今月
2018年08月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
アーカイブ
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:2012年09月(18件)
<< [1] [2] >>

2012年09月17日(月) |  ルーキー森内 先発初勝利を狙う
2012年10月09日13時26分12秒更新

オリックス戦@札幌ドーム 担当:善ハム
 ルーキー森内投手が、プロ入り初先発します。通常、先発投手は全体よりも遅めの球場入り(午後1時試合開始なら午前10時半ごろ)となりますが、森内投手は午前9時15分ごろに登場。中継ぎ登板での準備と同様の時間で“いつも通り”のスタイルで臨むようです。16日も「中継ぎと同じように投げられれば」と話していて、「1まわり目をどう抑えるか考えて投げたい」と立ち上がりを重要視しているようです。
 栗山監督はずっと前から先発での起用については頭の中にあったそうで「テンポのよさで試合を作ってくれると思う」と期待を寄せています。 去年、都市対抗野球で完全試合を達成し、プロへの夢をつかんだ森内投手。真っ新なマウンドに立つ姿に注目です。


2012年09月16日(日) |  巨大メッセージで首位固めだ
2012年10月09日13時28分19秒更新

ソフトバンク戦@札幌ドーム 担当:くり
 ソフトバンクに2連勝して4日ぶりに首位に再浮上したファイターズ。先発の中村勝投手は今季5試合に登板して2勝0敗、防御率は0.84。前回のソフトバンク戦でも7回1失点で今季初勝利をあげ、結果を残しています。そんな若き右腕に栗山監督は「中村は何かをつかみかけている。プロ野球選手として勝負しなきゃいけない時期。個人的にも楽しみにしているし、チームにとっても大きな意味がある試合」と期待を寄せています。
 16日の試合では全座席に応援ボールが用意されていて、その応援ボードを掲げると、「GO FIGHTERS HOKKAIDO PRIDE」の人文字が完成するファイターズ初の試みがおこなわれます。選手とファンが一体となって勝利を手にしましょう。


2012年09月15日(土) |  バッター陽vsピッチャー陽
2012年10月09日13時30分19秒更新

ソフトバンク戦@札幌ドーム 担当:くり
 ファイターズは、15日も札幌ドームでソフトバンクと対戦。ソフトバンクの先発は陽岱鋼選手のお兄さん、陽耀勲(ヤン・ヤオシュン)投手です。今季3度目の兄弟対決を前に陽岱鋼選手は「野球を始めたのも兄がきっかけ、尊敬している選手ですよ」と4歳年上のお兄さんに敬意を払いました。しかし、兄と言えども敵チームの投手。すぐに表情を引き締め「良い投手のひとりなので、狙い球をしっかり打っていきたい」とチームの勝利を見据えています。兄と弟、どちらがチームの勝利に貢献できるでしょうか。陽兄弟の真剣勝負にも注目です。
 


2012年09月14日(金) |  吉川vs大隣 防御率1位と2位の投げ合い
2012年10月09日13時38分47秒更新

ソフトバンク戦@札幌ドーム 担当:くり
 首位の西武を0.5ゲーム差で追うファイターズ。14日から札幌ドームで3位のソフトバンクと対戦します。ファイターズの先発は自身5連勝中の吉川投手。12勝4敗、防御率はリーグトップの1.76と、いまやリーグを代表する投手に成長しました。一方、ソフトバンク先発の大隣投手は12勝5敗、防御率はリーグ2位の1.79。負けず劣らずの成績を残しています。これまで吉川投手には「今年ダメなら俺がユニホームを脱がせる」と厳しい言葉をかけてきた栗山監督も試合前「吉川は課題をクリアしていって自然と信頼をつかんだ」とチームの勝ち頭に成長した左腕への信頼を口にしています。
 両左腕は8月31日にも対決していて、その時は吉川投手が7回1/3を無失点、大隣投手が6回2/3を1失点と互いに好投しましたが、試合は延長戦の末、引き分けに終わっています。14日こそ白黒をハッキリとさせましょう。
 


2012年09月13日(木) |  全力疾走で首位奪回だ
2012年10月09日13時41分30秒更新

ロッテ戦@QVCマリン 担当:ヒロノブ
 12日は9連敗中のロッテに10対0という大差で敗れ、まさかの「1日天下」で首位から2位に転落したファイターズ…、しかし、落胆しているひまはありません。13日もロッテと対戦します。何としても勝って、前日の借りを返したいところです。栗山監督は、12日の試合後、「この悔しさを13日の試合にぶつける。必死で戦う」と誓いました。
 12日も敗れはしたものの、稲葉選手が2安打、小谷野選手が3安打の猛打賞と、調子があがってきました。特に稲葉選手は、凡退した打席でも、1塁まで全力疾走し、最後まであきらめない姿勢を見せました。これこそ、ファイターズの野球…、これがきっと、これからの戦いにつながるはずです。まず、13日の試合に勝って、し烈を極めている優勝争いを抜け出すスタートにしたいところです。


2012年09月11日(火) |  さあ9連戦 混パを抜け出せるか?
2012年10月09日13時43分33秒更新

ロッテ戦@QVCマリン 担当:善ハム
 11日の千葉は灼熱地獄。私のシャツはびちょびちょです。 さて、首位・西武とゲーム差なしのファイターズは11日から重要な9連戦です。 強い西日に目を細めながら試合前、栗山監督は「もうちょっと何か思うかなと思ったけど、そんなになかった」と“いつも通り”という様子。「明日なき戦い」と話していて、これまでと同様、一戦必勝を貫く覚悟です。 11日勝てば今季最多の貯金11となるファイタ―ズ。天気同様、燃えるような熱い戦いを期待します!

 


2012年09月05日(水) |  ヤングファイターズで首位奪取だ
2012年10月09日13時46分33秒更新

楽天戦@東京ドーム(18:00) 担当:くり 
 4日は頼れる4番のひと振りで楽天に逆転勝利。今季3度目の4連勝で首位の西武に0.5ゲーム差と迫りました。主力にケガ人が続いていますが、ここまで若い選手がしっかりと結果を残しています。4日も8回のピンチで20歳の谷口選手がストライク返球で本塁補殺!守備で流れを引き寄せると、そのウラ、同じく20歳の西川選手が内野安打でチャンスを広げ、23歳の中田選手が決勝タイムリーと若手が奮起しています。
 一方で復帰が待ち遠しい糸井選手は4日から1軍の練習に合流していて、最短で5日にも出場選手登録が可能ですが、万全を期してもう少し様子を見るようです。首位奪回へ5日も若手の活躍に期待しましょう。


2012年09月04日(火) |  WBC参加決定 めざせ3連覇 
2012年09月07日15時41分45秒更新
楽天戦@東京ドーム 担当:くり
 プロ野球選手会が来春に開催される第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)への参加を決めました。不公平な収益金の分配方法を改善するよう求め、一度は不参加を決議しましたが、その後の交渉で侍ジャパンとして独自にスポンサーを獲得することが認められ、土壇場で出場を決めました。
 選手会副会長も務める稲葉選手は、この決定を受け、「選手の間でも参加したいという声が多かった。今後の野球界にとっても良い決断」とWBC参加について語りました。また、自身のWBC出場に関しては「もし呼んで頂けるのならメンバーに入りたいけど、若い選手が国際大会で成長するためには辞退した方がいいのかもしれない…複雑ですね」と、いかにも稲葉選手らしい大人のコメント。そう言わず、ぜひファイターズを…いや日本を代表してWBCの舞台に立って下さい。

<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト