◆次回予告◆
6月24日(土)「江差の伝統菓子”こうれん”って何?
江差町で古くから作られる
伝統菓子“こうれん”に注目。
初夏限定の”こうれん”作りにあぐりメンバーも挑戦。
”こうれん”、果たして
どんな味なのか?
ページ内検索

   表示:2009年12月(20件)
<< [1] [2] >>

2009年12月26日(土) |  #75放送分 もち米の里でドカーンとペッタン♪編
2009年12月24日13時33分47秒更新

今年最後の
あぐり王国北海道! 
今回一行が
訪れたのは道北名寄市!

名寄ならではの
絶品料理が続々登場!
寒さ厳しい名寄市で
あぐりっこ隊を
待ち受けていたものとは
一体なんだ〜!?



松坂
「こんにちは! 
 あぐり王国です!
  名寄市風連町に
    やってきましたぁ〜〜!!」
  
森崎
 「一面真っ白!
  ここで何が作られていたのか・・・
                ですね!」

 


松坂
 「コチラ名寄市は、
     人口31000人。
 寒暖の差が
  非常に大きいのが特徴でして、
  夏は30℃を超えることが多く、
   冬には-30℃もの
      冷え込みになるんです。」

 


森崎
「名寄のみなさんは
  年間で60度の気温差の中を
   生き抜いていらっしゃる!」
 


松坂
 「名寄市で何を
  お勉強するのでしょうか!ヒントです。

 ヒント1 名寄市が作付け面積・収穫量ともに日本一!
 ヒント2 「風の子」「しろくま」「はくちょう」
 ヒント3 お正月には絶対必要!     」


森崎
「みんな何か分かるかな?」

あやのちゃん
「はい!もち米!!」



松坂
「正解!!」


藤尾
「地元・名寄の
 みなみを差し置いて
  あやのが答えました。」

もち米生産者で
JA道北なよろ もち米生産組合長の
及川さんにもち米生産について
教えていただきました。

及川さん
「ここが私の水田ですよ。」

及川さん
「名寄のもち米生産農家は
 346戸ありまして
 全部の水田を合わせると
 2700ヘクタールになります。
 名寄は夏場でも
 昼と夜の温度差があることや
 病気や虫の発生が
 少ないという特徴があります。」
 

森崎
「それなら防虫にも
 農薬が少なくて済みますね!」

及川さん
「はい。安心で安全な
 美味しいお米が
 とれるということですね!」

2009年12月26日(土) |  名寄が日本一!雪で貯蔵
2009年12月24日13時49分11秒更新
ジャーン! もんすけです。
2700ヘクタール!
日本一のもち米の
作付面積を誇る、名寄市!
ところで、どうして名寄市で
もち米の栽培が
盛んになったのでしょうか?


JA道北なよろ 種田さん
「名寄市のもち米の作付は
 本格的には        
                 」


 種田さん
 「この地帯はうるち米の栽培が
  主であったんですが
  気象条件などの厳しさの中で
  比較的低温に強い
  もち米の栽培が
  検討されたのです。」

種田さん
「11名の生産者によって
 昭和45年に
 もち米生産組合が
 設立されました。
 良質なもちの生産に向けて
 栽培面積の拡大に向けて
 努力を続けてまいりました。」


藤尾
 「収穫したあと、
  もち米はすぐに
  出荷されるんでしょうか?」

及川さん
 「すぐに出荷される
    モノもありますが、
 来年の出荷まで
     長期保蔵される
 お米もあるんです。 
 今は寒いので
 保存状態はイイですが、
 来年の5月以降になって
        温かくなると、
  お米の保存には厳しく
    なってくるんです…
 でもJA道北なよろには
  雪わらべ雪中蔵”という
 雪を利用した
  貯蔵施設があるんですよ!」


温度管理が大切なもち米!
もち米を夏場の
暑さから守るための施設
「雪わらべ雪中蔵」とは
いったいどのような
仕組みなのでしょうか?

JA道北なよろ 寺田さん
「JA道北なよろの”ゆきわらべ雪中蔵”は
 雪の冷熱エネルギーを利用した
 低温貯蔵施設です。」

JA道北なよろ 寺田さん
「3月に約1300トンの雪を
 雪むろに貯蔵し
 雪による冷たい空気を
 貯蔵室へ送ります。
 その空気を循環することで
 湿度を一定に保ちながら
 低温でもち米を
 貯蔵しています。」

JA道北なよろ 寺田さん
「低温での保管と
 雪を利用するコトにより
 適度な湿度がえられることで
 品質・食味の劣化を
 抑えることが出来る
 貯蔵施設になっています。」

2009年12月26日(土) |  ドカーーーーーン
2009年12月25日11時34分00秒更新
松坂
 「生産量日本一!
  名寄産のもち米で
   お菓子を作りましょう!
  ここからは、
  JA道北なよろ青年部
  泊りさんと堀籠さんに
   教えていただきす。」

森崎
 「もち米で作るお菓子って
  みんな分かる?」

あぐりっこ隊
  「わからな〜〜い」


森崎
「この機械は??」

堀籠さん
「ドン菓子製造機といいます」

森崎
「東川町では
 ポン菓子というのがあったけど
  同じかな?」

堀籠さん
「はい。
 圧力をかけて
 作るお菓子なんですが
 その圧力を解放するときの音が
 ドンとかポンというので
 ドン菓子やポン菓子と
    呼ばれています。」

森崎
「みんな もち米見てどう?
 ふつうのお米と違う?」


あぐりっこ隊
「粒がちっちゃい! 
   色が白い!!」

森崎
「SL型の容器の中に
 もち米が入りまーーす。」

森崎
「ガスバーナーに
    なっているよ!
 これでもち米を
  熱するんだね!!」

森崎
「ココをたたけばいいの??
  じゃー いくよーーー!!」



カチッ♪



藤尾
「ちょっとちょーっと!
 そんなんしなくていいですから!」


森崎
「お〜〜〜〜っ」





カチッ♪












ボカーーーンッ!!!




一同

「うわぁ〜〜〜〜〜〜」



森崎
「うわぁーーーーー
 全然思ったよりデカイ!!
   ビックリした!!」

森崎
「すごいドキドキが
   止まらない・・・」

松坂
「この小さなもち米の粒が
   大きくなりましたね!」

藤尾
「リーダー!リーダー!
 お米 当たってますよ!」


松坂
「口もとに お米が!」

砂糖水で作ったカラメルを
かけて名寄産ドン菓子が完成!

口いっぱいに頬張りました。
素朴な味が美味しかった♪

2009年12月26日(土) |  ビヨーーーーーーン
2009年12月29日12時20分15秒更新
粘りが特徴のもち米!
ところで、どうしてもち米は
粘りが強いのでしょうか?


天使大学 荒川先生
「栄養成分としては
 もち米も普段食べているお米も
 違いはありません。
 
 ただ、デンプンの性質が
 違うので粘りに違いが出ます。
 
 もち米のアミロペクチンが
 一度粘ると元に
 戻りにくくするのです。」


【お詫び】
09年12月26日放送の番組中、
”アミロペクチン”を
”アミノペクチン”と
誤表記するなどしてお伝えしました。
お詫びして訂正いたします。

森崎
 「あぐり王国、年忘れ 
  餅つき大会〜〜〜!」

松坂
 「日本一のもち米の里・
 名寄市ということで、
 ただの餅つきではございません!
 スペシャルゲストを
 お招きしております!
 ”もち大使”のお二人です。
 今年8月に行われた
 なよろ産業まつり・
 もち米日本一フェスタの
 餅つきイベントで優勝した、
 荒井さんと山田さんです!」


森崎
「回っても角度が変わらない!」


藤尾
「シンクロナイズドスイミングみたい!」

藤尾
「このスピードの中に
 手を入れていく
  勇気たるや、すごい!」


森崎
「すごいよ ちょっと!
   のびる!のびる!」

あぐりっこ
「おいしい!!
 お米そのものの味がする!!」


森崎
「はい、おもち置いて!」


あぐりっこ
「とれなーーーーい」

2009年12月26日(土) |  もち料理のオンパレードに感動・・・
2009年12月25日12時16分39秒更新

ドン菓子、もちつきのあとは
JA道北なよろ 女性部のみなさんが
つくってくれた もち料理を
堪能しました!



ゴボウだしのきいた
お雑煮。

おもちを生地にした
お好み焼き風。

お好み焼きにうるさい
関西人・藤尾さんも太鼓判。

松坂
「もっちもちのピザです!」

甘さ控えめの
かぼちゃ餡が
とてもおいしいおはぎ。

そして
あぐりっこ隊 人気ナンバー1の
きなこもち。


松坂
「きょうが今年最後の放送ですが
 一年振り返ってみて
  リーダー、いかがでしたか?」


森崎
「今年も北海道中の
 美味しいものを
 たくさんいただきました。
 こうやって楽しく面白く
 いただく料理というのは
 本当に美味しいと思いますよね。
 
 今 何を食べているのか?
 どこでとれたモノなのか?
 それを考えながら食べると
 もっともっと楽しく
 美味しくなるんじゃないかと
 思います。
 
 番組の中だけじゃなく
 各ご家庭のお子さんへの
 食育として広まっていけば
 嬉しいことだなと思います。
 
 来年もあぐり王国で
 まだまだある北海道の
 美味しいものを
 いただきに行きますよ!」

松坂
「あぐり王国、
 2010年は
 1月9日からの放送です!」


森崎
「みなさん よいお年を
    お迎えください!!」


2009年12月26日(土) |  09年は まさかのエンディングで・・・
2009年12月25日12時05分34秒更新
森崎
「じゃ〜
  ゆっこちゃんも
       やってみよう!」


松坂
「はいっ♪」


  ペタンッ♪


藤尾
「ちょっと〜」


森崎
「ゆっこちゃーん」


藤尾
「何がしたいの それ?」


森崎
「何したの いま?」


藤尾
「杵をおいたみたいやったよ」


森崎
「どーしたの?」





松坂
「ぅぅぅ〜 悲しくなってきました・・・」


森崎
「泣いてるの ゆっこちゃん?」

藤尾
「なんで泣いてるの?」


森崎
「あぐり王国 2度目の涙??」
    ※1回目=09年2月14日放送「和寒越冬キャベツ編」
           松坂アナ寒さにやられ 涙・・・。


松坂
もうちょっと
 かっこよくやります。

2009年12月19日(土) |  #74放送分 滝上ターキー&紋別ビーフの豪華な共演編
2009年12月18日10時17分10秒更新
松坂
「こんにちはーーーーーーーー
 あぐり王国でーーーーーーーす」


森崎・河野
「こんにちはーーーーーー」



森崎
「過酷なロケになってます」

河野
「吹雪でーーーーす」

松坂
「ここは滝上町の
 滝上公園ですが
 5〜6月に来ると
 素晴らしい景色が楽しめます。
 芝桜でピンク一色。」

森崎
「どうしてその頃に来ないの〜〜」

松坂
「取材するモノは
 今がシーズンなんです。」

森崎
「そっかぁ・・・」

松坂
「きょうのあぐり王国では
 JAオホーツクはまなすエリアで
 滝上町と紋別市の
 特産品2つを紹介しかいます。」

松坂
「まず最初は滝上町の
 特産品ですが
 ヒントはクリスマス!!」


森崎
「はい!!」















森崎
「サンタさん!」


河野
「サンタさんを生産するって
 どういうことですかっ!」

あぐりっこ
「プレゼント?」

河野
「お〜 ステキな発想。」

一行が向かったのは
古い感じの建物。


中に入ってみると・・・







ウァンウァンウァン(子犬のような鳴き声)

森崎
「何 この鳴き声?」

森崎
「えっ!
 コレが七面鳥!
 大きい・・・」


2009年12月19日(土) |  ターキーの美味しさにビックリ仰天
2009年12月18日10時55分09秒更新
アメリカやカナダなどでは
クリスマス料理の
定番食材でもある七面鳥。

ニワトリよりもカラダが大きく、
脂身が少ないのが特徴!
滝上では、町の特産品として
27年前から生産しているのです。


滝上生産組合 副会長
佐々木さん
「メスは大きくなれば8kg。
 オスだと8〜12kgぐらいまで
 大きくなります。」

続いて訪れたのは
七面鳥の加工施設。

こちらでは
どのような作業を
行っているのでしょうか?
   

森崎
「コレ・・・七面鳥ですか?
 みんなさっきの七面鳥、
  こうなっちゃったね・・・」

形を保つために
糸で縛ったあとは
棒に吊るして
燻製室で3時間いぶすのです!

