ページ内検索

   表示:2013年01月(20件)
<< [1] [2] >>

2013年01月26日(土) |  ♯227 春一番の野菜!アサツキを学ぶ編
2013年01月24日17時29分39秒更新

早速ですが今回取り上げる野菜は…
アサツキ!

しかし街頭インタビューをしてみると−
「ニンニクの芽?」
「ネギ?ニラ?」「白髪ネギ?」
多くの人が「ネギ」と答えていました。



ネギの仲間でもある「アサツキ」は
広島県や福島県など
本州産が大半を占めているのが現状です。

しかし、そのアサツキは栄養価が高く、
今がまさに旬の野菜なんです!

天使大学看護栄養学部 荒川義人教授
「ベータカロテンや葉酸(ようさん)とか
 若い女性たちが不足しがちですが、
 不足すると貧血気味になるんです。
 そのため貧血予防につながるビタミンが
 豊富に含まれています」


北海道では馴染みが薄いアサツキですが、
独特の風味があり栄養価も高いんです。
北海道産のアサツキ
もっともっと食べましょう!
様々な調理法やお手軽レシピなど、
アサツキの魅力をたっぷり教えちゃいますよ。

ということで今回のあぐり王国は、
JAとうや湖エリアで栽培する
春一番を彩る野菜「アサツキ」に注目します。


佐々木
「今日は豊浦町にやって来ました〜!」

森崎
「いや〜季節が違えば…
 “イチゴ”が食べられたんですけど…」

佐々木
「イチゴも有名ですけど今回はアサツキ」


森崎
「お二人は北海道じゃないから
 よく食べたかな?」

河野「大阪なんでうどんや豚汁に入れたり…」

佐々木「私は馴染みがないんです…」

森崎
北海道も馴染みがないんです。
 だけど僕はアサツキ大好き人間ですから!
 うどんが好きなのでアサツキやかぼすなどを
 一緒に食べてましたよ。
 けどアサツキって聞いてあぐりっこも
 ピンとこないんじゃないでしょうか?」

河野「スーパーとかであまり見ないですから」


森崎
「しかも北海道産のアサツキってことだよね?」

佐々木
「実は豊浦町をはじめJAとうや湖エリアが
 アサツキの生産、
 “道内ナンバー1”なんです!」

森崎
「そうなんだ!本来であれば雪も少なくて 
 気温もある程度高くて…育ちやすいんですが
 今年は北海道…例外なくさび〜な(寒い)!」


佐々木
「そんな中でも一緒に勉強してくれる
 あぐりっこです!」

初参加の小学5年生カナコちゃんと、
小学6年生のフウちゃん、
ハヤテ君とヒカル君の4名です。


森崎
「ところでアサツキって知っている?」

あぐりっこ一斉に
「知らない!」


佐々木
「アサツキがどういう物なのか
 こちらをご覧ください」

あぐりっこ
ニラ? 」「ネギみたい!」

森崎
「みんなが言っているのは軟白ネギだと
 思うんだけどネギじゃなく…
 (ネギの)仲間ですね!」


森崎
「食べたことないんじゃないかな〜」

河野
「ボク北海道に来てなかなか無いなあって
 思っていますから!」

森崎
「北海道産のアサツキ、楽しみです!」

一行は早速、豊浦町大岸地区の
アサツキ農家のもとへ…


2013年01月26日(土) |  あったかハウスの中でアサツキ発見!
2013年01月24日17時29分56秒更新
コチラが今回お世話になる佐藤義一さん。
JAとうや湖エリアで8戸ある
アサツキ生産者のお一人です。


佐々木
「アサツキはどこで栽培していますか?」

佐藤さん「こちらのハウスの中です」

森崎「長っ!」

河野「スゴイ長いですね」


河野「何メートルあります?」

佐藤さん「60メートル!」

あぐりっこ「なが〜い!」


ではハウスの中に入ってみましょう!

河野「うわっ香りスゴイ!」

森崎
「あれハウスの中が2重ですよね」


佐藤さん
4重です!『フワフワッ』と言って…」

森崎「不織布(フショクフ)でしょ?!」

佐藤さん
「『フワフワッ』って言うんです(笑)。
 これをアサツキの上に乗っけて育てる!」


不織布(フショクフ)をめくってみると
アサツキがビッシリ!!

あぐりっこ「うわ〜〜!」

森崎
「みんなコレがアサツキだよ!
 このアサツキが60メートル先まで
 ビッシリ生えているの?」

佐藤さん
「そうです!」


佐藤さん
「普通であれば、このは伸びている」

森崎
「今年は寒くてハウスの中にも
 影響があるんですね…」

佐藤さん「そうですね」


ハウスの中は温風機で
室温を10℃ぐらいに保って栽培します。
厳しい生育環境でも育つアサツキ。

そのたくましさは、
気温に対してだけではないんです。


佐藤さん
「アサツキは作りやすいのと
 病気になりにくいんです。
 そのため…ほぼ無農薬です!」

河野「虫とかも来ないんですか?」

森崎「居ないでしょ〜今は!」


森崎
「冬場の収穫で利点は他にありますか?」

佐藤さん
「道内では豊浦産といえば
 “イチゴ”が有名ですよね。
 それにアサツキも取り入れようと…」

森崎
「じゃあこのハウスでイチゴも作っている?」

佐藤さん
「そうです!1年通じて
 ハウスを活用しているんです」

あぐりっこ「すご〜い!」


2013年01月26日(土) |  涙…瞳うるうるのアサツキ収穫?
2013年01月24日17時30分12秒更新

じゃ〜ん もんすけです!
JAとうや湖エリアで行われている
アサツキ栽培!
その歴史は40年以上にさかのぼります。

昭和45年頃、山の斜面に自生していた
アサツキを畑に移植して、
本格的な栽培が始まったんだって〜
ここでアサツキの収穫までを簡単に解説!



まずアサツキは種ではなく球根で栽培します。

8月中旬に球根を植えて、
2ヶ月ほど成長させて一度枯れさせます。

実はこの状態、休眠をして
栄養を蓄えているんだ〜
そうすると1ヶ月ほど経った12月頃に
また新しい芽が出て
1月中旬に収穫となるんです!

アサツキはじっくり時間をかけて
栽培されるんだね〜


アサツキ栽培を学んでいるあぐり一行。
出荷まであと少し!という状態の
アサツキの収穫方法を見せて頂きました。

掘り起こす道具は“フォーク”。
密集して植えているため機械は使えません。

このフォークでまず優しく掘り起こします。
そして1本ずつ手で収穫します。

佐藤さん
「アサツキって柔らかいんですよ!
 クキもそうだし特に葉っぱの青い部分!」


では特別にあぐりっこも収穫体験〜!

まずフォークを地面に刺しますが…
意外に土が固くて足が浮いてしまったフウ!

根に絡まる土の多さに
ヒカル「おも〜い!」

アサツキの土をほろってニッコリ!
カナコ「(土が)硬い!」


柔らかく傷付きやすいアサツキを、
一つ一つ丁寧に収穫していくあぐりっこ。
すると、
そのあぐりっこ達に何やら異変が…

佐々木
「あっ女子!女子!涙!


森崎、河野「どうした?」

何かトラブル発生か??

森崎「カナコ、どうした?」

カナコ「目に…きました! 」

なんと辛味の匂いだけで涙が出てきたんです。
これが新鮮アサツキの辛味成分の実力!


河野「お父さんもなるんですか?」

佐藤さん
「最初はね。慣れるまでね!」

(しばらくするとあぐりっこも馴れました!)


さてココでとれたてのアサツキを
リーダーが試食!

すると−

森崎「コレっこれ!!」


噛んだ先からがこぼれてきました。

あぐりっこ
「うわ〜なんかすげ〜」
「これ、なんですか?」

森崎「ジェル!」

佐藤さん
「これが一番美味しいんです!
 ヌルッとしたところが!」

とここで河野君にも変化が…


河野
「あれっ?今リーダーが
 かじったからかな?
 目がすごっく…きました!
 みんな大丈夫?」

するとあぐりっこ一斉に
「さっきから来てる!」
もうなってる!」

河野
「みんなウルウルしてるやん!」


2013年01月26日(土) |  冷水で洗浄作業!さすがに寒い!
2013年01月24日17時30分26秒更新

佐々木
「さて別のハウスに移動してきました。
 ここでは何をやるんですか?」

佐藤さん
「先ほど収穫したアサツキを洗浄します!
 冷たい水で洗います

森崎「ハハハハッ」
(笑っているが顔は凍り付いている)

河野「“冷たい”ってのが入りましたよ」



では洗浄風景を見せてもらいましょう。

蛇口からは水が霧状に出てています。

佐藤さん
「アサツキは柔らかいので水圧を少し下げて
 傷つかない程度に洗います」

これを1本ずつ丁寧に洗っていきます。


冷たい水で行う洗浄作業。
収穫と同じく、
この作業も体験させて頂けることに…

ヒカル
「スゴイ冷たい!
 手にかかるだけじゃなくて
 ちょっと顔にも跳ねて飛んでくる!」

フウ「右手が冷たいです!」


収穫から洗浄まで、
一つ一つ丁寧に生産される
今が旬のアサツキ。
あぐりっこにとって
貴重な体験となりました。

森崎
「こんなに手をかけて…
 どうして大変なのに続けているんですか?」

佐藤さん
「やっぱり美味しさもあるし
 魅力もあるんで…
 みなさんに春一番の新鮮な野菜
 食べてもらいたい!
 そういう気持ちで続けていきたいです」


森崎
「いや〜感謝です。こんな想いをして…
 ありがとうございます!ちなみに
 “イチゴ”アサツキ”、
 どっちがすきですか?」

佐藤さん
「やっぱり〜〜イチゴの方が…」

一同あれれれ〜〜

森崎「イチゴなんだっ!」


河野
「今まであんなにアツイ話をされていて
 イチゴなんだっ」
 
ひょうきんな佐藤さんにあぐり一同
大笑いの一幕でした!

まさ今が旬の野菜「アサツキ」ですが
その栄養価を聞いてみました。

天使大学看護栄養学部 荒川義人教授
「ベータカロテンや葉酸(ようさん)とか
 ビタミンKとかビタミンが
 豊富という特徴もあります。
 中でも葉酸(ようさん)というビタミンは 
 最近の若い女性たちが不足しがちですが、
 不足すると貧血気味になるんです。
 そのため貧血予防につながるビタミンが
 豊富に含まれています。
 またアサツキはネギの仲間ですけど
 普通のネギに比べて辛味成分が豊富で
 薬味には好都合だと思います」

料理の彩りに…味のアクセントに…
いろいろ使えるアサツキ。
その手軽さも魅力なんだよね〜


例えば溶いた卵に細かく刻んだ
アサツキを入れて
玉子焼きにしてみたり、
1センチ程度の長さに刻んで
市販のイカの塩辛と和えて
和え物にしてみたり!

彩りや栄養だけではなく、
シャキシャキの食感と
ほのかな辛みが楽しめるんだよ〜


JAとうや湖エリアで生産される
春一番の野菜「アサツキ」。
平成15年に8戸のアサツキ生産者が
“アサツキ部会”を発足。
高品質で安全安心なアサツキ
を出荷しています。

JAとうや湖 浅月部会 部会長
河野誠さん
「平成18年度より
 『Yes!clean』に取り組んでます。
 土壌分析を行い化学肥料や農薬の抑制を行い
 昔に比べると市場の評価も上がってきてます」

『Yes!clean』の取り組みのほか、
「目慣らし」と言われる
生産者全員が集まっての品質チェックなど
様々な取り組みも行っています!
札幌・旭川・室蘭の市場やAコープなどに
出荷される今が旬のアサツキ。
僕も早く食べたいな〜〜


2013年01月26日(土) |  アサツキ料理をいただこう♪
2013年01月24日17時30分45秒更新

佐々木
「みんなでアサツキ料理をいただこう〜」

生産者直伝!アサツキを使ったお手軽料理を
教えて頂きます。
教えてくださるのは根津るみこさん、
佐藤幸江さん・義一さんご夫婦です。



森崎
「よろしくお願いします…の前に!
 ちょっとここで実験をしてみたい!」

その実験とは、
調理前の新鮮なアサツキの美味しさと
その食感を知ってもらうというもの。

ということでリーダーの大好物「うどん」
検証してみることに…

まずは温かい普通の「素うどん」を
いただきます。

「うんっ!うまい」


さてそこに小口切りしたアサツキを
加えていきます。

森崎「つまり薬味ってヤツだね」

すると−

ふう「美味しい!!」

ヒカル
「アサツキのシャキシャキ感香りが出て
 すごく美味しくなっている!」

森崎
「そうそうそう!コレが薬味の働き」

アサツキが入ることで食感と
香りに変化がつき、
うどんの美味しさがさらに引き立ったようです!


ではココからアサツキをもっと
美味しくいただくアイデア料理を!

根津さん
「ではアサツキとチーズと肉の
 肉巻きを作ります!」

※詳しい内容はレシピコーナーを
 ご覧下さいね!


実は肉巻きのほかにもアサツキを使った
お鍋もご用意いただきましたよ。
こちらはご家庭でも簡単に出来ますよね!

さてお味はどうかな?

カナコ「あま〜〜い!」

そう火を通すことでアサツキの辛みが
甘みに
変わるんです!


さて今日1日アサツキを学んでみて…

ヒカル
「どんな野菜だろうと思っていたら
 枯らしたりして
 すごく不思議な野菜だと知って…
 何にしてもシャキシャキしているから
 すごく不思議な野菜だなあと思いました」


フウ
「生で食べても中から
 ジェルみたいのが出てきて
 なんかすごいなあって思ったし、
 何をしても“シャキシャキ”
 保ち続けるから、アサツキみたいに
 強くなりたいと思いました」

森崎
「やっぱり収穫風景を見ていても
 アサツキへの愛情がすごいですよ。
 アサツキイチゴ奥さん…
 一番愛しているのは、どれ???


佐藤さん
「アサツキです!」


河野「チョット、チョット!」

森崎「ちょっと!色々問題あるな…

あれれ〜ここでアサツキ出ましたか!

佐藤さんの愛情タップリのアサツキ。
みなさんもご賞味くださいね〜


さてココでイベントのお知らせです。

北海道の若手農家達と
美味しい料理を食べながら、
食の安心について勉強しませんか?

《北の農業スペシャル2013
 食の安心まるごと知っとこセミナー》

■開催日時■
平成25年2月23日(土)9:30〜14:30

■開催場所■
シャトレーゼ・ガトーキングダムサッポロ
(札幌市北区東茨戸132)

■イベント内容■
【開会式】9:30
【食の安心スクール】10時〜11時
 お米の食べ比べ/冬野菜の作り方
 酪農セミナーなど
【食の安心講演】11:15〜12:45
 基調講演
 「輸入農産物の驚くべき真実とは?」
 横浜輸入倉庫 奥村芳明氏
【道産食材バイキング】13時〜14:30
【閉会式】14:30
 アンケート・農産物のお土産

-------------------------------------------
参加資格/北海道民(小学生を持つ保護者の方)
参加代金/1000円
(体験料・講演料・食事代1回を含みます)
定員/150名
募集期間/現在受付中!

<申し込み方法>
ハガキにツアー名、
参加者全員氏名(フリガナ)、郵便番号、住所、
お子様の小学校名、学年、電話番号を明記し、
募集締切日(必着)までに下記店舗へ
送付願います。

お問合せ及び送付先−
□株式会社 農協観光札幌支店□
〒060-0004 札幌市中央区北4西1−1 北農ビル1F
TEL(011)222-1151(問合せ・月〜金 9〜17時)

※小学生をもつ保護者の方が参加対象です。
セミナーの内容が小学生向きではありませんが
小学生のお子様とご一緒に参加したい場合は
別途ご相談ください。
※応募者多数の場合は抽選とさせていただき
当選者のみ締切後10日以内に
書面を送付致します。


■イベント企画■
農業農村ふれあいネットワーク
北海道農協青年部協議会

■後援■
札幌市教育委員会


2013年01月19日(土) |  ♯226 子供の食生活・生活習慣を見直そう 編
2013年01月20日13時01分36秒更新

今、北海道の小学生に
異変が起きている!
それは…

うめつ小児科 岡村暁子医師
「全国に比べると肥満の子も割と多いですし
 最近になってやせ過ぎの子
 増えてきているのが
 北海道の特徴だと思います」



全国平均よりも男女ともに肥満の割合が高く、
女子では痩せている割合も高い傾向が…
一体なぜ!?

とココでリーダーと佐々木アナが登場!
しか〜し、なぜか小声なんです…

森崎
「みなさんこんにちは!
 我々は今とある住宅街に来ているんですけど
 これからあぐりっこの家に内緒で
 突撃訪問しちゃいます!
ヒヒヒヒィ〜

佐々木
「実はふた手に分かれています。
 藤尾さ〜ん!」


藤尾
「ハイハ〜イ!
 僕は現在、札幌市内のあぐりっこの家に
 まさに向っている所です!
 あぐりっこは僕が行くことを
 知りません!
 一体どんな顔をするんでしょうか?」

さて今回はあぐりっこの家族全面協力による
「あぐり王国プレゼンツ、
 小学生、食生活改善大作戦!

あぐりっこの自宅に突撃訪問!
どんな食生活をしているのか…
専門家と一緒に問題点と解決策を探ります。


食べるの大好き、もんすけです!
「食事」って言葉を辞書で引いてみると…

【生存に必要な栄養分をとるために
 毎日の習慣としてものを食べること】
なんだって!

生きるために不可欠な「食」。
特に成長期の小学生は体を作るために
バランスのとれた食事が重要なんです。


そこで今時の小学生が
どんな食生活を送っているのか?
あぐりっこのお宅に突撃訪問!
リーダーと佐々木アナが向かったのは、
東川町のチマサンチュの回(201277OA)で
生産者さんも驚くほどモリモリ食べてくれた
宮崎ヒロトくん(小5)のお宅です。

森崎
「チャイムが鳴りました〜」

あぐりっこは今日リーダーたちが
家に来ることを知りません…

森崎
「こんにちは!
 ヒロトさんいらっしゃいますか?」

さて突然の訪問にヒロト君の反応は?


戸を開くヒロト「???」

森崎「こんにちはっ!」
ヒロト「…こんにちはっ?」

森崎「あぐり王国です」
佐々木「こんにちはっ!」

ヒロト「こんにちはっ…?」

元気に挨拶していますが
状況が理解できない様子のヒロト君。

佐々木「突撃訪問です!」




ヒロト「…(しばし沈黙)…」




森崎
「ヒロト!止まってるけど!」

2013年01月19日(土) |  突撃訪問にあぐりっこも固まる!?
2013年01月20日13時01分49秒更新

状況が飲み込めない様子のヒロト君ですが、
お邪魔いたしまーす。

とココでリーダーが発見したのが
と冷蔵庫に貼ってある写真。



森崎
「いいの見つけちゃいました〜」

偶然にも前回あぐり王国に
出演(東川町のシマサンチュ)した時の
思い出の写真が貼ってあったのです。

森崎
「これ〜ナイスコンビでした!」
(一緒に参加したのは白石拓也くんでした)


真紀さん(ヒロト君のお母さん)
「本当にチマサンチュが気に入ったみたいで
 あの後に種から育てたんです!
 で、食べたよね!サラダにしてね」

森崎
「へえ〜嬉しいなあ〜
 ソレはもちろん高設栽培で?」

佐々木「そこまで本格的じゃない!」


…さてここで色々と物色し始めたリーダー
ヒロト君の部屋にもお邪魔して…

森崎
「良いベットに寝てるね〜」

テンションが高まるリーダーを横目に
自分の家になぜリーダーがいるのか?
最大の疑問を抱えたままのヒロト君…
キョトンとしています。


ではそろそろ本題に入りましょう!
ヒロト君の食事の様子について
聞いてみると−

真紀さん
「そんなに好き嫌いはないので、
 出たものはたいてい食べますけど…
 とにかく早食い!
 いっつも私に怒られているんですけど…」

森崎「なんで早食いしちゃうの?」

ヒロト
「そういう口にクセがついちゃっている…
 噛むは噛むんだけど
 10回ぐらいしか噛んでない…」


森崎「ガツガツ食べてると何が悪いと思う?」
ヒロト「喉が詰まる?…」
森崎「そうだね!」

ヒロト君自身にも
「早食いはあまりよくない」という意識が
少なからずあるようで…

森崎「今日、時間ある?」

ヒロト「…??」


森崎
「今からある所に一緒に
 行ってほしいんです。
 来てもらっていいですか?」

ヒロト「…はい…」


まだ状況が飲み込めていないヒロト君。

そんな彼と一緒に勉強するのは、
道産巻きづくりの回(201298)などに
参加した山崎マサキちゃんです。


ピンポーン!ピンポーン(ベルの音)

扉が開きマサキちゃんが登場!

藤尾「おはようございます!」
マサキ「えっおはようございます…」

藤尾「あぐり王国です」
マサキ「…うん?えっ?」
藤尾「マサキお久しぶり!」

マサキ
「お久しぶりです…
えっなんですか? 」


藤尾「あぐり王国北海道です!」

マサキ
「いやっ…はい…えっ?撮影ですか?」

藤尾「撮影です!」

マサキ「えええっ!」

ではマサキちゃんの食生活をリサーチ!


2013年01月19日(土) |  ダメって分かっているけど止められない…
2013年01月20日13時02分00秒更新

藤尾「ちゃんと晩ご飯、食べてる?」

マサキ「食べてます!」

藤尾
「僕ちょっと聞いてることあるんです!
 マサキは学校から帰ったらある物を
 お腹いっぱい飲んじゃうんでしょ?

マサキ
「ある物をお腹いっぱい…コーラ!

藤尾
「炭酸飲料を好きなだけ飲んじゃうんでしょ?
 それでお腹いっぱいになっちゃって
 晩ご飯が食べられない時もあるって聞いたよ」

マサキ「…あります…」
藤尾「あるんじゃない!」



さらに食べ方にも癖があるらしく…
由加子さん(マサキちゃんのお母さん)
「普通はご飯茶碗を持って
 おかず食べてご飯食べて…
 でも違うんですよ。
 まず好きなおかずをガーッと食べて
 次に好きなおかずを食べて、
 お米は最後!お米もおかずの一種…」

するとマサキちゃんつかさず反撃!


マサキ
「だってお米に何も味がついてない

由加子さん「はっ??」

マサキ
「納豆とかかかっていれば食べられるのに〜!」

 


藤尾
「おじさんの感覚だとおかずを食べてると
 白いご飯が当たり前に欲しくなる…
 “とんかつ”だけ食べ続けられる? 」

マサキ「うん」

すると由加子さん
「それが一枚は食べられない!

藤尾
「そうなんだ…一品だけを食べ続けてしまうし
 それすら残してしまう…少食なんですね


早食いに少食など…
あぐりっこの食生活に
いろいろ問題が見えてきました。

そこで大事な食生活を見直して
家族みんなで健康になろう〜
「食生活改善大作戦」!


佐々木
「さて食生活と生活習慣を
 チェックしてもらうため
 専門の先生をお呼びしています」

みなさんご存知の天使大学・荒川義人先生。
食を通じて北海道を元気にすることが
ライフワークです。

そして札幌市中央区うめつ小児科の
岡村暁子医師。小児肥満についても
お詳しい先生です。


ではここで突然ですが
あぐりっこにあるVTRを
見ていただきます…
森崎「シッカリとご覧ください!どうぞ!」

さて映し出された映像は…なんと
それぞれのあぐりっこの様子!

ちららはヒロト君のおうちでの夕食の様子。
食生活をチェックするため
ヒロトには内緒で撮影しました。

この日の献立はご飯・豚汁・ほっけの塩焼き、
白菜のおひたし、かぼちゃ煮。

バランスよく食べていますが、
ヒロト君、食事を初めてから
箸と口が休むことなくず〜っと
動いていています! 噛む回数も少ない!


食事の途中お母さんに
「落ち着いて食べなさい…」
注意される様子も映し出されています。

食べ終わるまでの時間は16分!
完食しました〜!


続いてマサキちゃんの様子。
もちろん本人には内緒で撮影!
この日の献立はご飯、みそ汁、
焼きうどん、卵焼きです。

マサキ「肉うまいっ!」

好物のお肉をお父さんからもらい、
焼きうどんを食べ終わると…
食べるペースに変化が!


まず「はし」が進まなくなります…

ついには「はし」を置いて
おしゃべり
が始まります…

お父さん
「しゃべるの真剣で手が止まってる」

なんとか味噌汁を飲み終えて食事終了!
食べ終えるまで23分でした。


2013年01月19日(土) |  早食い少食はなぜダメなの?
2013年01月20日13時02分10秒更新

普段の食事をみせてもらうため
隠しカメラを設置させてもらいました。
森崎「お母さん全面協力!」
マサキ「全然気がつかなかった〜」

ではVTRを見て−
森崎「ご飯はだいたい残すのかな?」

マサキ「はい…」

藤尾
「今日お宅を伺いましたけど
 最初に好きなものを食べて始めて
 それだけでお腹いっぱいになっちゃって
 結局は一品喰いになってしまう」



森崎
「最初は好きな物を食べるから
 テンション高かったよね!
 好きな物、食べつくして無くなったら
 テンションが下がったよね」

藤尾
「みそ汁を飲むときのテンションが
 異常に低かったよね」


森崎
「ヒロトもいつもあのような感じですか」

真紀さん
もくもくと食べ続けて一番最初に
 食べ終わっちゃう…感じです」

二人の特徴、ヒロトくんは「早食い」
マサキちゃんは
「好きなものから食べてしまうこと」と、
そもそも「食べる量が少ない」事。


では荒川先生に「早食い」の問題点について
聞いて見てみよう!

荒川先生
「“消化に良くない!”。
 いっぺんに食べちゃうと
 しっかり噛まないうちにお腹にいって、
 きちんと消化・吸収されないで
 素通りしてしまう可能性があります。
 なので時間をかけて
 “ゆっくり食べる”ことが大事です」
 
佐々木
「私から見るとリーダーと藤尾君も
 早食いの所がある感じします!」


続いては岡村先生の解説!
岡村先生
「“肥満の原因になる”。
 早食いのお子さんはけっこう
 量を食べられる子が多いんです。
 よく噛んだりしていると脳に
 『もう満腹ですよ』と刺激が行きます。
 しかしよく噛まないと『満腹サイン』が
 脳に届く前に次の物をおかわりしちゃう。

岡村先生
「そうすると知らない間に
 量を少しずつ少しずつ多く食べて…
 気付くとぽっちゃりになっている…
 という事が多いかもしれないですね」

偏食・少食の問題点というとやはり
「成長に必要な栄養がバランスよく取れない」
という事!

森崎
「ご飯であまり量を食べられないって子は
 その前におやつを食べてるでしょって
 場合もありますよね?マサキはどう?」

マサキ
「炭酸飲料を飲むの…
 多いときで4〜5杯!

一同「ええ〜

佐々木
「それだけでお腹いっぱいに
 なっちゃうんじゃない?」

マサキ「5杯飲んだらパンパン!」


荒川先生
「甘い物はエネルギーがいっぱいありますから
 取りすぎると体に溜まっていきますよね。
 肥満とかになる可能性がありますね」

森崎
「いきなりゼロにしろとは言わないけど
 2杯!

マサキ「え〜3杯!

森崎「

マサキ「3!」

藤尾「お母さんも言ってくださいよ!」


それでは目からウロコの
「偏食・少食の解決法」を教えていただこう!

荒川先生
「“お腹がすくようにする”!
 そのためにはおやつも甘い物も
 食べ過ぎないようにとか運動が大事!
 ゲームばっかりしないでたくさん運動すると
 自然にごはんの時間になると
 お腹がすいてくると思うんですよ。
 そういう生活をしたいなと思います」


しかしもともと食が細い子供は一日三食では
必要な栄養が取れないこともあります。

荒川先生
「3回の食事でとれない物を
 おやつでフォローすることで量的にも
 カバーできると思います」

森崎「おやつは食事の補助という考えですね」

荒川先生
「果物や野菜を形ある状態で食べると
 シッカリ噛むということで出てきますので
 簡単にジュースなどに置き換えないように
 してほしいなと思いますね」


2013年01月19日(土) |  家族で楽しく改善していこう!
2013年01月20日13時02分22秒更新

続いては『早食い』の解決法。
藤尾君がその解決方法を
ジェスチャーで表現。さてその方法とは…

マサキ「ゆっくり噛んで食べる!」
ヒロト
食べて(はし)置いて、噛んで、食べる。
 次々と行けないように(はしを)置く!」



岡村先生
「次々食べてあっという間に
 終わってしまうのが
 早食いの人のクセです。
 なので一回ハシを置いて
 “噛むこと”を意識すると、
 かなり変わるとも言われています。
 数日でも1週間でもお母さんと一緒に
 頑張ってみると違うと思います!」

佐々木
「早食いが気になるヒロト君はどう?」

ヒロト
「家でもやってみようと思いました」

森崎
「こういった食への取り組み方って
 わかっていても
 出来ないことが多いですよね」
 
岡村先生
「習慣になっていて各家庭の
 “当たり前”になっているので、
 お子さんだけじゃなくて家族みんなでやると
 お子さんも入ってきやすいので、
 みんなで考えて、
 楽しい食事にしてもらいたい
 というのが私の希望ですね」


おいしい食材の宝庫・北海道。

地元で採れた食材を積極的にとることで
自然と食生活のバランスが取れていくんです。

そんな生活のことを荒川先生は
『北海道型食生活』と言っています。
 『日本型食生活』という、
 米を主食に魚・肉・野菜・豆類などを
 組み合わせて食べる、
 バランスの取れた食生活が
 世界中から注目を集めているんですね
 北海道の場合は『日本型食生活』の素材が
 全部地元北海道でまかなえる。
 近くでとれたものを食べることで
 “環境に優しい”食生活を送ることが
 出来ますよね」


森崎
「目の前の地元の収穫物を楽しむ!
 ということがあれば
 色んな事が改善できるんじゃないか…
 とも思っています!」

では美味しい北海道をいただきましょう!

今回は管理栄養士の資格を持つ
料理研究家・東海林明子先生と
荒川先生がタッグを組んで
美味しいメニューを作っていただきました。

東海林先生
「海のものもお肉も入っているし
 まさに北海道パエリアかなっ!」

ポイントは大きく切った具材。
よく噛んで食べられるように
工夫しているんです!

※詳しい内容はレシピコーナーをご覧ください。

 


さて今日一日お勉強した感想は?

ヒロト
「栄養とか北海道の食卓とかがわかって
 しかも最後にこんな豪華なものを
 食べられたので、すごく意義があった!」


真紀さん(ヒロト君のお母さん)
「早食いのことはすごく
 困っていたんですけど
 なかなか解決策がなかったので
 ハシを置くという簡単なことだけど
 試してみる価値はあるなあと
 思ったんですけど…
 やっぱりこう美味しいものだと
 ついつい…(笑)」

由加子さん(マサキのお母さん)
「自分の方がヒドいかなって…
 直さなきゃな〜みたいな…」

マサキ
「パパにも言って炭酸飲料を2リットルを
 3本買うのを1本に!」

森崎「じゃあ学校から帰ってきたら?」

マサキ「3杯!」


と言っていたマサキちゃんですが、
収録後に大きな変化が!

マサキちゃんのお父さんが撮影した
VTRを見てみると…

お父さん「今日炭酸とか飲んだ?」

マサキ
飲んでない!一週間に1回飲んでるか
 飲んでないかぐらい!」

しかもご飯をよく食べるよう
なったんだって〜〜!


さらに、ヒロトくんは…

ヒロト君ののお母さんが撮影した
VTRを見てみると…

お〜よく噛んでる!噛んでる!

お母さん
「あぐりに言われたことは
 一応気をつけているね。
 でもさあ〜お茶碗持ってないよ! 」

家族全員で食生活を見直して
健康な体を作ろうね!


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)