今月
2018年08月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
アーカイブ
2020年08月
2020年07月
2020年06月
2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:全て(460件)
<< [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [+10] >>

2013年06月08日(土) |  センターと言えば…
2013年08月16日18時53分29秒更新
20130608

ヤクルト対日本ハム(神宮球場) 担当:松

8日はAKB総選挙の日ですね。
でも番記者は、ファイターズにしか興味がありません。
センターといえば、陽選手しか思い浮かびません。
職業病でしょうか…。

19歳の若者、大谷投手はどうなのか。推しメンはいるのか。
聞いてみたら「興味ないです」と即答。
「野球でいっぱいいっぱいなので」

前人未到の夢に向かって突っ走っているのだから当然のこと。
AKBだって“センター”の夢に向かって努力しているし、
連日連夜の取材で、疲れと脂肪が抜けないアラフォーの番記者も、
若者たちを見習って(もう少し)ケッパろうと思いました。 


2013年06月06日(木) |  この試合に懸ける闘志が違う
2013年08月16日18時23分05秒更新
20130606

 巨人対日本ハム(東京ドーム) 担当:松

日本シリーズのリベンジを懸けたこのカードで、 
5日は吉川投手が、巨人の外国人ボウカーにすべてストレートで真っ向勝負。
小谷野選手、今浪選手は、気迫のヘッドスライディングで塁を狙いました。

栗山監督は、6日の試合を前に「死ぬ思いで戦う」と語りました。
ひたむきな闘争心がある限り、勝利の可能性は無限に広がります。
去年と昨夜のリベンジを、今夜まとめて果たしましょう。


2013年06月05日(水) |  リベンジの時、来たる
2013年08月16日18時21分06秒更新
20130605

 巨人対日本ハム(東京ドーム) 担当:松

ファイターズとともに東京ドームにやって来ました。
番記者は、去年の日本シリーズ以来の東京ドームです。

栗山監督は、球場に足を踏み入れて開口一番、
「あの時の選手たちの悔しい表情を、オレは一生忘れない…」と話し、
「選手はもっと感じているはずだ」と選手たちの思いを代弁しました。

ふだんの試合前は、和やかに明るく練習が進むファイターズですが、
5日は、選手たちは多くを語りません。
ピリッとした空気 まさに“静かな闘志”です。

先発投手は、去年日本シリーズでは
悔しい結果に終わった吉川投手。
報道陣の問いかけに無言を貫きましたが、
表情は闘志に燃えていました。

エースもチームも、去年の悔しさをバネに連勝をあげて、
波に乗りたいところです。  


2013年06月03日(月) |  北の夢が正夢に…
2013年08月16日18時19分04秒更新
20130603

 日本ハム対DeNA(旭川スタルヒン) 担当:松

道北の野球ファンの念願が叶いました。

旭川スタルヒン球場で建設が進められていたグラウンド照明が完成して、
道内の屋外球場では初めてのナイターが開催されました。

私は番記者を担当する以前、HBC旭川放送局で
報道カメラマンを担当していましたが、
道北の野球ファンは、年に数回しか来ないプロ野球の試合を、
毎試合、心待ちにしていたことを覚えています。

これまでは平日昼間の開催で、仕事が学校で観戦できない人が多く、
照明の設置は北の野球ファンの夢でしたが、
これで仕事帰り学校帰りに観戦が楽しめて、
プロ野球が一層身近になりました。

栗山監督は「歴史的な日」と喜び、
「平日でも見てもらえることに感謝して
それに見合う試合をしなければ」と気を引き締めていました。

今夜の旭川は、冷え込みが予想されますが、
道北野球ファンのアツい応援を受けたファイターズの、
アツいプレーに期待しましょう。


2013年06月01日(土) |  2度目で慣れた?
2013年08月16日18時16分50秒更新
20130601

 日本ハム対中日 札幌ドーム 担当:善ハム

1日は大谷翔平投手、2度目の先発です。初登板時は、一足早く中島選手たちと車で球場入りしたという大谷投手。たいてい先発投手は全体より遅めに体を動かし始めるものですが、早く入り過ぎて時間をややもて余していたようで…。
1日は7時前には起床し、中島選手が「きょうは乗っていく?」と言うと、「きょうは大丈夫です!」と登板日の過ごし方にも慣れてきたようです。 「勝てるように投げたいです」とあくまでチームの勝利にこだわる大谷投手。“ルーティンを変えた”2度目の先発で、果たして勝利は…?

                            
 


2013年05月31日(金) |  番記者速報!
2013年08月16日18時13分31秒更新
20130531

 日本ハム対中日(札幌ドーム) 担当:松

31日は速報をお伝えします。
札幌ドームでは、ついさきほどから、ファイターズ選手の
シートノック(守備練習)が始まりましたが、
選手全員が、真っ赤なユニホームを着てグラウンドに立っています。

いったい何事か!?  
チームによりますと、7月12日から15日にドームで行われる4連戦
「WE LOVE HOKKAIDOシリーズ」で着る、
限定ユニホームの完成お披露目をサプライズでやりました(笑)
31日はシートノックの時だけの限定公開。とのことです。 


2013年05月28日(火) |  ルーキー対決 はやくも再戦!?
2013年08月16日18時11分10秒更新
20130528

 広島対日本ハム(マツダスタジアム)  担当:松

ファイターズとともに番記者と
HBCテレビ、HBCラジオも広島に乗り込みました。

試合がない27日、ファイターズは、
マツダスタジアムで全体練習を行いました。
時を同じくして東京では今年のオールスターについての発表があり、
出場選手のファン投票も、28日から始まりました。

注目は「二刀流」を目指す大谷翔平“投手”の出場の行方です。
選手登録は“投手”ですが、今年のオールスターの
ファン投票用紙には“外野手”でノミネートされています。

オールスターは、プロ野球ファンによる祭典なので、
ファンが大谷投手の投球を見たければ
“投手”に投票することもできます。

“投手”と“外野手”
票が2つに分かれそうですが、合算はされません。

パ・リーグの監督を務める栗山監督は、
「オールスターは前半に頑張ってきた人が夢を見る場所」と
考えていて、野手、投手ともに出場が少ない
大谷投手を監督推薦はせず、ファン投票で1位に選ばれることを
出場の条件に掲げました。

大谷投手は「オールスターはすごい選手が集まる所。
実戦で結果を出してファンに認めてもらいたい」と、
監督の考え方を、しっかり受け止めていました。

大谷投手のオールスター出場はファンの1票に委ねられました。
26日(日)に初対戦したタイガースの藤浪投手も
ノミネートされていて、早くも再戦が実現なるか、
楽しみになってきました。

28日から広島との2連戦。
連敗ストップを託された初戦の先発は木佐貫投手です。 


2013年05月26日(日) |  なまらアツい!甲子園でアツい対決!
2013年08月16日18時08分38秒更新
20130526

セ・パ交流戦 阪神対日本ハム(甲子園球場) 担当:松

今季最多の4万6千人が訪れた、昨夜の甲子園球場。
ホームグラウンドの熱気に圧倒された昨晩のことは忘れて、
26日の試合に集中、切り替えましょう。

26日の見どころは何と言っても
大谷選手VS藤浪投手のルーキー対決。
去年春のセンバツ高校野球以来で、プロでは初対決です。
花巻東高校の4番だった大谷選手は、
大阪桐蔭の藤浪投手からホームランを放ったものの、
その後は、大阪桐蔭に圧倒的な力を見せつけられた、
大谷選手にとっては、ほろ苦い思い出の地です。

大谷選手にプロ初対決への心境を聞くと、
「しっかりチームが勝つことが大事、昨晩のような試合の時に、
しっかり打てなければ…」と、個人の思い入れは排除して、
チームプレーに徹することを誓っていました。

一方、藤浪投手は「大谷の活躍はニュースでしか見られないから、
彼の状態は分からない。大谷が成長していたら、
打球を場外に運ばれてしまいますよ(笑)」と、
平常心ながら静かに闘志を燃やしていました。

永遠のライバルも、グラウンドを離れれば
仲の良いメル友という大谷選手と藤浪投手。

将来の日本球界を担う2人を、
プロ入り間もなく野球の聖地で巡り合わせるとは、
野球の神様の粋な計らいのように思えます。 


2013年05月25日(土) |  栗山監督51歳「最後の日」を勝利で
2013年05月22日15時34分02秒更新
20130425

日本ハム対ソフトバンク(ヤフオク!ドーム) 担当:佐々木宏信

26日に、52歳の誕生日を迎える栗山監督、試合前、記者から「51歳最後の日に勝ちたいですね」と声をかけられ、思わず苦笑い…、「監督をやめるまで、誕生日とか全然気にならない。いまは野球のことしか考えていない」と答えていました。その言葉通り、監督に就任してから、寝る間も惜しんで、チームや選手のことで悩み続け、その結果、昨シーズンは、就任1年目でリーグ優勝を達成し、その手腕が高く評価されました。今シーズンは、これまで苦しい戦いが続いていますが、「選手はよくやってくれている。元気も出してやっているが、負けているので、そう見てもらえない。」と悔しそうに語ってくれました。そんな監督を喜んでもらうには、なんとか強敵・ソフトバンクに勝つしかありません。誕生日には1日早いですが、そんなプレゼントなら、栗山監督も喜んでくれるはずです。


2013年05月22日(水) |  支えがあって…
2013年05月22日16時05分26秒更新
20130522

日本ハム対ヤクルト(札幌ドーム) 担当:善ハム

12時半過ぎ、球場に到着すると、ドーム内のスタンド外周を梶原ブルペンキャッチャーがランニングをしていました。グラウンドでは、外野のフェンス沿いをバッティングピッチャーの方がランニングする姿や、投球練習する光景も。
おととい、大谷投手が同じ時間帯に、マウンドで投球練習をしました。黒木コーチは「いろんな人が動いて実現した」と話していました。「若者らしく躍動してくれればいいから」と話す栗山監督。運命のドラフトから7か月…、多くの人たちの思いを胸に、大谷翔平投手が先発デビューです。


<< [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [+10] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト