あぐり王国 放送内容

2021年01月23日(土)
♯601 農業の働き方の多様化・愛媛編@


 前回、富良野を訪れた、あぐり王国一行!
そこで日本各地からやってきた、
農作業ヘルパーと出会いました!

リーダー「どちらからお越しですか?」

伊藤さん「静岡県です」

田中さん「埼玉県出身です!」

松山さん「大阪府です」



 その背景には、JAふらの・JAにしうわ・JAおきなわが連携して、
リレー方式で働き手を確保しているシステムがありました!

森アナ「この後はどこに行くんですか?」

伊藤さん「愛媛県に行きます」

農作業ヘルパーたちは、富良野が忙しい時期を過ぎたら、
ミカン生産の最盛期を迎える愛媛へ!
そんな農作業ヘルパーを追って、あぐり一行も愛媛上陸!
すると空港で早くも、かんきつ王国の洗礼が!

リーダー「美味しい〜!なんでこんなに美味しんだろう?」

OrangeBar 稲井恒香さん「愛媛のミカンだからです!!」

今回のあぐり王国ネクストは、放送600回突破記念!
舞台は愛媛県!注目する作物はミカンです!




 森結有花アナウンサー
「愛媛県西宇和郡にやってきました!」

森崎博之リーダー
「やってきましたー!あったかいね〜」

森アナ
「ここ西宇和郡は四国で一番西に位置していまして、
 日本屈指のみかん産地なんです。
 その西宇和郡の中でも
 特に有名なのが真穴(まあな)地区!」
 




 リーダー
「真穴のミカンって言ったら有名ですよね!」

森アナ「全国的にもブランドになっているんです」




 リーダー
「札幌のスーパーでも真穴みかんって売っているよ!」

森アナ「えっ!本当ですか?」

リーダー
「真の穴でしょ?買ったことある!
 味が濃くて美味しかった!ここなんだ〜
 真穴みかんの場所に来たんだ…
 ここに来るまで海〜♪ミカ〜ン♪
 しりとりだったらあっという間に終わってる場所!」





 森アナ
「これから行く選果場には富良野で出会った
 農作業ヘルパーのみなさんがいらっしゃるので
 新しい働き方についても学んでいきましょう」

リーダー
「そうか…もういらっしゃるんだ。会いたいね」

森アナ「では601回目もよろしくお願いします!」

リーダー「ルンルンルン…」

森アナ「うかれてるー!!」


真穴ミカンの選果場へ!


 ということでまずは、
真穴(まあな)地区のミカン共同選果場へー

副共選長の井上さんに愛媛のミカンについて教えて頂きます。





 リーダー
「ここからもう見えますもん。段々畑!
 昔っからあるんでしょ?」

井上さん
「昔の人は1つずつ海岸から石を運んだり
 畑で出た石を手作業で運んで段々畑を作ったんですよ」




 井上さん
「西宇和全体で言うと2000ヘクタールのミカン!
 見当つかないですよね?(笑)
 そして約55000トンの収穫量があります」




 リーダー
「約55000トン?
 そんなに私たち日本人ミカンを食べてるんですかね」

井上さん「食べてるんですね〜」

リーダー
「(生産量が)約55000トンなら1トンくらい食べたいなあ」




 井上さん
「今年はね特にミカンの仕上がりがいいんで!
 近年になくおいしい仕上がりなんで
 後ほどたくさん食べていただきたいですね」

リーダー「楽しみ〜」





 森アナ
「約55000トンのミカン全てがここに集まる?」

井上さん
「西宇和には10か所の共選があって
 そのうちの1つが真穴共選です!」

リーダー「ちょっと待って!10か所もあるんですか!」

森アナ「(共選場の)稼働時期は?」

井上さん「11〜12月いっぱいです!」





 井上さん「今が1番の最盛期です」

リーダー「じゃあ他の10か月は稼働していないってこと?」

井上さん「動いていないです!」




 リーダー
「じゃあこの2か月に作業が集中するから
 ヘルパーさんが必要なんですね」




 真穴共選は、1日最大200トンものミカンを
選別する能力があります。
収穫シーズンになると生産者たちから
ひっきりなしにミカンが運ばれてきます。

リーダー「すごい量だ!ほんとにすごい!」

森アナ
「コンテナ1つ1つにミカンが入っているんですよね」




 井上さん
「コンテナにミカン20キロありますね」

リーダー「どんどん積んでいってるね!」

ビックリ!!ミカンを温める??


 ミカンを生産者から届けられた後、
選別作業に入る前に、ある工程が…。

井上さん
「一晩、温風を当ててミカンの色づきを良くする!
 だいたい部屋の中が21度」




 井上さん
「農家さんもご家庭で選果されるんですけど
 どうしても見逃した傷があるんです…。
 こういうのを温風を当てることで腐る状態になるんです」

森アナ「あ〜」

井上さん
「買ったミカンにこういうの入っていたらショックですよね。
 ですから腐るミカンを分かりやすくするために
 わざと腐らせてるんです」

リーダー
「わざと!!腐れてる選別しやすくしてる!なるほどおお」
 



 井上さん
「残ったミカンは温風をあてることで
 余分な水分が蒸発するので、
 逆に残ったミカンは腐りにくくなるんです!」

リーダー
「傷みにくくなるんだ〜。へええええ。
 えっこれはどこのミカンもそうやってる?」

井上さん「たぶんやっていると思います」

リーダー
「そうなんだ〜知らなかった〜
 こんなに知らなかったこと、あるか〜!!」




 一晩温風に当てられたミカンは、
倉庫の上のフロアにある選別所へ運ばれます。


一覧に戻る

(C)HBC