ページ内検索

   表示:全て(607件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2017年04月15日(土) |  JA新はこだて 知内ニラ@白身魚の刺身ニラソース
2017年04月14日18時27分27秒更新

中華料理のトップシェフ、
「赤坂四川飯店」のオーナー、
陳 建太郎さんに知内町のニラを使った、
家庭でも簡単にプロの味が出せる、
お手軽レシピを披露していただきます!

陳さん
「刺身に使えるニラのソースです。
 そこに中国料理ならではの
 お家でも真似できるテクニックを加えるだけで
 ニラの風味がブワッと立ちます」



【白身魚の刺身ニラソース】

<材料>
タイの刺身 1サク
ニラ         2束

酒  小さじ2
油  大さじ8
 
調味料A 
しょうゆ 大さじ6
ゴマ油  大さじ1
オイスターソース 小さじ4
砂糖  小さじ1
コショウ 少々


●飾り野菜 
ダイコン 適量
ニンジン 適量
キュウリ 適量


<作り方>
1)ニラは食感を良くするために、
 根元の硬い部分に切り込みを入れてから、
 細かく刻んで耐熱皿へ。
 そこに、紹興酒、または料理酒をかけて、
 軽く馴染ませます

2)小さめのフライパンで油を高温に熱する

陳さん
油を200℃くらいまで熱します!!
 ふわーっと白い煙がたってきますから。
 そこまで熱すると、さらっとなります。
 逆に温度が低すぎると
 ベチャッとしたソースになっちゃいます」


3)熱した油をニラに少量回し入れます。

ジュジュジュジュ…

陳さん
「この音です!一回入れたら…
 (また入れます)」
 
ジュジュジュジュ…

途中で混ぜながら全体にかける。


「いい香り〜!!」

4)香りを閉じ込めるために
 すぐにラップをして少し蒸らす。

5)調味料Aを合わせて、Bのニラ油に
 よく混ぜてニラソースを作る


6)刺身を器に盛り、千切りにした飾り野菜を添え、
  タレをかけて完成♪


中華料理のトップシェフが作る、
ニラを使った絶品料理。
まずは「白身魚の刺身ニラソース」から
いただきます。

北島さん
「和風のしょうゆと全く違う!美味しい」

リーダー
「タイのあま味が強く感じますね。
 しょうゆつけるより3ステージ上がった」

陳さん
「冷蔵庫で保存がききますので
 時間が経つとニラの香りに奥行きが増す!」


「油をたくさん使ったのにあっさりしてる」

陳さん
「200℃まで上げないとベチャベチャに…」


2017年04月15日(土) |  JA新はこだて 知内ニラAニラ入り麻婆豆腐
2017年04月14日18時27分46秒更新

陳ファミリー直伝の麻婆豆腐が家庭でも!
2品目は四川料理の代名詞とも言える麻婆豆腐に、
ニラをたっぷり加えた「ニラ入り麻婆豆腐」を
作っていただきます!



【ニラ入り麻婆豆腐】
<材料>
ニラ         100g
絹ごし豆腐 300g
豚ひき肉 100g
長ネギ(白い部分)10cm
 
塩 適量
油 適量
 
水溶き片栗粉 大さじ2
(片栗粉と水を1:1で溶いたもの) 

調味料A 
トウバンジャン 大さじ1
テンメンジャン 大さじ1/2
おろしニンニク 小さじ1/2
 
調味料B 
中華スープ 140cc
酒 大さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2
コショウ 少々


<作り方>
1)絹ごし豆腐は1.5cm角にカットし、
 塩を加えた湯で下茹でする。
 長ネギはみじん切りにする

2)ニラは、斜めに1cm程度の大きさに
  カットするのですが、
  香りを引き立たせるためのワンポイント!

陳さん
「サッとうま味が抜けない程度に洗う!
 切ってから洗うんです
  香りがより立つんです」

少し、ぎゅっぎゅと押し洗いして水を捨てます。


3)フライパンに油をなじませ、豚ひき肉を炒めて
  パラパラになったら、一度火を止めて
 調味料Aを加え、
 弱火で香り良く油が透き通るまで炒める

4)Bに調味料Bを加える。

陳さん
「調味料の香りがたってからスープを入れます。
 市販のもので結構です!」


5)絹ごし豆腐を加えて弱火で煮込む

6)ニラと長ネギを加える

7)火を止めてから、水溶き片栗粉を少量づつ
 回し入れながら、お玉の丸い部分を使い、
 豆腐が崩れないようにゆっくりと混ぜる

陳さん
「とろみをつける時にダマになるのは
 火にかけてボコボコしている時に入れるから
 固まっちゃうんですよね。
 全体に片栗粉が行き渡ったら…」

リーダー
「ここで再度火をつけるんだね。
 これは覚えておきたい!!」


8)ほどよいとろみがついたら火をつけ、
 油を加えながらしっかりと片栗粉に火を通し
 全体に艶が出たら器に盛って完成♪

続いては、「ニラ入り麻婆豆腐」。
食欲をそそる麻婆豆腐は、
ごはんにのせていただきます!

北島さん
「ニラがたっぷりで香りがすごい!
 おいしい〜!!」

リーダー「うまいっ!ニラうめえ」

森「ニラと辛味がよく合う!」

陳さん
「知内町の【北の華】ならでは!
 しっかり火を通しても
 サッと炒めても食感が活きる」


2017年04月01日(土) |  JA斜里町 てん菜レシピ@キャラメル・サレ
2017年04月03日10時55分55秒更新

トップパティシエの高木シェフに、
家庭でも手軽にできる「グラニュー糖」を使った、
本格スイーツを作っていただきます。

高木シェフ
「塩キャラメルです。
 砂糖が変化すると、こんなに美味しくなる!
 というのをレクチャーしたいと思います」



【キャラメル・サレ】

<材料>
グラニュ糖 ……200g
水あめ    ……  25g
牛乳    ………  50g
生クリーム    …… 40g
塩         ……………2g
バター       ……    30g
ハチミツ       ……    6g
くるみ       ………  20g


<作り方>
1)くるみ以外の材料を鍋に入れる

2)混ぜながら火にかけて煮詰める

ここで重要なポイントが!

高木さん
119℃まで煮詰めます!」


高木さん
119℃がキャラメルの柔らかさになる
 絶妙なポイントなんです!」

3)119℃になったら、バットにあけて
  お好みで砕いたクルミを入れる

4)冷蔵庫で冷やして固まったら
  一口大に切って完成。

森アナ
おいひいいい〜♪
 甘さが上品!まろやかに口に広がる」

高木シェフ
「グラニュ糖でキャラメルを作って
 ビックリしましたね。 
 甘さが非常に優しい」

森崎リーダー
「あれだけの砂糖が入っていますけど
 ふんわり消えていく…いい砂糖だなあ」


2017年04月01日(土) |  JA斜里町 てん菜レシピAフロマージュ・クリュ
2017年04月03日10時55分37秒更新

【フロマージュ・クリュ】

高木さん
「柔らかいチーズケーキです」



<材料>
●スポンジ
卵黄 20g
卵白 50g
グラニュ糖 40g
薄力粉 50g
粉砂糖 適量

●マンゴーソース
マンゴーピューレ 180g
にんじんジュース 120g
グラニュ糖 適量
ゼラチン   6g

●クリーム
クリームチーズ  400g
マスカルポーネ   70g
生クリーム(35%)130g
グラニュ糖   60g
ゼラチン    3g
レモン果汁   10g
 
●シロップ 
白ワイン 100g
レモン果汁 12g
グラニュ糖 25g
 
●トッピング
チルドマンゴー 適量
ピスタチオ刻み 適量


<作り方>
1)スポンジの卵白を泡立て、
 2回に分けてグラニュ糖を加えて、
 しっかり泡立てる


高木シェフ
「卵白を泡立てるんですが、肝心要なのが砂糖。
 まず立ちきってないところで、
 一度砂糖を加えます。
 そして先ほどよりも、しっかり細かい泡に
 変化してきたと思うんですが、
 卵白のボソボソ感を抑制してくれる砂糖の働き。
 一度卵白を半分ぐらいまで立ててから
 砂糖を少しずつ加えていくと、
 比較的失敗なく、ふわっとします」

2)@に卵黄を加えて混ぜ、
 ふるいにかけた薄力粉を加えてさらに混ぜる

3)鉄板にクッキングシートをひき、
 生地をしぼりで一口大の大きさにしぼる

4)Bに粉砂糖をふり180℃のオーブンで約7分焼く

お次はマンゴーソースです。

5)マンゴーピューレとにんじんジュースを
  合わせてお好みでグラニュ糖を加える

6)ゼラチンを5倍の水でふやかしてDに加え、
 氷を入れたボウルに重ねて冷やしながら混ぜ、
 冷蔵庫で冷やす。


お次はクリームソース。

7)クリームチーズとマスカルポーネを混ぜる

8)ゼラチンを5倍の水でふやかして、
  レンジで少し温めた生クリームに加えて溶かす

9)GをFに少量づつ加えて混ぜ、
 グラニュ糖とレモン果汁を加えて混ぜる

10)シロップの材料を合わせておく


11)焼きあがったスポンジをシロップにくぐらせ、
 EとHはしぼりに入れ、層になるようにカップに盛り付ける

12)トッピングの材料を飾って完成


森崎リーダー「おしゃれ〜♪」

水野さん
「美味しいです!甘酸っぱい感じ♪」

平田さん
「甘すぎず、さっぱり食べられます」

森崎リーダー
「あと2〜3個いけるなあ。めちゃ旨かった!」


2017年03月25日(土) |  こうじレシピ@塩こうじ
2017年03月24日08時08分51秒更新

「里平 食楽カモミールの会」のみなさんに
こうじ料理を教えていただきましたよ。

まずは、生こうじで作る「塩こうじ」です。



【塩こうじ】

<材料>
生こうじ 200g
塩  60g
水  200cc


<作り方>
1)生こうじをパラパラにして
 塩を加えてよく混ぜる

2)炊飯器に@を入れる

3)水を加え、フタをして7時間保温する

あっと言う間に完成です♪

森崎
「うーん。しょっぱいね〜
 とろけていくうちに
 あま味がでてきましたよ」

【しょうゆこうじ】
<材料>
生こうじ200g
醤油 200cc

<作り方>
1)生こうじをパラパラにして
  醤油を加えてよく混ぜる
2)炊飯器に@を入れ、
 フタをして7時間保温する


2017年03月25日(土) |  こうじレシピAしょうゆこうじのドレッシング
2017年03月24日08時09分05秒更新
【しょうゆこうじのドレッシング】
  
<材料>
醤油こうじ 大さじ3
オリーブオイル 大さじ3
酢     適量
ハチミツ 適量
ゆず(顆粒) 適量


<作り方>
1)ボウルに全ての材料を入れて混ぜたら完成

【ゆで卵の塩こうじ漬け】
<材料>
卵  5個
塩こうじ 大さじ1.5

<作り方>
1)茹でた卵の殻をむき、袋に入れる
2)塩こうじを加えて全体になじませ、
  丸一日冷蔵庫に入れて完成


ココロ
「ドレッシングがすごく美味しい。
 初めて食べるドレッシング。
 うま味が広がって味が濃くておいしい」

2017年03月25日(土) |  こうじレシピB塩こうじのジャーマンポテト
2017年03月24日08時09分20秒更新
【塩こうじのジャーマンポテト】
<材料>
ジャガイモ 2個(くし切りにして炒めておく)
タマネギ  1/2個(細切り)
ベーコン  50g(5mm角に切る)
塩こうじ  大さじ1 
黒コショウ 適量 
オリーブオイル 適量 


<作り方>
1)フライパンでオリーブオイルをあたため、
  ベーコンとタマネギを炒める
2)タマネギに火が通ったら、炒めておいた
  ジャガイモを加える
3)塩こうじ・黒コショウで味つけをして完成

ヒナタ
「ジャガイモが柔らかくておいしい♪」

2017年03月25日(土) |  こうじレシピC塩こうじの唐揚げ
2017年03月24日08時09分35秒更新
【塩こうじの唐揚げ】
<材料>
鶏もも肉 200g(一口大の大きさに切る)
塩こうじ 大さじ2 
ショウガ 1片(皮をむいてすりおろす)
米粉 適量 
片栗粉 適量 
油 適量 


<作り方>
1)ボウルに鶏もも肉・塩こうじ・ショウガを
 入れて混ぜ、冷蔵庫で1日漬けておく

2)米粉と片栗粉を同量で混ぜ、
 鶏もも肉にまぶす
3)あたためた油で揚げて完成

ココロ
「脂がめっちゃのっている。美味しい!」

森崎
「やわらかさは、どう?」

するとココロ。首を横にふり冷静に
「全然違います」


あまりの冷静なひとことに
みんな大爆笑!

森崎「全然ちがいます…」


森崎
「お肉がプリッとしています。
 柔らかいんだけど、しっかり弾力がある」

憧れ
「ビックリする!
 こんなに違うんですね」

2017年03月18日(土) |  ミルクラレシピ@ミルク南蛮漬け
2017年03月19日23時11分32秒更新

天使大学牛乳サークル
「ミルクラ」の皆さんが、
牛乳をふんだんに使った、
オリジナルのアイデア料理を
作ってくれました! 

まず1品目は、鶏の胸肉を揚げた
「ミルク南蛮漬け」。
作ってくれたのは徳正萌花さんです。



【ミルク南蛮漬け】

<材料>
鶏むね肉…250g

≪A≫
牛乳…100ml
酢…大さじ2
しょうゆ…大さじ2
砂糖…大さじ1

≪B≫
タマネギ…1/2個
カラーピーマン(赤・黄)…各1/2個
ピーマン…1個
ニンジン…4cm

小麦粉・油…適量


<作り方>
1)Aを混ぜ、合わせ酢を作っておく

2)Bの野菜を角切りにし、
  さっと下ゆでし、合わせ酢につける

3)小麦粉をまぶした鶏むね肉を油で揚げ、
  熱いうちにAに入れる


森崎
「酸味や辛味とか色々なうま味がある!」

憧れ
「しっかり牛乳の栄養があるんだよね」


2017年03月18日(土) |  ミルクラレシピAイワシのミルクつみれ汁
2017年03月19日23時11分43秒更新

そして2品目は、魚とミルクがコラボした
「イワシのミルクつみれ汁」。
調理担当は川原みなみさん。

【いわしのミルクつみれ汁】
  
<材料>
イワシ…4尾
塩…小さじ1/4
生姜汁…小さじ1
酒…小さじ1
卵白…2/3個

≪汁≫
出汁(和風だし)…360ml
牛乳…240ml
塩…小さじ1/3

長ネギ(細切り)…20g
ニンジン(拍子切り)…適量
シイタケ(千切り)…2個



<作り方>
1)イワシをさばき、皮と身に分ける
2)身を刻んで細かくする
3)いわしをボウルに移し、
  塩を加えて粘りが出るまで混ぜる。
  生姜汁、酒、卵白を入れて混ぜる。
4)出汁が沸いたら、
  ネギ・ニンジン・シイタケを入れ、
 スプーンでつみれを入れていく。
 (一人2個のつみれ)
5)つみれに火が通ったら牛乳を入れる。
6)塩で味をつけて一煮立ちさせたら完成

川原さん
「イワシって生臭いんですけど
 牛乳によって生臭さがなくなって
 食べやすいです」

森崎「乳和食ですか?」

川原さん
「乳和食です!牛乳を入れることによって
 コクをだし、塩分を減らすことが出来て
 体にいい感じです!」


森崎
「ミルクの風味とイワシのうま味が出ていて
 これはうまいねえ〜」

憧れ
「うわ〜染みわたるね。美味しい」

森崎「本格的な料亭の味です!」


<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)