◆次回予告◆
8月18日(土)都会の真ん中で学ぶ農業とは?
190万都市札幌の市街地に
ある農業専門学校を訪ねる。
都会の中で花を育てる園芸から酪農実習まで幅広い農業を学ぶ
学生たちの夢とは?
ページ内検索

   表示:2018年08月(15件)
<< [1] [2] >>

2018年08月11日(土) |  ♯487 番組初登場!ネバネバ夏野菜・オクラせに注目編
2018年08月10日14時25分35秒更新

涼しい気候を活かした、
多種多様な農産物が生産される北海道…。
かつては栽培に不向きと言われた、
サツマイモ、パクチーなど、
高温を好む野菜の栽培に、
積極的に取り組む産地が増えてきています!

そんな中、同じように暑さを好み…、
道産モノが少ないと言われる、
あの野菜の栽培に、
果敢にチャレンジを始めた産地があるんです!

今回のあぐり王国ネクストは…、
番組初登場!
アフリカが原産の夏野菜を栽培する、
日本最北の産地に注目です!



森結有花アナウンサー
「道北の剣淵町にやってきました」


森崎博之リーダー
「見事ですね…この丘陵地帯は
 美瑛を彷彿させるね」

森「美しいですね」

リーダー
「見まごうほどの
 キレイな場所があるんだな」



「今回剣淵町で学ぶ野菜ですが
 先日10周年を迎えたあぐり王国でも
 初登場の野菜です!」

リーダー
「まさか。もうありませんよ。
 この間もそう言ってやったのあるでしょ」

森「ささげ?」

リーダー
「それで全部!野菜コンプリートしました」
※コンプリート…全部そろえること


「あれでコンプートじゃないんです。
 北海道のイメージがない野菜なんですよ」


では今週のあぐりっこです!

野菜についていろいろ知りたい!
小学6年生の鎌田住樹(ヨシキ)君と
好奇心旺盛な6年生の三上桃ちゃん。

果たして、番組初登場の野菜とは…?



「まずヒント!その@。バババン

リーダー
昭和の効果音入れるの止めて…
 やるならやるでMA(音声)やりますから!」


「話がずれてしまいました。
 ヒント1。
 生産地は鹿児島県


モモ「ゴーヤとかじゃない?」

ヨシキ「沖縄じゃない?それ…」



「じゃあヒントA断面は星型!」

モモ「スターフルーツ?」

リーダー「確かにねえ〜」

ヨシキ「オクラ?」


森「ヒントBネバネバ!

ヨシキ「オクラしか分かんない!」


モモ「星型の納豆とか…」

リーダー
「星型の納豆!
 あ〜〜…
 星型の納豆をひきわりにしてるってこと?」


一体、この条件を満たす初登場の野菜とは?
早速、生産者のもとへ!

2018年08月11日(土) |  剣淵町でたったひとり!?
2018年08月10日14時26分22秒更新


「その野菜が生産されている畑にきました。
 生産者の矢萩さんです」

おじいさんの畑を引き継ぎ、
5年前に就農したという生産者の矢萩和也さん。
果たして剣淵町で栽培している野菜とは…?




「主な産地が鹿児島県と聞いたんですけど
 北海道では珍しいんですか?」

矢萩さん
「珍しいですね。
 剣淵町でも僕一人だけです!」

リーダー
えっ!なんで…
 そんなマイノリティーな…えっ」

矢萩さん「変わった事がしたくて…」

リーダー「変わってますね」


リーダー「どこにあるのあるの?」

矢萩さん「ハウスです!」

リーダー「では行きましょう」


リーダー
「見えるかな…?何だ?」

モモ「オクラ?」

ヨシキ「オクラじゃねない?」

モモ「えっ!?オクラ?」


矢萩さん「オクラです!」

リーダー「あれはオクラで〜す!」


そうなんです!
剣淵町で栽培されている野菜とはオクラ

主産地の鹿児島をはじめ、高知や沖縄など、
夏の気温が高い地域で栽培される中、
剣淵町は、北海道でも数少ない
オクラ産地のひとつなんです。



「暑い地域じゃないと出来ないんですか?」

矢萩さん
「そうです。オクラは何度あっても良い!と
 言われています。
 40℃でも大丈夫です」


リーダー
「それをだよ…
 何も剣淵町でやらなくても…

矢萩さん
「そうですね…
 ただ楽しいことをしたい。
 珍しいことをしたい!
 剣淵町は畑作(大豆・ジャガイモ)がメインで
 野菜の種類が少なかったんです」

リーダー「それでオクラだったんですか?」

矢萩さん「そうです」


森「でもやりたいと思って出来ますか?」

矢萩さん
「何でもチャレンジしてみないと
 結果が分からないので
失敗しても成功しても
自分の糧になるので…」


カッコイイ〜!!

新しい作物にチャレンジしたいと、
地元のJA北ひびきに相談した矢萩さん。
剣淵町では、
まだ誰も作っていない野菜ということと、
名寄盆地に位置し、夏場の気温が高く、
日照時間にも恵まれているという気候もあり、
3年前からオクラの栽培が始まったんです。

とはいえ、道北での栽培には様々な苦労も…。


2018年08月11日(土) |  大雨被害も乗り越えて…
2018年08月10日14時26分55秒更新


「オクラの栽培スケジュールです」

矢萩さん
「4月中旬に種まきをします。
 9センチくらいのポットに
 ピンセットで種を植えています」

リーダー「種はネバネバしてない?」

矢萩「種はネバネバしてません」



矢萩さん
「ハウスの中に電熱線を敷いて
 更にトンネルを2重3重とかけて育苗します」

リーダー
「電気のチカラでハウスの中を温める。
 暖房費もかかる訳ですよ…」


さらに…?

矢萩さん
カビが生えやすいんですよ」

あぐりっこ「ええええ〜」


矢萩さん
「湿気に弱い作物なので
 暑かったら湿気がこもってしまいます。
 なので換気もしなければいけない!」

リーダー
「ハウスいろいろ大変ですね」

矢萩さん
「開けたり閉めたり…」


リーダー
「閉め忘れたら夜には冷え切りますもんね」

矢萩さん
「成長が止まってしまう!
 15℃以下で成長が止まるので…」

リーダー「それは大変だ」


低温と湿気が苦手なオクラのために、
あの手この手で対策をしながら栽培する矢萩さん。

それでも、涼しい気候の生育時期は、
虫の発生が少なく、
農薬散布の回数も少なく済むなど、
北海道ならではのメリットもあるんです。


リーダー
剣淵町でオンリーワンですもんね。
 素晴らしいですよね」


「剣淵町がオクラ名産地になるかもしれない。
 そのパイオニアってことですから」


リーダー
「剣淵は<つるぎ>ですから。
 オクラの上に向かってシャキーンってのが
 まちの野菜になるかもしれません!」

森「素晴らしいです」

リーダー「ありがとうございます」


じゃじゃん、もんすけです!
剣淵町で唯一のオクラ生産者・矢萩さん。
今でこそ順調に育っているオクラのハウス栽培。
その1年目は主産地と同じように
露地で栽培していたんだよ。

しかし収穫直前に訪れた、
まさかの大雨によって、
多くが水に浸かって出荷できない状態に…。


辛い思いをした矢萩さんは、
それでもめげずに、
地元のJAと対策を練って、
翌年からハウスでの栽培に転換!

ようやく軌道に乗り始めたんだって〜。
苦労の末に生まれたオクラ!
剣淵町の名産になったら嬉しいよね。


2018年08月11日(土) |  オクラが汗をかいてる??
2018年08月10日14時27分33秒更新

収穫作業の前に、
よ〜くオクラを観察してみると、
不思議な生態が明らかに…!

矢萩さん
「よ〜く見ると白いツブツブが…」

森「これ水滴じゃないんですか?」

リーダー「なんだそれ…?」



矢萩さん
「オクラのネバネバ成分ムチン!

リーダー
「これムチンっすか?!
初めて見たムチン!!」

モモ「すごい!」

リーダー「ムチン見えるのっ!!」


森「それが何で出てくるんですか?」

矢萩さん
元気があるオクラだと出てくる!
 少ないのはちょっと元気がないなあ〜とか
 それで水やり・肥料の目安になります」

リーダー
あっちょっと待って矢萩さん!」


リーダー
「いっぱいムチンが出てます」

森「リーダー違います」

それは汗です!

リーダー「元気の証拠!」

森「ネバネバしないですから」


ちなみにオクラは、実がなる前に、
ご覧のようなキレイな花を咲かせます。
アオイ科という種類に属するオクラは、
実はハイビスカスと同じ仲間で、
この花が咲くと、
実をつけるサインでもあるんです!

矢萩さん
「1つの苗に4本入ってますので
 1つの木で約30本とれるので
 1株で約120本とれます」

矢萩さん
「このハウスで約1000株

森「120×1000…」

モモ「12万本!!」

桃ちゃん即答!


「12万です」

リーダー「遅いです」


矢萩さんは2棟のハウスで生産しているので、
シーズンでおよそ24万本、
重さにしておよそ2トンもの
オクラを収穫しているんです!
早速あぐりメンバーも、
そのお手伝いをすることに!

2018年08月11日(土) |  ほのかに甘い!
2018年08月10日14時28分03秒更新
矢萩さん
「9〜12cmが収穫適期です。
 ハサミのもち手まで10センチなので
 ハサミで計りながら…
 これはいいなっていうのを
 チョキっと…取っていきます」


パチンッ!

モモ
「切る時がサッてなって気持ちいい!」


リーダー「花がキレイだなあ」

矢萩さん
「この花も1日しか咲かないので…」

リーダー
「へええ!1日咲いてどうなるの?」

矢萩さん
「萎んで明日にはオクラの小さい形に!」

リーダー
「こっからニョキニョキ…何日かかる?」

矢萩さん
約4〜5日後で収穫です」

リーダー「オクラは成長早いねえ」


パチン

ヨシキ「よいしょ…

リーダー「計るのが大変だな…」

ヨシキ
「よいしょ…よいしょよいしょ…」

リーダー
「そんだけ、よいしょって言う??」

ヨシキ「いえ〜い」


普段は1日およそ3000本も収穫するという矢萩さん。
早朝の涼しい時間から始めても、陽が出ると、
ハウス内は30℃以上にまで上がります。

そうして、4時間ほどかけて収穫したオクラは、
地元の道の駅や、
札幌市内の一部スーパーに出回り、
貴重な道産オクラとして販売されているんです。


あぐりっこ「オクラとれました〜♪」

リーダー
「いえ〜い!立派ですねえ。
 北海道に住んでいて
 もぎたてのフレッシュなオクラに出会えない!」

矢萩さん
「そうですね!
 このまま生で食べられます!」


…ということで、
収穫したばかりの新鮮なオクラを、
生で丸かじりしてみることに!

モモ
「ネバネバしていて美味しい!」

リーダー
ほのかに甘いよ!粘ってきた〜」


「種の食感がプチプチしていて
 肉厚で美味しいです!」

剣淵町のオクラは、
生でも食べられるやわらかい食感と、
強い粘り気が特徴のスターライトという
品種を生産しています。


…ということで、
収穫したばかりの新鮮なオクラを、
生で丸かじりしてみることに!

モモ
「ネバネバしていて美味しい!」

リーダー
「ほのかに甘いよ!粘ってきた〜」


「種の食感がプチプチしていて
 肉厚で美味しいです!」

剣淵町のオクラは、
生でも食べられるやわらかい食感と、
強い粘り気が特徴のスターライトという
品種を生産しています。


森「リーダーっっ!」

おっ怒られる???

「グッジョブです!!」

リーダー
「あはははは〜注意されると思った!」


ネバネバ成分が豊富な夏野菜・オクラ。
一体どんな栄養があるのか、
札幌保健医療大学の荒川先生に聞いてみたよ。

栄養学科 荒川義人教授
「βカロテンや葉酸(ビタミンの一種)が豊富で
 生活習慣病の予防に役立ちます。
 ネバネバした成分は多糖類で食物繊維の一種。
 そこにはタンパク質や炭水化物を分解する
 消化酵素の役割を果たすものも含まれている。
 夏バテになると消化する力が悪くなり
 お腹の調子も悪くなるんですけど
 夏バテ予防の助け役として優れていますね」

オクラの栄養成分を活かすには、
どう食べるのがいいの?
「消化酵素の働きを生かすなら
 生でたべるのがいい!
 切り刻んで色んなものに混ぜて食べる!
 ただ熱をかけて
 βカロテンや葉酸を効果的に取るのも大事。
 その成分を生かすなら熱をかけ
 色んな料理にして頂ければと思います」


ちなみに同じネバネバ成分を含む
納豆や長イモとの相性はバツグンで、
一緒に食べると、
お互いが持つ整腸作用や疲労回復効果が、
より高まるんだって!

みんなも夏バテしないように、
オクラをいっぱい食べて暑い夏を乗り切ろう!


2018年08月11日(土) |  オクラ料理に感動!
2018年08月10日14時28分40秒更新


「ではオクラを使ったお料理を
 矢萩さんの奥様を中心とした皆さんに
 教えて頂こうと思います」

教えてくださったのは
矢萩実穂さん、お母さんの節子さん、
矢萩さんのおむかえのトマト農家のお母さん、
浅野喜代子さんです。



森「何を作ってもらえますか?」

実穂さん
オクラを使ったお好み焼きです

ヨシキ「想像つかない」
モモ「ネバネバしてそう!」

実穂さん
「長イモの代わりにオクラを入れる!」


リーダー&森
「ああああああ(納得)」

リーダー
「私達の発声練習もバッチリです」

普通は、長芋や山芋を使うお好み焼きを、
オクラでつくってしまうという意外なレシピ!
詳しい作り方はレシピコーナーを!

※http://www4.hbc.co.jp/agri_recipe/list.php?selectdayforcal=20180811&selectmonthforcal=201808

 


さてどんな味がするんでしょうか?
いただきま〜す!

ヨシキ
「うん!!
 オクラあるところはすごいネバッとしてる。
 でやっぱ…美味しい!」

リーダー
すごいふわふわ。軽い食感。
 追いオクラしてるのが
 粘りとオクラの良さが出てます。
 お好み焼にオクラってチョー合いますね」


続いては豚ロースの肉巻きオクラを!

ヨシキ「美味しい〜」

リーダー「笑みがこぼれます」
ヨシキ
「種のネバッとしたのが
 そのまま入ってくるから…
 また違う食感で美味しい!」

リーダー
「肉とオクラの相性はどうですか?」

ヨシキ
「最高です!」


最後にオクラ納豆そうめんを!

モモ
「オクラのツブツブ感
シャキシャキ感があって
 それプラス、ネバネバ感とかあって
 食べ応えあるし美味しい!」


「間違いないですね〜美味しいねえ。
 夏にピッタリ!!」


リーダー
「北海道産のオクラがあって良かったねえ〜」

一同「うぐうぐ…(と頷く)」

なんだか嬉しいし、おいしいし…
笑っちゃいました。

ほっこりした気分になりました♪


森「剣淵のオクラどうでしたか?」

ヨシキ
「水害にもあってて…
 そういう経験の中でやっていくっていう…
 その…勇気や前向きな思い
 なんかこのオクラに出てるなって言うか…
 もっと食べたいと思った!」


リーダー
「おひとりで作っているということですが
 1人だけでは出来ないですよね?」

矢萩さん
「そうですね。僕だけでは出来なくて
 地元JAさんのバックアップ
 あってこその
 今のこのオクラだと思ってます。
 まずはオクラと言えば
 剣淵町の矢萩
 言われるようになりたい!」

リーダー
「それってすごいことですよね」


リーダー「今後の挑戦・目標は?」

矢萩さん
「いま試作でゴーヤを作っています」

リーダー
「ゴーヤ!
まだまだ汗かこうとしてますね!」


みなさんこんにちは!
今日は、空知の農産物が大集合する
「空知フェア」のお知らせだよ!

来週15日(水)〜21日(火)まで、
JR札幌駅の「北海道どさんこプラザ札幌店」で
開催される「空知フェア」!

空知管内で生産された、旬の夏野菜や果物、
こだわりの加工品がいっぱいあるから、
みんなも行ってみてね!

以上、もんすけの週刊あぐりニュースでした!

≪空知フェア inどさんこプラザ札幌店 ≫
日時:8月15(水)〜21(火)8:30〜20:00
場所:北海道どさんこプラザ札幌店
   JR札幌駅1F
問い合わせ:011-232-6450
----------------------------------
8月4日のクイズ
「遠別農業高校のヒツジが食べていた、
 町ならではのエサは何だったかな?」

正解は「もち米」でした。


2018年08月04日(土) |  ♯486 高校生が手掛ける羊肉に注目編
2018年08月03日13時45分23秒更新

森結有花アナウンサー
「道北の遠別町にやってきました!」

森崎博之リーダー
おー冷えるなあ〜
 やはり日本海側
 ここオロロンライン厳しい寒さです」
※撮影日の気温は9度でした!

森アナウンサー
「そんな中…
 心が温まる手紙が届いたんです」




遠別農業高校3年の大橋琉之介です。
 今、私の学校では自分達で羊を育て
 羊肉(ようにく)の加工品を作っています。
 0.6%という数字を何かご存知ですか?
 これは日本の羊肉の自給率を示しています」

ヒツジを育てているという高校生から
番組に届いた、
「羊肉(ようにく)の自給率を上げたい!」
と書かれたメール。
そこにはさらに、気になる内容が…。


「そこで!
 去年から“あるエサ”を羊に食べさせて
 ブランド化を図っています。
 ぜひ遠別農業高校へ来てください!」


森崎
「すげー。これ本当の本当に
 高校生から手紙が来たんですか?」

森「メールが届いたんです」


森崎「ありがとう!琉之介!!」

森「まだ会ってないですけどね」


森崎
「よし行くぞ!琉之介待ってろ〜

そうなんです!
高校生からの「取材に来てほしい!」という、
熱いリクエストを受け、
実際に道北・遠別町までやって来たんです!
今回のあぐり王国ネクストは…、
日本最北の農業高校で取り組まれる、
独自のラム肉生産に注目します。


日本最北の稲作地帯として知られる遠別町。
遠別農業高校は日本最北の農業高校として、
水稲・野菜・花の栽培、
そして商品開発や加工販売、
さらには全国的にも珍しいヒツジの飼育など、
多彩なカリキュラムが特徴。
全校生徒59人と小人数ならではの、
目の行き届いた学習が行われる中、
早速メールをくれた生徒の元へ…

森「さて遠別農業高校にやってきました」

森崎
「あれじゃない?大橋くんですか?」

は〜い

森崎「やった!大橋くんだ」


こちらが番組にメールをくれた、
3年生の大橋琉之介くん。
札幌出身で、現在は寮で暮らしながら、
学校生活を送っているんです。

森崎
「あぐり王国はずっと見て下さってる?」

大橋君
「そうですね。あぐり王国は好きです♪
 小学生の頃から見てます。大好きです」



「へ〜。何で見てたんですか?

まさかの身内からの攻撃(笑)。

森崎
「何で見てた??理由必要?それ…」

森アナウンサーの質問をかわし
仕切り直して…


2018年08月04日(土) |  自給率を上げるためにメディアの力を借りる!
2018年08月03日13時50分18秒更新

リーダー
「何を学びたくて遠農に入ったの?」

大橋君
羊について学びたくて入学しました。
 動物が大好きで育てたくて入りました」

リーダー
「改めてどういう思いを取材してほしいですか?」

大橋君
「日本の羊肉はたくさん自給されていると
 思っていたんですけど
 意外にも海外からの輸入が多くて
 (羊肉自給率が)0.6%なんですよね。
 牛とか豚に比べても少なくて
 その自給率を上げるには
 どうしたらいいかと思って…」



大橋君
「やっぱろメディアのチカラが強いと思い
 メールしました!」

リーダー「ふんふん!」


リーダー
「いいね〜利用してるしてる!」

「あはははは」

リーダー「使って使って!」

 


大橋君が言うように、主な肉類の自給率は、
牛肉38%、豚肉50%、鶏肉65%、
そして羊肉は0.6%。

ジンギスカンなど、
道民には馴染み深い羊肉ですが、
ほかの肉と比べると、
驚くほどの差があったことを、
授業で学んだそうなんです。

リーダー
「ジンギスカンとか食べてた訳でしょ」

大橋君「結構食べてました」

リーダー
「ジンギスカンもほとんどが輸入ですもんね」



「今回はこの羊肉についてなんですけど…
 エサに工夫をしているそうなので
 どういう風に育てているか見に行きましょう」

羊肉の自給率向上を目指し、
あるエサを与えることで、
ブランド化を図っているという
遠別農業高校。
まずは大橋君くんら高校生たちが育てる
ヒツジとご対面!

大橋君「羊を育てている羊舎です」

リーダー「わ〜いっぱいいる!」

大橋君「こっちは子羊です」

「カワイイ〜〜」

大橋君「こっちがお母さん達です」

森「毛がモクモクですねえ」


遠別農業高校では、黒い顔が特徴で、
やわらかい肉質のサフォーク種36頭を飼育。

繁殖から出産を経て、
ラム肉の定義である生後1年未満まで肥育し、
出荷、そして加工まで。
高校生たちが一貫生産しているんです。

2018年08月04日(土) |  こだわりのエサはもち米!
2018年08月03日13時52分09秒更新
大橋君
「10月頃に出荷して肉になって戻ってきて
 生徒たちが加工します」



「じゃあ子羊の状態で出荷して
 お肉になっちゃう…
 こんなカワイイのに…」

リーダー
「そうそう。見ちゃうとそうなんですよ。
 これがリアルで私たちはこうやって
 命をいただいて生きてるんだってこと」


大橋君
「羊を育ててありがたみが大きく沸きました。
 残酷だと思うんですけど
 人間が生きていくためには
 しょうがないことだと自分は考えてます」

農業高校に通って、
命をいただくことへの感謝の気持ちが、
より強くなったという大橋くん。
そして、そんなヒツジたちに与えている、
エサというのが…?


大橋君
「これがエサのもち米です!
 生徒たちが育てたもち米で、
 その中で商品にならないもち米を
 羊に食べさせています」

リーダー「羊はお米を食べるんですか?」

大橋君
「最初は何だろう?って思うんですけど
 慣れてきたら全然食べます!」

リーダー「あげることで変わったことは?」

大橋君
肉質も良くなりますし
 くさみが結構ないんですよね!」

リーダー&森「へええ〜〜」


ではもち米をヒツジに与えてみましょう。

大橋君
「濃厚飼料の中にもち米を入れて与えます」

リーダー「いっぱい入ってるじゃん」

メエ〜メエ〜メエ〜


エサの入れ物を入れると…

メエ〜メエ〜メエ〜

リーダー「飛び乗って…すげえ!」

森「すごいすごい!」


リーダー「折り重なって…幾重にも!」

森「きゃははは〜」

リーダー「食べてるわ!もち米!」

「がっついてますね」


30年ほど前から、
ヒツジの飼育を行っている
遠別農業高校ですが、
もち米を与え始めたのは、ここ数年のこと。


大橋君の先輩らが、
地域の特産品を活かそうと考えたのが、
「もち米ラム」という
ブランドラム肉なんです。
飼料全体の20%をもち米にすることで、
肉質がよりやわらかく、
臭みも無くなったのだとか。

手でエサをあげてみると…

リーダー
「はい!どうぞ!どうぞ」

メエ〜メエ〜メエ〜
 
リーダー
「いやいやいや…
 ちょちょちょちょ…
 ちょっと!落ち着いて落ち着いて!」

森アナウンサーもやってみますが…

森「いや〜〜きゃああああ〜」

あまりの食いっぷりに同様する森アナ。

それを見て大爆笑のリーダー。


2018年08月04日(土) |  羊の移動だけで大パニック!
2018年08月03日13時52分40秒更新

動物好きの大橋君は、
より専門的にヒツジの飼育を研究する
「畜産分会」という班に所属。

朝・昼・晩のエサやりや健康チェックなど、
日々、ヒツジの世話に勤しんでいるんです。

大橋君は、朝のエサやり担当で
朝食前に起き、
6時からエサを与えるのが日課なんですが、
当然世話は、それだけではありません!



石川ウーリーエル先生
「本日は羊の毛刈りを寒いんですけど
 行いたいと思います」

リーダー「毛刈りするんだ」

石川先生
「もふもふのお母さん羊を連れてくる所から
 始まるんです。よかったら一緒に!」

リーダー「良かったなあ」

森「あのおっきいほうですよね?無理無理!」


そうなんです!ヒツジたちに、
暑い夏も健康的に過ごしてもらうため、
年に一度行う毛刈り実習。
まずは、羊舎からヒツジを、
外に連れ出すということなんですが…?


大橋君
「アゴを上げると落ち着くので…」

バタバタバタバタ…

リーダー
「アゴを上げると落ち着く…
 それ落ち着いてるんですか?」

森「ウソでしょう?落ち着いてない(笑)」


まるでプロレス技でもかけているかのように
首を固定する大橋君。

しかし!

羊さんダッシュ!

そして転倒する大橋君の仲間!

リーダー
「おおおお〜大丈夫?大丈夫?」

「ぎゃあああ」


大橋君「大丈夫です。大丈夫です」

森「これ…あれ…これ…」

ドタバタが続いています…

リーダー「落ち着いて落ち着いて!」


リーダー
アゴを上げると落ち着く!
アゴを上げると!!」

大橋君「僕じゃないです。僕じゃないです」

「違う!大橋君じゃないです(笑)」


軽くパニック状態…

リーダー「アゴを上げて…」

森アナウンサーも羊のアゴを
なんとか固定しておりますが…

「全然動かな〜〜い」

リーダー「アゴだ!アゴ!」


結局、大橋君がアゴを上げて固定して
みんなでヒツジを押すことに。

リーダー「押して押して…」

こける森アナウンサー。

もう大仕事です(笑)


強引な捕獲作戦でしたが、なんとか成功。
一頭60キロほどある
ヒツジの前足を持って固定させ、
バリカンを入れていきます。

大苦戦する森アナウンサーの横で
微動だにせず堪忍した羊も…(笑)

この差なんです!!


<< [1] [2] >>

TOP(全件表示)