ページ内検索

   表示:全て(628件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2017年07月08日(土) |  JA上川中央 米なすレシピ@ミートグラタン
2017年07月07日19時01分19秒更新
愛別産の米ナスを使ったお料理を
野菜ソムリエの資格を持つ
水谷さんの奥様・絵美さんに作って頂きました。


まず一品目は
【米ナスのミートグラタン】

<材料 2人前>
米ナス  一玉
チーズ  適量
ピーマン 1個
ミートソース缶 1本

<作り方>
1)米ナスを縦半分に切る。
 切り込みを入れ、中身をくり抜く。
 くり抜いた身に片栗粉をまぶす。
2)180℃の油で米ナスの外側と
 くり抜いた中身を揚げる。
3)くり抜いた中身とミートソースを
 混ぜ合わせる。
 (ミートソースは大さじ6〜7杯)

4)米ナスの外側(うつわ)にBを戻し入れ、
 チーズ、輪切りにしたピーマンをトッピング。

5)トッピングしたものをオーブンに入れ
 7〜8分焼く。

あずはミートソースグラタンを
いただきま〜す。

ホカゼ
「グラタンとナスが混ざって美味しい」

リーダー
「うーーーん。うまい!
 油・チーズと米ナスがあって濃厚な
 うま味に持ちあがってます」


リーダー
「カイトがまっしぐらですね…
 このスピードで完食です!!」

カイト「グラタン大好き♪」

リーダー
「そのグラタンとハンバーグどっちが好き?」

カイト「ハンバーグ!」 (即答)

森「勝てな〜い」

リーダー
「とにかくハンバーグに目がないカイトです」


2017年07月08日(土) |  JA上川中央 米なすレシピA玉子揚げ
2017年07月07日19時01分30秒更新

【米ナスの玉子揚げ】

<材料 2人前>
米ナス  一玉
卵  1個
揚げる用の油 適量 



<作り方>
1)米ナスを輪切りにする。
  大きければさらに半分に切る

2)溶き卵に米ナスをくぐらせる

3)180℃の油で表面が
  キツネ色になるまで揚げる。

4)お好みで南蛮味噌やポン酢をかける



「おいし〜い!南蛮みそと合いますね」


「普通のナスよりも食感が肉厚で
 ギュッギュッって噛みごたえがありますね」

ばくばくばくばく…

カイト「おいしい!」

もう真剣に食べています。


リーダー
「なんか…
 3日くらい何も食べていないの?
 すごい勢い…(笑)」

それくらい美味しいんですっ!!


2017年06月24日(土) |  JA新はこだて 江差こうれんレシピ@こうれん
2017年06月23日15時22分55秒更新
江差町でこうれんを作っている、
JA新はこだて江差支店女性部のみなさん。
そのリーダーを務める笠原幸子さんに、
詳しく作り方を教えてもらいました。


【こうれん(60枚分)】

<材料>
もち米 1升(1.5kg)
砂糖 125g
塩 15g
黒ゴマ 15g
お湯 450cc
片栗粉 適量


<作り方>
1)もち米をふかし、お湯を差しながらつく

跳ねっかえるもち米を木べらで
しっかり押さえていると…


「ちょっとずつ粘りが出てきましたね〜
 あーお餅だああ」


2)もちが出来上がる直前に、
 砂糖・塩・黒ゴマを加える

3)もちに調味料と黒ゴマが混ざる間に、
 もちをつまんで、伸び具合を見ながら
 お湯を少しづつ差して、
 もちが柔らかく伸びるようにする


4)つき上がったもちを片栗粉をひいた台に取り、
 1個30gくらいの丸もちにしてゆく

5)丸もちは片栗粉の上でのし棒を使い薄くのばし、
  円形に整える

6)すだれの上にのせ、2日程かけて
  天日乾燥させる(カンカンに固くする)

7)乾燥したこうれんを180℃位の油で
 1〜2分揚げる(こうれんが大きく膨らむ)

※C〜Dの工程は素早くやらないと、
 もちが固くなり伸ばしにくくなるので
 3〜4人で協力して作業しましょう


<完成したこうれんを揚げる>
生地を揚げる油の温度は180度から200度くらい。
薄い生地なので、
揚げる時間も1分ほどで大丈夫ですが、
生地が丸まってしまうので、
箸で押さえながら揚げるのがポイントです!

完成しました!

ではいただきま〜す。

バリッ

アサリ
「サクッとしていて口の中に入ると
 溶けるような感じ!」

リーダー
「お米の味が甘い!油で揚げたことによって
 お米の甘みが引き立つ!
 おいしい!やめられないね」


2017年06月24日(土) |  JA新はこだて 江差こうれんレシピAアレンジ版
2017年06月23日15時23分14秒更新

【アレンジこうれん 60枚】

2−2
<カレー味こうれん 材料>
もち米 1升(1.5s)
砂糖 125g
塩 15g
カレー粉10g
お湯 450cc
片栗粉 適量

<コーヒー味こうれん 材料>
もち米 1升(1.5s)
砂糖 125g
塩 15g
インスタントコーヒー 70g
お湯 450cc
片栗粉 適量



<作り方>
※追分こうれんの作り方と同じで「黒ゴマ」を
「カレー粉」か「コーヒー」に変える

笠原さん「少しづつね」

リーダー「いい香りだあ」

それぞれの粉がしっかり
混ざるまでモチをつきます。


このあとは、適度な大きさに分割。

生地を薄く円形状に伸ばしていきます。

生地を天日干しして完成です。

食べる時は揚げてくださいね♪


2017年06月24日(土) |  JA新はこだて 江差こうれんレシピBこうれん鍋
2017年06月23日15時24分47秒更新

【こうれん鍋(10人分)】

<材料>
●調味料
みりん  20cc
だしの素 10cc
しょうゆ 220cc
砂糖  少々
昆布  2本

●材料
ブタ肉  230g
キャベツ 1/4個
ゴボウ  1/2本
人参  1/2本
マイタケ 適量
干しシイタケ 2個
長ねぎ  1/2本
揚げこうれん 5枚

<作り方>
1)昆布と干しシイタケをそれぞれ水につけて
  出汁をとる
※この時、昆布と干しシイタケの水の量は
  合わせて2.5リットルが目安。

2)昆布の出汁と干しシイタケを取り出した
 出汁を合わせて火にかける

3)戻したシイタケは小さく切り、
 他の野菜も火が通りやすい大きさに切る

4)豚肉はフライパンで炒めておく

5)Aが煮立ってきたら昆布を取り出し、
 BCを加えてさらに煮込む

6)Dが煮立ってきたら、
 みりん・だしの素・砂糖を加えて
 最後にしょうゆを少しづつ加えながら味を整える

7)おわんに盛り、揚げたこうれんをのせて完成



いただきま〜す。

ヨシキのメガネが曇ります(笑)

リーダー「熱いんだね〜」


さっそくひと口!

ヨシキ
「うーん!おいしい!」


リーダー
「うー!うま〜い。
 おだしがギューっとこうれんの中に入ってて
 これ…うま〜い!!」


「口の中に入れた瞬間にシュワシュワシュワ…って
 溶けていきますね!これはいいですね」

リーダー
「何こんな美味しいものを
 オレ知らずに北海道にいたけど…
 こんなおいしいものあったんだね!!」

2017年06月24日(土) |  JA新はこだて 江差こうれんレシピCアイス
2017年06月23日15時24分56秒更新

【アイスクリームサンド(4人分)】

2−2
<材料>
揚げこうれん    2枚
カップアイスクリーム 1個


2−3
<作り方>
1)揚げたこうれんを1/4に割る
2)お好みのアイスクリームを
  こうれんでサンドする



2017年06月17日(土) |  JAしべちゃ 白カブレシピ@冷製スープ
2017年06月16日11時52分42秒更新
酪農が盛んな釧路地方ということで、
釧路町を含むJAしべちゃ女性部から、
酪農家の奥様の佐藤菊子さん・小玉和子さんに
白カブのレシピを教えていただきます!


まず1品目がカブの冷製スープ。
冷たくても温かくてもOKですよ

【白カブのコールドスープ】

<材料>
カブ  150g
牛乳  400cc
コーンスターチ 30g
砂糖  15g
塩  2つまみ


<作り方>
1)カブの皮をむき、4つ割りにして
 耐熱容器に入れレンジにかける。
 葉も何本か一緒にレンジにかける。(600w2〜3分)

2)柔らかくなったカブを冷水で冷ます。

3)ミキサーにカブとカブの葉以外の
 残りの材料を入れ混ぜる。


4)鍋にBを入れとろみがつくまで弱火で煮る。

佐藤さん
「カブが苦手な孫に食べさせるのに
 スープにしたら食べられたんです」

5)Cをボール等に移し冷水や冷蔵庫で冷やす。

6)器に盛り刻んだカブの葉をちらす。


続いてカブの葉を上に散らした、
コールドスープを…

ひと口、飲んで…

ニッコリ(マミ)

森「すごくいい笑顔ですね〜」


マミ「めっちゃおいしいです!」

※実はあまりの美味しさに
 このあと2杯もおかわりしました(笑)


マミ
「甘くてトロトロしてて冷たいから
 夏に毎日食べたいくらい!!」

リーダー
「甘いっ!牛乳のふくよかな甘みと
 カブが一体化しているんですね」


2017年06月17日(土) |  JAしべちゃ 白カブレシピAチーズ焼き
2017年06月16日11時53分37秒更新
続いては葉も使う
【白カブのチーズ焼き】です。
フライパンひとつで出来る簡単レシピです!


<材料>
カブ  2個
塩  適量
こしょう 適量
ミニトマト 2個
チーズ  適量

オリーブオイル 適量


<作り方>
1)カブはよく洗い皮ごと7mm位の厚さにスライス

2)葉も4センチくらいに切る。

3)フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、
  カブに焼き色がつくまで焼く。
  同じフライパンに切った葉も入れ軽く熱を通す。

4)焦げ目がついたカブを裏返し、
 焼いた面に塩・こしょうをふり、
 (切った葉は取り出さない)
  スライスしたトマト・炒めた葉・チーズを乗せ
 フタをする。

5)チーズがとけたら出来上がり。

※チーズがない場合は、
 塩・こしょうを大目にするとよい。
※よく焼くと柔らかくカブの甘さ倍増!!


ハナネ
「おいしい!」

ハナネ
「カブはトロトロしてて
 チーズと同じくらい柔らかくて
 すごいおいしい!!」

猪瀬さん
「柔らかくて、うーん、おいしい!」

2017年06月17日(土) |  JAしべちゃ 白カブレシピBラザニア
2017年06月16日11時54分29秒更新
最後は【カブのラザニア】


<材料>
カブ  2個
JAしべちゃ特製 ほっこり母ちゃんのミートソース 1缶
チーズ  お好みの量で

<作り方>
1)カブはよく洗い皮ごと薄くにスライスする。

2)グラタン皿にカブを並べ、ミートソースを乗せ
 ミートソースとカブを何段か重ねる。

3)最後にチーズをかけ200℃のトースターで
 5〜10分焼く。

トースターによって焼き時間を調整して下さいね♪

 


まずはラザニアをいただきます。

ハナネ
「おいしい♪
 カブはシャキシャキしていて
 チーズはとろとろで…
 あわさってとっても美味しい!!」



「普通のラザニアよりあっさりしているんですが
 食べ応えはしっかりあります!」

猪瀬さん
「カブの味がしっかりして美味しい!
 食感もいいですね」

リーダー「合うんですね」


生産者も大満足のカブ料理。
隣町の釧路市から参加した、
あぐりっこ2人は…?

ハナネ
「カブ食べたことなかったけど
 今日初めてカブを食べて…
 美味しいって事が分かった!!」

マミ
「漬け物しか食べた事がなかったから
 他の料理もお母さんに作ってもらいたいな」


2017年06月10日(土) |  拓殖大学レシピ
2017年06月09日17時57分07秒更新
拓殖大学北海道短期大学の構内で生産された
小麦粉(きたほなみ)を使って
全粒粉のピザを作ってくれましたよ。


【ピザ生地レシピ】

<生地の調理工程(8枚分)>
小麦粉(きたほなみ)拓大産  800g

上白糖 40g、塩10g、バター90g、

牛乳(40℃以下)、400ml
ドライイースト 10g


<作り方>
1)小麦粉(きたほなみ)・塩(適量)をボールに入れる
2)塩・バター・牛乳・ドライイーストを入れ、
 一気に練る
3)手に付かなくなるまでまとまったら、
  打ち粉(きたほなみ:適量)を敷いた台に
  生地を叩き付けては練る。全体の滑らかさが
  均一になるまで繰り返す
4)ボールにオリーブオイル(適量)を塗って
  生地を1つにして入れ、生地の上に
 オリーブオイル(適量)を軽く塗って、
 ラップをふわっとかける。
5)明所、常温で30〜1時間置き、発酵させる。
 (取材時は1時間半置いた物)
6)発酵したら、生地を8等分し、
  それぞれを丸くまとめる。
7)ステンレス皿にオリーブオイル(適量)を塗り、
  生地を置き、ラップをかける。
8)冷蔵庫に30分〜1時間静置し、
 膨らみが出てきたら、出来上がり。
9)麺棒で生地をのばしステンレス皿に入れる。

【トマトソースのレシピ】
<材料>
オリーブオイル 50ml、

ニンニク 1片(チューブの場合3cm)
鷹の爪 1本、 乾燥パセリ 3g、
月桂樹の葉 1枚、

ベーコン 50g、 砂糖 6g、

塩 適量、 トマト水煮缶 400g

<作り方>
1)鍋にオリーブオイル・ニンニク・
 鷹の爪を入れ、炒める。

2)ニンニク・鷹の爪に火が通ったら
  トマト水煮缶を入れる。
3)約20分程煮込み、水分を飛ばす。
4)乾燥パセリを入れる
5)最後に砂糖・塩を入れ、味をみながら
  お好みで調整する


【ピザレシピ】
<材料>
玉ねぎ(大)拓大産1個
ピーマン 3個
アスパラガス 拓大産8本
ベーコン150g

チーズ800g
※1皿あたりのチーズ量は100g

<作り方>
1)玉ねぎ・アスパラ・ベーコンは
  薄くスライスしていく。
2)ピーマンは輪切りにスライスする。
3)切り終わったトッピング材料は
  ボールに入れておく。
4)伸ばした生地にトマトソースを塗る
(お好みの量)
5)トッピング材料を盛り付ける(お好みで)
6)チーズをのせる。オーブン220℃で
  焼き加減を見つつ、15分〜20分焼成。
 (取材時は約15分で取り出したとの事です。


リーダー
「うんま〜〜い!!
 全粒粉の生地。ブチッと切れていいですね。
 サクサクした食感。
 サブレを食べているかのような
 しっかりした歯ごたえがあります」

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)