ページ内検索

   表示:2014年06月(20件)
<< [1] [2] >>

2014年06月28日(土) |  ♯295 大雪高原牛と大根で地域を守る編
2014年06月28日04時26分04秒更新

「あははは〜」
「うははは…」

緑、山、空、そしてシャボン玉!?

おじさんたちが年甲斐もなく
はしゃぐ!跳ねる!メルヘンワールド。

そんな場所にあぐり一同がやってきました。



佐々木
「気持ちのいい場所にやってきました」

河野「すごいねココ!」

佐々木
「この素晴らしい場所は上川町
 大雪高原 旭ヶ丘です」

森崎「気持ちいなあ〜」

佐々木
「大雪山連峰が本当にキレイです」


今回のあぐりっこは、
杉上水涼(ミスズちゃん・小6)に、
体力に自信あり!川出愛依(アイちゃん・小4)
大きな牛に興味津々!
シンクル葉夏(ハナちゃん・小3)の3名が
「大雪高原で展開されている農業」を学びます!

佐々木
「今回はグリーンサポートという農業法人の
 藤田さんにお話しを伺いますよ」

農業生産法人グリーンサポートの
代表取締役社長・藤田輝雄さん。

この高原で農業を営んでいます。
藤田さんに案内していただき進んでいくと…


森崎「牛さんだ〜」

佐々木「いっぱいいますね〜」

奥行きある大きな牛舎にたくさんの牛さんが!

藤田さん「200頭以上いますね」


佐々木「牛さん近くでみてどう?」

あぐりっこ「大きい!」

ハナ「目が離れている…」

大爆笑。

森崎「アイ。どこまで近寄れる?」

アイ「え〜やだっ!」

牛舎で牛を見るのは初めてのあぐりっこ。
牛の迫力に押され気味ですが、
実はこの牛こそ大雪高原で展開している
農業において重要な牛だったのです!


佐々木「この牛のブランド名って?」

藤田さん
大雪高原牛と言う名前で出荷してます」

佐々木「肉牛なんですよね」

大雪高原で展開している重要な農業とは、
「ブランド牛を育てていること」
だったのです。

それでは牛肉になる牛について、
リーダーから説明していただきましょう。


森崎
「北海道にいる牛は乳牛のホルスタインの
 イメージが強いよね。
 だけどミルクを出すのはメスなんだよね。
 じゃあオスに生まれた牛さんはどうなる?
 私たち人間がお肉にしていただくんだよね。
 メスはミルクを搾らせていただきます。
 オスはお肉になっていただきます」

森崎
「全国的にみると“肉牛”というと和牛
 和牛は日本では最高級のお肉と言われてます。
 この和牛ホルスタイン
 掛け合わせたものが 
 『F1(エフワン)』

和牛はサシと言われる
脂が多く入っている高級な肉で、
ホルスタインは脂が少なく赤身が美味しい肉。
お値段もお手頃!
そしてホルスタインと和牛を
掛け合わせたF1は
両方の特徴を持った牛です。

ということでホルスタインの大雪高原牛は
赤身を味わうヘルシーな肉なんです!


2014年06月28日(土) |  ストレスなく地元で育った大雪高原牛!
2014年06月28日04時26分49秒更新
牛肉についてちょっと詳しくところで、
ここがすごいよ!「大雪高原牛」。
その一、牛が育つ場所!


河野
「ここにいる牛はどこから来たんですか?」

藤田さん
町内の酪農家で生まれた子牛
 引き取って育てています」

河野
「これが実はスゴイことなの。
 これから説明するね」


普通のの流通を説明しましょう。
酪農家さんの所で生まれた子牛が
オスだったら、
1〜2週間後に市場にでます。

この市場は全国各地で生まれた
オスの子牛が集まってきます。
そこでオスの子牛は
素牛(もとうし)農家という、
子牛を育てる専門の農家に買われ、
およそ6〜7ヶ月間、育てられます。

河野
「そしたらまた市場に出ます。
 ここで肥育(ひいく)農家さんが牛を飼い
 約20か月、大きくするために育てます。
 そのあと牛さんが食肉として加工されて
 みんなが食べるようになるんです」

佐々木
「産れた所にずっといないというのが
 一般的なお肉になるまでの牛さんの流れ」


子牛は安定的に牛肉を流通させるため、
全国各地にいる牛を育てる専門の農家が
「市場」を通じて買う…
というのが一般的な流れなんです。

河野
「ただ大雪高原牛は違う!
 さっき藤田さんが町内で生まれた牛を
 育てるって言っていたよね」


河野
「牧場で子牛が生まれると…
 市場を通さず
 まずは素牛(もとうし)農家に行きます。
 で6カ月育ちます。そのあとが…
 ここグリーンサポートになります。
 今ここにいる牛さんていうのは
 この流れで来てるんだよね」

河野
「けど何か抜けてるよね?」

あぐりっこ「市場??」

河野「そう市場が抜けてるの!」

森崎
「すごいと思うのが酪農家さんも上川町、
 素牛農家さんもグリーンサポーターも
 上川町。ずっと地元!」


森崎
「この牛さんにはどんなメリットがあるの?」

藤田さん
「移動が少ないですよね。これで
 牛のストレスがかなり緩和 されます」

その他、輸送経費がかからないこと。
生産者が同じ町に住んでいるので
情報交換がしやすいことなど、
環境の変化に敏感な牛にとっても
牛を育てるグリーンサポートにとっても
メリットが多いのです。


河野
「なんか子供たちを地域ぐるみで
 みんなで子育てしようみたいな雰囲気!」

藤田さん「そうです!」

森崎
「いいね〜なんか1つの理想のように思える。
 良いことずくめですよね」


さて続いてはここがすごいよ「大雪高原牛」。 
その二!安心安全なエサを与えている〜


佐々木
「こちらがこだわりのエサなんですが…」

藤田さん
「これが町内で収穫された無農薬の牧草!」

森崎「牧草も上川産!」

藤田さん
「大豆とトウモロコシが遺伝子組み換え
 じゃないものを使っています」


2014年06月28日(土) |  牛さん食べてくれるかな?餌やり体験!
2014年06月28日04時30分03秒更新

こんなにエサにこだわっていますが…

森崎「正直…高いでしょ?」

藤田さん
「1頭あたりでいくと…
 2万円近く高くなります!」



森崎
「ただ輸送費がかかっていなかったり
 人件費もシステム上
 すごく安く抑えられているわけだ。
 逆に考えると
  エサにお金をかけられる!
 牛が食べるものが
 とても良い=牛の肉が上質になってくる!
 素晴らしいですね」

さらにエサの与え方も工夫しています。
初めに牧草をたっぷり与え、
時間差をつけてトウモロコシなどの
配合飼料を与えます。
そうすることで配合飼料の食べ過ぎを防ぎ、
栄養バランスが取れやすくなるのです。

大雪高原牛の6割は全道のコープさっぽろで
販売されています。
2009年には安全安心な牛肉作りを高く評価され、
コープさっぽろ農業賞大賞を受賞したんです。

森崎
「食べるものは安全安心
  なければいけない。
 これは食の基本だと思います。
 でも私たちの口に入るお肉となる
 牛が食べるエサまでも安全安心
 こだわり抜いた新システムの牛肉」

藤田
「それが大雪高原牛です!」


佐々木
「エサはだいたいどれくらい食べるんですか?」

藤田さん
「配合飼料ですと約10キロ。
 乾燥飼料は約3キロ。
 それと水を約50リットル」

佐々木
「最終的には何キロになると思う?」

ミスズ「200キロ?」

アイ「210キロ?」

ハナ「220キロ?」

森崎「刻んできたよ〜」


藤田さん
「出荷するときにはだいたい
 700〜750キロぐらいです!」

ビックリして口があんぐり状態。

ハナ「持てない!」


エサやりをお手伝いしよう!!

牧草ロールを解体してエサをあげるよ。

アイ「うわ〜繋がってる」
森崎「ロールケーキと同じだよ」

自分の体よりも大きな牧草を
牛さんに運ぶあぐりっこ。

「食べた!食べた!」 
「食べてくれた!」

初めは牛を怖がっていたあぐりっこも
どんどん慣れてきたようで、
臆病な牛があぐりっこの手から
エサを食べてくれるまでになりました


佐々木「どう牛さん?」

あぐりっこ「かわいかった!」


佐々木
「食べてもらえてどんな気持ち?」

あぐりっこ「嬉しかった〜」

牛さんとお友達になれました!


2014年06月28日(土) |  広大な大根畑にビックリ!
2014年06月28日04時28分24秒更新
大雪高原牛について学んだあぐりっこは、
牛舎を離れ、どんどん山の奥へ…
車を走らせること10分。
たどり着いた場所は!?


河野
すごいところに来ましたね。
 ちょっとみんなコレ?何?」

森崎「畑ですか?」


藤田さん
「これ大根畑。見渡す限り…」

河野
「ダイコン畑?見渡す限り?こっちも?」

藤田さん「はい!」

森崎
こんな広い畑みたことないです。
 ぼくら相当、見てますよ…」


河野
「向こうまで何メートルありますか?」

藤田さん
300メートルぐらいです」

森崎
「全部、大根植えるんですか?」

藤田さん「そうです!」

河野「スゴイ…」


河野
「藤田さんは畑もやっているんですか?」

藤田さん
「大根以外にも馬鈴薯とか大豆とか
 いろいろやっています」

藤田さん「これ、大根畑です」

じゃ〜ん、もんすけです!
藤田さんの会社グリーンサポートは
大雪高原牛の育成だけではなく、
上川町の農業に様々な形で関わっているんです。
大きく分けると3つ。
1つ目は先ほど紹介した「ブランド牛の育成」
2つ目は「野菜の栽培」
3つ目は大きなマシンを使っての畑おこしなど
グリーンサポートは1998年、
地元JAが中心となって
利用されていない農地を引き受けたり
後継者不足を解消するために
発足した農業生産法人。

地域の農業の発展に尽くしているんです!


森崎「いま畑はどんな状況?」

藤田さん「大根が芽を出してきていますね」

良く見てみると…

あぐりっこ「あった!小さい」


藤田さん
「こういう標高の高いところのほうが
 品質の良い大根が取れます。
 色んな作物を作ったんですけど
 大根が合ってるということで増えてます」

森崎「何本植えてるんですか?」

藤田さん
「だいた(1シーズンで)500〜600万本!」


アイ
「こんなに手で植えるのは、すごい大変!」

森崎
「これ手で植えてたら1年終わるな…」


藤田さん
「種まきから収穫まで人がやる仕事は
 ほとんどない!ほとんど機械です!」

森崎
「どこまで…マルチ張るのも大変ですよね」

藤田さん「機械でやりますから」

森崎「マルチも機械で張れるんですか?」

藤田さん
全部!種まきも穴開けも!
 同時に全部やっていきます」


2014年06月28日(土) |  上川町だからこそを追及する!
2014年06月28日04時29分40秒更新

ということで早速その機械に
登場してもらいました。

河野
「これですでに種も蒔かれマルチも張られ
 穴も開いてますね」



この同時穴あけシーダーマルチャー
肥料をまき、種を蒔いて、マルチを張り、
芽が出る穴まで開けるという
大根の種まき作業を全部やってくれる
ハイテクマシン!

ちなみに後ろを歩いているっている人達は
しっかり張れているかチェックしたり、
マルチの上に「重し」として、土を乗せる人。
風が強い場所なのでこの作業だけは
人間がやっているんでそうです。

森崎
「種が1粒1粒落ちてるわけではないですね」

藤田さん
「シーダーと呼ばれるもの(紐状のもの)に
 入ってます」

佐々木「分かるかな?」

あぐりっこ「種があった!」

河野
「マルチの穴も種に合わせて
 22センチ間隔であけているんですね」


森崎
「300メートルはどれくらいで?」

藤田さん
「往復するのに50分ぐらい」

河野「かかりますよね〜」

森崎「だって広いもん!」

佐々木
「この時期は毎日やらないと
 作業が終わらないですね」


藤田さん
「上川町は条件的にいうと厳しい!
 雪解けは遅い。雪降るのは早い!
 色んな面で厳しいんですけど
 他の所ではやっていない事に
 目を向けてやっていかないと
 この地域が残っていけないので
 まだまだ研究しながらやっていかねば…」

森崎
「町の皆さんの結束が重要になってきますね」


藤田さん
「地域の人がいて、
 この農業が成り立っていますので
 どちらもなくなるとダメなんで」

佐々木
「その中でもこのグリーンサポートの
 こだわりながらやっていく農業は
 応援したいですよね!
 とことんこだわっていく想いが嬉しい!」

森崎「いや〜素晴らしいです」


JA上川中央女性部上川支所のみなさんから
この地域の給食にも出ているメニューを
今回は特別に作っていただきます。
教えてくださったのは辰巳明美さん、
遠藤初美さん、岸田春代さん。

詳しい作り方はレシピコーナーをご覧ください!

 


朝から頑張ってくれたあぐりっこ。
今日一日の中で一番印象に残っていることは?

ハナ
「畑がすごい大きくて大変そうだった!」

アイ
牛さんの命をいただいて
(自分が)育っているっていうことは
 牛さんは命を落としても
 人間が育つように食べてもらっている
 ってことことが心に残った」

ミスズ
「みんな頑張って野菜も育ててくれたりと
 ほかの人たちよりもたくさん努力して
 作ってくれているからスゴイと思った」


森崎
「グリーンサポートの取り組みを見ていて
 仲の悪い生産者では出来ませんよ!」

佐々木
「なんか温かい町だなって感じもしますね」

森崎「寒いんだよっ」

佐々木
「それは冬は寒いかもしれないけど…
 みなさんメチャクチャうなずいてますね」


2014年06月21日(土) |  ♯294 品質向上編
2014年06月20日10時05分31秒更新

佐々木
「今回は砂川市にやってきています。
 今リーダーたちには本日紹介する
“あるもの”に関係するものを
  渡しています!
 あるものとは夏を象徴するものですが
 何だ分かりますか〜?」

あぐり一行「全然分からないんですけど…」

みんなに見てもらっているのは
オレンジ・レモン・マンゴー
画家のゴッホ?

佐々木
「ではJA新すながわの吉田さんに
 登場してもらいます!」

すると吉田さんあるものを持って登場しました。
それは…ヒマワリ

佐々木
「そう正解はヒマワリなんです!
 今回はヒマワリを取材します」



今回のあぐりっこは
将来お花屋さんになりたい
宮下真菜(マナ・小5)ちゃん。
同じ夢を持つ森由衣(ユイ・小5)ちゃん。
お花の名前の6年生、佐藤蘭ちゃんに
唯一の男子、浦臼町から参加の
笹島侑陽(ユキヤ・小4)くんです。

佐々木
「目の前にこんなにきれいなヒマワリが
 並びました」

森崎「キレイだね〜」


リーダーが1本取り出してみると…

ユキヤ「小さい!」

森崎
「みんなが知っているヒマワリの大きさは?」

ユキヤ君は顔くらいのサイズをジェスチャーで
表現しました。

森崎「もっとバーンと顔が大きい!」


ヒマワリといえば「夏を象徴する花」。
観賞用としてだけではなく、
油をとったり種を食べたりもできますが、
最近では小さな‘ひまわり’
お店でよく見ませんか?
砂川市では最近ポピュラーな
小さなヒマワリを栽培しているんです!

佐々木
「さきほどオレンジ・レモン・マンゴー
 有名な画家のゴッホが出てきましたが…」

JA吉田英輔さん
「それは全てヒマワリの品種の名前です」

そうなんです!これら全てはひまわりの
品種名に関係したものだったんです。

吉田さん
「こちらはサンリッチオレンジと言います。
 その隣がサンリッチマンゴー」


画家ビンセント・バン・ゴッホの名前と
柑橘フルーツの名前を合わせた品種は
3種類用意していただきました。
ビンセントタンジェリン。 
鮮やかな黄色が眩しいビンセントポメロ。
芯の緑が爽やかな印象を醸し出す
ビンセントクリアオレンジ。

そして最後に残ったのが…


吉田さん
『ゴッホのひまわり』という品種です。
 画家のビンセント・バン・ゴッホが
 描いたような八重咲きの
 品種になります」

森崎
「ゴッホの有名な絵のタイトル知ってますか?」

マナ「ひまわり!」

森崎「まさにヒマワリですよね」

佐々木「すごくゴージャスな感じしますよね」

好きな品種を選んでみると
ビンセントクリアオレンジが人気!

ラン「茶色が入ってないからキレイかなって」

ユキヤ
「正面から見ると(芯が)緑色で
 中が黒なのがゴージャス!」

森崎「かっこいいよな」


佐々木
「それぞれ特徴があるのが分かったところで
 この小さなヒマワリに隠された
 大きな秘密を探っていきます!」

2014年06月21日(土) |  プロならでは!ヒマワリ選別作業
2014年06月20日10時08分15秒更新
小さなヒマワリに隠された
大きな秘密を探りにやってきたあぐり一行。
まずはヒマワリ専門の生産者
竹内弘仁さんに選別の秘密を聞いていこう。


佐々木
「こちらにたくさんのヒマワリが…」

竹内さん
「今朝収穫したものです。
 等級ごとに分けています!」

“秀”“”“アレンジ”の3つに分かれてます。


森崎
「どうやって分けると思う?」

ユキヤ「ボロボロになっていないか?」

マナ「花びらの大きさ?」

ユイ「茎の長さ?」

ラン「触り心地?」

それでは竹内さんに教えてもらいましょう!
選別のポイントは!?


まずは一番よい“秀”のヒマワリを見ると−

竹内さん
茎がまっすぐですよね

森崎「葉もほどよく…」

河野「スッとしている!」

ところが“アレンジ”と比べると―
竹内さん
「こっちは茎が曲がってますよね。
 回すとよく分かりますね」

佐々木
「やはり茎がピーンとしているものが
 商品としては価値が高くなる!」

■選別ポイント【等級】
 茎がまっすぐでバランスがよい順番に
 “秀”“優”“アレンジ”の3つに分類


さてお次はお花をみてみましょう。

森崎
「これはキレイにパーンと咲いていないと
 思わない?これで秀品!」

竹内さん
「若干、開いたかな?って時に収穫しないと
 お店に並ぶまでに
 4日ほどかかりますから、
 お店に着いた時には完全に
 開ききってしまって
 商品価値が下がってしまう」

森崎
「お花屋さんに並んだ時
 お客さんが買った時、
 『どうぞ』ってお渡しするときに
 一番きれいであってほしいから
 今じゃない」


そしてもう一つ
階級といって花の大きさでも分けていきます。

竹内さん
「一番いいサイズは7〜9センチ。
 花びらが満開になって8センチ

河野「満開なんて分からなくないですか?」

竹内さん「慣れでだいたい分かってくるんです」


花が開いた状態を予想して
5つの大きさに選別しています。
そのポイントは花の「芯」。
花びらは、だいたい2.5センチなので、
芯が2センチから3センチだと…

広がった時の大きさがおよそ8センチ
予想できるということなのです。

ではリーダーに「秀」の8(センチ)という
一番良いとされるヒマワリを
選んでもらいましょう!


森崎
「これは小っちゃいのかな〜?
 あっ小さいわ」

初めての選別。かなり時間が
かかっているリーダー。
これが竹内さんの手にかかると―


テキパキテキパキ…

河野
「そんなに早く8(センチ)を
 選んでいるんですか?」

竹内さん
「そうでないと出荷に間に合いませんので!」

森崎「そうか…僕は遅かったですか?」

竹内さん「たいぶ遅いです!」


2014年06月21日(土) |  あぐりっこ 出荷のお手伝い!
2014年06月20日10時08分45秒更新
今度はあぐりっこがチャレンジ。
ヒマワリの出荷をお手伝いしよう。
まずは7〜9センチの花を
10本選びましょう。


あぐりっこ「これは?」
竹内さん「あっ小さい」
あぐりっこ「これはどうですか?」
竹内さん「それも小さい」
あぐりっこ「これは…」
竹内さん「それもちっさい!」

しばらくこのやりとりが続いて…

ユキヤ「難しい!」


やはりあぐりっこにもちょっと難しいみたい。
それにしても次から次へと竹内さんに
尋ねるので…

ユキヤ「これ…」

竹内さん「あ〜っと…うん…まあ」

河野「竹内さん本当に?甘いっ!」

佐々木
苦し紛れの返事になってきた」

河野「シビアにやってくださいよ」

森崎「飽きてきたんじゃない?竹内さん」


なんとか選んだ10本は次の作業へ!
葉っぱを取っていきます。

ラン
「茎はザラザラしてる…
 葉っぱはフワフワしてる」


竹内さん
「葉っぱは思いっきりキャッと取る!」

佐々木「思いっきりキャッ!」

一枚一枚葉っぱを取るのではなく
手を滑らせて一気に葉を取ります。


竹内さん
「それはちょっと多いですね」

キャッとみんなで葉を取ります。


次は長さを揃えるために一つにまとめます。
花を同じ高さに合わせ、外側を向くようにします。

75センチの長さに切りそろえ
鮮度を保つフィルムに花をスッポリ入れたら…

かんせ〜い!

ほかの生産地よりも細かい規格で出荷している
「JA新すながわ」のヒマワリ。
市場でも大人気ということです。

2014年06月21日(土) |  小さなヒマワリに大きな機密が…
2014年06月20日10時09分30秒更新

選別の秘密を知ったところで、
ユキヤくんから質問が!

ユキヤ
「1日に何本ぐらい収穫できるんですか?」

竹内さん
2千本ぐらいです!多い時で」

森崎「年間で何本ですか?」

竹内さん「20万本近く!ボクの所で…」



竹内さん
「種は32万粒(りゅう)まいてます」

森崎
「32万粒(りゅう)…」


森崎
「手植えじゃないでしょ?」

竹内さん「手植えです!」

あぐり一行「えええ〜〜!」

竹内さん「全部、手作業です!」

ヒマワリ栽培の大変さにあぐりっこビックリ!


では細かい選別の仕組みを学んだあとは、
ハウスにやってきました!

あぐりっこ「ちっちゃい!」

森崎「いっぱいあるな〜」

今回学んでいるヒマワリ。
平均的な丈は120センチと、
一般的なひまわりに比べると小さい。
この小ささの秘密に迫ってみよう!

佐々木
「この可愛らしいヒマワリだけど
 本来の大きさは…こちらです!」

佐々木アナウンサーの指す方をみると…


河野ヒマワリマンが!

森崎
「なんだなんだ!岡本太郎さんの作品みたい」

佐々木
「注目は背の高さ!
 このひまわりの本来の大きさは
 河野さんぐらい大きいってこと!」


佐々木
「みんなが見ている小さなヒマワリは
 本来の大きさは河野さん(2m)ぐらいの
 高さがあるんです

森崎
「ヒマワリって大きいと思ってなかった?
 だけどさっきから見ているヒマワリは
 すごく可愛らしくてブーケにもなるような
 背の低いヒマワリじゃないですか?
 同じヒマワリなの?」

竹内さん「そうです!」

森崎
「本来はここまで大きくなるヒマワリ!」

河野「そんなことありえるんですかね?」

森崎「何でこんなに小さいままなの?」


本来2メートルにも成長する
一般的な‘ひまわり’が
こんなに小さくなっているのには栽培方法に
とっても大きな秘密が隠されているんです!

竹内さん
「『長岡さん』が特許をとった
 栽培方法で栽培しています」

佐々木「みんな特許ってわかる?」

あぐりっこ「わからない!」


じゃ〜ん、もんすけです!
特許をとった栽培方法。そりゃすごいや。
「特許」っていうのは
今までにない発明をした人が
その発明を一定期間独占できる権利のこと。

だから特許を持っていない人は
勝手に使っちゃダメなんだ。
もしその発明を利用したいときは
特許を持っている人に許可をもらわないと
いけないんだよ!1993年大きなヒマワリを
小さく咲かせる方法を発見した
砂川市の長岡さんはその栽培方法で特許を取得!

JA新すながわでは2名の生産者で
栽培をスタートし、
2007年からは4名の生産者が
「長岡式 ひまわり栽培法」
ひまわりを栽培出荷しているんです。


佐々木
「長岡式ひまわり栽培法では
 2つのものを制限する方法なんです。
 なんだと思いますか」

ユキヤ「水と土とか?」
マナ「肥料とか」

佐々木
「ハイ正解でました。です!」


竹内さん
「ある程度一定の大きさになってきたら
 葉っぱがしおれてから水をやる。
 ですからかなり(水が)制限されてます」

森崎
「本当に水がほしいよってサインが
 出るまでは与えない」

水をたっぷり与えると大きく成長してしまいます。
そこで、ある程度、水分量を制限をし、
水やりをしているんです。


2014年06月21日(土) |  栽培方法は…シークレット!
2014年06月20日10時10分12秒更新

佐々木
「もう1つ制限しているものがありますが…」

マナ「光?」

森崎「明るいなあ〜」

ユキヤ「気温?」



竹内さん
「根張り(ねはり)…
 根域(こんいき)を制限しているんです!」

2つ目の「制限」は、「根域(こんいき)」。
根域とは根を張るエリアのこと。


根がひろ〜く深〜く張っちゃうと、
その分 栄養などを土からとってしまい
大きく育ってしまうので、
そうならないように制限するのです。
どのようにしているかというと…

竹内さん
「ちょっと…秘密にさせてください!」

佐々木「方法については…」

森崎「特許だから!」

河野
「見たところ普通に土に植えられているから
 なんか伸びたい放題の感じがしますが…
 実は秘密が…」

竹内さん「あるんです!」


「マチの新たな特産品を作ろう!」と
JA新すながわはヒマワリ栽培を始めました。
今では「長持ちする」と人気が出るほどに
なりましたが栽培を始めた当初は
新しい作物ならではの苦労もあったといいます。

竹内さん
「右も左もわからず始めて失敗ばかりで
 大変でした。先輩がやっているのを見に行けば
 よかったのに、とりあえず蒔いてみようと…
 自分で経験してみようと始めました…。
 今後は仲間を増やして砂川産のヒマワリを
 全国に広めたいというのが目標ですね!」

最近花屋さんなどで良く見かけるようになった
小さなヒマワリには
こんな秘密が隠されていたんですね!


JA新すながわ女性部に教わって
絶品メニューを作ろう!

教えて下さるのはJAすながわ女性部の
奥山一枝さんです。


教えてくれたのは「すながわクレープ」!

砂川産のトマトジュースを主体に使い
あぐりっこに焼いてもらいましたよ〜

※詳しい作り方はレシピコーナーを
 ご覧くださいね!


完成したすながわクレープ。
トマトジャムやアイスをトッピングした
スイーツバージョンと
レタスやキュウリなどをトッピングした
サラダバージョンを頂きました!

ユキヤ「うまいっ!」

佐々木
「食事にもなるし
 スイーツでもおなかにたまりますね!」


美味しいものを食べて
お腹いっぱいになったところで…

ユイ
「ヒマワリにすごく種類があってビックリしたし
 全部手作業でやっていることもビックリした」

佐々木
「手間もかかるけど丁寧に育ててたね」

ユキヤ
「ヒマワリは思った以上にすごく大変で
 1日に2千本も収穫するなんて
 普通の人がとれる量じゃなくて
 しかも1年にタネをまくの32万粒で
 ビックリしました」

河野
「ちゃんと想いを込めて作られているから
 そのまま伝わると思う。
 そういうお花を人にあげたいですね」

小さなヒマワリには人を笑顔にさせる
大きな力もありました。
1本でもアレンジメントでも絵になるヒマワリ。
皆さんも自分へのご褒美や大切な人への
プレゼントに小さなステキなヒマワリ、
いかがですか♪


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)