森崎
「ホラ!森崎早く食べてよ!
  って感じがするね〜!!」

河野
「スゴイ 張りですね お肉が」


佐々木さん
「煙はサクラの
  チップを使っています。」

森崎
「河野君 大丈夫?!
   いぶされてきたよ!」



 
 

一同
「うわぁ〜 おいしそう・・・」


佐々木さん
「色の薄い方がムネ肉で
 トリの上半身です。
 そして色の濃い方がモモ肉。
 モモの方が味が濃いんです。」
 

【七面鳥のくん製(ターキー)の
         問い合わせはコチラ】

今年は受注が予定数に達し
売り切れになってしまいました。

来年(平成22年)の年末用の
予約受付は1月からです。

滝上町七面鳥生産組合
電話:0158−29−3850


2009年12月19日(土) |  オホーツクはまなす牛とは??
2009年12月18日11時14分19秒更新
滝上の特産、
七面鳥を堪能した一行は
次なるお肉を求め出発!

走ること1時間、
向かったのは紋別市!
生育方法にこだわった
ブランド牛があるのだとか!


肉牛生産者 中山さん
紋別肉牛推進協議会 会長
「ホルスタインのオス牛は
 牛乳を出しませんので
 オス牛は肉牛として育てて
 出荷するんです。
 ”オホーツクはまなす牛”
 というブランドで売っています。」

松坂
「実はその
 ”オホーツクはまなす牛”に
 なるためには
 3つの条件があるそうです。」

その1は
”ヌレ仔から出荷まで一貫生産” 
 
ヌレ仔というのは、
生後1週間以内の子牛のこと

中山さん
「この子はさっきココに
  入ったばかりなんです。
 体重は45〜50kgぐらいです。」



森崎
「河野君 いま何キロ?」


河野
「ぼく  113kg・・・
 実はこの1年間で
 17kgやせまして。
 でもダレにも
 気付いてもらえないんです。」


森崎
「ヌレ仔からの一貫生産の
 メリットとは何ですか?」


中山さん
「牛の移動ストレスが少なくなります。
 環境も同じところで育てば
 牛も健康に早く育つんです。
 またそれぞれの牛の個性を見極めて
 きめ細かな管理ができるんですよ。」 

”オホーツクはまなす牛”に
 なるための条件 その2

牛の寝床には
スライスされた木材(間伐材)を使用し
それを堆肥化し
循環農業に利用すること




中山さん
「ここにいる牛は
 生後16か月ぐらいです。」


”オホーツクはまなす牛”に
 なるための条件 その3


海草が含まれた飼料を与える!

海草のミネラル分を含んだエサを
”オホーツクはまなす牛”は
食べているのです。

2009年12月19日(土) |  赤身の栄養に注目!
2009年12月18日09時50分32秒更新
じゃーん、もんすけです。
人気ブランド牛
”オホーツクはまなす牛”!

高品質な肉牛を育てるために、
JAは様々な活動で
サポートしているんです!


JAオホーツクはまなす
森さん
「JAオホーツクはまなすでは
 安定的な流通が
 大切であると考え
 安全で安心な
 オホーツクはまなす牛の
 生産に力を入れています。」
 

JAオホーツクはまなす
森さん
「効率の良い堆肥の循環や
 健康な牛づくりに向けた
 飼料の工夫など
 生産者が統一した
 飼料管理に
 取り組んできました。
 現在では大手量販店の
 定期的な牧場視察交流や
 生産者が自ら量販店で
 販売支援をするなど
 ”消費者と生産者の顔の見える
  強い相互関係”が
  築かれております。」

年間出荷頭数、
4000頭!

こうしたJAのサポートが、
オホーツクはまなす牛の
生産を支えているんだね!

みんな大好き、
牛肉〜〜〜!!
ところで牛肉の栄養には
どのような特徴が
あるのでしょうか?

天使大学 荒川先生
「牛肉は他のお肉と同じように
 タンパク質が豊富で
 栄養価が高いんです。」

天使大学 荒川先生
「そして牛肉としての特徴は
 赤身が多いこと。
 赤身の色は
 ミオグロビンという成分で
 これは鉄を含んだタンパク質です。
 吸収性が良いので
 貧血などの強い見方といえますね。」

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)