きゃも〜ん!ゲスト様
聖子リンの燃え燃え日記
オレが俺様だ〜っ!


◆放送予定◆
3/31(日)涙の最終回!
<メッセージ>
サカナクション
中田裕二
a flood of circle
RADWIMPS
今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アーカイブ
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
番組へのご意見・ご感想はこちら
ゲストへの質問・メッセージも受付中!
☆Mail:exp@hbc.co.jp
☆Fax:011−232−1287
携帯はこちら
   表示:2010年08月(11件)
<< [1] [2] >>

2010年08月24日(火) |  ゲスト ALvino
2010年08月24日17時16分22秒更新
北海道更別村出身 道産子ボーカリスト!
ALvinoの翔太さんをゲストにお迎えしました。
 
今回は「青春29切符〜あなたに逢えてよかった〜」という企画で全道の皆さんに歌を届けてきた翔太さん。
 
このツアー中、信じられないような奇跡の連続だったそうです。
どんな旅だったかは・・・・12月にDVDになるとのこと。お楽しみに!!
 
でもかなり過密なスケジュールだったせいもあり、体や声はちょっと疲れ気味。
そんな中この旅でできた曲を披露してくれました!
ううっ、翔太さんの気持ちが痛いほどに伝わって生歌に感激しちゃいました!!
 
 
実は私も小樽のストリートライブからご一緒させてもらったんです。
だって「自称 北海道ALvino応援隊長」ですから(笑)
 
たくさんの人が翔太さんの歌に足を止め、聞き入っている姿が印象的でした。
まばらだった人の輪がどんどんどんどん増えていく光景は感動ものでしたよ。
 
翔太さん曰く
「改めて音楽の力を信じられるツアーだった」と満足そうでした。
 
そして、ファイナルは音楽処(札幌市中央区南1西4 4丁目プラザ7階)で。
店長の石川さんとの約束をしっかり果たしました。
私は司会をさせていただきましたが、本当に翔太さんはファンの皆さんに愛されているなぁと思います。
当日は予想を上回るたくさんの人・人・人・・・・私が言うのもなんですが本当にありがとうございました!
 
これから翔太さんはALvinoに戻って、またまた素敵な音楽を届けてくれることでしょう
まずは11月14日 エスプレッソバーGIGでの北海道ライブ、足をお運び下さいね!
 
一文字は「結」
音楽が結ぶ奇跡の縁、これからももっと結んできたいなということから!
 
ON AIR曲
5/12リリースのニューシングル「Close to you」A typeから
M3「My Mother's Day」

2010年08月24日(火) |  ゲスト UNLIMITS
2010年08月24日17時16分59秒更新
番組初登場 アンリミッツ。
マイナーコード哀愁メロを響かせる男女4人組。
G.&Vo. 清水葉子さん、Dr.&Vo.が郡島陽子さん、
G.大月義隆さん、B.石島直和さんの4人組。

今回はバンドを代表して、清水さんと大月さんがスタジオに。
ちなみに大月さんは以前室蘭に住んでいたことがあるらしいですよ。

8/4にリリースされたミニアルバム『蒼−アオイ−』は全6曲入り。
力強いドラムとちょっぴり切なく懐かしいメロディーライン。
次回作も期待ですぞ。

UNLIMITSはライブパフォーマンスがすごいらしいです。
9/26(日)札幌・ベッシーホールでライブがありますので見なきゃね。
アルバムタイトルから『蒼』。

ON AIR曲
8/4リリースのミニアルバム『蒼−アオイ−』から
M1「蒼」

2010年08月17日(火) |  ゲスト 鶴
2010年08月17日17時50分21秒更新
埼玉県鶴ヶ島市出身!アフロヘアーの3人組「鶴」
デビュー以来二年半ぶりのインタビューでした。
 
今回お話を伺ったのは
ボーカル&ギター担当 秋野温(あきの・あつし)さん。
 
おばあさまが札幌にいらっしゃるというのもあり、
北海道が大好きなんだとか。
一人で札幌の地下鉄にも乗れちゃうらしい。
(「○○駅って南北線ですよね?」って言ってたし!)
 
さて、「鶴」待望のニューアルバム「期待CD」が7月28日にリリースとなりました。
一年四ヶ月ぶりです〜!
全16曲入り!!
 
 
「いろんな意味でこのタイトルにしました。
聴いてくれる人の期待に応えるっていう意味と
メンバー自身も鶴というバンドに対して期待しているという意味。
さらにはもっとたくさんの人に聴いて欲しいなという(笑)ストレートな期待も込められています」
 
 
ということでこの1枚にはいろんな意味の「期待」が込められているんですよ!!
 
 
もちろんその期待通りの素晴らしいアルバムです!!
 
恋愛ソングや人生観を考えさせられる楽曲、
9曲目の「愛のラップ講座」などの笑わせてくれるものまで・・・・
とても楽しめる一枚です!!
 
曲順も相当こだわっているとのこと。
ぜひ皆さん、聴いてみてくださいね!
 
 
さぁ、そんな「鶴」のツアーが決まりました!
 
 
 
「期待ツアー2010
    〜今夜はあなたに〇〇〇〜」
 
10/11(月・祝) 札幌COLONY
 
 
「札幌は初日!!ということで僕らもかなり来てくれる皆さんに期待していますが、皆さんも僕らに期待しちゃってくださーい!!」

とのこと。
 
 
これはもう行くしかないでしょう〜
一文字はアルバムにも収録されている「その一歩」から、「歩」。
「この曲は僕らにとってとても大切な曲だし、これからも大切な一曲になるので」とのこと。

ON AIR曲
7/28リリースの2ndアルバム『期待CD』から
M7「その一歩」

2010年08月17日(火) |  ゲスト MASS OF THE FERMENTING DREGS
2010年08月17日17時50分36秒更新
マス・オブ・ザ・ファーメンティング・ドレッグスと読みます。
略称「マスドレ」。
先日のライジングでも熱いステージを見せてくれました。
2002年、神戸で結成されたオルタナティブガールズバンド。
2010年、1stシングル「ひきずるビート/まで。」でメジャーデビュー。
轟音・爆!音圧のライブパフォーマンスですよ。

今回番組初登場。
バンドを代表してVo.&B.の宮本菜津子さんがスタジオに。
8/4には1stフルアルバム『ゼロコンマ、色とりどりの世界』をリリースしました。
12/4(土)には札幌・コロニーでワンマンライブ。しかもツアーファイナルです。
お楽しみに。

書いていただいたのは「歌」。
今までにない感じで”歌”をわかりやすく伝えようと作ったアルバムだから、とのこと。

ON AIR曲
8/4リリースの1stフルアルバム『ゼロコンマ、色とりどりの世界』から
M1「ゼロコンマ、色とりどりの世界」

2010年08月17日(火) |  ゲスト  Shunonceau
2010年08月17日17時50分58秒更新

シュノンソーと読みます。
フランスのお城の名前だそうです。
北海道出身のAYAKAさん(左)、TOMOKAさん(右)によるダンサブルデュオ。
札幌のダンス学校で出会い、上京。
ステージング構成、楽曲制作、衣装、ダンスの振り付けまでプロデュースしています。
8/5には1stシングル「LOVE&PEACE」をリリース。
爽快感と疾走感溢れる一曲となっています。
8/29(日)には「第31回新しのつ青空まつり」に出演。

シュノンソーのモットーは「DANCING&ENJOY」。
考えないで楽しもう。
ライブ前の合言葉は「ヴァイブス爆発」。
テンションを最高に上げてお客さんを楽しませる。そして楽しむ。
みんなで爆発しようということで書いていただいたのは「爆」。

ON AIR曲
8/5リリースの1stシングル「LOVE&PEACE」


2010年08月10日(火) |  ゲスト MONKEY MAJIK
2010年08月10日17時55分38秒更新
MONKEY MAJIKのボーカル&ギターBlaise(ブレイズ・左)さんとドラムTax(タックス・右)さんが遊びに来てくれました!
 
2月の札幌ライブの時にお会いしたからでしょうか?
久しぶりという感じが全くなくて、とっても楽しくお話させていただきました!
 
 
さて、前回の札幌キャンペーンは・・・
Maynard(メイナード)さんとDick(ディック)さんに夕張メロンを食べていただきましたが
 
今回はね・・・
あの・・・その・・・不況の影響で(笑)
夕張メロンではなく夕張メロンキャラメルをお二人にプレゼントしました・・・
 
ごめんなさい、メロンじゃなくって。
でもすごく喜んでくれましたよ!
 
 
 
さてさて、MONKEY MAJIKは今年結成10周年!
ということで7月14日にベストアルバム
『MONKEY MAJIK BEST 〜10 Years & Forever〜』がリリースされました。
 
 
今までのMONKEY MAJIKの代表曲に新曲3曲を加えた全19曲入り!!
 
taxさんが「ただ振り返るだけではなく未来を見据えたベストアルバムにしたかった」
と話していましたがまさにまさにそんなアルバムです!!
 
 
MONKEY MAJIKが持っている素晴らしいところ・・・
 
 
それはメロディが美しかったり、
外国人だからこそ日本語を大切にしていたり、
メンバー同士が本当に仲が良かったり(レコーディング中はほぼ毎晩メンバーで飲みに出かけていたそうですしね笑)
このメンバーで音楽を奏でられることを感謝し、毎日を楽しんでいたり・・・
 
 
10年間変わらずにそれを続けることができるのって本当にすごいことだなぁと思います。
 
そしてこれからのMONKEY MAJIKを表すかのような「FOREVER」
今後の10年も「僕らがいるから大丈夫」と言ってくれているような1曲です。
 
 
いい意味で今後もMONKEY MAJIKは変わらないと思います。
本当に素敵なバンド。
これからの10年、私も応援していきます!(え?私何歳になってるの笑?)
 
 
 
10月からは待望の全国ツアーもスタート!
「みんなが聴きたいだろう曲をどんどんやります!」と意気込んでいましたよ。
 
北海道は10/26(火) ZEPP SAPPOROです!
結成10周年ということで、「10」。

ON AIR曲
7/14リリースのベストアルバム『MONKEY MAJIK BEST〜10Years&Forever〜』から
M14「FOREVER」

2010年08月10日(火) |  ゲスト 月光グリーン + 森崎博之
2010年08月10日18時00分45秒更新

汗ダク感情ロックバンド 月光グリーンからVo.&G.テツヤさん(左)と、
TEAM NACSから森崎博之さん(右)がいらっしゃいました。

8/4にリリースされたニューシングル「泣いて笑ってハラへって」は
HBCテレビ毎週土曜日17:00〜放送中の「森崎博之のあぐり王国 北海道」の
オープニングテーマソング、
そしてHBCラジオ今月の推薦曲にもなっているので、
すでに耳にしたことがある人も多いと思います。

この曲のコンセプトプロデュースと作詞を森崎さんが担当。曲中のシャウトも。
オクラホマやあぐりっこ隊、佐々木佑香アナウンサー、もんすけもシャウトしています。
よ〜く聴いてみて下さいね。

月光グリーンは
8/18(水)札幌・音楽処でインストアライブ、
8/29(日)札幌・cube gardenでライブイベント(ロミオマシーンも出るよ)、
10/16(土)札幌・cube gardenでワンマンライブがあります。
元気をもらいに行こ〜う!

森崎さん談「番組でも言ってますが、生きることは食べること。
食べることなしで生きてはいけない。
歌詞の中にも出てきますが、命を育ててくれた人、作ってくれた人がいる。
それらをいただいて食べている。食べることを”作業”とするのは寂しい。
物語と一緒に食べる。作ってくれた方々。作ってくれたお母さんに感謝」
ということで書いていただいたのは「食」。

ON AIR曲
8/4リリースのニューシングル「泣いて笑ってハラへって」

2010年08月10日(火) |  ゲスト JAMIL
2010年08月10日17時56分16秒更新

番組登場二回目 JAMIL(ジャミール)さん。
アメリカ生まれの25歳。日本歴約5年。
英語・日本語・タイ語をあやつるシンガーソングライター。
とってもキュートなJAMILさん。
今回は前回と色違いのトトロのリュックを背負って来ました〜。
かわいい〜。
7/21にリリースされた2ndシングル「二人でなくちゃ」。
2月にリリースされた「片思イノ想イカタ」に続くラブソングです。
ジャケットも注目。
かわいい〜。

