きゃも〜ん!ゲスト様
聖子リンの燃え燃え日記
オレが俺様だ〜っ!


◆放送予定◆
3/31(日)涙の最終回!
<メッセージ>
サカナクション
中田裕二
a flood of circle
RADWIMPS
今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アーカイブ
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
番組へのご意見・ご感想はこちら
ゲストへの質問・メッセージも受付中!
☆Mail:exp@hbc.co.jp
☆Fax:011−232−1287
携帯はこちら
   表示:2011年11月(14件)
<< [1] [2] >>

2011年11月29日(火) |  ゲスト 中田裕二 (前編)
2011年12月06日11時39分47秒更新
今年1月の解散には本当に驚かされました・・・元椿屋四重奏 中田裕二さん。
新人のソロシンガーとして(笑)番組ゲストイン!!!
「新人です!謙虚にいきます!」と第一声(笑)
 
 
昨年12月が最後のインタビュー。
その時は解散を隠して受け答えしていたんですよねぇ。。。。
その時のことを伺うと・・・・
 
「夏には解散決まっていて。もう半年経っていたから・・・・おくりびとみたいな気持ちでした(笑)でもさすがにお世話になった人たちに会うのは気まずかったなぁ」
 
 
後日、タワレコやHMVに置かれていたメッセージボード↓
事務所に届いたそうです!
 
 
「ちゃんと届きました。全て読ませてもらいました。
ありがたいけど申し訳ない気持ちが強かったかなぁ。
 
でもね、皆が思っているほど落ち込んだりとかじゃなくて・・・
季節が変わるように、解散は次の季節への準備だったから!」
 
 
その後、中田さんゆかりの東北地方を襲った大震災。
すぐに作られた「ひかりのまち」はHBCラジオ推薦曲にもなりました。
 
 
「被災地でもライブをしたんですが、言葉になりませんでしたね。
形あるものがこんな風になっちゃうんだって・・・・でも被災地で会った方々はすごく前向きで。人がもっている根源的なエネルギーを感じられました。俺も歌い手として何か力になれるものを作っていかなきゃなと、すぐに曲を作り始めました」
 
 
そして届いたファーストアルバム「école de romantisme」(エコール・ド・ロマンティスム)
11月23日にリリースされているので、もう聴いた方も多いのでは??
 
「ロマン派!ロマンチックなアルバム!
俺は何派?って考えたらメロディにしろ歌詞にしろロマン派かなぁって」
 
 
・・・・大人のエロ派ではないんですね?笑
 
「あ、次作はそれにしようかな?エコール・ド・エロティズムっていう兄弟作(笑)
 
CDのジャケットも面白いでしょう?似てないでしょう?ここまで髭濃くないし!
世の中的にユーモアがいけないみたいなところあるでしょう?
椿屋の時もバンドのイメージもあって。
天邪鬼だからそういうのを崩したくなるんですよね〜!」
 
 
ジャケットの話が長くなりましたが(笑)
リスナーさんから質問メッセージも多数寄せられていました!
 
RNともさんからは「今作はほとんど楽器を中田さんが弾いているって本当ですか?」
 
 
「そうですね。半分くらいミックスもやったんですけど、これが大変だった・・・・徹夜しましたね。でも音楽やってる!!!っていうのが楽しくて楽しくて」
 
 
RN椿王さん15歳からは
「一番意識して聴いてほしい楽器は???」とメッセージが!
 
 
「ほとんど弾いたんですけど・・・・ドラムも半分打ち込んだし。ベースも弾いたし。
僕結構ベースうまいんですよ(笑)そこら辺も聴いてほしいなぁ」
 
 
 
 
・・・・前半のインタビューはここまで!!
後半はアルバム収録曲・来年2月18日に予定されているライブへの意気込みなどを
たーっぷり伺いますのでお楽しみに!!!

ON AIR曲
11/23リリースの1stアルバム『école de romantisme』から
M7「ベール」

2011年11月28日(月) |  ゲスト phatmans after school
2011年11月28日11時57分31秒更新
11/23にメジャーミニアルバム『ボクノバアイハ』をリリースしたphatmans after school(ファットマンズ・アフター・スクール)のメンバー全員がスタジオに来てくれました〜。
が、メディアでの顔出しはナシ。CDや雑誌では彼らのアイコンであるクマのキャラクターのみ。ということでお写真はございません。

メンバーを生で見られるのはライブだけ!
ということで12/16(金)札幌・moleでライブがありますのでぜひ見に行ってみてください。

一文字は、「このアルバムは自分の主観から見ることがテーマ。
自分から見た世界を再確認してほしい」ということで「観」

ON AIR曲
11/23リリースのミニアルバム『ボクノバアイハ』から
M2「東京少年」

2011年11月28日(月) |  ゲスト MASH
2011年11月28日11時57分39秒更新
名古屋出身在住の”激情系”ヒップホップシンガー MASH(マッシュ)さん。
11/2にリリースされたニューアルバム「光とかげ」はと〜っても心地よい一枚。
アルバムタイトル『光とかげ』は、「光と影」と、「光」「とかげ」のダブルミーニングなんですYO。
アルバムタイトル『光とかげ』から「光る」「とかげ」の絵です。

ON AIR曲
11/2リリースのニューアルバム『光とかげ』から
M6「太陽とカーテン」

2011年11月23日(水) |  ゲスト Over The Dogs
2011年11月23日09時55分04秒更新
HBCラジオ10月の推薦曲にもなっていた
Over The Dogs(オーバー・ザ・ドッグス)から
左・恒吉豊(つねよし・ゆたか)さんと、右・佐藤大輝(さとう・だいき)さんにお越しいただきました!
 
なんと3人とも11月生まれ!
佐藤さんが11月1日生まれ・私が11月15日生まれ・恒吉さんが11月28日生まれ!
というわけでHBCのキャラクターもんすけのボールペンをプレゼント!
 
「ありがとうございます!帰ったら他のメンバーにも自慢します」と喜んでくれた!
よかったー!!!
 
 
Over The Dogsは2008年に現在のメンバーになり、
若者を中心に「オバ犬(オバケン)」と呼ばれ、とても注目されているバンド。
ハイトーンボイス・優しい世界観がとっても素敵です。
 
「でも昔はパンクロックとかもやっていたんですよ、唾吐いちゃったりして(笑)
ここ2、3年で落ち着いた感じですが」
 
 
さて、そんな彼らのメジャーデビューアルバムが10月26日にリリースされました!
タイトルは「トケメグル」
 
 
「ライブでやっていた曲を多めに収録。
プロデューサーを3人迎えて作りました!一人目は東京事変の亀田誠治さん。
二人目は佐久間正英さん。三人目はいしわたり淳治さん(ex-SUPERCAR)です」
 
 
超豪華なプロデューサー陣ですが、どんな方なのか伺うと???
 
「別の星からやってきた3人って感じでしたね(笑)皆性格が違うんです。
亀田さんは女の子をキレイにする時に化粧を上手にする感じで
佐久間さんはすっぴんを大切にする、いしわたりさんは化粧をしつつ服をどう選ぶか・・・・わかりやすく言うと楽曲に対する感覚はそんな感じです。
 
この3人とやれてすごくすごく勉強になりました。
色んなことを盗んで、セルフプロデュースの曲に活かすことができたと思います」
 
13曲目の「本当の未来は」は佐久間さんプロデュース。
 
「哀しいことを哀しいまま歌ってもしょうがないので、
こうなったらいいなっていう希望を込めて歌いました」
 
 
私は4曲目の「神様になれますように」が大好きです!
すごく謙虚に、世界をかえることを歌っています。
 
佐藤さんに伺うと・・・
 
「短冊に願いを書くとしたらなんて書く?って皆と飲んでいる席で話していて。
そしたらすぐに「できた!」って恒吉がもってきたのでびっくりしました!
そんなきっかけでできた曲がこんなにラジオで流れたのもびっくり!(笑)」
 
HBCラジオの推薦曲もなっていた「メクルの本」についても恒吉さんに伺いました!
 
 
「子どもがいつかできた時、本を読むのが大好きなのでそれぐらいはしてあげられるかなって。勉強勉強しないで知識を増やせる「読書」っていいなぁって僕は思うんですよ」
 
 
ちなみに恒吉さんは数年前、佐藤さんに絵本をプレゼントしたそうです。
「エロ本と迷ったんですけどね(笑)」とのこと!
 
 
 
さて、先日北海道でのライブは終ったばかりですが、
すぐにまた来てくれますよー!!!
 
2012年2月23日スペシャ列伝ツアーです。
詳細はOver The DogsのHPでチェックしてくださいね。
 
 
「北海道のファンの方はしっかり曲を聞き込んでくれている感じがします。
2月のライブでは、アルバムもリリースしたのでいっしょに口ずさんでくれるお客さんも見てみたいです!」
 
 
要注目バンド「Over The Dogs」、
あったっくて優しくて、お話ししていてすごく楽しかったです。
11月会だから?(笑)
これからも応援していきまーす!!!
一文字は「歌」
そのままの意味です。歌詞の世界を大事にしているのでby恒吉さん

ON AIR曲
10/26リリースのメジャーデビューアルバム『トケメグル』から
M11「メクルの本」(HBCラジオ10月度推薦曲)

2011年11月23日(水) |  ゲスト 99 Radio Service
2011年11月23日09時55分20秒更新
ナインナインレディオサービスと読みます。2007年に結成された平均年齢25歳の男性5人組。今回はバンドを代表して、Vo.&G.のKo-hey(こーへい)さんにお越しいただきました。ちなみにKo-heyさんとG.&Vo.のKo-ta(こーた)さんはご兄弟でございます。11/30にリリースされる1stシングル「YOUTHFUL」は爽やかさと切なさ甘酸っぱさが絶妙に入り混じった楽曲となっています。

ON AIR曲
11/30リリースの1stシングル「YOUTHFUL」

2011年11月23日(水) |  ゲスト mondaysick
2011年11月23日09時55分28秒更新
マンデイシックと読みます。Galileo Galileiのサウンドプロデュースも手掛けるG.飯濱壮士さん(左)を中心に2007年12月結成。幾度かのメンバーチェンジを経て、2009年5月に現在の編成に。今回はVo.鎌田勇佑さんと一緒にスタジオに。
11/23にリリースされた2ndミニアルバムは『九月七日座』(クガツナノカザ)というタイトル。飯濱さんが考えた架空の映画館の名前。「九」と「七」は背を向け合う人と人、「月」と「日」は月と太陽を表しています。映画館『クガツナノカザ』は互いに背を向け合いながら、四方向に背中合わせであり、ひとつのものを守っているという思いが込められています。コンセプトアルバムなので、全6曲(全6話)はある一点で繋がっています。
深〜いです。じっくり聴いてみてください。
12月には北海道をくまなく回るライブも決定。
2012年2/25はmoleでのツアーファイナルを迎えます。

架空の映画館のイメージで作ったアルバム。
エンターテインメントを楽しんでいただきたい、ということで娯楽の「娯」。

ON AIR曲
11/23リリースの2ndミニアルバム『九月七日座』から
M1「折れない十字架」


2011年11月16日(水) |  ゲスト 指田郁也
2011年11月16日11時42分57秒更新
WARNER MUSIC JAPAN主催のオーディションで見事グランプリを獲得!
メジャーデビューしたばかりの指田郁也(さしだ・ふみや)さんをお迎えしました。
 
このオーディション、1万人も参加していたそうで!
1万人の中のナンバー1ですよ?!
それなのにめちゃくちゃ腰が低くて、本当にいい方でした。
 
 
北海道が大好きだで、
年に一回北海道に一人旅をすることが恒例行事だそう。
 
「好きなラーメン屋は札幌市厚別区の「名水ラーメン」です!!!
行ったことありますか?塩ラーメン美味しいですよ!!!」
 
私は知りませんでした・・・
道産子より北海道の色々な場所を知っている指田さん、もう道産子と認定しちゃいたいくらいですね(笑)
 
 
さて、デビューシングルが10月12日にリリースされています!
タイトルは「bird」
 
「スローバラードしか作っていなかった自分が、初めて書けたアップテンポの曲なんですよ。聴いてくれているたくさんの人のことを考えて、荒川の土手を寝そべっている時に作ったんです(笑)空がすごく青かったなぁ。
完成した時は暗い曲ばっかだった自分でもこういう曲が書けるんだってうれしくもなった(笑)今は音楽漬けの毎日なんで、今後どんな曲を作ろうかなって本当楽しみなんです」
 
 
北海道でのインストアライブは終ってしまったばかりですが・・・・
 
「昔はライブがしんどくって。外向きの人間じゃなかったし。
だってボイストレーナーの先生の前で歌うまでに一年かかったくらい。
それまでは発声練習したものを録音して渡していたんですから!(笑)
その後ライブをできるようになるまで半年かかったし・・・・だからボイストレーナーの先生は今回のメジャーデビューめちゃくちゃ喜んでくれました。
 
今はたくさんの人の前で歌いたいって思います。特に北海道の大自然の中で歌いたいなぁ」
 
 
これからの活躍が楽しみな指田郁也さんでした!
一文字は「夢」
 
「僕はこの曲を作って夢を叶えました!そしてこの曲で夢を持っている人の背中を押してあげたいです」

ON AIR曲
10/12リリースのメジャーデビューシングル「bird」

2011年11月16日(水) |  ゲスト アルカラ
2011年11月16日11時43分12秒更新
中毒性がございます。
アルカラ。
2002年結成。2003年現メンバーに。
ギターロックやオルタナティブロックなどの音楽性を基調としながら、一筋縄ではいかない自由奔放さで唯一無二の世界を築き上げているバンド。来年2月のスペシャ列伝の出演が決まっています!!!
いつも書いている絵です。

ON AIR曲
7/13リリースのニューアルバム『こっちを見ている』から
M1「半径30cmの中を知らない」

2011年11月16日(水) |  ゲスト シュノンソー
2011年11月16日11時43分40秒更新
北海道出身のAYAKAさん(右)、TOMOKAさん(左)によるダンスボーカルデュオ。様々なアーティストのバックダンサーとして活動後、ダンス+歌によるパフォーマンスで活動開始。10/5には2ndシングル「BFF」をリリース。友達や仲間へ贈る、聞く人みんなを勇気づける”友情×応援ソング”。”BFF”とはBEST FRIEND FOREVERの略だそうですよ。
一文字はタイトルから。

ON AIR曲
10/5リリースの2ndシングル「BFF」

2011年11月09日(水) |  ゲスト 中孝介
2011年11月09日15時04分44秒更新
番組ではすっかりおなじみ!
・・・と言いたいところだけどなんと!一年半ぶりの登場になるんです!
 
相変わらずさわやかなイケメンさん。
短めの髪の毛も似合ってますね
 
 
この一年半の近況報告をしてもらいました!
 
 
・アジア圏でのライブが多かった!
 
とくに台湾では熱烈大歓迎をしてもらったそう。
 
「超VIP扱いされました(笑)空港でファンの方も待っていてくれて。
台湾は食べ物が本当に美味しいし、また行きたくなりました」
 
 
・HBCテレビも放送された「ものまねウォーズ」という番組に出演!
 
平成の名曲「花」のモノマネ!!
ということで二宮優樹さんという方が、中さんの歌を熱唱!その後ご本人登場〜
 
 
「ちっちゃい頃から見ていたモノマネ番組ですよ!それに自分が出るなんて!
しかも本人で!本当びっくりだったけどうれしかったです」
 
その後、中さんの歌う「花」が検索急上昇ワード1位になり、着うたダウンロード数も一気に増えたとか!
 
 
 
そんな中さん、10月19日に3枚目のアルバム「キセキノカケラ」をリリースしました!
 
 
「たくさんのアーティストさんに曲を提供してもらって。出会えた奇跡と、それぞれが辿ってきたこれまでの軌跡。その二つの意味をこめて”キセキノカケラ”というタイトルをつけました」
 
豪華コラボレーションアーティストは
いしわたり淳治さん・前川真悟(かりゆし58)・オレスカホーンズ(ORESKA BAND)などなど・・・・
 
6曲目「イニシアチブ★」はジャジーでめっちゃかっこいい!
7曲目の「Flying so high」ではクラブミュージックにも挑戦!!!
 
 
そして衝撃的だったのが4曲目「遺書の書き方」
 
 
プライベートでも仲良しだという中村中(なかむら・あたる)さんとの「中中コンビ」笑
 
 
「あたるちゃんとはとても仲がいいんだけど、何か一緒にやりたいねーって食事の時なんかに話していて、そのあとすぐそれぞれのスタッフ込みの打ち合わせをして。あっという間に実現しました。僕の声が、すごく大地を感じるって言ってくれて。タイトルだけ聞くと衝撃的だと思うけど、とってもポジティブな1曲です」
 
 
 
地上でもっとも美しい歌声:中孝介さんの最新アルバム、
全13曲入り!ぜひたくさん聴いて癒されてくださいね。
 
 
 
さて、このアルバムを引っさげてのツアーが決まっているんですが
なぜだ!なぜ北海道はないんだぁーーーーーーーー
 
っと叫んでしまいました。。。
 
 
「またすぐ来るので。でもすぐ来るためにはHBCさん、そしてラジオを聴いてくださっている皆さんの応援が必要です(笑)よろしくお願いします」
 
っとすっかりトークもお上手になった中孝介さん!
 
また遊びに来てくださいね!
一文字は「歩」
 
ここまで辿ってきた「歩」
そんな一枚なので

ON AIR曲
10/19リリースの3rdフルアルバム『キセキノカケラ』から
M4「遺書の書き方」

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)