◆次回予告◆

12月23日(土)貯蔵から加工までタマネギコンビナートとは?
タマネギの貯蔵から加工までを担う富良野の巨大施設に迫る。
北海道のタマネギを通年出荷
するための巨大倉庫に
森崎リーダー仰天。
タマネギを使った絶品ソースを使ったレシピにあぐりメンバー舌鼓
ページ内検索

   表示:2016年11月(27件)
<< [1] [2] [3] >>

2016年11月26日(土) |  ♯408 尾木先生が置戸町の食育に触れる後編
2016年11月26日11時17分04秒更新

教育評論家の“尾木ママ”こと、
尾木直樹先生を迎え、
北海道の農業や農産物の魅力に触れる
ゲスト企画・第4弾!

前回、地域ぐるみで食育に取り組む道東のまち、
置戸町を訪れました!



地元小学校の給食時間にお邪魔して、
木のぬくもり溢れる工芸品「オケクラフト」
器で味わうこだわり給食を体感!

置戸小学校 栄養教諭 梶原成美さん
「ほとんどが手作りで産地や調味料にこだわって
 子どもたちの健康を思って作っています!」

尾木ママ「スープの味が違う!」


給食は1年間毎日違うメニュー。
さらには、地元の生産者が育ててくれる
野菜などを取り入れた手作り。

地域に支えられる
こだわりの学校給食に触れた一行は、
続いて、食育を積極的に取り組む
置戸町ならではの場所へ!
そこで目にした光景は…??


憧れ
「尾木先生と一緒に置戸町の食育に触れる!
 今日は後編です」

憧れ
「これから訪れるのは
 0歳児から5歳児が集まる
 置戸町の認定こども園です」

森崎「めちゃくちゃカワイイじゃない?」


教育評論家・法政大学教授
尾木直樹さん
「カワイイ〜もう食べちゃう♪」

森崎
尾木先生!教育の方ですからね!!」


一行が訪れたのは
認定こども園置戸町こどもセンターどんぐり。

認定こども園とは、
教育保育を一体的に行う施設のことで、
いわば幼稚園と保育所を融合した
教育施設なんです。

「おじゃましま〜す」

憧れ
「こども園も木に囲まれて
 暖かい雰囲気がありますね」

尾木ママ「すごいねえ〜」


0歳児から5歳児まで、
およそ80名の園児が過ごす“どんぐり”。
こちらでは、どんな食育に取り組んでいるのか?
年長クラスの「ぞう組」の教室に
お邪魔させていただきました。

2016年11月26日(土) |  どんぐり園の食育授業とは?
2016年11月26日11時17分38秒更新

尾木ママ「こんにちは♪おはよう!」

森崎
「あれ?
 どうしてスプーンをなめているのかな?」

園児「アイスを食べていたから!」



先生
「アイスは何からできていたかな?」

園児
「牛乳!」「バター!」
「それは違うよ!!」

森崎
「アイスは何からできているのかを
 学んでいるんですね。これは食育だね」


認定こども園どんぐりで、
栄養指導などを行なっている
栄養士の太田晶(おおた・あきら)さん。

太田さん「Are you ready?」

園児「Yeah!!」

太田さん
「チーズとヨーグルトは
 何から出来ていますか?」


園児「牛乳!!」

この日は、バターやチーズ、ヨーグルトなど、
牛乳を原料に作られている乳製品には
どんなものがあるのか?ということを、
園児たちに学んでもらう授業を行なっていました。

太田さん
「これ全部なにから出来ていますか?」

園児「牛乳」

太田さん「牛乳は何が出してくれるの?」

園児「牛!」

太田さん
「今日は牛さんのところに行って
 子牛さんにミルクをあげてもらいます!」


森崎
「何このグローバルな授業!」

太田さん
「毎年定期的に行っているんです」


森崎
「みんな牛さんを見に行くとき
 僕たちも一緒に行ってもいいですか?」

園児「いいよ〜〜♪」

憧れ「ありがとう〜♪」


1年に1度、園外での食育授業にも取り組む
認定こども園 どんぐり。
22人の園児たちをバスに乗せ、
移動することおよそ15分…。
園外授業が行われる、
秋田地区の酪農家のもとに到着。

2016年11月26日(土) |  生産者が先生になる!?
2016年11月26日11時19分09秒更新

バスから降りてきた園児ですが…

憧れ
「鼻をつまんでいるのはどうしてかな?」

園児「臭い!」

森崎「どんなにおいがするの?」

園児
「いいにおいがする!」
「牛のうんちのにおい!」 「ちょっと臭い!」

憧れ「このにおいも勉強ですよね!」



憧れ
「ほ乳体験以外には何をするんですか?」

太田さん
「酪農家さんのもとで行う園外授業では
 ほ乳体験を主にやっていて
 その後にバターを作ったりしてます。
 (園児は)牛乳がバターになることは
 もう学んでいます!」

森崎
「園児たちは何回かほ乳しているんですか?」

太田さん
「そうですね。小さいうちから!
 0歳の時から牛を見ているので!」

驚くあぐり一行です。


JAきたみらい青年部 置戸支部長
片桐 敏史さん
「みなさんおはようございます!
 さっそくほ乳体験はじめますか?」

園児「いえーい♪」


子牛の哺乳体験は地元のJA青年部が主体となり、
園児たちをサポートしながら行われます。

すでに、子牛とのふれあいには
慣れているという園児たちは…


憧れ「うわっ上手!」

森崎「誰も怖がっていないね」

園児「やわらかいよ!」

森崎「美味しそうに飲んでるかい?」

園児「飲んでる!」

子牛が飲むミルクは一回で2〜3Lです。


尾木先生
「なかなか手つきがいいですね。
 何回かやったことあるね」

憧れ「いい子いい子してる」

森崎「ずっと牛さんの頭なでてるの?」

園児「気持ちいい!」


さてお次は尾木ママの番ですよ。

尾木ママ
「温かい!重いね…
 あんまり引っ張らないでよ!
 あの子たちすごいわね…」

尾木ママ、子牛に引っ張られています(笑)

なかなかうまくいかない尾木先生に、お手本!
ということで…リーダー登場。


尾木ママ
「リーダー。これやったことあるわね!」

憧れ
「もう番組9年目になりますからね」

太田さん
「スタンスがしっかりしていますよね」

太田さん「かまえが違う!」

尾木ママ
「なるほど…人馬一体になってる。心が!」


森崎
「人馬一体?
 それケンタウロスじゃないですか!!」

すると−


森崎
「牛になめられたことは?ぜひよかったら!」

尾木ママ「そんな…」

歯がないので指を差し出すと−

尾木ママ「吸い付く感じ!」


一切怖がることなく、
ほ乳を行う立派な園児たち。
体験を終えたあとは、
たくさんミルクを飲んでくれた子牛との
ふれあいタイム。そしてさらに…

2016年11月26日(土) |  いのちと触れあい五感を研ぎ澄ます
2016年11月26日11時19分59秒更新

園児「いた!」「かわいい♪」

片桐さん
「白いのもいるしょ。
 ここにいるのはミルクを飲んでいない牛

園児「そうなの〜?」



園児「こっちのほうがでかい!」

この牛舎にいる牛は、
生後10ヶ月から15ヶ月ほど。
園児たちをはるかに超える大きさですが、
ここでも…


片桐さん「そーっと撫でてあげて」

園児
怖いよ。大きいの触ったことないから」

すると一人で勇気を出して頭をなでなで♪

どんどん近づいていきます。
あっというまにお友達になったよう。


憧れ「先生どうですか?」

尾木ママ「距離を置いていたのに…」

片桐さん「そーっとです」

でもやっぱり怖いんです。

尾木ママ「うわ〜っ!」

憧れ
「先生ぜんぜん触れてないです(笑)」


森崎
「先ほどはほ乳体験でしたけど
 今はエサやり体験になっていますね」

尾木ママ
「子どもたちがイキイキしている!」

森崎
「遊びを見つけていますよね。次々と」


憧れ
「積極的にエサをあげたり
 牛に近づいたりしていますね」

森崎
「僕らが見ている牛より
 もっと大きい牛に見えるでしょうね」


すると−

園児
「おしっこしてる」
「うわっおしっこ!!」

一気にざわつく子どもたち。

森崎
「ん?おしっこしてるねえ〜
 本当に子どもたちは…」


森崎・憧れ
「おしっこが大好き!」

尾木ママ「あ〜ら(笑)」


地元酪農家で行う園児たちの食育授業。
最後は、北見地方で搾られた、
「きたみらい牛乳」を全員で味わいます。

■きたみらい牛乳 1本160円(税込)
販売先)Aコープおとふけ店・おんねゆ店など


森崎「せ〜のっ!」

園児「カンパーイ♪」

森崎「乾杯って言うんだ」

園児「うまいっ!」「おいしいよ」


森崎「さわやかだ」

憧れ「甘いですね」

尾木ママ
「甘いねえ〜やっぱり味が全然違う。
 濃いですね。おいしいね」

憧れ
「こういう環境で飲めるって幸せですね」

ここで尾木ママからお話が…


2016年11月26日(土) |  子どもの笑顔が生産者さんに自信を!
2016年11月26日11時21分03秒更新
尾木ママ
「あのね〜これは原体験って言われてて
 ものすごく注目されているの。
 こういった草原の中で香りとか嗅ぎながら
 牛さんの匂いとか感じておくってことが
 小学3年生以降ぐーっと力を出し始めるの。
 だから焦らなくていいのよ。置戸の子は!
 必ず伸びますね」


森崎
「今体験していることが
 将来の学びに繋がっていく…」

尾木ママ
「この先の学びは抽象的になっていくるから
 原体験の多さが学びの土台になるんです。
 それがなくて部分的に鍛えた脳は
 ほとんど意味をなさないの。
 どんどん衰えるだけで…」


森崎
「こういった子ども達の受け入れは
 いつから始まったんですか?」

片桐さん
6年程前からです。
 地元の酪農畑作など主幹産業で
 触れあえたことがない子もいるので
 地元ならではのことだと思うので…
 都会の子にはなかなか体験できない事なので」

森崎「そうですよね」


片桐さん
「子ども達って演技しないじゃないですか。
 素直ですよね!
 喜んでいる顔を見るとすごく嬉しいですし
 なんかちょっと嫌な顔をしているのを見ると
 もう少し頑張らないとと思うので
 僕らも励みになるので!」

じゃじゃん。もんすけです!
「置戸町子どもセンター どんぐり」では、
JA青年部が中心となって行う、
園外での食育授業のほか、
クッキング体験や手作りおやつ体験など、
園児たちに食と農の大切さを伝えているんだよ。

置戸町こどもセンターどんぐり理事長
佐久間光昭さん
「食育としては子どもの時から
 食べる楽しさを感じてほしい!
 そして生産者と触れ合う事によって
 命への感謝を感じてほしい…
 ということを大切にしています。
 それは地域の農業を身近に感じてほしい
 という思いや、
 地域で生産するものが安全でおいしい
 ということを子どもの時から知って欲しい。
 やはり幼児期から感じたり見に付けることが
 子どもの成長にとっても大事と思うので
 子供なりに感じてもらいたい…
 そういうねらいでやっております」

地域の子どもたちが、地域の農業や食に
関心を持ってもらうことは、
子どもたちの未来だけではなく、
置戸町の未来にとっても、
すごく大切なことだよね。


あぐり一行は園外授業を終え、
給食を食べる園児たちの教室に
お邪魔しました。

森崎「使っていますね〜」

尾木ママ「あら!オケクラフトだ」

森崎
「ところで今日のメニューは何ですか?」


太田さん
「シカ肉のカツですね!」

森崎・憧れ・尾木ママ
「シカのカツ??」

森崎「子ども達はシカ肉食べてるの?」

この日の給食は、“ご飯”、
“玉ねぎの味噌汁”、“白花豆の甘煮”
“ふきの炒め煮”、
そして、鹿肉を使ったカツ。
地元産の食材をふんだんに取り入れた献立です。


尾木ママ
「食べたことも聞いたこともない!」

太田さん
「肉は鶏肉と豚肉が多いと思うんですけど
 様々な種類の肉があるということを
 小さい頃から知ってもらいたい!
 かみ応えがあるので
 “そしゃく”するのにとてもいい!」

森崎
「食感もあるし高たんぱく低カロリー!」

太田さん
「鉄分も多いので素晴らしい食材です」


憧れ
「どうしてシカ肉を出すようになった?」

太田さん
「置戸町の“おけと”はアイヌ語で
 “シカの皮を乾かすところ”という意味で 
 大昔から食文化として食べられていた!
 伝統的なものを子どもにも知ってもらいたい
 そして栄養面でも合致したので
 食べてもらっています!」

尾木ママ「なるほどねえ」


2016年11月26日(土) |  子どもを刺激する給食を目指して
2016年11月26日11時21分39秒更新
栄養価に優れた伝統的な食文化を給食に。
改めて園児たちへ鹿肉の感想を聞いてみると…


森崎
「シカ肉どうですか?」

園児
「おいしい〜」
「シカの味がする〜〜!」

森崎「シカの味がするんだ(笑)」


なるべく地元産を使っているという給食の食材は、
農作業の合間をぬって、
生産者自らが届けてくれます。

太田さん「こんにちは〜今日は大きいですね」

生産者 中川隆さん
「こうやって自分が作ったものを
 置戸の子供たちが食べてくれるのが嬉しい!
 農家の仕事は疲れる事や大変なこともあるが
 “おいしい”と言われたら
 言うことないです!」


地元の食材を使ったこだわりの給食を、
3人も食べさせていただきました!

尾木ママ
おいしい!食感は豚肉と変わらない」

森崎
「ちょっとたんぱく気味な感じ。おいしい。
 すごい食べやすいですねえ」

憧れ「やわらかい!」

森崎
「柔らかいけど、しっかり歯ごたえはあって
 かなりそしゃく力がつくよね」


尾木ママ
「この白いお豆もここで取れるんですか?」

森崎「はい!白花豆」

尾木ママ
「めちゃ美味しい!」


憧れ「子ども達から給食の感想は?」

太田さん
「何が食べたいとかリクエストが多いですね。
 お味噌汁が好きみたいで… 
 カツオと昆布で出汁をとっているので
 布苔(ふのり)の味噌汁
 とか人気ですね!」

森崎・憧れ「へえええ〜」


地域食材で作る本物の味を、
幼児期から伝えることで育まれる確かな味覚。
栄養士として、太田さんが園児たちに伝えたい
一番の思いとは…

太田さん
脳と神経系ができあがる5〜6歳までに
 できるだけ(食を通して)刺激を与えたい!
 どこの刺激で子供たちがどう変わっていくのか
 才能を発揮していくか分からないし
 無限だと思っています」


太田さん
「色々な経験をしてらって
 刺激を与えたいと思い実践しています」

太田さん
「できるだけ食育の取り組みを
 右肩上がりで発展させるのは大変ですが…
 本当に…間違えてなかったんだあ〜って…」
 
尾木ママ
「僕の立場から言うと、
 ぜひこの情報この実績を
 全国に発信してほしいと思います!」

森崎
「これからの置戸町を注目して
 楽しみにしてます」

太田さん「ありがとうございます」

尾木ママ「がんばってね!」


2016年11月26日(土) |  尾木先生が感じたコト…
2016年11月26日11時22分06秒更新

森崎
「ざっくばらんに置戸町いかがでしたか?」

尾木ママ
「これまでも食育の熱心な場所に行ってますが
 食育スケールの大きさが違う!
 町ぐるみで取り組んでいて、
 子供たちが真ん中にいて
 大人たちはその周りで手をつないでいる…」



尾木ママ
「子供のためにやっていることが
 自分のためにもなっていて、
 みなさん自分の喜びになっているような…
 本当にお釣りがくるほどぜいたく町ですよね」

憧れ
「尾木先生にとって何が新しい景色でした?」

尾木ママ
「無理が無くて自分の意思で
 繋がっている感じで
 リビングに子供たちが集っている!
 食育の概念が広がっちゃった!
 人づくりだし
 町づくりに繋がっている!」


尾木ママ
「ゼミの学生をここには連れて来たいですね」

森崎
「ぜひいらしてください」


尾木ママ
「法政大学のゼミ生がここに
 どんどん住み込んだりしたら
 面白いわよ〜」

森崎「素敵ですよ」


憧れ
「そしてお子さんが生まれたら
 オケクラフトがもらえる!」

尾木ママ
「僕それまで生きるぞ!!」

食育を通した人づくりは
町づくりにも繋がっていました。
オケクラフトのように温もりある
素敵な町・置戸町。
梶原さん・太田さんありがとうございました。

そして尾木ママ!
また北海道にきてください。
ありがとうございました。


お・ま・

最後のまとめの話をしている時…

太田さん
「栄養士だけのつながりもあるのも
 置戸町の魅力ですね。
 職場で一人ひとりの職種なので…」


森崎
「先週ご出演いただいた
 梶原先生とも連携をとっている?」

太田さん
「取っています」


太田さん
「この後、打ち上げしようって
 話してます」

森崎
「打ち上げ??
打ち上げですか?」


憧れ「番組の??」

太田さん「そう言ってました…」

憧れ
「番組の取材の打ち上げ
 するんですね(笑)」

森崎
「それ我々は抜きで…(笑)」

梶原さんも太田さんも面白い♪


11月19日のクイズ
「置戸町が食育に取り組むきっかけとなった
 工芸品は、なんという名前だったかな?」

正解は「オケクラフト」でした


2016年11月19日(土) |  ♯407 尾木先生が置戸町の食育に触れる 前編
2016年11月18日08時17分46秒更新

憧れ「JR北見駅にやってきました」

森崎
「あぐり王国NEXTになって駅から始まる時は
 必ずゲストがいる時です!」

憧れ「ピンポーン♪正解です」

ということで、様々なゲストが、
北海道の農業や農産物の魅力に触れる
ゲスト企画、第4弾!
果たして、今回のゲストとは…



森崎
チャオから始まって(今井寿シェフ)
 いろんなゲストの方に来て頂きました」

憧れ
「今日もですね…かなり豪華なゲストを
 お呼びしています。早速呼んでみましょう」

森崎「何と呼べばいいの?」

憧れ「…先生!」

森崎・憧れ

ゲスト「はーい♪」


森崎「すげー本物だあ」

ゲスト「尾木ママよ〜♪」

森崎
「尾木ママじゃないですか!
 めっちゃ豪華じゃないですか!」

憧れ「本物だあ」


法政大学の教授であり、
教育評論家としても活躍する
尾木直樹(おぎ・なおき)さん。

東京都内で22年間、
中学校の教員を勤め、
子供を主役としたユニークで
創造性豊かな実践教育を展開。

現在は、その豊富な教育実績と経験をもとに、
法政大学で教員を目指す学生の育成や
全国各地の講演会などで、
独自の教育論を伝えています。


尾木ママ
「本物見たの僕も初めてですけども
 大きいわね!

森崎「ありがとうございます」

尾木ママ「健康そう!」

森崎「(大笑い)」

尾木ママ
「あぐり王国を担当されているから
 2人とも元気そう!」


森崎
「今日は一緒に北海道農業の体験を?」

尾木ママ「農業体験大好き!」

憧れ
「今回は尾木ママと一緒に
 日本一の給食として
  有名な置戸町に行きます!」


尾木ママ
「なんか聞いたことある。
 名前がいいじゃない?」

森崎
ホーホケキョ!みたいなね」

????

憧れ「どういう意味ですか?」

森崎
「オケトチョウっていうのが
 ホーホケキョみたいですね…」


憧れ「どう思いますか?」

尾木ママ
「なんかイメージ…
面白い人ね♪」


ということで一行は北見駅を離れ、
日本一の給食を含め、
様々な食育に取り組んでいるという置戸町へ−

2016年11月19日(土) |  食にこだわるキッカケとなった工芸品?
2016年11月18日08時18分40秒更新

礼文島以外はくまなく歩いている尾木先生。
宗谷周辺は一週間ほど滞在して
地元の小中学校に行ったそうです。

森崎「教育の専門家ですもんね?」

尾木ママ
お笑いの専門家じゃないでしょ!」

バスの中は大盛り上がり…



憧れ
「北海道の食育はどんなイメージですか?」

尾木ママ
「おそらく一番進んでいると思う。
 先駆的な取り組みが多いような気がする」

憧れ
「今回お邪魔する置戸町は
 教育機関を含む町一体となって
 食育活動を進めている町なんですが…」


憧れ
「食にこだわるきっかけとなった
 工芸品があるそうなんです」

森崎「何だと思いますか?」

尾木ママ
「それ食べちゃうんじゃない?」

森崎「工芸品を食べちゃう??」


尾木ママ
「なんだろう…


なめる!」


もうバスの中は大爆笑。


北見から車でおよそ30分。
人口およそ3千人が住む緑豊かなまち・置戸町。
一行はさっそく食育に取り組むきっかけとなった
工芸品があるという町内の施設へ−

≪オケクラフトセンター 森林工芸館≫
住所:置戸町置戸439-4


憧れ
「木のいい香りがしますね〜」

尾木ママ
「頭までスキッとしてきたよ!」

お世話になるのは…
オケクラフトセンター森林工芸館で、
館長を務める五十嵐勝昭さん。
この施設について教えていただきます。


憧れ「改めてこの工芸品は何というもの?」

五十嵐さん
「これは置戸町“オケ”、
 ハンドメイド“クラフト”を繋げて
 総称で【オケクラフト】と言います」

オケクラフトは地元にある
豊富な木材資源を使って、
およそ30年前から作り続けている
置戸町のブランド工芸品。
お椀やスプーンなど、
400点以上にも及ぶ様々な食器は、
祝い事などの贈答品としても、
高い人気を集めています。


尾木ママ
「この木目っていうの。
 このオケクラフトでご飯を食べたら
 おいしくなりそう!」

五十嵐さん
香り・ぬくもり・温かさ・柔らかさ
 感じてほしい!」


憧れ
「たしかになめらかな曲線がキレイですね」

尾木ママ
「だってね。最後まで食べたくなるよ」


木の温もりを感じながら料理が味わえる
オケクラフトは、
職人の手で一つ一つ丁寧に仕上げられます。
館内に併設された工房を覗いてみると…

2016年11月19日(土) |  置戸小学校に給食を見にいこう
2016年11月18日08時19分02秒更新

森崎
「うわー削ってる!そうか!
 ろくろを横にして削っていくんだ」

憧れ
「木によって硬さとか違いますもんね」

五十嵐さん
「しかも10枚同じサイズにするのが難しい」

天然木材ならではの風合いを活かしながら、
熟練の技で作り上げるオケクラフト。
この伝統工芸品が、置戸町が取り組む
食育の礎となっているのです。
いったいどういうことなのか、
館長がある展示品を見せてくれました。



尾木ママ
「給食のセット??」

森崎
「置戸町立小学校で使用されている
 給食用のオケクラフト!いつから?」

五十嵐さん
30年経ちますね。
 町全体で器と食にこだわって
 取り組んできております」


器と食にこだわりたいという思いのもと、
およそ30年前に、
町内の小学校の給食用食器として、
オケクラフトを取り入たのが
食育の原点だったんです。

その取り組みも、今では…


五十嵐さん
認定こども園・小中学校・高校などで
 オケクラフトが使われていますね。 
 ですからオギャーと生まれた時から
 高校生まではオケクラフトに触れている」

地元の工芸品で味わう地域ぐるみの学校給食。
一行は“日本一の給食を提供する小学校”として
今や全国的に注目されている、
地元の小学校を訪ねることに…


尾木ママ
「(学校を見て)
 柔らかい感じで温かみがありますね」

森崎
「畑の授業かな?こんにちは〜
 今は何を掘っているの?」

児童「イモッ!」

森崎「あとでね〜♪」


さて学校の中に入ってみると−

憧れ「校舎内が明るいですよね」
 
尾木ママ
「これはすごいわ。
 運動会できるぐらい広い!」

森崎
「木がいっぱい!天井高い!すごい解放感」


憧れ
「今日お世話になる菅教頭先生です」

果たして置戸町が誇る日本一の給食とは?
これからまさに、
給食の時間が始まるということで、
教頭先生に教室まで案内していただきました。


森崎
「今まさに日本一の給食の時間なんですね」

菅済教頭
「そうです。給食の時間です!」


あぐり一行「おじゃましまーす」

憧れ「給食はおいしい?」

児童「おいしい〜!」


森崎
「実際にオケクラフトのお椀を
 使っていますね」

森崎
「あれ?明らかに小学生の生徒じゃない方が
 いらっしゃいますよ」

児童「栄養士の先生!」

置戸小学校の栄養教諭、梶原成美さん。
給食のレシピ考案や調理、
そして児童と一緒に給食を共にしながら、
栄養指導なども行っています。


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)