◆次回予告◆

11月4日(土)番組初登場!どさんこサツマイモの実力
10月28日は特別番組放送の
ため、あぐり王国は
お休みです。
次回11月4日のテーマは
番組初登場!サツマイモ。
石狩市で始まった
産地化の試みに迫る。
どさんこサツマイモの味わいに森崎リーダー大満足
ページ内検索

   表示:2016年04月(20件)
<< [1] [2] >>

2016年04月30日(土) |  ♯381 春到来!北海道を代表するブランドじゃがいも今金男爵の生産スタート編
2016年04月29日11時59分06秒更新

北海道が全国に誇る、
生産量ダントツ1位の農作物
「ジャガイモ」。
品種も「メークイン」「インカのめざめ」、
「レッドアンデス」「キタアカリ」など様々…
その中でも、全国から注文が殺到する
大人気のブランドがあるんです!

品質の高さとおいしさから
「日本一」とも言われているジャガイモ。
それが…



道南・今金町が生んだ最高級ブランド
「今金(いまかね)男しゃく」。

デンプンをたっぷりと含み、
ホクホクなめらかな食感。

今回のあぐり王国ネクストは、
今月から植え付け準備が始まった
「今金男しゃく」の生産現場へ−
ブランドを維持するための徹底的な
こだわりに一同驚きです!


森崎
「北海道の春!気持ちいいねえ〜」

憧れ
「今まさに今金男しゃくの生産が
 スタートしたところなんですって」

森崎
「スタートしたかね…」

憧れ「あっ!まさにイマカネ?」
 
森崎「今金!」


憧れ
「実は今金男しゃくって初めて聞きました」

森崎
「そう知らなかった…子どもはどうだろう。
 呼んでみましょう!あぐりっこ〜〜」

はーい

はーい

森崎「ん?なんだ?」


憧れ「ん??」

今回のあぐりっこは小学6年生。
田渕蓮華(レンカ)ちゃんと澤田花(ハナ)ちゃん。
そして女の子2人に混ざった野太い声の主は?

憧れ「レンカとハナの2人で…」

男性
「ちょっと待てよ!触れよオレ。
 ちょっと息切れしてきたよ!初登場


森崎「どうぞ自己紹介を!」

大下
大下宗吾(オオシタ・シュウゴ)38歳です」

森崎「へええ〜」

大下「へーじゃない!知ってるでしょ」

森崎「2人は知ってる?」

レンカ・ハナ「知らない!」

森崎「知らないよね…」

大下「おいスタート悪いな…」

レポーターや映画情報番組で活躍している
大下くんが参加してくれますよ〜


さて今金男しゃくに戻りましょう!

森崎
「今金男しゃくというイモは知ってる?」

あぐりっこ「知らない…」


森崎
「正確には馬鈴薯っていうんだけど。
 色々な品種がある中のひとつが
 “男しゃく”といいます。
 ホクホクした…煮崩れしやすいイモ!」

大下
「ジャガイモ料理で何がすき?」

レンカ「肉じゃが!」

ハナ「ポテトサラダ!」

森崎
「いいね〜
 今金男しゃくのポテトサラダなんて
 最高かもしれないね!」


清流日本一に何度も輝いている
後志利別川(しりべしとしべつがわ)」が
町の中心を流れる今金町。
この川に沿って肥沃な大地が広がっています。
早速一行は今金男しゃくの生産者の元へ―

2016年04月30日(土) |  ブランドを守る種イモ農家さんを訪ねた!
2016年04月29日11時59分36秒更新

「こんにちは〜」

親子4代に渡って「今金男しゃく」を
生産し続けている日置(ひおき)勇馬さん。
札幌ドームと同じくらいの広さの畑で
栽培しています。ハウスの中に入っていくと−



森崎
「うわ〜男しゃくイモいっぱい!
 いもいもいもいも…」

森崎
「なんでみんなこっち向いてるの?
 テレビ用なの?」

日置さん
日光に当てて芽を出している所です」


日置さん
「いまは種イモを切って
 畑にまく準備をしています」

森崎
「みんな種イモってわかる?」


森崎
「このジャガイモが種になる!」

日置さん
「今金町には種イモを生産する農家
 みなさんが食べるジャガイモを生産する
 農家があって、うちでは食用のイモを
 作るための種イモを生産しています」

憧れ
種イモ農家さんと食用農家さんと
 分かれているんですね。 
 初めて知りました」


今金男爵は種イモから食用まで、
すべて町内だけで一貫生産されています。
そのため生産量にも限りがあり、
より付加価値が上がっているんです。
そんな今金男しゃくの特徴とは?

