きゃも〜ん!ゲスト様
聖子リンの燃え燃え日記
オレが俺様だ〜っ!


今月
2021年09月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
       
アーカイブ
2021年10月
2021年09月
2021年08月
2021年07月
2021年06月
2021年05月
2021年04月
2021年03月
2021年02月
2021年01月
2020年12月
2020年11月
2020年10月
2020年09月
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
2009年02月
2009年01月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年09月
2008年08月
2008年07月
2008年06月
2008年05月
2008年04月
2008年03月
2008年02月
2008年01月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
ご意見・ご感想
番組へのご意見・ご感想はこちら
ゲストへの質問・メッセージも受付中!
☆Mail:exp@hbc.co.jp
☆Fax:011−232−1287
携帯はこちら
   表示:2011年01月(9件)
<< [1] >>

2011年01月31日(月) |  つくられる現場。
2011年02月01日15時17分36秒更新
先日、札幌市南区の森の中にあります「芸森スタジオ」に行ってまいりました。
道内外のアーティストさまが合宿スタイルでレコーディングをする
素晴らしいスタジオでございます。
まぁ、よく北海道の空気は乾いているのでギターの音が良く録れるなどと耳にします。
北海道という地はいい音が生まれる地なのですね。
(ちなみに坂本龍一様と大貫妙子様もコチラでレコーディングなさいました。
 その作品が昨年11月リリースのアルバム『UTAU』でございます)

こちら芸森スタジオにはレコーディングスタジオのほか、宿泊部屋が数室、
そしてヒノキ風呂まであります。

いつも音楽をON AIRする立場の私達は、
音楽が生まれる場=スタジオ 
というのは未踏の地でありまして、
音楽系の学校(レコーディングコース)を卒業した私のドキワクはハンパありませんでした。

さて、今回なぜ芸森スタジオに足を運んだかと言いますと、
札幌在住バンド sleepy.abの
メジャー2ndアルバム『Mother Goose』リリース記念の試奏会があったからなのでした。
レコーディングスタジオでレコーディングしているかのように演奏してくれたわけです。

私達はブースの外で演奏を聴いたのですが、
普段のレコーディング風景にポコっと入れてもらった感じ。
このように何時間も何日もかけて曲を演奏し、録音し、パッケージ化されて、
ラジオ局に届いたり、CD屋さんに並んだりするんですね。
もっともっとありがたく一曲一曲を聴かなければと思わされました。

そんなsleepy.abですが、2/23にメジャー2ndアルバム『Mother Goose』をリリースします。
今までの音とはまたちょっと違ったスリーピーが聴けると思います。
全国ツアーも決まっています。
北海道は4/23(土)札幌・道新ホールです。
北海道在住のメンバーの北海道で生まれた音を感じてみてください。

2011年01月28日(金) |  想い想われ振り振られ。
2011年01月28日16時15分39秒更新
鼻の頭に出来たニキビは両想い。

って勝手に思ってる俺様です。



誰!?

誰なの!?

手を挙げて!

こっちにアピールして!!

じゃなきゃわからないよぅ!!





と、寒くなったところで・・・。

ニキビの理由はわかっておる。

「板チョコ一気食い」

か、

「食べるラー油」

だ。

特に後者は一発だね。
ソッコーだね。


さて。
冬期間、休みの日に何をしたらいいかわかりません。
とりあえず、今日はDVD借りに行こう。

ぐばい。

2011年01月26日(水) |  心の穴。
2011年01月27日19時42分17秒更新
椿屋四重奏の解散報告から2週間ほど時間が経ちましたが、
椿屋ファンの皆様、元気取り戻しましたか?
心に空いた穴、小さくなってきましたか?
(椿屋が好きではない方も、自分の好きなアーティストが人気絶頂の時に、
これからって時に解散とか引退する、って考えてみてください・・・)


1/11に公式HP上で報告があり、いろんな音楽サイトでニュースとして取り上げられ、
ファンの方の書き込みもものすごい数でした。
最後のシングル「マテリアル」がオリコンに再ランクインしたりしましたね。

メジャーデビューして2枚目のシングル「恋わずらい」からのお付き合いではありましたが、
北海道一、椿屋を応援していた番組だと思っております。
この番組で椿屋を知って好きになってくれた方も多いようです。
解散を知って、番組宛にメッセージを下さった方も沢山いました。
ありがとうございました。

メンバーからはキャンペーンの度に来てもらっていろんな話を聞かせていただきました。
札幌へ来ない時でも東京収録のコメントをお願いしたり、
電話をつないでインタビューもしてきました。

東京、仙台、大阪でもライブを見てきました。
徐々にお客さんが増えていってたり、ドラマのタイアップになったりと、
着実にステージが上がっていっていたところでした。

でもメンバーが出した答えです。
中田裕二さん、小寺良太さんは音楽を続けていくそうですのでこれからも応援したいと思います。
またすぐ番組に来てくれるでしょう。
皆さん待っててください。



それにしても

「椿屋四重奏」

っていい名前だったな〜・・・涙。

2011年01月25日(火) |  WELCOME!
2011年01月25日17時44分33秒更新
夢にね、オバマ大統領が出てきたよ。笑
接点なんもないのにね。

こんぬつあ。俺様です。

先日、秦基博さんのライブに行ってきました。@札幌市民ホール
うまいっ。
やわらかいっ。
いい声っ。
癒されるぅ。

その後、COLONYで沖縄在住バンド「オズ」のライブを見ました。
女性ボーカルにバックが男性3人。
元気な4人で奏でるロック。
ステージを動き回るライブパフォーマンス。
迫力がものすごかった。
20代前半の子がメインなんだけど、
貫禄があるってゆーか、自信がみなぎっているというか、
パワーがありましたよ。
まさにライブバンドですな。
今後の活動に注目です。

