今月
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:全て(460件)
<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [+10] >>

2013年05月21日(火) |  小学校でも「サンキューでぇーす」
2013年05月22日15時55分25秒更新
20130521

中田選手と陽選手が小学校を訪問  担当:松

接戦を制して連勝したファイターズ。
勝利の余韻は、きょうも続いていました。
毎年恒例、ファイターズ選手の小学校訪問で、
きょう(21日)札幌市白石区の東橋小学校を訪れたのは中田選手と陽選手。
前日のヒーローが目の前にやって来たとあって、
290人の子どもたちは大喜びで、選手を迎えました。

仕事にかける情熱や、プロの技術にふれてもらおうというこの企画。
きのうスーパープレーを見せた陽選手は、最高の先生です。
キャッチボールやバッティングのデモンストレーションでは、
グラブでボールをガッチリつかむ「バシッ!」と、
バットの芯でボールを捉える「カキン!」
プロの技と生音を披露し、子どもたちのハートもガッチリつかみました。

質問コーナーで子どもたちからのリクエストに応えて、
お得意の「サンキューでぇーす!!」の大サービスで、
喝采を浴びていました。

栗山監督も『ダイカンの存在がチームを救っている』と信頼を寄せている
陽選手は、大谷投手が先発を予定のあさっての試合で
『僕が援護して楽に投げさせたい』と
リーダーの風格も漂わせていました。

子どもたちに囲まれてリフレッシュした2人は、
22日からのヤクルト戦で、さらなる連勝を約束していました。


2013年05月20日(月) |  チームの太“陽” 燦燦(さんさん)と…
2013年05月22日15時51分37秒更新
20130520

セ・パ交流戦 日本ハム対巨人(札幌ドーム) 担当:松

『春の“陽”気がチームをアツくしてくれる』と、番記者の願いを記した、
きのうの日記が即、現実となりました(喜)

陽選手のバットが止まりません。
きのう(19日)は、ホームランとヒットで
9試合連続の複数安打(マルチヒット)をマーク。
巨人の小笠原選手などが持つ日本記録まで、あと“1”に迫りました。
きょう複数安打を達成すれば、史上4人目の快挙です。

きのうのお立ち台では、おなじみの「サンキューでぇ〜す」も炸裂!
「ダイカンの明るさがチームを救ってくれる」と栗山監督の期待通り、
陽選手の好調に比例してチームの打率も雰囲気も盛り上がっています。

まさに、チームの太“陽”!

快挙達成と2試合連続「サンキュでぇ〜す」の瞬間を、
ぜひ完全生中継のHBCラジオでお聴き下さい。


2013年05月19日(日) |  陽のバットでサクラサク
2013年05月22日15時48分48秒更新
20130519

セ・パ交流戦 日本ハム対巨人(札幌ドーム)  担当:松

おととい(17日)のDeNA戦で連敗を9で止めたファイターズ。
長いトンネルに、ようやく出口の光が見えてきました。

チーム復調の鍵を握るのは陽選手です。守備も打撃も絶好調。
特にきのう(18日)は、8試合連続の複数安打(マルチヒット)をマーク。
巨人の小笠原選手が持つ日本記録まで、あと“2”に迫る勢いです。

陽選手の好調に伴って、チームの打率も徐々に上がっています。
栗山監督も「ダイカンは攻撃を仕掛けなくてはならない時に一発で決めてくれる。
ダイカンの明るさがチームを救ってくれる」と、陽選手が巻き返しのキーマンと
考えています。

いま道内各地では、ようやくサクラが満開。寒くて寒くて、つぼみの時間が長かった分、春の"陽"気を喜ぶかのように一気に咲き誇っています。
ファイターズは北海道のチーム。冬は長かったけど、"陽"のバットが、アツい春を呼んでくれるに違いありません。


2013年05月15日(水) |  きょうこそブラボーな勝利を!
2013年05月22日15時46分01秒更新
20130515

中日対日本ハム(ナゴヤドーム) 担当:くり

交流戦で浮上のきっかけをつかみたいファイターズでしたが、きのう(14日)も中日に敗れ、泥沼の8連敗を喫してしまいました。この嫌な流れを止められるのは、エースの吉川投手しかいません。今シーズンは6試合に登板して3勝3敗、防御率3.55。自身2連敗中と本来の姿とは言えませんが、「やることは変わらない。しっかりバッターに向かっていきたい。(ナゴヤドームは)広いイメージなので思い切って投げられると思う」と、冷静に前を向いています。中日の先発は47歳の山本昌投手、ともに背番号34の左腕対決です。去年は何度もチームを救ってきた吉川投手の快投に期待しましょう。


2013年05月14日(火) |  交流戦で巻き返しだ
2013年05月22日15時44分38秒更新
20130514

中日対日本ハム(ナゴヤドーム) 担当:くり

14日から交流戦が開幕します。7連敗中と苦戦が続くファイターズにとっては、この交流戦で流れを変えたいところです。これまで2007年に交流戦で優勝しているほか、交流戦通算勝利数115は、ソフトバンクに次ぐ2位。ファイターズは交流戦を得意としています。栗山監督も「交流戦を生かしているシーズンが多い。苦しんでいることをプラスにできるようにしっかりやります」と、交流戦からの巻き返しを誓いました。セ・リーグの本拠地では投手も打席に入る交流戦。ちなみに去年の交流戦でファイターズの投手陣が打ったヒットは、多田野投手の内野安打1本だけでした…。今年は投手陣にも、ぜひ二刀流で頑張ってもらいましょう。本家・二刀流の大谷投手は、6番・右翼でスタメン出場です。


2013年05月09日(木) |  きょうこそBravo!ファイターズ
2013年05月22日15時43分08秒更新
20130509
日本ハム対楽天(札幌ドーム) 担当:松

4連敗から一夜明け、選手たちの表情やチームの雰囲気はさぞかし…と思いきや、練習中のドームには明るい声が響きました。5日のこどもの日に1軍昇格した杉谷選手が、中田選手や外国人選手にチョされて(北海道弁で“いじられる”の意味です)他の選手たちも笑顔で練習に取り組んでいました。チームの状況が悪くても、決して下を見ず、常に前向きに戦うのがファイターズの強さであり魅力です。きょうの先発は吉川投手。交流戦を見据えた栗山監督の戦術で、木佐貫投手と先発ローテーションを入れ替わりましたが「やることはいつもと変わらない、チームの雰囲気は悪くないし、悪い状況を変えるピッチングをしたい」とエースの気概が満ちる頼もしい言葉で連敗ストップを誓いました。

2013年05月08日(水) |  やっぱりイナバはだいじょうぶ!
2013年05月22日15時41分46秒更新
20130508
日本ハム対楽天(札幌ドーム) 担当:松

開幕から打撃不振に陥り、志願の2軍調整を行っていた稲葉選手が、2週間ぶりに北海道に帰ってきました。充実の表情でドーム入りした稲葉選手は、後輩たちに拍手で迎えられ、ちょっと照れながらも、すぐに打撃練習に取りかかりました。3連敗中と低空飛行が続く若いチームには、「41」がいるだけで、空気が引き締まって活気がみなぎります。「バッティングの感触はまずまず。きょうは結果より納得のゆくスイングをしたい」と再スタートに燃えていました。HBC解説者の岩本勉さんは「百戦錬磨で戦い抜いてきた男。帰って来た時には、やっぱり稲葉は大丈夫のセリフが出ると思う」と太鼓判を押しています。きょうの試合、楽天の先発はマー君。武者修行の成果を表すには、この上無い相手です。エースを打ち崩して、完全復活の第一声が楽しみです。

2013年04月28日(日) |  開幕戦の悔しさを晴らす
2013年05月22日15時39分39秒更新
20130428

日本ハム対オリックス(札幌ドーム) 担当:くり

投手陣の柱・武田勝投手が、およそ1か月ぶりに1軍マウンドに帰ってきます。自身初の開幕投手を務めた3月29日の西武戦では、左ふくらはぎの張りを訴え、4回途中でマウンドを降りました。開幕戦の負傷交代に「一発目でケガをしてチームの流れを崩してしまい、責任を感じている」と話す武田勝投手、「まずは自分のピッチングをして、残りのシーズンはチームを安心させたい」とリベンジに燃えています。また、オリックス打線のキーマンに元チームメイトの糸井選手を挙げ「自分の持っている球を全部使って勝負する。インコースも使って投球の幅を広げたい」と警戒する一方で、対戦を心待ちにしています。チームを今季初の4連勝に導く技巧派左腕の快投に期待しましょう。


2013年04月27日(土) |  夢だった、札幌ドーム
2013年05月22日15時37分13秒更新
20130427

日本ハム対オリックス(札幌ドーム) 担当:くり

ソフトバンクに連勝して4カードぶりの勝ち越しを決めたファイターズ。きょう27日から本拠地・札幌ドームでオリックスと対戦です。この試合を誰よりも心待ちにしていた選手がいます。それは旭川出身の浅沼選手です。2007年に高校生ドラフト7巡目で旭川南高校から投手としてプロ入り。しかし思うような結果が残せず、2010年オフに野手に転向しました。プロ6年目で初めて1軍に昇格した24日のソフトバンク戦では、代走としてプロ初出場を果たすと、9回の2打席目でプロ初ヒットを記録しました。「長かった。やっとスタートできた気持ち」と話したプロ初ヒット。試合後にはお祝いメールが200件も届いたそうですが、なんと2日がかりで全員に返信したそうです。そんな浅沼選手「(札幌ドームでプレーすることは)ずっと夢だった。その舞台に立てることが嬉しい」と感慨深げに語ってくれました。きょうは家族や親戚も応援に来ています。プロ6年目でチャンスをつかんだ苦労人の本拠地デビューはあるでしょうか。


2013年04月23日(火) |  武田久など4人が1軍登録 さあ出直しだ!
2013年05月22日15時30分11秒更新
20130423

日本ハム対ソフトバンク(ヤフオク!ドーム) 担当:ヒロノブ

ファイターズの選手を追って、福岡にやってきました。「さぞ、暖かいだろう」と思ったら、福岡の最高気温は17.7℃、札幌の16.4℃とさほど変わらず、ちょっと肩透かしを食らった形となりました。ただ、度胆を抜かれたのは、名前も変わったヤフオク!ドームの大型ビジョン…、これまであった3面のビジョンだけでも大きかったのに、新たに左右にLED表示装置2面を追加され、外野上部をほぼカバー…、5面あわせると、長さは約184メートルと世界最大規模だということです。球場に入った選手たちも、その大きさに見入っていました。

さて、苦しい戦いが続くファイターズですが、23日抑えの切り札・武田久投手のほか、乾投手、鵜久森選手、尾崎選手の4人が1軍登録されました。さらに、金子誠選手も1軍に合流、選手の顏ぶれが大きく変わり、新たなチームに生まれ変わった印象です。とくに金子選手は、フリー打撃の最中に、ショートのほか、セカンドやサードでもノックを受け、ひざの状態に問題はないようです。

試合前、栗山監督は、現在のチーム状況について「一生懸命やろうとして、必死になりすぎて、点が入らないなら、いつか、点が入るようになると考えている。いまの状況を生かさないといけない。この状況にどう向き合うか?一生懸命やっている姿を見ていてほしい。」と語ってくれました。

まずは、23日の試合に勝って、「ファイターズ野球」を取り戻してほしいものです。


<< [-10] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [+10] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト