十勝地方の
ブランド長いもなのです。

現在、このブランド長いもは
JA帯広かわにしをはじめ、
JAめむろ、JA中札内村、JAあしょろ、
JA浦幌町、JA新得町、JA十勝清水町の
7つのJAが協力して生産しているのだそうです。

さてさて、藤田さんの後ろに
工事現場で見かける重機が写っていますが
これがないと長いも収穫は
はじまりません。


それは なぜか?






藤田さん

長いもは 長いいも なんですね。」



一同「はい。」

藤田さん
「なので 手では掘れないんです・・・」



「じゃ〜 収穫体験させてください!」


藤田さん
「はい。では溝をもう少し掘りますね」

森「それじゃ〜 
 オレが今から
  クレーン動かすから!!」


河「ちょっとちょっと
  危ないですからっ!!」




河「だいたい これをクレーンって
  言ってる時点で危ない!!」


ショベルカーでしょ!」



「ガハハハハハァ〜〜」


「今回の優勝は私じゃないですか!」と

勝手に”デカデカ長いもグランプリ”を
開催していた松坂アナ。

確かにキングサイズを掘り当ててました・・・


一方、





・・・・



あぐりロケでは何が起きるか分かりません。
まるで台本どおりのような展開になりました。



森「 食べてみたい!!

待ってましたっ!!
リーダーの定番の名ゼリフ!!

森「まるで
  イタリアンジェラートのようだ・・・」

一同納得。

河「はいッ」

森「ガブッ」

河「どうですか?」

森「あっ 甘いっ!! 」




2008年11月29日(土) |  長いもが出来るまで!
2008年11月28日11時06分29秒更新

じゃ〜ん!もんすけです。
海外でも人気の十勝川西長いもは
収穫までどのように育てられるのでしょうか?



5月上旬!
まずは、植え付け作業。
専用の機械を使い
種イモを均等な間隔に植え付けていきます。


その後、長いもの生育に
欠かせないネットを張る作業。
左右均等・等間隔にポールをたてて、
ネットをはっていきます!

8月、夏の太陽を
たっぷりと浴びたつるは2mほどに成長!


そして10月、
つるが3mほどになった頃、
ネットとポールを撤去し
収穫の準備にはいります!


ちなみにネットは
土に分解する
「バイオマスプラスチック製」!
堆肥としてリサイクルできるんだって!

11月上旬、ついに 秋掘りの収穫!


長いもに傷をつけないよう手作業で
丁寧に掘り出されるんだね!

2008年11月29日(土) |  長いもの栄養パワー!!
2008年11月28日14時44分14秒更新
じゃじゃじゃ〜ん
   もんすけです。

栄養満点の長いもは
海外でも人気なんだって!


台湾では
長イモを「山薬(シャンヤオ)」と呼び、
漢方薬としても珍重されているんです。


天使大学の荒川先生に
長いもの栄養について聞きました!

長いもの主成分はデンプンですが
カリウムや亜鉛などのミネラルも豊富。

そして長いもならではの特徴といえば、
強力な消化酵素がたっぷり入っていること。


「マグロの山かけ」というメニューがありますが
長いもの酵素がマグロの消化を
助けるという働きをするのです。

美味しくて栄養があって
他の食べ物の消化を促進するという長いも!!
もっといっぱい食べようね♪

2008年11月29日(土) |  ”JA帯広かわにし”のすごい施設
2008年11月28日10時59分13秒更新
全国各地に届けられる
    ”十勝川西長いも”!

おいしさの秘密は、
良質な土壌と降水量が少なく
晴天日数が多い十勝の気候風土!

さらに、昼夜の寒暖差が多いコトが
長いもの甘みをますんだって。

十勝ってスゴイんだね〜〜〜!!


実は日本だけではなく、
台湾やシンガポールなど
海外でも大人気!

一本一本大切に
収穫された長いもは
国内最大規模のJA帯広かわにしの
「長いも洗浄選別施設」に
運ばれてきます。


ここでは、長いもの洗浄、
計量、規格の選別、箱詰めまでの
ほとんどの工程を機械で行います。

そして大切なポイントでは
必ず人の目で厳重に品質をチェック!

これらは、傷の無い高品質な長いもを
効率よく出荷するための工夫なんだって!

そしてさらに今年、
食品衛生管理の国際規格
「HACCP(ハサップ)」
の認証を取得!

国内最先端のシステムで
出荷される「十勝川西長いも」は
安心で安全なんだね!

2008年11月29日(土) |  JA女性部直伝!長いも団子○○○
2008年11月28日11時13分28秒更新

長いもを使った
  お手軽クッキング! 



まずは、長いもの皮を
丁寧にむきます。


次に、すりつぶしやすいよう、
適度な大きさにカット。

切った長いものヌメリを取るため、
1分程度 塩水につけます。


そして、お鍋でゆでることおよそ15分。
長いもが箸で切れる程度の
柔らかさになったら・・・

熱いうちにつぶします。

つぶし終わったら、十分に冷まし、
片栗粉と薄力粉を入れ、こねていきます
 


タネがよく混ざったら
お好みの形にしていきます。

フライパンやホットプレートで
焼き上げて出来上がり!

2008年11月29日(土) |  JA女性部直伝!長いもジュース などなど
2008年11月28日11時23分23秒更新

超カンタン、
 長いもジュースの作り方!



材料は、
長いも、牛乳、砂糖、
そしてリンゴ、氷の5種類だけ!

すべて材料をミキサーの投入!

スイッチON!
出来上がり。

そして料理の試食タイム。

りんねちゃんが
目を見開いたまま
フリーズしました。


その訳は・・・・





この長いも春巻き。


実はりんねちゃん、春巻きが大好物。

JA女性部直伝の
”長いも春巻き”の
あまりの美味しさに
フリーズしたというわけです。

そしてリーダーが
「どうだ?しょうた 春巻きは?」

しょうた「長いもと春巻きの・・」

リーダー「もういいよっ!!」

そしてさらに、
長いものピザ風チーズ焼き!!

素材は全部十勝!!
オール十勝のピザです。

番組の最後に登場したのが
こちら しょうた君のお母さんが作ってくれた
長いものカレー炒めです。


今回 番組で紹介した
全ての長いも料理のレシピは
JA帯広かわにしのホームページに掲載されています。

JA帯広かわにし長いもレシピ

で検索するとそのページに辿りつけますので
是非参考にしてください。


2008年11月22日(土) |  #20放送分 十勝シリーズスタート 初回は士幌町!
2008年11月22日15時03分36秒更新

9月の芽室町・幕別町に続き、
あぐり王国 2度目の十勝の大地へ!
しかも今回は3週連続で
十勝の大規模で迫力あふれる
秋の収穫の様子を伝えます!



ロケは10月下旬でしたが、


もう“つなぎ”だけでは
寒くなってきた・・・ということで
今回から上着を着用!!

アダルトチームは
つなぎに良く似合う作業用ジャンパー!
あぐりっこチームは
モコモコのダウンジャケットです。


十勝シリーズの1回目は士幌町です。

松「実は士幌町には東洋一の規模を誇るという
アルものがあるんですがそれは一体なんでしょう?」

一同「まったく分かりませ〜〜ん」


松「では正解です!」
  ペリペリペリ〜

松「馬鈴薯コンビナート!!」

あぐりっこ 「えっ?」  「なに?」

河「答えを出しても分からないのですが・・・」


2008年11月22日(土) |  東洋一の馬鈴薯コンビナートへ!
2008年11月22日15時00分52秒更新

倉庫と加工工場が集まった複合施設?
「東洋一の馬鈴薯コンビナート」とは
一体何なのかーー?

一行は、早速 向かいました!



JA士幌町 農産部の
高橋さんに案内していただきました。

まずはその施設の広さと大きさにビックリ!
ジャンボ機の格納庫かと思えるほどの
巨大貯蔵倉庫が12棟も並んでいました。


士幌町をはじめ十勝北部の
5つの農協から運ばれてくる
ジャガイモが貯蔵されるそうです。
その量、なんと15万トン!!

高橋さん「ジャガイモを集める施設としては
日本最大級で東洋一!」


森「“東洋”なんて言い方、
   昔の女子バレーでしか
    聞いたことないなぁ〜!」

河「東洋の魔女ね!」

あぐりっこ「わかんな〜〜〜い」


そして巨大な貯蔵庫の中へ。


河「ここには13品種ものジャガイモが
  集まってくるそうですが
  高橋さん、その品種名を教えてください!」


高橋さん「はい。いいですかぁー。
       男爵・メークイン・キタアカリ・
       とうや・きたひめ・トヨシロ・ワセシロ」


順調♪順調♪

 

 


高橋さん「さやか・スノーデン・
      ホッカイコガネ・ひかる・
       スノーマーチ」



さすが、これで12品種! 


そして最後!!

 


高橋さん「あと1つ何だっけ?」

一同「おしい〜〜〜〜〜〜〜っ」

 


正解は
 「オホーツクチップ」
          でした!


2008年11月22日(土) |  えっ!?十勝北部限定のポテトチップス??
2008年11月22日14時57分50秒更新

高橋さんが「これ見てください」と袋を1つ。

一同「ポテトチップスだぁーー」



高橋さん「実はこれ 
       JA士幌町が作っている
        ポテトチップスなんですよ」


 森「でも初めて見ます。
    札幌でも売ってますか?」

高橋さん「いいえ。これは
     地元の生産者の皆さんへの
     感謝の気持ちを込めて
     いわゆる還元用として作っていまして、
     士幌町とその周辺地域だけの
     十勝北部限定販売品なんです。」


あぐりっこ「だから“いつもありがとう”って
            書いてあるんだ!!」

高橋さん「そう!そのとおりです!」

2008年11月22日(土) |  魅惑のポテトチップス工場に潜入!!
2008年11月22日14時54分03秒更新

今回 そのポテトチップス製造工場で
取材させていただくことが実現しました!



いつも食べているポテトチップスが
どんな風に作られているのか?
あぐりっこも興味津々です。
ご案内いただいたのは
工場長の岡部さんです。

工場のすぐ横にある倉庫から
運ばれきたジャガイモ。

 


2度洗いされて、
 皮がむかれます。

 


次に傷のあるジャガイモとか
太陽に当たって緑色になったジャガイモを
取り除く作業。 

同時に大きめのジャガイモは
そのままだと袋に入らないので
適度な大きさにカットします。

この工程は機械では出来ない
人手の必要な作業だそうです。


そして機械でスライスされ、
軽く水洗い。


そのあと、長〜〜〜〜いフライヤーの中で
じっ〜〜〜〜くりと揚げられるのです。
フライヤーの出口を見ると・・・・


揚げたてアツアツの
ポテトチップスだらけです・・・
おいしそう〜〜


それに味をつけて、
計量されて袋詰めされるのです。


この時点でポテトチップスはまだホカホカ。
あったかい袋にあぐりっこも大感激!!

<< [1] [2] [3] [4] >>

TOP(全件表示)