日曜日は、某、雪山をスイスイすべる的な番組の
かっちょええライブイベントにお邪魔させていただきました。@ZEPP SAPPORO
○○○さんありがとうございます。
その中で、Fearand Loathing in Las Vegas、ONE OK ROCK、
難波章浩-AKIHIRO NAMBA-、FACTを見させていただきました。
(時間の関係で10−FEETは見られず・・・)
全てのバンド、勢いがあってかっこよすです!
そりゃ若者に支持されますよね。
ダイブしたいです。


痩せようと思って夜ご飯に豆腐一丁食べたら具合が悪くなった俺様でした。
コレにて失礼。

2011年01月20日(木) |  ございやす。
2011年01月20日16時06分04秒更新
皆様ありがとうございます。

[Champagne]にはまっています。
こんにちは。俺ペインです。

昨日佐野元春さんのライブに行ってきましたwithYASUさん。@札幌市教育文化会館
デビュー30周年を迎えた佐野さん。
昨年から30周年アニバーサリーツアーとして、いろんなスタイルで全国を回ってきましたが、
今回はそのpart3。The Hobo King Bandとの超豪華なステージ。
3月には55歳になるとは思えないくらいエネルギッシュ。
演奏される数々の名曲たちに会場のボルテージ、上がる上がる。
MCはほとんどはさみませんでしたが、最後の最後に自分で書いたメモを見ながら。

「音楽なんてなくたって生きていけるけど 
 音楽があったおかげでこんなにも見える景色が広がりました」


前作から3年。1/26にはセルフカバーアルバム『月と専制君主』をリリースします!

2011年01月14日(金) |  気になるビンゴの続き。
2011年01月14日10時25分01秒更新

引いたボール。

真っ赤っかでした。

・・・

やっぱりね。

そう。

コレが

俺様。



さ。
そんな話はさておいて。
先日。
THE BAWDIESのライブに行ってきました。@ペニーレーン24
ミスター敬語!(と私が勝手に呼んでいる)THE BAWDIES。
こんなに敬語を聞くライブはなかなかないです。

ソールドの会場は始まる前から熱気ムンムン。オーディエンスでギュウギュウ。
わたくし的2011年一発目のライブでしたが、最高の一年になりそうな景気の良い!?ライブでした。
英語の歌詞がわからなくともノれる!
聴くだけで体が動く!
MCを聴くだけで笑顔になれる!
本当に楽しいパーティーをしてくれます。
また夏フェスでお会いしたいですね。


そして昨日は「スペースシャワー列伝」@札幌・cube garden
に行ってきました。
出演は、2011年ブレイク期待大の4バンド、
[Champagne]、モーモールルギャバン、
cinema staff、plentyが出演。
たまらなくすばらしい組み合わせだと思います。
この4バンドで日本全国回るのですが、札幌は初日。
楽屋ではお互いギラギラしていたそうです。
そうですよね。
ま〜、仲間でもありますがライバルですもんね。
皆さん素晴らしい演奏でした。
今後の活動にほんっと注目です。


先日うっすいカクテル4杯飲んで人生初めての二日酔いをした俺様でした。
はばないすウィークエンドぉ。


2011年01月11日(火) |  続きの前に。
2011年01月11日12時45分47秒更新

先ほど公式HPで発表されましたが、椿屋四重奏が解散いたしました。
今までありがとう。


2011年01月10日(月) |  まもなく二ヶ月。
2011年01月10日13時51分48秒更新
首のコリがまだ取れません。

ので血行を良くしようと健康センター的なところに行きました。
あったまった上、アカスリと経絡マッサージをしました。
が、やはり取れず。
さすがにおかしいな。


さ。


そんな楽園的健康センター。
たまたまビンゴ大会がある日だった。
ということで、ちょーしに乗って300円で一枚買う。


一度お風呂に入ったあと、意気揚々とビンゴ大会へ。
賞品が意外や意外、超豪華。
賞品数がものすごく多い。
これは確実に当たるでしょう。

と思った。

結構な良いペースで穴が開いてゆき、リーチが4箇所も。
しかしなかなかビンゴにならず、だんだんと賞品が減ってゆく。
やばい。
やばい。
やばい。

でも最後の最後に来た。
ビンゴ!
(コチラではビンゴになったらボックスの中からアルファベットの書いたボールを引く。
そこに書いてあるものがもらえるシステム)

ガッツポーズで賞品を取りに行ったが、賞品の数よりビンゴの人のほうが多い。
ムムム。
と、いうことは何人かは賞品が当たらない。
嫌な予感。

ビンゴの人数−賞品数=当たらない人。その数だけハズレ的な赤いボールが入れられた。

今年なんかいいことありそな私、と思っていた私、
箱の中からアルファベットの書いたボールを引く。

続く・・・

2011年01月04日(火) |  今年もよろしくお願いします。
2011年01月04日13時15分56秒更新
と、ふざけたハナ眼鏡(私物)とでかい蝶ネクタイ(私物)でご挨拶。

まさかのボーダーかぶり。

<< [1] >>

TOP(全件表示)