日置さん
「デンプン質が高くて
 とてもホクホクしていると思います」

森崎「どれくらい高いの?」

日置さん
「一般的なジャガイモで約12〜13%。
 今金だと約15〜20%

森崎「えええええ〜高い!」


じゃじゃん!もんすけです。
デンプン量が多いほど、
ホクホクしてるといわれるジャガイモ。

今金町は昼と夜の寒暖差が大きくて、
デンプンを蓄えやすい
栽培環境なんだって!

さらに60年以上前から「男しゃく」に
こだわって、品質向上に努力し続けてきた
今金町の生産者の皆さん。
その思いが極上のホクホク感を
つくりあげてきたんだね〜!


憧れ
「今金男しゃくの種イモを作るには
 ポイントがあるとお聞きしたんですが」

日置さん
「通常の食用の種イモの場合ですと…
 このように切り分けてしまいます」

森崎
「これが実際にになるんですね」


日置さん
「これを機械に入れて畑にまきます。
 しかし今金の種イモ栽培用の
 種イモの場合ですと…
 溝があるまな板を使います」

さてこの細工をしたまな板を使って
種イモを切るとどうなるのでしょうか?


2016年04月30日(土) |  種イモが切れてな〜〜い!その理由は?
2016年04月29日12時00分22秒更新

スパッ…

日置さんが種イモをカットすると−

ハナ「全部切れていない!」



森崎
「わざと切るのを途中でやめましたね!」

切れ目だけ入って最後まだ切れてません。


日置さん
「仮にこの種イモがウイルスを保有して
 いたりするとバラバタの状態でまいたら
 畑のあちこちに広がってしまいますよね。
 ひとつにまとまっていれば
 必ず並んで畑にまくことになるんです」

森崎「なるほど〜」


食用のジャガイモの場合、
種イモはあらかじめ切り分けられているので、
畑にはもともと1つだったジャガイモが
バラバラに植えられています。
しかし今金町では種イモを栽培する際、
万が一、病気が発生したときに
どこが発生源なのかを突き止めるため、
切込みが入れられたイモを
植える直前に手作業で切りはずし、
順番に植えていきます。

更に切込み作業も徹底的な
衛生管理の下、行われます。
これも万が一に備えて
個体から別の個体への
病気の感染を防ぐためなんです。

日置さん
「なので1個1個消毒します」

森崎
「イヤン!大変だよこれ!
 1個1個やるんでしょ?
 何千、何万って種イモあるんでしょ?」

憧れ
「万が一のために、こんなにたくさん
 工夫をしてらっしゃるんですね」


大きさに合わせ、芽を分けるように
2分割から4分割に切り込みを入れる
「種イモ作り」。あぐりっこもチャレンジ!

日置さんのOKをもらいましたよ〜


本来、切り込み後は2週間ほど寝かせ、
芽出しをする種イモですが、
今回はどのように植えられるのか、
特別に畑で実演していただけることに。

日置さん
「種イモを畑まで運んでほしいんですけど…」

森崎
いいですよ!良かったな。ついに出番だ!」

大下
うそっ!ちょっと手伝ってよ〜」


種イモの植え付けには、
ポテトプランターという
専用の機械を使います。
こちらの畑で、早速実演!

森崎「あれ?」

大下「ちょっと待って!」

憧れ「遅い!」

大下「結構(重量)あるよこれ!」

大下くん!ご苦労さまでした。

では植え付けをしていきましょう。


2016年04月30日(土) |  どうやって種イモを植えるのかな?
2016年04月29日12時00分46秒更新

日置さん
「まずプランターのタンクに種イモを
 あけていきます」

大下「オレですね。やります!」

日置さん
「横から入れてください!」



ガラガラガラガラ…

タンクに入ると
レンカ「あっ!(種イモ)割れた!」

日置さん
「割れたイモも欠片がわからない!
 こういうはしょうがないから…
 (廃棄する入れ物の中へ)」

森崎「えー植えないの?」

日置さん「植えません」


森崎
「エンジンがかかりました」

後ろには椅子がついていて
そこに腰をかけて作業します。


森崎
「種イモの植え付けが始まりましたよ。
 とにかく日置さんは種イモを割って
 並べてる…その種イモがどうなってる?」

下を見てみると―

大下「落ちてる!落ちてる」

レンカ「本当だ!」

森崎
「本来はもっと早いスピードだから
 4人並んでやっている」


植えられた種イモを、
順番に組み合わせてみると…

森崎「1個になる!」

日置さん
「これがずっと4個ずつ並んで
 いくってことですね」


日置さん
「仮に大きくなったときに
 ウイルスが発見されると
 並んでいる4つを全部抜く!」

こうして植え付けし花が咲いたあとにも、
広大な畑を日々歩き回り、
病気がないかを1本1本
生育検査していきます。
これもすべて品質を維持するためなんです。

森崎
大変だわ…こんだけ忙しかったら
 種イモ作りしかできないんじゃない?」

日置さん
「いえ…今はアスパラがピーク
 迎えていますので…」

森崎
「えらい大変ですね?収穫適期!?
 ではいきましょう」


忙しい生産準備の中、
グリーンアスパラの収穫も
ピークを迎えているということで
アスパラのハウスにやってきました。

ハウスの中を覗いてみると…

あぐり一行
「うわ〜太い!!」 
「すごい!」

大興奮の大人と子どもたち…

日置さん
「アスパラは太い方が柔らかくて
 スジが少なくておいしいんです」


憧れ
「どうやったら太くなるんですか?」

日置さん
「うちは立茎(りっけい)栽培といいまして
 この後、アスパラの茎を育てるんですけど
 太い茎ばっかりを立てるんですよ。
 そうすると、また来春、
 太いのがさらに太くなって出てくるんです」

ちなみにサイズを比較してみるとご覧の通り。
(3Lサイズは1本75g以上あることも)


2016年04月30日(土) |  アスパラも一緒に頂きましょう♪
2016年04月29日12時01分15秒更新

さてここでリーダーが収穫しますが―

森崎
「私ほどになるとですね…
 この大地に感謝をしていただく…」



森崎
「地球に感謝をして
 ありがとうございますと言いながら
 もがずに食べる!

憧れ「えっ?ないないないな…


パクッ…
森崎
うーんまい!甘い!みずみずしい」

大下
「この食べ方をして人は過去にいますか?」

日置さん
「見たことないです!」


金井アナと大下くんも極太アスパラを収穫!
全員でとれたてを食べてみる事に!

「いただきま〜す」

シャキッ! パリッ! モグモグ…

大下「甘い!」

憧れ
「おいしい!アスパラのジュースになる!」

ハナ
「このままでもパクパク食べれちゃう」


今金町では今金男しゃくやアスパラのほかにも、
様々な作物を生産しているんだって。
中でも力を入れている作物について聞いてみたよ。

JA今金町 田畑大郁さん
「今金町ではより良い品質の農産物を
 生産するために
 ひとつひとつの作物に合った栽培と
 環境にも配慮したクリーン農業に
 取り組んでいます。
 今年も今金産ミニトマトの栽培が始まりました。
 目配り気配り土作りを心がけており
 ほどよい甘さと酸味が人気です。
 若手農業者も増えており、今まで以上の食味と
 品質のミニトマトを作っていきたいと思います。
 今金産ミニトマトは7月上旬ころには皆様の元へ
 お届けできると思います。
 これからも安全安心をモットーに
 産地として美味しいと言って頂けるように
 努力してまいります」


今金男しゃくとグリーンアスパラを使った
生産者ならではのお料理を作って頂きました。

生産者の奥様たちに作ってもらったのは、
今金男爵と極太グリーンアスパラの豪華料理。
素材を活かしたシンプルな炭焼きと、
チーズとマヨネーズをかけて焼いたアスパラ、
さらにゆで汁ごとミキサーにかけた
アスパラポタージュ…

※詳しい作り方はレシピコーナーをご覧下さい


日置さんの種イモから育った今金男しゃく。
去年秋に収穫し寝かせておいたものを
ホイル焼きに…

レンカ
「すごいホクホクしてて
 じゃがバター食べたことあったけど
 それよりホクホクしてて美味しいです」

森崎
「冬のあいだ寝かせると
 デンプンは糖に変るから、あま味が増す。
 もともとのデンプンが多いから
 糖度もかなり上がってるんじゃないですか?」

さてひと口…

森崎
「ん〜甘い!
 ハチミツとか入ってます?」

日置映枝さん
「入ってません!」


憧れ
「ホクホクしている!おいしい」

大下
「砂糖とか使ってないんですよね?」

映枝さん「入れてないです」

大下「スゲー」


60年以上受け継がれる
今金男しゃくの生産技術と、
努力を怠らない姿勢に感銘を受けた、
あぐりメンバー。
種イモを生産する日置さんが
今金男爵にかける思いとは?


日置さん
「大きい話になってしまいますけど
 今金男しゃくがなくなってしまえば
 町も…というくらいの気持ちで
 ブランド維持のために頑張っています!」


森崎
今金男しゃく=今金町!
 すごい想いですね。
 本当に頭が下がります…
 人より頭が重いもので…」


4月23日のクイズ
「甘くてシャキシャキ食感の、
  むかわ名産の野菜は何という名前かな?」


正解は「春レタス」でした。

2016年04月23日(土) |  ♯380 むかわ町の春レタスに注目!新規就農者の今編
2016年04月22日18時57分02秒更新

卵にスープに…
そして一風変わったアイデア料理に!
サラダのほか様々な味わい方ができる
今まさに旬を迎えた道産野菜。

雪解け間もない4月から、
道内でいち早く出荷される
むかわ町の春レタス!

今回のあぐり王国ネクストは、
むかわ町で夢を実現した
新規就農者のもとに行き
春レタスを紹介します。



金井憧れ
「リーダー!起きてますか?」

森崎「かろうじて起きてます」

憧れ
「現在の時刻は6時すぎ!
 今日はむかわ町にやってきました」

森崎「しびれるね」


北川久仁子さん
「この時間はお母さんたちは
 もう起きていますからね!」

森崎
「ぼくはむかわ町には何度も来てますから
 あれかあれかな?
っていうのは分かってます。っていうのは分かってます。
 ただ子供が予想してるというので…」


ではあぐりっこ〜♪

今回参加してくれたあぐりっこは、
好奇心旺盛で元気いっぱいの小学5年生
鶴田茉夕(マユちゃん)と同じく小学5年生! 
好き嫌いなく食べることが大好きな
シンクル葉夏(ハナ)ちゃんです。


森崎「眠くないか?」

マユ「大丈夫です!」

ハナ「ちょっと…」

憧れ「ははは正直ですね〜」


森崎
「今日朝の6時からむかわ町で取材する
 野菜はなんでしょうか?」

マユ「キャベツ!」

ハナ「レタス!」

森崎「おれはシシャモだと思う」

北川「そんなわけはない」


憧れ
「今日はむかわ町の春レタスに注目します!」

パチパチパチ

憧れ「ハナが当たっていました」


北川
春…なんですかね?」

森崎
「我々…ダウンが離せません!
 まだ朝だからね…がついてますよ!
 非常に朝はさむいです。
 こんな中レタスがなっているなんて
 出荷するなんて…疑問じゃない?
 今の時期にレタスがあると思う??」

あぐりっこ「思えない!」
 
ということで一行は、
むかわ町生田(いくた)地区の生産者のもとへ


憧れ
「実は今回の生産者さんは
 リーダーが以前お会いしているんです」

森崎
「もう私大抵の生産者さんに会ってますから。
 ほぼ全員が知り合いです」

北川
「覚えてないと失礼ですもんね」

森崎「そ…そうですよ」

憧れ「まさか覚えてないなんてね!」

森崎
「何を行ってるんですか…
 あっ懐かしい後姿だなあ〜
 間違いないねえ〜
 どもーーーー彼です!」


生産者さん
「2年半…3年ぶりですねえ」

森崎
「懐かしいなあ〜
 えーとカメラに向かって自己紹介を!」

生産者さん「といいます!」

森崎「関さんです!」

春レタスを育てている生産者の関浩一さん。
札幌の電機メーカーを退職後、
生産者を目指す夢を実現するため、
2011年に新規就農者の受け入れを進める
むかわ町にやって来ました。
あぐり王国では2013年にまだ研修農場で
研修中だった関さんを取材していたんです。

関さん
「今はようやく生産者と言える立場に
 なっています」


2016年04月23日(土) |  春レタスを見にいこう♪
2016年04月22日18時58分06秒更新

森崎
「ハウスの中にレタスがある…
 何棟あるんですか?」

関さん「全部で8棟あります」

ということでハウスの中をオープン!

森崎「奥のほうまでビッシリだあ」



北川「春ですねえ」

憧れ
「葉っぱの香りがすごい」

森崎「レタスの香りですね〜!」

憧れ
「春レタスって初めて聞いたのですが
 普通のレタスと何が違うんですか?」


関さん
「むかわですと一番早くて
 前年の12月に植えます。
 冬の間ゆっくりゆっくり生育させて
 5月の連休ぐらいまで出荷させます」

関さん
「ゆっくり育つことで
 甘みもありますし
 朝収穫するのでシャキシャキしてます」

森崎
「レタスのパリパリシャキシャキを出すため
 まだ朝早いレタスがシャキっとしてる時間から
 農家さんが早起きして収穫してくれてる」

憧れ
「それが今回早く集まった理由なんですね」


比較的温暖で降雪量も少ないむかわ町ですが、
ビニールハウスを二重にするなど、
徹底した温度管理で栽培を行い、
甘くてシャキシャキな朝どりの春レタスを
生産しているのです。

触ってみると…

マユ「気持ち良い〜♪」


憧れ
「通常のレタスと栽培の違いは?」

関さん
「寒い時期なので虫がほとんで出ない!
 なので農薬をほとんど使わないですみます」

森崎
「野菜にとっても優しいし
 我々消費者もありがたいことですね」

北川「俄然食べたくなりました!」


はやる気持ちを抑えて、
まずは春レタスの収穫作業を
見せていただくことに!

優しくレタスを抱えて
包丁で茎を切り取ります。

関さん
「だいたい2〜3枚ぐらい(外側の葉を)つけて
 出荷しています。お店に並ぶときには
 外側の葉がない状態です」


関さん
「(残した葉は)中が傷つかないように
 緩衝材の役割をしています」

森崎「クッションの役割だね」


憧れ
「1玉、収穫するのも時間かかりますよ」

森崎
「その姿勢ですよ…
 そして箱に詰めていく…
 収穫を毎日早朝からやって下さっている」

憧れ「実際に収穫してみましょうか?」

あぐりっこ「はい!」


2016年04月23日(土) |  レタス収穫にチャレンジ!
2016年04月22日18時58分33秒更新

包丁を使って優しく丁寧に
収穫する春レタス。
あぐりっこの前にまずは
北川さんと金井アナから挑戦してみることに…

サクッ…

北川
「サクッ!という手応え!
 みずみずしいって感じがしました」



続いて包丁をほとんど使ったことがない
という金井アナが挑戦!すると…

憧れ「真っ直ぐ?せ〜のっっ!」

ザクッ

かわいい声と裏腹に何という勢いなの!!

北川ボロボロになってる!」

森崎「(レタスは)敵か??」

憧れ
「うわ〜〜崩れちゃいました…」

関さん「これはもうダメですね」


金井アナの失敗を教訓に、
今度はあぐりっこも挑戦!
上手に収穫できるかな?

ふたりは上手にできましたよ〜♪

森崎「かなり大物がとれましたね」


森崎
「レタスの茎を切った後に
 白っぽい粘っぽい液体があるけど
 実はレタスが新鮮な証しなんです。
 レタスって日本では乳草(ちしゃ)って
 和名があるの。ちょっとなめてごらん」

憧れ
苦い!あっ苦い!」

森崎「強い苦味があるんです」

憧れ「北川さんもどうぞ…」

北川「いやいやいや…」


じゃじゃん!もんすけです!
甘くてシャキシャキ新鮮な春レタス!
その栄養価と切り口から出てくる、
白くて苦い成分が、いったい何なのか、
荒川先生に聞いてみたよ。

天使大学 看護栄養学部 荒川義人教授
「レタスを切ると白い乳液状のものが出てきますが
 その主たるものはラクチュコピクリン。
 これがレタス特有の苦みの原因です。
 この成分には催眠効果があると
 言われてますが、まだ研究の途中です。
 それ以外の成分は葉物野菜に含まれる
 ビタミンCやベータカロテンなど一般的な
 成分がありますが、
 なかでもビタミンEはあるのが特徴。
 抗酸化作用が強くて元気な体作りや成長に
 必要なビタミンなんですよね」

レタスは、およそ95%が水分なので、
低カロリーな食材でもあるんだよ。
新鮮なレタスたくさん食べたいな〜!


もぎたてを春レタスを食べましょう。

いただきま〜〜す♪

ハナ・マユ「甘いっ!」

憧れ「おいしい〜」


北川
「すごい甘いですね
 レタスって脇役みたいなイメージ…
 これはメインでいけますよね」
 
マユ「これ給食でいいです!」

収穫した春レタスは、
12玉入りのダンボールに詰め、
出荷施設へと運ばれます。

JAむかわでは、とれたての鮮度とあま味を
消費者に味わってもらうため、
朝5時から8時頃までに収穫し、
いち早く札幌の市場へ出荷。
常にシャキシャキの春レタスが、
スーパーなどに並べられるのです。

2016年04月23日(土) |  新規就農者をしっかりサポート!
2016年04月22日18時58分52秒更新

憧れ
「3年の間に色んな失敗や苦労ありましたか」

関さん
「最初は土のクセが全然わからないので
 やはり…思いのほか良く出来なくて…
 去年今年とやってきて
 だんだんこういうような作りまで
 もってこられるようになりました」



森崎
「まだ3年目です。
 これからどういう農家さんになりたいですか」

関さん
「もっとこのハウスを増やして
 手がまわればですけど
 ほかの畑作などもやれたらいいなと思います」


森崎
「何作物か増やして…
 そしてししゃもも!」

関さん
「船は持てないかな…」


新規就農を積極的に取り組むむかわ町!
現在、8組23名の新規就農者が独立して、
野菜の生産を行っています!

むかわ町では安定した農業経営ができるように、
春レタスやトマトなどの施設野菜を勧めていて、
就農の相談から、短期・長期といった
段階的な農業体験のあと、
2年間の実践研修を経て独立就農を目指す、
万全のサポート体制を整えています!

新規就農を目指す大竹啓介さん(札幌市出身)
「オープンな風土がむかわ町にはありますね。
 新規就農者に農家さんの方から
 教えてくれることが多いですし
 ただ作業しているだけではなくて
 見学に行ったりJAの青年部に入ったり
 繋がりがよくできるので助かります」

農業者だけではなくJAや関係機関が一丸となって、
新規就農者をサポートしてくれるむかわ町。
ホームページやパンフレットなどでも、
細かい情報が提供されているから、
生産者への夢を叶えたい人は、
ぜひ参考にしてみてね。

■むかわ町地域担い手育成センター
問い合わせ
0145-42-5588
E-mail  mukawa-ninaite@theia.ocn.ne.jp
HP http://www.mukawa-ninaite.jp/


むかわ町の春レタス生産者に、
料理人の青山さん直伝の
簡単アイデアレシピを紹介!

kitchen Support 青
フードプロデューサー青山 則靖さんです。


ということで関さんと同じく、
2013年に取材した新規就農者の阿部さんと
宮川さんにも参加していただきました!

森崎
「もうレタスの出荷は?」

宮川さん「してきました!」

森崎
「仕事終わったから青ちゃんの料理
 食べようかな?って来られた」

宮川さん「期待しています!」


2016年04月23日(土) |  レタス料理のバリエーションが広がる♪
2016年04月22日18時59分09秒更新

さて最初に青ちゃんが教えてくれたのは
レタスの卵とじ!

青ちゃん
「レタスは加熱してもシャキっとした
 食感は残るんですよね」

森崎
「卵とじにしてもシャキシャキするの?」

青ちゃん「します!」

ということで詳しいお料理については
レシピコーナーをご覧くださいね!



意外な料理にみないぶかしい表情でしたが…

マユ「いい香り〜♪」


阿部さん
「これで歯ごたえがあったら
 最高に良いと思います」

そして、もう一品。
春レタス・鶏肉・トマトを
塩だけで味付けする簡単スープも!

※レシピコーナーをご覧ください。


アイデア溢れる青山さん直伝の
春レタスオリジナルレシピ。
あぐりメンバーはもちろん、
生産者の反応は?

阿部さん
「春レタスの歯ごたえと
 卵のとろみとダシの味がとても合う!」

関さん
「これご飯すすみますね!」

マユ「うーーーん♪」

マユ「とろとろです!」

森崎
「みなさん黙々と食べていますね」

森崎
「普通に昼ごはん食べてるかんじ」

宮川さん
シンプルだけどすごく美味しいです」


ハナ
「レタスのあま味が出ていて
 美味しいです」

憧れ
「合いますね〜」

 


4月16日のクイズ
「北海道の原料を使った
 福山醸造の醤油の名前は
 何だったかな?」

正解は「道民の醤油」でした。

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)