今月
2018年08月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
       
アーカイブ
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:2010年02月(24件)
<< [1] [2] [3] >>

2010年02月28日(日) |  きょうは浦添でオープン戦
2010年03月23日19時48分49秒更新

オープン戦 S−F(浦添市民球場)晴れ 9614人 担当・水野

北海道の夏を思わせるような強い日差しが照りつける中、ファイターズは浦添市でスワローズと対戦しました。

先発は武田勝。「キャッチャーの要求通りにあまり投げられなかった」というように、5回を投げてホームラン1本を含む7安打4失点。ただ、「調子自体は悪くない」とのことで、これからに期待です。

中継ぎ陣では1軍に上がったばかりの松家、土屋がともに1回を無失点に抑えるピッチング。
梨田監督も「土屋は落ち着いていて堂々としている」と満足そうでした。

打者では中田が2安打ときょうもバットで結果を出し、アピールしました。

なお、多田野、吉川、菊地があすから鎌ヶ谷へ、今成、加藤政義は教育リーグ参加のため、一時1軍を離れることが発表されています。

きょうで、沖縄を経ったファイターズ。
次のオープン戦はいよいよ札幌ドームです!


2010年02月27日(土) |  オープン戦がスタート!
2010年04月04日18時41分37秒更新

オープン戦@沖縄・名護球場 くもり/晴れ 24.7℃ 
有料入場者数2937人 担当:石栗

今日は名護球場に楽天を迎えてのオープン戦!練習試合では500円だった内野席もオープン戦になると2000円に値上がり。それでも球場は、ほぼ満員の3000人近いファンで埋まりました。それもそのはず、先発は「ダルビッシュ」対「岩隈」。まさにパ・リーグを代表するエース同士の対戦です!

きのう、待望の第2子が誕生したダルビッシュは2回、リンデンにソロHRを打たれると3回にもタイムリーを許し3回までに2失点。それでも「4回から力の入れ方を思い出した」というダルビッシュはリンデン、中村(紀)を連続三振。結局5回を投げ2失点。尻上がりに調子を上げていました。

一方の岩隈は3回を投げ、許したヒットは2本。梨田監督も「岩隈が投げる時は負けるつもりでやります…」と冗談交じりに相手のエースを褒めていました。両エースともに仕上がりは順調なようです。

きょう一番盛り上がったのは4回、ランナーを2塁に置いてバッターは稲葉!札幌ドームほどの規模はありませんが、スタンドでは今年最初の稲葉ジャンプが起こります!すると、その期待に応えるかのように稲葉が2ランHRを放ち、ファンを沸かせました!

さらに7番DHで出場した中田翔も3打数3安打とバットで猛アピール!ファンにとっては見応えのあるゲームとなりました! (日7−2楽)


2010年02月26日(金) |  キャンプ情報
2010年03月23日19時44分09秒更新

沖縄・名護キャンプ21日目 くもり 25℃ 観客400人 担当:水野

きょうはキャンプ最終日。昼頃まで軽い練習で最後の汗を流したあと、選手会長の田中賢介が「リーグ優勝、日本一になれるよう、みんなで戦っていきます」と挨拶。一本締めでキャンプを打ち上げました。

梨田監督は「寒さと雨でスケジュール通りにはいかなかったが、何とか間に合ったかなという感じ。本当はもっとチームプレーをしたかったが、あとは残りのゲームでやっていきたい」と全体を総括。外野のレギュラー争いについては、陽や中田、村田の状態の良さを評価した上で、「できれば森本がいたところで競争してほしかった」と、森本のリタイアを嘆いていました。

初日からブルペンに入っていたダルビッシュは「ここまでは順調。自分の思う通りにはなった」と話すと、キャプテン稲葉も「自分自身はやり切れたキャンプだった」とともに手ごたえは十分の様子。

レギュラーを狙う中田は「すべての面がまだまだ。もっとアピールできる部分はあったが、ある程度は守れるようにはなったと思う」と、今取り組んでいる外野の守備について自己評価。
「チームの勝利に貢献できるような選手になり、1軍で活躍する姿を早くみせたい」とレギュラー獲りに向けて、決意をあらたにしました。

きょうでキャンプを終えたファイターズは、いよいよあすからオープン戦。
ダルビッシュ-岩隈の対決からスタートです。


2010年02月24日(水) |  最後の休日
2010年02月26日11時15分06秒更新

沖縄・名護キャンプ 晴れ 23℃ 担当 水野

きのうに続き、快晴となったきょうはキャンプ最後の休日。
この日は選手が参加する球団のイベントもありませんでした。
にも関わらず、朝9時半頃、球場にはきょう1軍に合流した2年目・土屋投手の姿がありました。
「何かしたいと思って出てきた」という土屋投手は球場近くの砂浜を20分ほどランニング。
「まさか1軍に合流できるとは思っていなかった」と初の1軍キャンプに戸惑いをみせながらも、先日の韓国SK戦でのピッチング(2回1失点3三振)が自信になっているようで、「今は手応えを感じている。28日登板予定のスワローズとのオープン戦で頑張ります」と気合い十分。

さらに、横浜高校の1年後輩、ベイスターズの新人・筒香選手がきのうのファイターズとの練習試合で2安打を放ったことも刺激になっているようで、「筒香とはきのう会って話したかった。交流戦で対決できることがあれば」と“横浜高校対決”への思いも・・・
後輩には負けられない、今季こそ1軍で登板を!という土屋投手の熱い思いが伝わってきました。

その他の投手陣では昼過ぎに八木投手が、あすの千葉ロッテとの練習試合に備え、グランドで軽く汗を流していました。

そしてきょう、最後に球場を後にしたのは江尻投手。「今は投げるのが楽しくて仕方がない」と心のゆとりも出てきたようで、「部屋にいても体がうずき、投げずにはいられない」ときょうはフォームを確かめるように、外野のフェンスに向かって1球1球丁寧に投げ込む練習を、午後4時頃まで繰り返していました。

体を動かした選手、体のケアにつとめた選手、それぞれ思い思いの休日を過ごし、いよいよキャンプもあと2日。各選手たちの最後の戦いが始まります。


2010年02月23日(火) |  「F打線爆発!中田は実戦2本目の本塁打」
2010年02月25日10時47分37秒更新

沖縄・名護キャンプ19日目 晴れ 23℃ 観客1000人 担当 川畑

キャンプ始まって以来初めてかという、朝からの快晴!
抜けるような青空の下、横浜を迎えての練習試合が行われました。

横浜といえば、昨オフに3対3のトレードがあったばかり。
稲田や弥太郎が球場入りするとファンから大きな歓声が上がり、
選手同士も久々の再会に顔がほころび、情報交換に花が咲いていました。

試合は19安打12得点とファイターズ打線が爆発!
中田は5打数3安打の猛打賞。全安打が長打で、4回の第2打席では、逆転2点本塁打を左翼席に放ちました。「これまでは考え過ぎだった。きょうは試合の中で思い切りバットが振れた」と吹っ切れた様子でした。

その他、先発出場の大野が4打数4安打3打点の活躍。
鶴岡もきのうまで実戦2試合で4打数4安打で、
正捕手争いは高いレベルで激化しています。

さらにこの日は、途中出場の村田、高口も猛打賞の活躍。高口は4回に2点本塁打を放ちました。
横浜の投手が若手主体だったことを差し引いても、全般に打線は振れている印象です。

一方の投手陣は先発ケッペルが4回3失点。2人目のカーライルも2試合連続被弾で、3回1失点。
ただ試合後の梨田監督は「キャンプの疲れも出てくる頃で、失点はさほど気にしていない。2人とも先発ローテに入ってくるでしょう」と、信頼を寄せていました。

なお1・2軍の入れ替えが発表され、糸数、林、山本、加藤武の4投手と、
今浪、紺田が、この日キャンプを打ち上げたファーム組と合流し、明日、鎌ヶ谷に。
逆に2軍からは、松家、土屋、菊地が昇格するとのことです。

サバイバルキャンプもいよいよ終盤。明日は最後の休日です。


2010年02月22日(月) |  「稲葉が内野手転向!?志願の内野居残り特守」
2010年02月24日09時12分16秒更新

沖縄・名護キャンプ18日目 晴れのち曇り時々雨 21℃ 観客300人

久々に実戦のない練習日。これまで雨の影響で充分に練習出来なかったサインプレーや、内外野の連係などに時間を割きました。
バッティングピッチャー役として、キャンプ途中から合流した新外国人・ウルフが打者相手に初登板。中田や陽相手に重そうなボールを投げ込み、ヒット性の当たりはほとんど打たれませんでした。梨田監督は「あの球質なら外野の頭上はそうそう越されないのでは。右の中継ぎは凄い争いになりそうだね」と、頼もしそうな表情で話していました。

この日は、先発転向を目指している林投手が、肘痛を訴え別メニュー。大事には至らなさそうですが、梨田監督はその林投手について、「カーライル、ケッペルの両外国人に先発として使えるメドが立ったので、やはり中継ぎに回ってもらいたい」と話していました。

全体練習後のサブグラウンド。真喜志内野守備コーチが内野陣にノックの雨を降らせていました。受けている選手は三塁側から、小谷野、加藤政義に・・・なんと稲葉選手!本人に話を聞くと、志願の居残り特守だったそうで、「外野や打撃の練習では使わない筋肉を使うので刺激になる。いい汗かいたよ」とのことでした。初めての試みだったそうですが、もともとは内野手だった稲葉選手、軽快にゴロをさばき、楽しそうでしたよ!


2010年02月21日(日) |  「ヤクルトと練習試合…“つなぐ打線”健在」
2010年02月23日12時05分42秒更新

沖縄・名護キャンプ17日目 晴れ 22℃ 観客2000人 担当:石栗

キャンプが始まって以来、はじめて最高気温が20度を越えました!2月とは思えません。日差しも強く“暖かい”を通り越して、正直“暑い”です…。そんな好天の下、今日は名護でヤクルトと練習試合。先発の武田勝は初回に満塁ホームランを打たれて、いきなりの4失点…それでも続く2回は3者連続三振にきってとり、その後は安定したピッチングを見せてくれました。

打つ方では、ファイターズらしい“つなぐ打線”が健在でした。2回、稲葉・小谷野が連続ヒットで出塁すると、中田翔のフォアボールのあと、鶴岡・飯山・坪井にタイムリーが飛び出し、この回一気に5得点!“つなぐ打線”は今年も健在のようです。

それにしても鶴岡は打撃が絶好調です。昨日の紅白戦で2打数2安打、今日も2打数2安打。梨田監督は今日もまた「明日の天気が心配…」と冗談まじりでしたが、高く評価していました。

ちなみに腰の張りのため、昨日の紅白戦に出場しなかった金子誠は、大事をとって今日も試合には出場しませんでしたが、試合前の練習には普段通り参加していました。そんなに心配はいらないようです。


2010年02月20日(土) |  「好天の下、紅白戦。捕手陣アピール合戦」
2010年02月22日11時01分13秒更新

沖縄・名護キャンプ16日目 晴れ 18℃ 観客2千人 担当・川畑

きょうは2軍のキャンプ地・国頭での紅白戦。
このキャンプ初めてか?というくらいの好天に恵まれました♪

この日、目立ったのは捕手陣。
紅組の先発・大野が先制の本塁打を放てば、白組先発の鶴岡は2打数2安打。
9回には、白組途中出場の今成にも2点本塁打が飛び出しました。
守備でも、3人全員が盗塁を刺すというアピール合戦。
試合後の梨田監督は「普段は打たない捕手陣があんなに打って、明日の天気が心配だよ」と、
冗談を飛ばしていましたが、高いレベルでの競争に満足そうでした。

投手陣では、2軍で調整中の新人・増井が2回を1安打無失点。
最速147キロを計時し、3つの三振を奪うという好投で、
先発候補の1人に名乗りを上げました。

なお中田は9回に、10打席ぶりの安打となる2塁打を放ち、
今季初実戦の田中賢は2打数0安打でした。

ちょっと心配なのは、先発出場予定だった金子誠が腰の張りのため、出場を回避したこと。
1,2日様子を見るとのことですが、大事に至らないことを祈ります。

ちなみにこの日、1000席ある内野スタンドは超満員で、立ち見客で溢れていました。
また紅白戦では異例の「奪三振賞」や「本塁打賞」があり、
三振を奪った投手には地元酒造会社から泡盛が、
本塁打を放った選手にはタンカンが贈られていました。
ほのぼのとした雰囲気で、良い試合でしたよ。


2010年02月18日(木) |  [ダル初登板。大丈夫?」
2010年02月22日10時59分33秒更新

沖縄・名護キャンプ15日目 曇り 11℃ 観客300人 担当 川畑

きょうも韓国のチームを名護に迎えての練習試合。
きのうと同じく、投手陣の実戦不足を解消するため、11回制での試合を予定していましたが、11℃という今キャンプ一番の低温に、9回制に変更。

注目のエース・ダルビッシュは、2回を投げて、被安打3、与四球3、3失点というちょっと心配な内容。ただ本人は「マウンドがぬかるんでいたし、この低温。疲れもたまっていた中で、変化球も試せたし、調整自体は順調です」と問題ないことをアピール。
「他球団のスコアラーには、今年のダルビッシュは悪いと思ってもらえればいい」と不敵な笑いを浮かべるなど、余裕たっぷりの様子でした。

きょうはこの他、八木が3回3失点。江尻は1回3失点など、全般に投手陣は低調。
そんな中、2軍から参加した2年目左腕、土屋が2回で4つの三振を奪う好投を見せ、梨田監督も、一軍での中継ぎ候補として高く評価していました。

打線では、途中出場の村田選手が、2打数2安打に1四球で、3打席すべて出塁し、盗塁2つを決めるなど、外野の1軍枠争いに猛アピール。
一方の中田選手は3打席すべて初球打ちで凡退。飛球を打ち上げて、1塁に走らない打席があるなど、課題を残した試合でした。


2010年02月17日(水) |  「ひさびさの実戦。収獲大!」
2010年02月19日09時24分17秒更新

沖縄・名護キャンプ14日目 曇り 15℃ 観客400人 担当 川畑

きょうも朝から曇り空。時折、雨粒が落ちるあいにくの天気でしたが、韓国のLGツインズを迎えての練習試合は、予定通り行えました。

投手はカーライル、ケッペルの両外国人右腕が、2回をそれぞれ本塁打1本による1失点ずつ。梨田監督は「どちらも先発を任せるのに十分な投球を見せてくれた」と安心した様子。
特にケッペルは最速148キロを計時し、かなり期待できそうです。

さらに同じく実戦初登板の、ベテラン・木田投手は、1回を3者連続三振!
先日の紅白戦で好投し、ニ軍から呼ばれた松家投手も、1回を投げて、死球1つの他はすべて三振!レベルの高い1軍枠争いが続いています。

野手陣では、陽選手が逆転2点本塁打を含む3打数2安打。一方の中田選手は4打数1安打。
梨田監督は「守備の安定度まで考慮すると、レフトのレギュラー争いは、現時点では陽選手が一歩リード」との評価でした。

なお、稲葉、金子誠、二岡のベテラン勢も、それぞれ2打席ずつですが今季実戦初登場。
二岡選手が、初打席に適時ニ塁打を放っています。

明日はいよいよダルビッシュ投手が実戦初登板。
坪井選手が、関口選手に代わって一軍合流という発表もありましたよ。


<< [1] [2] [3] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト