あぐり王国 放送内容

2021年01月09日(土)
♯599 新春対談企画・北海道農業のミライを語る@


 森崎博之リーダー「はいよっ」

森結有花アナウンサー「あい〜」

リーダー「はいよっ」

森アナ「ひやあ〜〜」

リーダー&森アナ
「あけましておめでとうございます」

リーダー
「あぐり王国、今年も始まりました。
 宜しくお願いします!」




 リーダー「さていこっ!!」

ペッタン

森アナ「北海道農業に…」

ペッタン

森アナ「詳しい…」
リーダー「あいよっ」

ペッタン

森アナ「方々を…」
リーダー「はいっ!」

ペッタン

森アナ「ゲストに…」
リーダー「よっ!」
ペッタン

森アナ「迎えて…」
リーダー「(笑)…」




 森アナ「新春…」
リーダー「よいしょっ!」

ペッタン

森アナ「対談…」
リーダー「はいっ!!!」

森アナ「わあああああああ」

迫ってくるリーダーの杵に音を上げた森アナ(笑)





 改めまして今回は、
「新春対談企画・北海道農業の未来を語る」。
ご覧くだされば、北海道の農業って誇らしい!
そう思って頂けるはずです。

森崎リーダー
「北海道農業っていったら
 日本の食を支える大事な産業ですから!
 北海道のみならず全国に訴えていきたいことですね!」





 森アナ
「それではゲストの皆さまをご紹介します。
 まずはこの方!
 JA北海道中央会の会長!小野寺さんです」

リーダー「よー」
小野寺会長「おめでとうございます!」





 JA北海道中央会の小野寺会長。
北見市常呂町で畑作を営む生産者でもあります。

続いての登場は―





 「よいしょ!はいもうひとつ、よいしょ!」



 こちらは、JA北海道信連の佐藤会長。
佐藤さんは、当別町で稲作と畑作を営む生産者でもあります。

続いては―





 「いくぞっ!よいしょっ!よいしょっ!」



 こちらは、ホクレンの篠原会長。
篠原さんは、士幌町で畑作を営む生産者。

続いては―





 「よいしょっ!これでいいかい?」

リーダー「もういっちょ!」

「よいしょ!」





 こちらは、JA北海道厚生連と
JA共済連北海道の中瀬会長。
美深町で稲作を営んでいます。




 以上4名、北海道農業にとても詳しい方々を
ゲストにお招きしました。





 リーダー「みなさんスゴイ方ですよ」

森アナ
「北海道農業を支えて下さっている方々に
 お越しいただきました」

リーダー「みんな会長さんですよね」





 リーダー
「今日は会長4人とあと一人、
 あぐり王国の国王(リーダー)がいますからね!
 立ち位置的には私が一番偉いですからね」

森アナ「あっち(会長の方)見て言えますか?」

リーダー「動けません(笑)」





 つきたてのお餅を丸めていきましょう!

森アナ
「取り分けてみんなで食べていきましょう。
 こちらの餅のもち米は中瀬会長がもってきてくれました」





 中瀬会長
「【きたゆきもち】という品種で農薬も肥料も半分で
 安全安心なもち米をつくることを目指しています」

森アナ
「しかもこのもち米つくってくださったの
 中瀬さんなんですよね」





 中瀬会長
「うちのもち米です!
 一番美味しいもち米を厳選してもってきました」

リーダー
「今もち米はすごい見直されていているんです!」





 リーダー
「食べた後、エネルギーに変わるのが早くて
 アスリートが長距離などの運動で
 エネルギーを使う前に餅で補給している!」





 森アナ
「そしてお餅と一緒にあんこも食べていきましょう。
 このあんこはホクレンの会長の篠原さんが
 持ってきてくれました」





 篠原会長
「このあんこの原料は十勝・士幌町の生産者がつくった
 【エリモショウズ(小豆の品種名)】と
 砂糖は北海道産のビートでつくったものを使い
 JA士幌町の食品工場であんこにしました!」

リーダー
「最高♪お皿に乗っているものは全部、北海道ですね」

篠原会長「オール北海道です!」





 リーダー
「いや森さん。小豆はポリフェノールですよ」





 リーダー
「ポリフェノールが豊富ですから
 抗酸化作用や老化防止に役立つとされています!」




 リーダー
「今のご時世、免疫力を高めたいですよ!
 それにもこのポリフェノールが
 一役買ってくれると言われていま…」

全ての会長から「食べていいですか?」

リーダー
「食べましょう!!!
 すみません。話が長くて(笑)」



一覧に戻る

(C)HBC