今月
2018年08月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
アーカイブ
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:全て(460件)
<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [+10] >>

2013年07月12日(金) |  大谷選手はだいじょうぶです
2013年08月21日14時22分34秒更新
20130712

日本ハム対ロッテ(札幌ドーム) 担当:松

11日、練習の打球が頭部に当たって負傷した
大谷選手の様子が気になる方も多いと思います。

大谷選手は、12日昼すぎ、
仙台から新千歳空港に到着して、
まっすぐ札幌市内の選手寮に帰りました。

足取りや体調は、しっかりしていました。

選手の体調管理を担っている横田チーフトレーナーに、
大谷選手の様子を伺うと、
11日よりも痛みが落ち着いてきて、
3日間安静にしていれば
今後の投球にも打撃にも問題が無いと話しました。

オールスターに出場できるか否かも気になりますが、
栗山監督は、無理はさせられないと慎重な考えです。

一変した環境と、“二刀流”への挑戦で、
やはり疲労が募っていたのかもしれません。

少しでも身体を休めて、万全の体調で
またグランウドで躍動してもらいたいと
願っています。 


2013年07月07日(日) |  1に練習、2に練習
2013年08月21日14時20分35秒更新
20130707

 日本ハム対オリックス(札幌ドーム) 担当:松

稲葉選手が、Bravo!ファイターズの
インタビューに応じてくれました。

聞き役は、山内要一アナウンサーに任せて、
番記者は、カメラマンを担当しました。
(私は番記者の前、HBC報道局のカメラマンでした)

夏本番、気温が上がるにつれ、
打撃も好調な稲葉選手は、テンションもアゲアゲ↑
開口一番「見て下さいよ!この汗」と爽快感全開です。

番記者は、稲葉選手の首筋に滴る汗にズームイン!
…したのですが、どうしてもピントがあいません。
レンズをグルグル回しても
稲葉選手の爽やかなお顔は、ピンボケのまま…

あれれ? なんで?なんで?

原因は、カメラのスイッチが「自動」になっていて、
カメラマンの言う事を聞かない状態になっていたためでした。

何とか、カメラを復活させて、事なきを得ましたが、
その時、稲葉選手は春先の不調のことを語っていました。

山内アナ)「不調の時は、何をしていたのですか?」
稲葉選手)「ひたすら練習です!」

山内アナ)「不調のときのストレス解消法は?」
稲葉選手)「ひたすら練習です!」

稲葉さん…
番記者は明らかにカメラの練習が足りませんでした(泣)
出直して来ますので、またインタビュー宜しくお願いします!


2013年07月06日(土) |  勝利へ 出発進行!
2013年08月21日14時16分14秒更新
20130706

日本ハム対オリックス(札幌ドーム) 担当:松

6日の先発投手は木佐貫投手です。

春は本調子ではありませんでしたが、6月は2度の完投勝利。
現在はチームの勝ち頭として、抜群の安定感を見せています。

登板前は、多くを語らない木佐貫投手ですが、
好調の秘訣を聞くと「電車に乗れているから!」と
満面な笑顔で応えてくれます。

木佐貫投手は、自他ともに認める“鉄ちゃん”(鉄道好き)
数多くいる“鉄ちゃん”の中でも、
列車に乗って旅をすることが好きな「乗り鉄」という
ジャンルだそうで、グラウンドに行くのにも、
あえて地下鉄を選ぶほどの熱狂ぶりです。

最近、新聞社の企画で電車に乗る機会が増えたそうで、
「楽しくて、テンションが上がる」と、
野球そっちのけで、アゲアゲ気味に話します。

プロ野球選手だって、24時間野球漬けの毎日では
息がつまります。明日への活力を得るためにも、
オン、オフの切り替えが大切なんですね。

鉄道の魅力を少年のように語る木佐貫投手を見て、
年中野球の番記者は、
自分が元「撮り鉄」(列車を撮影することが好き)だった事に
気付かされました。

たまにカメラ持って出かけようかな…。

ちなみに木佐貫投手はいま、
開業100周年を迎えた函館市電に乗ることが夢で、
7月17日の函館遠征が楽しみだそうです。 


2013年06月30日(日) |  すばらしき仲間
2013年08月16日18時51分46秒更新
20130630

日本ハム対西武(札幌ドーム) 担当:松

29日の勝利で借金完済、4位に浮上したファイターズ。
勝利を決めたのは、走者一掃の3塁打を放った大引選手。
ダメ押しヒットとチームの勝利で、自らの誕生日を飾りました。

ところで、きのうの試合前、全体練習のとき、
札幌ドームの電光掲示板に“Happy Birthday ビッキー By45”と
大引選手を祝福するメッセージが映し出されました。

仕掛け人は“By45”と署名を残していた、
背番号45の今浪選手だと、誰もが思ったのですが、
今浪選手曰く「あれは僕じゃないですよ」との答え。

では、誰の仕業??

30日、大引選手に改めて聞いてみたところ、
「そんな事やるのアイツ(今浪選手)に決まっているでしょ」とあっさり。

大引選手は法政大学、今浪選手は明治大学で、ライバルとして青春を過ごした2人。
今は同じチームメートとして切磋琢磨しています。

「“BY45”って書くあたり「感謝しろよ!!」と
アピールするところが小憎らしい」と言いながらも、
「野球を続けているのも、ファイターズにいられるのも、
彼のおかげです」と粋な計らいに感謝していました。

ところで、来月誕生日を迎える今浪選手に、
何かサプライズは?と聞くと、
「何もやってあげないのもアリだよねぇ」とニンマリ…

友情ってホントに良いものですね。


2013年06月29日(土) |  犯人は誰だ?
2013年08月16日18時49分03秒更新
20130629

日本ハム対西武(札幌ドーム) 担当:松

29日の試合前、全体練習がスタートした直後、
グラウンドに、ドリカムの“Happy Happy Birthday”が響きました。

同時に、ビジョンには “Happy Birthday「詐欺師」ビッキー By45”と映し出されました。

きょう29日は大引選手の29歳の誕生日、粋な計らいに、大引選手も喜んでいましたが、
「詐欺師」の真意が、いまいち分かりません。

そこで“By45”と署名を残していた、背番号45 今浪選手に話しを聞いたところ、 「あれは僕じゃないですよ」との答えが…。では、誰の仕業??


2013年06月26日(水) |  稲葉で逆転の次は、大谷先発で勝利だ
2013年08月16日18時46分34秒更新
20130626

日本ハム対ソフトバンク(東京ドーム) 担当:ヒロノブ
 
 きのう25日の試合は、ファイターズが勝利への執念を見せ、最後は稲葉選手が決めてくれました。逆転の8回は、先頭打者としてヒットで出塁した大野選手、代走で盗塁を決めた村田選手、フォアボールを選んでつないだ大引選手、アブレイユ選手はファーストの選手と激突しながら、併殺を防ぎ同点…、中田選手が敬遠されたあと、代打の鶴岡選手が、ヘッドスライディングで内野安打をもぎ取り満塁、最後は稲葉ジャンプの中、チームリーダーが2点タイムリーヒットを放ち、強敵ソフトバンクに逆転勝ちしました。アウトになった選手も含め、まさに執念でつかみとった勝利に、お立ち台に立った稲葉選手は「ファンもベンチの選手、全員が何とかしようという雰囲気の中で打たせてもらった」と語りました。栗山監督も「見ていた人が感動してくれるようなゲーム。こういうゲームをしないといけない」とウルウル…、ファイターズらしい戦いができるようになってきました。
 そして、きょう26日の先発投手は、二刀流のルーキー大谷投手…、きのうはブルペンで最終調整して、きょうの試合に備えました。交流戦から投手デビューした大谷投手にとって、パ・リーグ相手の登板は初めてで、戦いを前に「打線につながりがある。上位のチームに勝てば差も縮まるので勝てるようにしたい」と決意を語ってくれました。きょうも勝利への執念で大谷投手を援護し、ソフトバンクに連勝といきましょう。 


2013年06月25日(火) |  二刀流大谷 26日に登板へ
2013年08月16日18時42分11秒更新
20130625

 日本ハム対ソフトバンク(東京ドーム) 担当:ヒロノブ

 ファイターズは、きのう24日、中田選手とアブレイユ選手に、ホームラン王争いでトップに並ぶアベック弾が飛び出し、首位・ロッテとの3連戦に勝ち越しました。きょう25日と26日は、交流戦優勝で波に乗るソフトバンクと対戦…、ここでも勝って、最下位脱出、そして上位進出といきたいところです。
 このカード注目は、やはり、あす26日に先発登板が予想されている大谷投手…、25日の試合前練習では、投手陣に入って、軽めのメニューをこなし、26日の先発に備えていました。交流戦に入ってから投手デビューした大谷投手にとって、同じリーグのチームと対戦するのは今回が初めて…、大谷投手の真価が問われる試合となりそうです。 


2013年06月16日(日) |  フェンスにも…
2013年08月16日18時36分21秒更新
20130616

日本ハム対広島 @札幌ドーム 担当:善ハム

すごく昔の話になりますが…、元中日の宇野勝さんがショートを守っていた際、フライを捕球できず、頭に当ててしまったという珍プレーがありました。その先のフェンスに、ある生命保険の広告があったのを今も覚えています。
そして15日、大谷選手が打ったツーベースは左中間。これで11本のツーベースのうち9本がレフト方向。札幌ドームの左中間フェンスには『今でしょ』で有名な、あの予備校の広告が…、やっぱり乗っている人は、そんな運命なのか。ちなみに「HBCテレビ・ラジオ」の広告もひっそりとレフトポール際の左にありますが…。 
 


2013年06月13日(木) |  大丈夫だ“よう”
2013年08月16日18時32分28秒更新
20130613

 日本ハム対阪神 @札幌ドーム 担当:善ハム

陽選手がシートノックで、軽快な動きをみせています。
12日の試合中、足がつり、途中交代をした陽選手。2011年途中から続いていた連続フルイニング出場の記録も途切れました。
「ファンのみなさんの前で全力疾走をできずに申し訳ないです」こだわっていたフルイニング出場だっただけに、試合後、悔しさを滲ませていました。

「きょうはもう大丈夫です」。練習メニューを通常通りこなし、13日もスタメンの陽選手。連続試合出場の記録は途絶えません。
 


2013年06月09日(日) |  大谷君、疲れていないかい?
2013年08月16日18時54分46秒更新
20130609

ヤクルト対日本ハム(神宮球場)  担当:松

鎌ヶ谷での取材を終えて、帰りのタクシー車中。
運転手さんが「大谷君、疲れていないかい?」と話しかけてきました。

番記者が「やっぱり気になりますか?」と聞くと

「そりゃ、同じ街の人間だもの」

忘れていました。
ルーキーの大谷投手は、選手寮に住んでいる鎌ヶ谷市民だったことを…
ファイターズの新人選手は、みんなこの街からプロ生活を始めるのです。

今やチームの歯車として1軍に帯同する大谷投手は、
鎌ヶ谷に滞在することは少なくなりましたが、それは活躍の証です。

鎌ヶ谷は、北海道よりずっと以前から、
ファイターズとともに歩んでいるホームタウンですが、
関東ではテレビやラジオのファイターズ中継が少ないそうです。

それでも心から応援している“第2のふるさと”の人たちの
温かさに触れました。  


<< [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [+10] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト