あぐり王国 放送内容

2020年02月15日(土)
田中酒造で酒かすを学ぼう!


 森崎リーダー
「ではどうやって感謝を伝えましょう?」

森アナ
「ミクルが大好きな食材を使ったお料理を学んで、
 知らずにお迎えに来たお父さんに
 サプライズで食べてもらいます!
 リーダー!いま私たちがいる場所ですが
 小樽市の『田中酒造』です」

リーダー
「あぐり王国では何度もお世話になってます」

森アナ「この場所にミクルの好きな食材があるんです」

リーダー「お酒?日本酒?やるねえ〜」



 ミクルちゃんの大好物とは「酒かす」でつくる甘酒。
今回はまず、田中酒造で酒粕について学びます。



 【田中酒造 亀甲蔵】
住所)小樽市信香2-2 пj0134-21-2390



 森アナ
「酒かすの甘酒って飲む機会ある?」

ミクル「はい!家で飲みます!」

リーダー「じゃあ酒かすを買ってるんですか?」

彩子さん
「まとめて買って冷凍庫にしまっておいて
 飲みたい時、寒い時にちぎって作ってます」




 リーダー「酒かすの料理に挑戦したことは?」

ミクル「ないです!」

彩子さん「ないです…」

リーダー
「じゃあしっかりと勉強して
 お父さんに喜んでもらいたいですね」




 ということで創業120年を超える
小樽の酒蔵「田中酒造」へ…!

日本酒製造の副産物である、
「酒かす」も製品化しています。




 その酒粕が出来る工程を
岡田栄造さんに案内して頂きます。



 森アナ
「さあ私達の後ろには大きな釜があります!
 湯気が出ていますねえ」

リーダー「すごいね。なんか膨れてる!」

岡田さん
「これはお米を蒸しているところです。
 酒蔵は煮たり・炊いたりしないで
 必ず蒸して米を使ってます」




 森アナ
「そもそもお酒に使うお米が
 食べている“うるち米”と違うのは
 知ってたかな?」

ミクル「いや知らなかったです!」



 森アナ
「違うんですよね。
 ここに実際のお米があります」
 
ミクル「粒が小さくてビーズみたい!」

リーダー
「そうだね。丸いね。ちっちゃくて」



 岡田さん
「これは最初から丸い訳ではなくて
 実は元の玄米は大きく・平べったいです」

リーダー「もともと大きいお米なんだ」



 岡田さん
「それを3日間かけて1/3まで削ってます。
 お酒造りには無いほうがいいタンパク質や
 お米油という油分が外側にあるので
 それを削って取って
 香りよくってキレイな味のお酒を作ってます」

一覧に戻る

(C)HBC