今月
2018年10月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
       
アーカイブ
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月
2018年08月
2018年07月
2018年06月
2018年05月
2018年04月
2018年03月
2018年02月
2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月
2017年08月
2017年07月
2017年06月
2017年05月
2017年04月
2017年03月
2017年02月
2017年01月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年09月
2016年08月
2016年07月
2016年06月
2016年05月
2016年04月
2016年03月
2016年02月
2016年01月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年09月
2015年08月
2015年07月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年04月
2011年03月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
ページ内検索

RSS
『RSSで最新投稿を配信中!』
   表示:2013年09月(7件)
<< [1] >>

2013年09月26日(木) |  目標設定
2014年03月05日14時00分49秒更新
20130926

日本ハム×ロッテ 担当:善ハム

日本ハムの優勝は消滅。CS進出も極めて厳しい情勢。でも、まだ消滅したわけではなく残り9試合という状況。

25日、ヒーローインタビューを担当した。最後はたいてい、「優勝へ向けて」とか「CS進出へ向けて」一言・・・というのがパターンになっているが、それは言えず、「それぞれファンのみなさまへ一言」という質問になってしまった。
ある選手からは「準備はもちろんするが、なかなか目標設定が・・・」という声も。

そんな中、26日、栗山監督は「ここからは若い選手にチャンスを。メンバーも日替わりでガッツガツ替える」と“来季へ向けて”戦っていくことを言葉にした。
でも、それでいい気がする。”中途半端”が一番気持ちが悪い。割り切れた方が力が発揮できる気がする。
それぞれ、どんな目標を設定してプレーするのか。注視していきたい。


2013年09月24日(火) |  今こそ倍返しだ!
2013年09月27日17時18分07秒更新
20130924

日本ハム対ロッテ(札幌ドーム)  担当:松

番記者日記をご覧の皆さま、
ちょっと気が早いですが、
今年の“流行語”は何だと思いますか?
すぐに思い浮かぶ言葉といえば…
“今でしょ!”
“じぇじぇじぇ”  そして…
“倍返しだっ!!”  ですよね。
皆さんご存知、HBCテレビで放送していたドラマ
「半沢直樹」の名セリフです。
おととい22日が最終話でしたが、
東京では、40%を超える高い視聴率でした。
多くのファイターズ選手も、
このドラマを見ていたそうで、
選手にインタビューすると、
至るところで“倍返し” の
言葉が出てきます。
栗山監督の口からも
“倍返し”が出てくることもありました。
チーム状況が本当に苦しいなかで、
流行しているこのコトバは、
いま最も心に響いているのは、
監督や選手たちなのかもしれません。
残り11試合、“有言実行”に期待しましょう。
そして、私たちも“倍のチカラ”で応援しましょう。


2013年09月21日(土) |  僕も元気です!
2013年09月27日17時15分53秒更新
20130921

日本ハム対楽天(札幌ドーム)  担当:松

「オレは元気だよ!」
栗山監督が、試合前の会見で
開口一番に言いました。
「報道陣が下を向いていたら、
雰囲気も暗くなるよ!」
ごもっともです…
敵地での連戦をこなして札幌に帰り、
すぐに連戦に臨むハードスケジュールですが、
きょうも、小谷野選手や若手選手が、
早出でグラウンド入りして、練習に取り組んでいました。
連覇の夢は叶いませんでしたが、
クライマックスシリーズ進出は、
選手誰ひとり諦めていません。
諦めない姿を、ファンの皆さんに
お伝えしなければならない、
私たちが意気消沈していては…
HBCテレビは、あす(22日)あさって(23日)、
25日と中継を組んでいます。
“ひたむきに” 
今シーズンのチームスローガンどおり、
諦めず、ひたむきにボールを追い続ける選手たちを、
ぜひ札幌ドームで、テレビの前で、ラジオの前で
応援して下さい。


2013年09月12日(木) |  DJ INABA
2013年09月27日17時13分53秒更新
20130912

日本ハム対オリックス(札幌ドーム)  担当:松

I’m proud          
DEPARTURES      
恋しさと切なさと心強さと  
ロマンスの神様        
Choo Choo TRAIN
悲しみは雪のように
サンキュ         
その他 たくさん…
きょう(12日)の試合前に
グラウンドに流れたBGMです。
1990年代にヒットしたJ−POPの名曲ばかり。
アラフォーの番記者にとっては、
青春ソングそのもの…ナミダものです。
“DJ”といいますか、仕掛け人はやっぱり、
アラフォーの星 稲葉選手(41歳)でした。
昨夜の試合後、書店に立ち寄ったときに買った
CDを持ってきたそうです。
「いつもの英語の曲より良いかなと思ってね。
口ずさめるしょ♪ 
でも翔平(大谷選手)には分からないか(笑)」
アラフォーDJのおかげで、
グラウンドの雰囲気は和やかでしたが、
若いチームらしく
ジェネレーションギャップもありました。
大野捕手(26歳)は、
TUBEの“夏を抱きしめて”がかかった時、
「メッチャ、いい曲だよ!」と、
20歳の近藤捕手にオススメしていましたが、
キョトン顔…
90年代というよりは、80年代が青春の
大塚コーチ(46)は、
「僕はプロ野球選手になって、
中森明菜さんとデートすることが夢だった」と
20数年前に思いをはせました。
「気つかってるんだよぉ(笑)」
稲葉選手がボソッとささやいた言葉です。
連勝でノッているファイターズですが、
もっともっと勝機を高めようと努める
兼任コーチの稲葉選手。
DJ兼任も、まだまだ続きそう?です。


2013年09月10日(火) |  ワイルドでしょ
2013年09月27日17時10分51秒更新
20130910

日本ハム対オリックス(札幌ドーム)  担当:松

調整とコーチ業に専念していた稲葉選手が、
おととい出場メンバーとして再登録されて、
北海道に帰って来ました。
グラウンド入りした稲葉選手の表情を撮影した
Bravo!ファイターズのカメラマンは、
「あっ!」と、声をあげました。
「ヒゲ、はえてるっ!!」
稲葉選手が、あごにヒゲをたくわえて
やって来たのです。
爽やかさがトレードマークの稲葉選手ですが、
ヒゲをたくわえると、さらに男らしさが加わって、
番記者(♂)が見ても、羨ましいカッコ良さです。
ファッションなのか、
ゲン担ぎなのか、
相手チームへの威嚇なのか… 
稲葉選手に理由をたずねると、
「ダンディな男を目指そうと…
どぅ?ワイルドでしょ(笑)」 との回答が…
稲葉選手。もう充分、ダンディですから…
野球とファッションに飽くなき情熱を注ぐ
稲葉選手を見て、
アラフォーの番記者も老け込んではいられないぞと、
たるんだお腹に話しかけました。


2013年09月04日(水) |  第2のホームタウンで
2013年09月27日17時08分35秒更新
20130904

日本ハム対ソフトバンク(東京ドーム)  担当:松

左手のけがで、戦列を離れている中田選手は、
2軍施設のある千葉県鎌ヶ谷市で調整しています。
この日、2軍は、となりの埼玉県で試合があるため、
鎌ヶ谷にはいなかったのですが、
それでも、多くのファンが鎌ヶ谷スタジアムに訪れていました。
「中田選手に早く復活してほしいから」
「翔の力が必要だから…」
多くのファンが、そう答えました。
独り黙々と治療に専念する
中田選手を励まそうと、鎌ヶ谷市に住む人が、
特産の梨を差し入れしました。
照れながらも喜んでいた中田選手、
大きな梨がたくさん入った袋を“右手”に持って行きました。
鎌ヶ谷の梨は、蜜が詰まった大きな果実が特長。
それなりに重たく、器具で固定している“左手”では
まだ持ち運ぶことはできませんが、
第2のホームタウンで、
温かい励ましをもらった中田選手の
けがが癒えるスピードは、
どんどん早くなると感じました。


2013年09月04日(水) |  ホームタウンにて
2013年09月27日17時05分38秒更新
20130903

日本ハム対ソフトバンク(東京ドーム)  担当:松

第2のホームグラウンド、東京ドームに戦いの場を移したファイターズ。
連敗で、チームの雰囲気は沈んでいるかと思いきや、
この日は、どの選手も明るく練習に取り組んでいました。
これも、ホームグラウンドだからでしょうか。
出場メンバーには入っていないものの、
チームに帯同してコーチを務めている稲葉選手は、
4日、大野選手にマンツーマンで
"早出特打"(早く球場入りしての打撃を特訓)を
指導しました。
崖っぷちからはい上がるためにも、
稲葉選手の早い復帰が待たれますが、
まずは今、チームを支えている若手が
奮起しないことには始まりません。
稲葉選手は、どこの球場に行っても、
早出練習を欠かしません。
若手は、その背中を見て、
一緒に早出をして練習に励んでいます。
稲葉選手は以前、
Bravo!ファイターズのインタビューで、
「若手の視線が刺激になる、
恥ずかしいプレーはできない」と話していました。
41歳の稲葉選手も、
若手とともに切磋琢磨、競争しています。
チーム内の競争が、
相乗効果でチームの強さにつながる。
栗山監督の理想像です。
選手たちのたゆまぬ努力が、
必ず実を結ぶと信じるばかりです。


<< [1] >>

TOP(全件表示)



スポーツ番組サイト