きゃも〜ん!ゲスト様
聖子リンの燃え燃え日記
オレが俺様だ〜っ!


◆放送予定◆
3/31(日)涙の最終回!
<メッセージ>
サカナクション
中田裕二
a flood of circle
RADWIMPS
今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
番組へのご意見・ご感想はこちら
ゲストへの質問・メッセージも受付中!
☆Mail:exp@hbc.co.jp
☆Fax:011−232−1287
携帯はこちら
   表示:2009年08月(7件)
<< [1] >>

2009年08月25日(火) |  ゲスト 椿屋四重奏
2009年08月25日13時48分30秒更新
番組ではすっかりおなじみ、椿屋四重奏の中田裕二さんの登場!
 
実はスタジオでインタビューするのは本当に久しぶりなんですよね。
 
 
最近は「ともだちコレクション」というゲームにはまっているそうです。
 
このゲーム、周りにいる人を顔や髪型、洋服のパーツなどを組み合わせて
 
そっくりに作ることができるのですが中田さんが作った安高さんがめっちゃ似てた(笑)!!
 
(携帯でDSの画面を写していたのを見せてくれたのです)
 
ちなみに中田さんがゲームなんてかなり珍しいことだそうですよ。
 
 
 
さぁ、椿屋四重奏の一年半ぶりとなるニューアルバムが8月19日にリリースされました。タイトルは「CARNIVAL」
 
 
いやぁー一年半、待ちましたね〜皆さん。
 
 
全体的に「吹っ切れた感じ」のアルバム
・・・・とでも言いましょうか、すごく外を向いたアルバムです。
 
椿屋らしさが溢れています。
 
 
中田さんが制作に関して、決して無理をしたわけではなく、
この一年半の色々な出来事がそうさせていったそうです。
 
 
特に歌詞は素直な気持ちで書けるようになったとか。
 
 
サウンド面もめっちゃかっこいい!
(演奏するのは大変だそうですが・・・・)
 
渾身のアルバムと言っても過言じゃないはず!
ぜひ皆さん聞いてください。
 
 
札幌でのライブは12/10
場所はペニーレーン24!大きな会場になりました〜
 
「埋められるかな・・・・」なんて中田さん、何言ってるの!!
埋めましょう!!
 
 
いや、埋まって欲しい。
 
 
今作、本当に私も力をもらったアルバムなんです。
ぜひたくさんの人に聞いて欲しい、そしてライブに足を運んで欲しいと思います。
一文字は「光」
意味は・・・なんとなく・・・だそう。
でもなんか・・・意味がわかるような??

ON AIR曲
8/19リリースのニューアルバム『CARNIVAL』から
M5「空に踊れば」
M10「シンデレラ」
ちなみにこれがインタビューのときに私が来ていたシンデレラTシャツです。

2009年08月18日(火) |  ゲスト JAY’ED
2009年08月18日13時23分39秒更新
HBCラジオ4月の推薦曲「明日がくるなら」JUJU with JAY’ED
(映画『余命1ヶ月の花嫁』主題歌)でJAY’EDさんを
知ったということも多いんじゃないでしょうか??
 
JAY’EDさんはお父様が日本人・お母様がニュージーランド人のハーフです。
10歳までニュージーランドで過ごし、
その後は大阪で過ごされたということで大阪弁も会話の中にたまに出てくるんですよ★
 
北海道はインディーズ時代に何度か足を運んでいるそう!
「お寿司にジンギスカンに、本当最高ー!!」と言っていました(笑)
 
 
さて、7月22日にマキシシングルがリリースされました!
タイトルは「CRY FOR YOU/Can’t Let Go」
 
前作に続き、別れた恋人への想いを歌った切ない曲です。
「もう切なさは出し切った!!」とJAY’EDさんが言い切るほどの作品です!!
 
皆さんもぜひ聞いてみてください!
 
 
でも不思議なんですが、JAY’EDさんが歌うと光が見えるというか
次の恋に走り出せる前向きな1曲になるんですよね〜!
 
 
 
さぁ、今後も続々とリリースが決まっています。
10月14日にはマキシシングル「Everybody」
10月28日にはアルバム「MUSICATION」をリリースです!
 
もちろん切なさもありつつ、明るさも全開!
いろいろなJAY’EDさんを見せてくれますよ。
 
 
北海道でのライブは「大自然を感じられるところがいい!!」とのこと。
・・・・ということは??雪まつり??
こちらも楽しみですね!!
書いていただいたのはシングルタイトルから「涙」。

ON AIR曲
7/22リリースのニューシングル「CRY FOR YOU/Can’t Let Go」から
M1「CRY FOR YOU」

2009年08月18日(火) |  ゲスト PLATINUM
2009年08月18日13時23分22秒更新
今年4月デビューした
YUCCOさん(Vocal)、Inaさん(Vocal)、wakaさん(MC)の3人組、
PLATINUM。

8/5にリリースされた3枚目のシングル
「サダメラレタウンメイ〜Predestine19〜」は
「春のあたたかさ、夏のまぶしさ、秋の静けさ、冬の切なさ。
全ての季節をひとつひとつ感じられるのは、キミと出逢えたから・・・」
と、恋をしてしまった瞬間を切なく歌った色彩豊かなミディアムバラードです。
三線の音が心地いいですよ。
書いていただきましたのは春夏秋冬・LOVE・愛です。

ON AIR曲
8/4リリースの3rdシングル
「サダメラレタウンメイ〜Predestine19〜/Mermaid」から
M1「サダメラレタウンメイ〜Predestine19〜」


2009年08月11日(火) |  ゲスト the telephones
2009年08月11日14時39分16秒更新
かなり注目のバンド!
the telephones!
今回は石毛輝さん(右・ギター・シンセサイザー・ボーカル担当)と
岡本伸明さん(左・シンセサイザー・カウベル・コーラス担当)が遊びに来てくれました!
 
