今月
2018年09月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
アーカイブ
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:2011年10月(11件)
<< [1] [2] >>

2011年10月22日(土) |  27日ごご8時から ファイターズ緊急特番
2012年02月07日13時29分38秒更新

10月22日(土)フェニックス・リーグ@宮崎 担当:ヒロノブ

 決戦を前に、調整を続けるファイターズの選手たちを追って、九州・宮崎にやってきました。18日にレギュラーシーズンを終えたあと、ファイターズの選手たちは、若手を中心に続々と宮崎入りしています。それは、ここ宮崎に、国内12球団のほか、韓国プロ野球のチームも参加する教育リーグ=フェニックスリーグが開催されているからです。宮崎県の各地で毎日のように試合が行われ、ファイターズの選手たちも、このリーグで、試合の感覚を磨いているのです。
 中でも注目は、左足首の骨折から復帰したばかりの田中賢介選手…。22日の試合では、1番セカンドで先発出場し、ヒットこそなかったものの、難しいゴロを素早くさばいて、ダブルプレーを打ちとるなど、賢介選手らしいプレーをみせてくれました。なんとか、クライマックスシリーズに間に合わせてくれることを期待しましょう。
 このほか、中田選手や陽選手など、若手レギュラー陣も、宮崎入りしています。22日は先発投手の武田勝投手と斎藤佑樹投手が登板し、武田勝投手は3回無失点、斎藤投手も4回2失点ながら、力のあるボールを投げ込んでいました。
 ここ宮崎は、22日の最高気温は26.9度と、夏を思わせる陽気となり、私もたった1日で、すっかり日焼けしてしまいました。クライマックスシリーズに出場する選手たちは26日に北海道にもどりますが、きっと、真っ黒に日焼けした精悍な姿で西武との決戦を迎えることになるでしょう。
 HBCテレビでは、そのクライマックスシリーズ直前の27日(木)ごご8時から、緊急特番「日本一奪回へ!!ブラボー!ファイターズ 決戦直前スペシャル」を放送します。番組では、田中賢介選手の最新情報のほか、ガンちゃんこと岩本勉さんが、梨田監督と稲葉選手にクライマックスシリーズの必勝法を直撃した独占インタビューもお伝えします。どうぞ、お楽しみに。


2011年10月16日(日) |  ホーム最終戦
2011年10月23日19時48分22秒更新

10月16日(日)日本ハム×楽天@札幌ドーム(14:00) 担当:くり

きのうのオリックス戦、2回に二塁へ気迫のヘッドスライディングを見せた稲葉選手。
今季20度目となる完封負けを喫したゲームの中で唯一の見せ場を作りました。しかしヘッドスライディングをした際に右手小指の付け根を痛めてしまい、今日の練習前に病院へ向かいました。診断結果は右手小指MP関節の捻挫。骨には異常はないそうですが腫れがひどく試合には出られない状態です。「腫れがひけば問題ないと思う。せめて打席には立ちたかった」と話す稲葉選手ですが、ここは無理をせずにクライマックスに照準を合わせて治療に専念してもらいましょう。今日はキャプテンの分まで若い選手が頑張って有終の美を飾ってくれるに違いありません。


2011年10月15日(土) |  今シーズン あと3試合・・・
2011年10月23日19時47分24秒更新
10月15日(土)日本ハム×オリックス@札幌ドーム(18:00)担当:よし
 
 今シーズンも今日を含めて、残り3試合・・・。クライマックスシリーズへ向けて、徐々に選手たちも緊張感が高まってきているようです。クライマックスシリーズでも重要な場面で、リリーフ登板が予想される増井、宮西両投手に話を聞いたところ、増井投手は「自分自身、初めてのクライマックスシリーズになるが、シーズン中と変わらない全力ピッチングで相手を抑えたい!」。一方、2年前のクライマックスシリーズを経験している宮西投手は「前回のクライマックスではふがいないピッチングをした。今回は、その悔しい思いをぶつけていきたい」とリベンジに向けて準備は万全のようです。
 昨日の試合では、若手中心ながらもオリックスから8点を奪い、打線も復調傾向と、着々とクライマックスシリーズへ準備が整ってきたファイターズ!きょうもオリックスから勝利を収めて、更に勢いを加速して欲しいところです!

2011年10月14日(金) |  クライマックスシリーズ1stステージ 前哨戦!
2011年10月23日19時46分22秒更新

10月14日(金)日本ハム×オリックス@札幌ドーム(18:00)担当:よし

 クライマックスシリーズ進出へ向けて、まさに瀬戸際のオリックスと対戦するファイターズ!4位・西武とは1.5ゲーム差と熾烈な進出争いを繰り広げるオリックスは、クライマックスシリーズ1stステージでも対戦が予想される相手だけに、今日の試合は負けられません!
 稲葉、糸井などの故障組は、クライマックスシリーズに向けてスタメンからは外れてはいますが、梨田監督も「今まで2人には無理をしてもらったから、ここで休んでもらいたい。故障者は多いが、3位狙いで来るオリックスに意地を見せたい」と、クライマックスシリーズを見据えた戦いが繰り拡げられそうです。
 今日を含めて残り4試合。決して消化試合ではなく、クライマックスシリーズへ向けた重要な戦いが続きます!


2011年10月13日(木) |  10月13日(木)日本ハム×ソフトバンク@札幌ドーム(18:00) 担当:くり
2011年10月23日19時45分20秒更新
きのうオリックスに引き分けて2位通過を決めたファイターズ。きょうはソフトバンクとクライマックス前哨戦です。ファイターズが日本一になるためには必ず倒さなければいけない相手。どんな戦いになるのか注目です。今シーズン初登板となる先発の矢貫に対して梨田監督は「この前のファーム選手権では良いピッチングをしていた。若くはないけど上背を生かして攻めるピッチングに期待したい」と話しています。クライマックスシリーズ、そして日本一奪回へ弾みをつけるためにも今日は何としても勝ちたいところです。試合の模様はHBCテレビで生中継でお伝えします。ぜひご覧ください!

2011年10月11日(火) |  ダルでCS進出を決める!
2011年10月23日19時53分24秒更新

10月11日(火)日本ハム×西武@札幌ドーム(18:00) 担当:くり

勝てば2年ぶりのクライマックスシリーズ進出が決まるファイターズ。3位のオリックスとは現在4ゲーム差離れており、オリックスが残り5試合を全勝したとしても、ファイターズは残り7試合で2勝すれば2位通過が決定します。きょうの先発ダルビッシュは打線の援護に恵まれず、ここ6試合で1勝しかしていません。中村、フェルナンデスといった一発のある西武打線に対して梨田監督が「最低でも3点は援護したい」と話すように、いくらダルビッシュと言えども1、2点の援護では負担が大き過ぎます。打線の援護があれば、必ずエースがクライマックス進出を決めてくれるはずです!久しぶりにビッグイニングが見たい〜!


2011年10月10日(月) |  ファイターズは涌井に強い!
2011年10月23日19時43分15秒更新

10月10日(月)日本ハム×西武@札幌ドーム(14:00) 担当:くり

きょうは武田勝VS涌井の投げ合い。相手は5年連続2ケタ勝利の涌井ですが、今季はここまで8勝12敗と決して本調子とは言えません。ファイターズ相手には5試合に登板して1勝3敗、防御率4.94と打ち込まれています。対涌井の成績では稲葉3割5分7厘、スケールズ3割7分5厘、糸井4割6分7厘と非常に相性が良く、中でも杉谷はプロ初安打を含む6打数4安打で打率.667と大当たり。それでも梨田監督は「涌井の力を考えると今シーズンはそんなに状態は良くない。でも今日がどうかはわからない」と警戒を強めています。西武も3位オリックスに2ゲーム差に迫り、CS進出をかけて死に物狂いで戦ってくるはずです。しかし勝つのはファイターズ!きょう勝ってCS進出決定だ!


2011年10月09日(日) |  きょう勝てば、クライマックスシリーズ進出!
2011年10月23日19時42分13秒更新

10月9日(日)西武戦@札幌ドーム 14時プレーボール 担当:ヒロノブ

 8日は、西武との接戦をものにしたファイターズ…、きょう勝てば、クライマックスシリーズ進出が決まります。厳しい戦いが続きますが、勝ち負けを意識するのではなく、「まず、ファイターズらしい野球に集中してほしい」、そう、思います。
 8日のファイターズは、中田選手が貴重なタイムリーヒットをうち、1対0で勝利しましたが、試合は、どちらに転んでもおかしくない展開でした。特に8回表の守りは、バント処理のミスもあって、ノーアウト2塁1塁のピンチを迎えましたが、この場面で、今度は、西武の選手がバントを失敗し、ここが勝負の分かれ目となりました。
 でも、ミスをおそれていては、何もできません。「ミスをした方が負ける」なんて、当たり前のことは言いたくないのです。どちらのチームも、クライマックスシリーズの進出をかけて、極度の緊張とプレッシャーの中で戦っています。8日の試合後、西武のベンチ裏では、大きな声を出して、悔しさを表現する選手の姿がありました。渡辺監督は「ミスを悔やんでも仕方がない。反省はしながら、あすに向かっていかないと…」と言葉をふりしぼっていました。西武も必死です。そんなチームを上回るには、ファイターズらしいのびのびとした、積極的なプレーが求められているのです。
 9日の試合前練習では、稲葉選手がノックバットを持って、ノックをする姿が見られました。ただ、その打球はほとんどがフェンスオーバー…、そう、稲葉選手がやっていたのは、守備練習のためのノックではなく、打撃のきっかけをつかむためのものでした。気が付くと、今度は、中田選手も、ノックバットを持って、フェンスオーバーを狙っています。ところが、こちらはファールフライが精いっぱいで、飛距離をかせぐことができません。それでも、先輩の練習を見て、きっかけをつかもうとする中田選手の姿に感心しました。そんな、ファイターズらしい「考える野球」が、この厳しい戦いの中で、引きつがれていのです。
 9日の予告先発は、ファイターズが中村勝投手、西武が菊池雄星投手と、高卒2年目の“同級生”、しかも、2009年のドラフト1位同士の顔合わせとなりました。果たして、どんな投げ合いがみられるのか…、そして、稲葉選手や中田選手がどんな援護をしてくれるのかが楽しみです。この試合は、試合開始から終了まで、HBCラジオで完全中継します。


2011年10月05日(水) |  エースで連勝、そして20勝へ!
2011年10月10日12時21分11秒更新

10月5日(水)日本ハム×楽天@札幌ドーム(18:00) 担当:くり

8月21日のオリックス戦以来、44日ぶりに札幌ドームで勝利したファイターズ。6カードぶりの連勝&勝ち越しをかけて、今日はエース・ダルビッシュが登板します。楽天には今シーズン5試合に登板して3勝1敗、防御率1.10とパ・リーグ球団の中では一番抑えている相手です。ここまで奪三振はリーグトップの252、勝利数17と勝率.773もリーグトップタイ。防御率はリーグ2位の1.42と驚異的な数字を残していますが、自己最多勝利を更新するためには打線の援護が欠かせません。梨田監督も「うまく打線の援護があれば20勝していてもおかしくない。ダルビッシュの時は早めに先制して、最低でも3点以上は援護したい。」と、野手陣に対して3点以上の援護点をノルマに課しました。おそらく今日を含めて残り3試合の登板が予想されるダルビッシュ、すべてに勝利すれば20勝到達です。現実味を帯びてきた大台に向けて、今日も異次元の投球を見せてくれるでしょう。


2011年10月04日(火) |  リンゴパワーで勝利!?
2011年10月10日12時20分09秒更新

10月4日(火)日本ハム×楽天@札幌ドーム(18:00) 担当:くり

今日の試合前、豊平区の環状通にあるリンゴ並木で収穫されたリンゴが梨田監督に贈呈されました。実が色づく前にシールを貼ったリンゴには、ファイターズのロゴや選手の背番号がくっきりと浮き出ています。リンゴの贈呈は今年で8回目。リンゴを贈呈した日の過去の成績は4勝2敗1分と勝率は6割を越えています。受け取った梨田監督も「いただいた時の勝率が良いので、チーム状態は良くないですけど今日は勝ちたい」と勝利を約束。残り13試合のうち11試合が札幌ドームとファイターズに地の利はあります。ファンの後押しをうけて、そしてリンゴパワーで勝利だ!


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト