ページ内検索

   表示:全て(645件)
<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

2017年10月21日(土) |  JAサロマ カボチャレシピ@かぼちゃグラタン
2017年10月19日17時57分08秒更新


「カボチャの加工品を使った料理を
 生産者の奥様方にご用意頂きました」

吉口さんの奥様の栄子さんと
惣田幸恵さんにご協力頂きました。

惣田さん
「かぼちゃフレークを使うと
 料理がグッ!と簡単に出来るんです」



【かぼちゃグラタン(6人前)】

<材料>
かぼちゃフレーク  50g
市販のグラタンミックス  ※製品による
早茹でタイプのマカロニ  30g
玉ねぎ                  中1/2個
しめじ                  100g
刺身用ホタテ又は鶏肉  150g
バター                  10〜20g
牛乳                  700ml
チーズ                  人数分
ニンニク          1〜2片
コンソメスープの素  2個

(1000mlの水に溶かしたもの)

塩コショウ 適量

※カボチャを容器に使う場合は
  半分に切ったかぼちゃ人数分


<作り方/カボチャの容器>
1)坊ちゃんかぼちゃを半分に切り、
  中の種を綺麗に取り出す。
  容器に使うので少し中身を削る。
2)カボチャ容器にスープの素を6分目位入れ、
 サランラップで2重にしっかり巻き、
 竹串が通る硬さまで蒸し、蒸し上がったら冷ます。

<グラタン作り方>
1)フライパンに少量の油を熱し、
  みじん切りしたニンニクを入れ、香りを立てる
2)塩水で軽く洗ったホタテを焦げないように
 両面焼く。しめじを入れ軽く炒め、
 バター・塩コショウをしてお皿に取り出す
3)フライパンで玉ねぎの薄切りを
 しんなりするまで炒める。
4)牛乳を入れ、茹でてないマカロニを入れる。
 煮立ったらAを戻し、更に煮る。
5)煮立ったら一度火を止め、グラタンの素と
 かぼちゃフレークを混ぜ合わせたものを
 少しずつかき混ぜながら入れる。
 よく混ざり合ったら加熱し、焦げないよう
 ゆっくりかき混ぜる。
※下からプクプクと気泡が出てきたら完成


6)かぼちゃ容器からラップをはがし、
 中にスープが残っているようだったら空にする。


7)中にグラタンをたっぷり入れ、チーズをのせ、
 オーブントースターで焦げ目をつけて完成。

※かぼちゃ容器は崩れやすいので注意する。


ではカボチャグラタンをいただきます!

リョウ
うまいっ!カボチャのあま味も
 カボチャの味も入ってるし 
 とても美味しいです!」


リーダー
「ホタテのカボチャの相性が
 すさまじく良い!うまいっ!」

2017年10月21日(土) |  JAサロマ カボチャレシピAかぼちゃの春巻き
2017年10月19日18時04分49秒更新

【かぼちゃの春巻き(6人前)】

<材料>
かぼちゃフレーク 50g
春巻きの皮(ミニサイズ) 10枚入り
ベーコン     100g
チーズ          50g
玉ねぎ         100g
ピーマン     中1/2個
コーン         適量
ニンニク     1〜2片
塩コショウ     適量
ピザソース     適量
糊付け用の小麦粉 少量



<作り方>
1)フライパンに油を少量熱し、
 みじん切りのニンニクを入れ少し香りを立てる。
 1cmくらいのサイコロ切りしたベーコンを
  フライパンに入れ、炒める

2)みじん切りの玉ねぎ、コーンを入れさらに炒める。

4)玉ねぎに火が通ったら予熱程度で
 ピーマンのみじん切りをさっと炒め、
 粗熱をとる様に冷ます。

5)ボールにカボチャフレークを入れ、
 混ぜ合わせる。
 パラパラしている様であれば少量の水を入れ、
 少し硬めのお団子の硬さにまとめる

※フレークを混ぜた時、まとまる様であれば
 次の工程へすすんでOKです

6)しっとりした感じになったら俵型で10等分にする。


7)春巻きの皮に糊付け用の小麦粉、
 ピザソースを少量塗り、俵型のあんをのせる

8)しっかり中身を包み、
 160℃位の油でゆっくり揚げて完成。

※温度が高いと中身が飛び出るので
 中温でゆっくりキツネ色になるまで揚げる


続いてベーコンや野菜たっぷりの具材に、
カボチャフレークを加えて混ぜ合わせ、
餡にして皮で包んで揚げた「カボチャの春巻き」。

ハルノ
「うまい!すごい合う!パリパリで美味しい」



「さっきまでカボチャが甘いって
 言ってたけど…野菜!

 



「しっかり野菜として
 色々な食材とマッチしてます!美味しい」
 

2017年10月21日(土) |  JAサロマ カボチャレシピBかぼちゃプリン
2017年10月19日18時05分09秒更新

【かぼちゃプリン(6人前)】

<材料>
かぼちゃフレーク 50g

市販のプリンの素
(カラメルソース付き) 50g

牛乳(製品のレシピに合わせた分量で!)

ホイップクリーム

※牛乳で作るタイプ 適量

かぼちゃの種の粉 適量

<作り方>
1)鍋にかぼちゃフレークとプリンの素を
  しっかり混ぜ合わせる。牛乳を少しずつ入れ、
  ダマにならないように溶かす。
2)綺麗に混ざったら、加熱し焦げない様に
 ゆっくりかき混ぜる。
3)煮立ったら水で濡らした容器に入れ、
 冷蔵庫で1時間以上冷まして固める。
4)お好みでホイップクリーム、カラメルシロップ、
 かぼちゃの種の粉をかけて完成。



ハルノ
「カボチャ…!」

ハルノ
「カボチャの味がして
 ネットリしてる。ホントに美味しい」

リーダー
「カボチャプリン♪って言うより…
 カボチャ!!プリン」

周りをみると…完食です。

リョウ
「カボチャの好きなランキングは…
 今は3位!!」


リーダー
「うおおお〜メッチャ上がったじゃん。
 下から2つ目だって言ってたんですよ」

吉口さん 惣田さん「嬉しい♪」


2017年10月14日(土) |  よつ葉バターレシピ@パンケーキ
2017年10月13日17時50分35秒更新
道産バターを使った
簡単にできるスイーツを
オクシタニアルの中山理絵さんに
教えてもらいました。


【パンケーキ】

<材料>
【A】
卵黄Lサイズ 5個分
グラニュー糖 50g
薄力粉    100g
牛乳      50g

【B】
卵白Lサイズ 5個分
グラニュー糖 100g

有塩バター  適量
無塩バター  適量


<作り方>
1)Aの卵黄・グラニュー糖・薄力粉・牛乳を
 合わせる

2)Bの卵白にグラニュー糖をあわせ
 ツノがたつまで混ぜ、メレンゲを作る

ここでポイント!!
中山さん
卵白はしっかり冷やします。
 そうするとメレンゲがしっかりします。
 あとボールに水分や油分がついてないよう
 しっかり拭き取ってからやらないと
 メレンゲが立たない原因になります!」


3)@とAを合わせる

4)フライパンと型(直径10cm)に
 バターを塗ってからあたためておく。

※こうすることで生地が焦げ付かず綺麗に焼け、
 バターの風味も引き立つそうなんです!


ここでポイント!!

中山さん
「パンケーキを焼くコツがもう1つありまして
 ご家庭にある“おたま”に何杯入れるか
 先に決めた方が形を揃える時に便利!」


5)型の中にレードル2杯分の生地を入れて
 弱めの中火片面4〜5分焼く。
 竹串を使いながら型を外し、裏返して2〜3分焼く


リーダー「うわ〜キレイ!!」

6)皿に盛り、仕上げに角切りの有塩バターを
 のせて完成!

では、いただきま〜す!

上野副工場長
「うん!さすがプロの技はすごいです
本当にバターが生きています!」


「うおおおおおお〜
 すっごく美味しいです!!」

リーダー
「これがパンケーキなんだとしたら
 今まで食べてたのは
 何だったんだろうね?それぐらい違うね」


2017年10月14日(土) |  よつ葉バターレシピAスイートパンプキン
2017年10月13日17時51分30秒更新

【スイートパンプキン】

<材料>
パンプキンペーストの素 130g
水        350g
無塩バター    160g
グラニュー糖    60g
卵黄        36g
有塩バター    適量



<作り方>
1)カボチャペーストの素に水を加えて混ぜ
 かぼちゃペーストを作る

2)室温に戻したバターにグラニュー糖を入れて
 白っぽくなるまですり混ぜ、
 少しずつ卵黄をいれていく


3)@とAを合わせて絞り袋にいれて絞り、
 クッキングシートを敷いたトレイに乗せ
 170℃のオーブンで20〜25分焼く

4)仕上げに有塩バターの角切りを乗せる


リーダー
「う〜〜ん♪
 バターの塩味でカボチャの甘みが
 ぐ〜〜っと!
 うま〜〜〜い!!」

2017年09月30日(土) |  JA木野 コーンレシピ@
2017年09月29日09時22分03秒更新
スイートコーンを使ったお料理を
 JA木野フレッシュミズの皆さんに
 作っていただきました〜!


【小揚げのコーン餃子】

<材料 4人分>
・豚ひき肉    200g
・小揚げ       8枚
・コーン     120g
・キャベツ    100g
・玉ネギ     100g
・人参       50g
・枝豆       20g
・塩        少々
・にんにく     20g
・しょうが     20g


<作り方>
1)枝豆は細かく切っておく
2)キャベツ、玉ネギ、にんじんは
  みじん切りにして塩をふる。
3)コーンは油で揚げておく
4)小揚げは湯通しせず、半分に切って16枚にする
5)野菜の水分をしぼり、肉、コーン、枝豆、
  にんにく、しょうがを入れる
6)小揚げに30g肉を詰める
7)弱火で10分くらい転がしながら焼く
8)ケチャップ、ポン酢をつけてOK。

ヒム
「初めて食べたけれど
 すごく美味しい!!」

リーダー
「つぶつぶのコーンが入っていて
 歯ごたえが楽しいですね。
 あま味が主張していますね。
 ホワイトショコラだから
 こうなるんじゃないかなあ」

2017年09月30日(土) |  JA木野 コーンレシピA
2017年09月29日09時22分20秒更新

【コーンとポテトの春巻き】
<材料>
・春巻きの皮(小)      20枚
・じゃがいも 中        3個
・シャイニングコーン      2本
・ニンニクすりおろし    小さじ1
・バター          大さじ1
・醤油           大さじ2
・黒コショウ          少々
・サラダ油(揚げ油)      適量



<作り方>
1)じゃがいもは皮むき細めの短冊切りをする。
2)シャイニングコーンはばらす。
3)@とAをバターで炒めニンニク、醤油、
  コショウで味付けをする。
4)バット等で粗熱を取り、春巻きの皮で巻き、
  サラダ油できつね色になるまであげる。


「春巻いただきますね〜
 あっ!ジャガイモのホクホク感と
 コーンのつぶつぶ感が楽しいです。
 ゴールデンコンビですよ」

リーダー「チャンピオンだよ!」


クロエ
「春巻きはすごくおいしくて
 皮の食感が好きです。
 お母さんにも作ってほしい」

ユージ
「香港にも同じような料理があるけど
 作ってくれたお母さん達の心が
 料理にこもっている感じがする!」

畔木さん
「いっぱい心を込めました!」

リーダー
「ありがとうございます。
 世界各国おいしさは真心なんですね」


2017年09月23日(土) |  JAさっぽろ 玉ネギレシピ カレー
2017年09月23日16時51分45秒更新
札幌黄を使った絶品料理を、
大作さんの奥様の弥生さんに作って
頂きました!


【札幌黄のスープカレー】

<材料 4人分>
鶏肉       300g
タマネギ
(札幌黄・小サイズ)4個
ニンジン      1本
ダイコン  1/4本
ジャガイモ   4個
カボチャ  1/8個
オクラ 8本
水 800cc
スープカレーの素  180g
クミン       適量
カルダモン   適量
ご飯    お好みの量


<作り方>
1)鶏肉・ニンジン・ダイコンは
 お好みの大きさに切り、
 タマネギ・ジャガイモは皮をむいて丸ごと使い、 
 カボチャは薄切りにしておく

2)圧力鍋に鶏肉・ニンジン・ダイコン・
 ジャガイモ・水を入れ加圧して5分煮る

3)タマネギはラップに包み電子レンジで
 2分ほど加熱する

4)カボチャ・オクラは素揚げにする

5)圧力鍋の圧力が下がって野菜が柔らかくなったら、
 スープカレーの素とタマネギを加え
 さらにお好みでクミン・カルダモンを加えて
 一煮立ちさせる

6)皿に野菜とスープカレーを盛り、
 お好みの量のご飯と一緒に食べる

【札幌黄のオニオンスライス】
<材料4人分>
 タマネギ(札幌黄・大)1個

<作り方>
 タマネギの皮をむき、
 繊維に直角に薄切りにしてそのまま食べる
 ※タマネギを冷蔵庫で冷やしておくと
 辛味が抑えられる


ユージ「おいしい!」

リーダー「スパイシー?」

ヒム「「いいえ、おいしい!」

クロエ「ヤミー(おいしい)」


クロエ
「お母さんんがいつも買う
 日本のタマネギよりも美味しい」

2017年09月09日(土) |  JAきたそらち お米レシピ@
2017年09月09日08時27分04秒更新
JAきたそらちフレッシュミズの
吉田三夏子さんと新井陽子さんに
地元名産品のひまわり油と
“北竜ひまわりライス”を使った
アイデアレシピを披露していただきます!


【ライスサラダ】

<材料>
《野菜ソース》
ひまわり油    大さじ3
白ワインビネガー 大さじ2
レモン汁     小さじ2
塩        小さじ1/3
コショウ     少々
●紫玉ネギ    1/6個
●パプリカ(赤) 1/4個
●パプリカ(黄) 1/4個
●セロリ     5cm

《ライスサラダ材料》
野菜ソース   大さじ2
しょう油    大さじ2
ひまわりの種  大さじ1/2(荒く刻む)
ご飯      茶碗1杯
ハム      40g
キュウリ    1/2本
ミニトマト・黒オリーブ・レタス適量


<作り方>
1)まずは野菜ソースを作る。ひまわり油、
 白ワインビネガー・レモン汁・塩コショウを
 混ぜ合わせる。
2)●の野菜を5mm角位にカットして
 サッと熱湯に通し、すぐに冷まして水をきる。
 @のドレッシングと合わせる

3)ライスサラダを作る。
 まずはご飯を水で洗い、ザルにあげておく。
(ご飯はすし飯より硬め)

4)野菜ソース・しょう油・ひまわりの種を
 混ぜておく。ハム・キュウリは5mm角位にカット
5)ミニトマトはヘタを取り1/4にカット
 黒オリーブは1/2〜1/3に刻む
6)Cとお米を混ぜる

7)器にレタスを敷き盛り付ける。
 ミニトマト・オリーブを飾って完成!

「北竜ひまわりライス」の米と、
名産品の「ひまわり油」を使ったお手軽料理!
生産者の永井さんも交えて全員でいただきます!

永井さん「美味しい。さわやかに食べられます」


内田さん「ご飯が野菜として入っている感じ」

リーダー
「これはうまい!
 油のおかげでお米一粒一粒が
 コーティングされてパラパラとほぐれているし
 その油が全くしつこくない!」

リーダー
「すがすがすいいい〜感じですよね」

2017年09月09日(土) |  JAきたそらち お米レシピA
2017年09月09日08時27分24秒更新
フレッシュミズのみなさんと
寿司職人の内田さんとの
コラボ料理にもチャレンジ!


【ガリと酢飯のおにぎり】

<材料>
米 3合
米酢 60cc
上白糖 大さじ1(15cc)
塩 小さじ2(6cc)
ガリ 適量
のり 適量


<作り方>
1)米を炊き、米酢・上白糖・塩を合わせる。 
2)炊きたてのご飯に合わせ酢をかけて、
 切るように混ぜる 

※ポイント
米を炊くときはいつもより水を少し少なめに!


3)(混ぜ終わってから)うちわなどで風を入れる 
4)細かく刻んだガリを混ぜる

※ポイント
 混ぜ終わってからうちわで風を入れることで
 ご飯一粒一粒に合わせ酢が入り
 コーティングされてご飯にツヤが出る


5)おにぎりをにぎって切ったのりを巻く 

新井さん「お米もおいしい。ガリが全然違う」

吉田さん
「酢飯もふっくらしてるって言うか
 ご飯の一粒一粒が美味しい」


内田さん
「自分の店の合わせ酢もガリも
 つくづくおいしいなと思います」

リーダー「素晴らしい!」



「お米ももずみずしいから相性が本当に抜群!
 お互いに引き立てあってる感じですね」

<< [1] [2] [3] [4] [5] [6] [+10] >>

TOP(全件表示)