 
今回来れなかった残りの二人については
 
ベースの長島涼平さんは「新婚で幸せいっぱい」
ドラムの松本誠治さんは「とにかく部屋が汚い男です」と紹介してくれました(笑)
 
 
そんな彼らはバンドとして、先日EMIミュージックと電撃結婚?!しました。
 
・・・結婚したというのはメジャーデビューの契約をしたということです。
でもただ契約したんじゃ面白くない!!ということで、タキシードを着て、
ケーキカットをして本当の結婚式さながらにイベントを行なったんです。
そんなとこもテレフォンズらしいーーー!
 
無事契約を終え、7月8日にMAJOR DEBUT ALBUMがリリースされましたが
もうチェックしましたか???
 
タイトルは
「DANCE FLOOR MONSTERS」

 
全12曲入り!
聴けばとにかく問答無用にテンションが上がってしまうー!
めっちゃ楽しいアルバムです!
 
 
聴くだけでその場をディスコに変えてしまう、なんとも不思議なパワーがあるこのバンドの魅力は計り知れません。
 
これからの活躍にも期待しましょう!
 
 
8/26にはDVDのリリースも決定!
 
タイトルは
「SUPER DISCO Hits!!! the telephones ONE-MAN SHOW!!!」
昨年12月に ラフォーレ原宿で行なわれたワンマンライブの模様を収録しています!
 
これを見るとライブに行きたくなると思いますが・・・・
9/6札幌でのライブチケットは既にSOLDOUTーーーー!!
チケット、取れた方は楽しんできてください!
 
取れなかった方!
また北海道に来たいと言っていましたので、楽しみに待っていましょう!
CDのジャケットからミラーボールの絵です。

ON AIR曲
7/8リリースのメジャーデビューアルバム『DANCE FLOOR MANSTERS』から
M4「Monkey Discooooooo」

2009年08月11日(火) |  ゲスト BAGDAD CAFE THE trench town
2009年08月11日14時33分24秒更新
今年結成9年目、11人組のレゲエバンド
BAGDAD CAFE THE trench town
(バグダッド・カフェ・ザ・トレンチ・タウン)。
この日はバンドを代表してメインヴォーカルのmaiさんがスタジオに。

BAGDAD CAFE THE trench townは
7/22にニューアルバム『We’re Living』をリリースしました。
完全セルフプロデュースで、地元大阪で設立したプライベートスタジオでの
レコーディングだったそう。
野外で聴くと最高ですね。
夏はレゲエだワッショイ。
「2年ぶりのアルバム。
その2年間はライブの年、吸収の年だった。
11人個々の活動もあったが、
やはりホームはバグダッド。
11人。
個々の活動での刺激、吸収したものを、持ち寄って制作したアルバム。
レコーディングにいたる経緯も11人それぞれ。
それぞれが動いて結束力につながった。
11人でやってこれた実感。
11という強さ。
再確認できた」

ということで文字は「11」。

ON AIR曲
7/22リリースのニューアルバム『We’re Living』から
M4「JOYFULLY」

2009年08月04日(火) |  ゲスト カラーボトル
2009年08月05日15時17分46秒更新
仙台出身のカラーボトル
ボーカルの竹森マサユキさんが遊びに来てくれました!!
 
前回は「仙台在住」と話していましたが、
メンバー全員で東京にお引越したそうです。
(これが最近の最大の変化だとか!)
 
さそんなカラーボトル待望のニューシングル「合鍵」がリリースされました。
 
付き合っていたカップルが別れ、
彼の家に別れた彼女が合鍵を返しにくる、、、
そして彼女を駅まで彼氏が送っていくというストーリー。
くぅー切ない!!
 
実はこれ、竹森さんの実体験を元にアレンジしたそう!
(竹森さんは合鍵を返した側だったそうです・・・)
皆さんも合鍵に関する色んなエピソードあるんじゃないですか??
そんなことを思い出しながらぜひ聴いてみてください!
 
竹森さんの伸びやかな声がまた、すっごくいいですよ。
 
PVもとても好評だとか!
こちらもチェックしてください!
 
北海道でのライブはまだ決まっていませんが、
大好きな北海道で早くライブがしたいと話していましたよ!
 
PS
後日、竹森さんから丁寧なおハガキが届きました!
うれしかったで〜す
シングル「合鍵」にかけて「鍵」の絵です。

ON AIR曲
7/22リリースのニューシングル「合鍵」

2009年08月04日(火) |  ゲスト セカイイチ
2009年08月05日15時18分53秒更新
番組は3月以来の登場。
セカイイチ Vo.&G.の岩崎慧(いわさき・けい)さん(左)、
G.&Cho.の中内正之(なかうち・まさゆき)さん(右)。

RSRに出演します!
よっ!セカイイチ!
8/15(土)RED STAR FIELD12:50〜14:00です。
皆さん是非。

9/16には初の映像集LIVE&CLIPS「Top Of The Clips」をリリースします。
こちらも是非。
一字は「R」。
ライジング・サン・ロック・フェスティバル
RSRの(Rising Sun Rock festival)の「R」です。
そしてこちらはサインです。

ON AIR曲
2月リリースのニューアルバム『セカイイチ』から
M1「New Pop Song Order」

<< [1] >>

TOP(全件表示)