今回は特別サービスで四字熟語。
一文字ずつUP。
最近四字熟語にはまっているというJAMILさんが言っていた言葉です。
「海誓山盟(かいせいさんめい)」
意味は、「海や山が変わらないように僕は君を愛する、ことをかたく誓うこと」
だそうです。
いい言葉ですなぁ。
「二人でなくちゃ」をこの文字で表現しました。

ON AIR曲
7/21リリースの2ndシングル「二人でなくちゃ」

2010年08月03日(火) |  ゲスト 吉田山田
2010年08月03日13時41分33秒更新
昨年11月、デビュー曲「ガムシャランナー」がHBCラジオの推薦曲にもなっていた吉田山田
左・吉田結威(よしだ・ゆい)さん 右・山田義孝(やまだ・よしたか)さん 
以前から番組にもメッセージを寄せてくれて
私のことを「わーかちゃん!」と可愛く呼んでくれて。
 
会いたかった会いたかったお二人を目の前にして
すっかりテンションが上がってしまいました〜
 
 
吉田山田のお二人は高校時代の同級生で結成されたユニット。
 
山田さんにとって高1の時から吉田さんは歌が上手くって人気もあって
憧れの人だったそう。
 
山田さんはどうしても吉田さんと一緒に音楽をやりたかったけど
自分からやろうよっていうのはなぁ・・・・と悩んだ結果
「(幸せなら)態度で示そうよ」作戦を決行!(笑)
 
廊下で吉田さんが歌の練習をしている時に3オクターブ上をはもって
何も言わず通り抜けるというのを繰り返したんだって(笑)
 
結果、見事に二人はコンビを結成!
最初のステージは高3の夏の文化祭だったそうです。
 
 
6月30日にはニューシングル「夏のペダル」がリリースされました。
 
吉田山田にとっては初めての夏ソング!
二人は曲を作る前にたくさんの会話したそう。
 
その中で夏は一年の中で一番センチメンタルな季節だということになり、
作られたのがこの曲。
 
花火、海、、、、楽しいことがいっぱいだからこそ切なくなるのかなぁ。
その気持ちがぎっしり詰まっています。
風鈴の音や蝉の鳴き声も聞こえてきますよ〜
 
 
 
吉田山田の音楽は本当に純粋という言葉がぴったり。
聴いているとすごく優しくってあったかい気分になれちゃうのです。
皆さんの中にあるネガティブな気持ちもきっと押し出してくれるはず!
 
 
 
 
北海道でのイベントライブは先日終わったばかり。
また絶対北海道に、この番組に遊びにきてくれると約束してくれました!
わかちゃんは首を長くして待っていまーす(笑)
 
ちなみに吉田山田にプレゼントしたものがブログに・・・
書いてもらったのは「ぺ」。
シングル「夏のペダル」からですね。

ON AIR曲
6/30リリースの3rdシングル「夏のペダル」

2010年08月03日(火) |  ゲスト Mye
2010年08月03日13時41分49秒更新
2010年期待の鍵盤弾き語りのSOUL/R&Bシンガーソングライター Mye(マイ)さん。
3歳からクラシックピアノ、9歳からドラムを始めたというMyeさん。
先日行われたライブを見に行きましたが、
キーボード一つで歌い上げる姿、声量は圧巻でした。
7/7にはニューマキシシングル「my blinky soul」をリリース。
そして今秋、メジャーデビュー予定です。
ご期待を。
「収録曲「一秒ごとの瞬間(とき)を」のテーマでもあり、
インディーズ最後の盤で、一つの節目。
瞬きで次のシーンに移る感じ」
ということで、書いていただいた一文字は「瞬」。

ON AIR曲
7/7リリースのニューマキシシングル「my blinky soul」から
M2「一秒ごとの瞬間(とき)を−Choir ver.−」

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)